住宅査定を無料オンラインで行うには?査定に影響するポイントも解説

「今の住まいを売りたい」という人は、住宅の査定依頼することになります。

ただ、どうやって住宅の査定依頼をすればいいか分からない人も多いでしょう。また、住宅査定で見られるポイントがどこか気になる方もいるでしょう。

今回は、住宅査定の方法や査定で見られるポイントなど詳しく解説していきます。住宅査定について詳しく知りたい方は、ぜひこの記事をお役立てください。

リナビス
リナビス

あなたの不動産の
売却価格をいますぐチェック

リナビス
step1
リナビス
step2

住宅査定を無料で依頼するには?

まずは住宅の査定を依頼する方法を解説します。

昔は電話や直接不動産会社に訪問して査定を依頼していましたが、インターネットが普及した現在はオンラインで査定するのが主流になっています。

この章ではネットで住宅査定を依頼するオススメの方法を2つ紹介していきます。

一番のオススメは「不動産一括査定サイト」

不動産一括査定サイトとは、Web上で複数の不動産会社にまとめて無料で査定依頼ができるサービスです。

Web上で簡単な項目を入力すれば、提携している不動産会社の中からあなたの住宅を高く売ってくれる会社に自動で査定依頼でき、査定結果をメールや電話で受け取れます。

不動産一括査定サイトの手順

一括査定サイトは無料で利用できるため「ラクに査定依頼がしたい」「高く売ってくれる不動産会社を見つけたい」という人にオススメです。

住宅査定で一括査定がオススメな理由

不動産一括査定の一番のメリットは「手軽に複数の不動産に査定依頼ができる」ことです。

インターネットを使って依頼できるので、自宅に入ながら好きなタイミングで査定依頼ができます。所要時間2~3分程度です。

また、一度の依頼で複数の会社に査定依頼ができるので、各社の査定価格を比較して「売れる価格」を見極めやすなります。

さらに、(希望すれば)査定依頼をした不動産会社の担当者と直接話せるので、会社や担当者の力量を比較して、信頼できる会社を選ぶことができます。

住宅売却の成功には「信頼できる不動産会社に仲介してもらう」ことが欠かせないので、臨機応変に直接不動産会社とコミュニケーションが取れて比較できるのは大きなメリットです。

しつこく営業がない一括査定サイトを選ぼう

様々なメリットのある不動産一括査定サービスですが、デメリットを挙げるとすれば、しつこく営業される可能性があることです。人気のあるエリアの不動産であれば、よりしつこくなることが予想されます。しかも、複数業者に査定依頼しているため、営業してくるのは、1社だけではありません。
もちろん、電話で「検討する」、「断る」と伝えれば問題ありませんが、熱心な担当者であれば、契約を締結したいばかりに、必要以上に営業してくることがあるでしょう。

しつこい営業が嫌という方は、すまいステップで一括査定することをオススメします。すまいステップに加盟している不動産会社は厳しい審査を通過した優良企業のみ。

すまいステップ

さらに、査定対応する担当者は「宅地建物取引士の資格保有者」「売買仲介営業経験が5年以上」「累計100件以上の売買仲介実績」といった高額売却に欠かせない条件のいずれかを満たしています。

そのため、初めての方でも安心し査定依頼ができより高額で不動産を売却できます。しかも、査定依頼には一切費用はかかりません。

リナビス
リナビス

あなたの不動産の
売却価格をいますぐチェック

リナビス
step1
リナビス
step2

匿名査定ができる「AI査定」

AIによる住宅査定とは過去の膨大な住宅取引情報をもとに客観的な参考価格を算出する機能を指します。

AI査定サイトに入力が必要な情報は査定したい住宅の「住所」や「間取り」など数少く、個人名や電話番号等の入力は不要です。

物件の情報を入力するだけで査定をしてもらえるため、査定後に不動産会社からしつこく営業の連絡が来るという心配もありません。

匿名査定は正確な査定額が分からないので注意!

簡易的に査定ができる一方で、匿名査定には以下のようなデメリットがあります。

  • 実際の売却価格とは乖離する可能性がある
  • 販売戦略や売却後の住まいに関する相談ができない

匿名査定では住宅の状態までは把握せず、あくまで過去のデータをもとに査定額を算出するので正確な査定額を算出はできません。

また、当然ですがシミュレーターで価格を算出するだけでは住宅売却に関する相談ができません。

そのため、匿名査定が向いている方は「まだ住宅を売るか分からない」「まずはだいたいの査定価格を知りたい」方です。

住宅の大体の価格だけ知りたい方はAI査定を、住宅売却を少しでも検討している方は一括査定サイトを使って査定依頼をしてみましょう。

関連記事

まだ、家を売るかどうかは分からないけど自分の家がどれくらいで売れそうなのか、価値を知りたいという方。けど、不動産査定をいったんしてしまうと次々と不動産会社から営業電話がかかってきそうだから、個人情報を渡したくない!という想いにこたえ[…]

住宅査定には2つの方法がある

次に、住宅査定の方法について解説します。大きく分けて簡易査定訪問査定の2種類があります。

簡易査定は、文字通り、時間をかけずに手軽に査定依頼できる手法。訪問査定は、不動産会社の担当者が訪問して査定するやり方です。それぞれを正しく理解し、自分に合った依頼方法を取り入れましょう。

簡易査定は手間が掛からない

簡易査定は、机上査定とも言われます。「机上」という言葉の通り、自宅にいながら査定依頼できる手法です。不動産会社に電話して、あるいはインターネットで申し込み、その時、物件の種類や大きさ、築年数などを伝えます。不動産会社は、それらの情報を元に、過去の取引事例などを参考にしながら査定額を計算します。

不動産会社は、依頼者から提示された物件情報を参考に査定をします。現地へ行かないため、早く査定結果がわかることが特徴です。

オンライン上で完結できるため、時間のない人も簡単に査定依頼できます。

ただし、簡易的な査定結果なので実際の不動産価値とのずれが大きい場合もあります。あくまで査定額は参考程度と考えましょう。

結果の正確性はそれほど高くありませんが、気軽に利用できるため、ある程度の価値を知ってから売却の判断したい方におすすめです。

関連記事

不動産の売却を考え始め、査定について調べたときに机上査定という言葉を見聞きした方もいるのではないでしょうか。不動産の金額を知りたいなら、まず査定について理解することが大切です。この記事では机上査定とはなにか、机上査定と訪問査[…]

正確さを求めるなら訪問査定

訪問査定は、申し込んだ人が所有している不動産の場所に不動産会社の担当者が訪問し、水道やガスなどのインフラ状況、日当たりの良さ、物件の傷み、接道状況、周辺環境などを考慮して、査定額を計算する手法です。

メリットは、訪問して不動産の隅々までチェックするので比較的精緻な査定額が分かることです。また、不動産会社の査定時の対応を直接見れるので、不動産会社の選定にも役立ちます。

不動産会社は査定だけではなく、その後の売却活動をサポートしてくれるパートナーとなります。

不動産会社の力量によって売却結果が変わるので、訪問査定時に不動産会社の見極めれるのも1つのメリットです。

一方で、実際に現地に行って書類を確認してから査定するため、査定依頼してから結果が出るまでに数日待たなければなりません。不動産会社の担当者に直接会うことになるので、営業活動をされてしまうこともあるでしょう。

ただ、直接やり取りできることは、その場で相談できるというメリットにもなります。いずれにせよ、本気で住宅の売却を考えている人は、訪問査定がおすすめです。

住宅査定の流れを把握しよう

続いて、どのような流れで住宅を査定してもらうか解説していきます。

住宅査定のステップは大きく分けると次の4つです。

やること
ステップ1不動産会社に査定依頼をする
ステップ2不動産会社に査定をしてもらうために訪問日時を決める
ステップ3不動産会社に家に来てもらい現地調査をする
ステップ4不動産会社から家の査定結果を報告してもらう

STEP1 :不動産会社に査定依頼

まずは不動産会社に査定を依頼します。査定価格は不動産会社によって差が生じるため、複数の不動産会社に査定依頼するのがポイントです。

複数の不動産会社に査定してもらうことで、正確な査定額を把握することができます。

STEP2: 査定日時を決める

訪問査定を依頼する不動産会社が決まったら、現地調査の日取りを決めましょう。

査定時には立ち合いが必要で、大体2時間程度の時間がかかります。時間に余裕がある日時で日程を調整しましょう。

STEP3 :不動産会社の現地調査

予定していた訪問日時になったら、不動産会社の担当者による現地調査が始まります。

担当者は前述したようなポイントを評価し査定額を算出します。また、担当者から査定依頼をした住宅の状況について質問されます。

質問への回答が査定額に影響する場合もあるので、正直に質問に答えましょう。

STEP4 査定結果の報告

現地調査から3~4日後に査定結果が届きます。

査定額が提示されたら「何故その価格になったのか」の理由を納得できるまでしっかり聞いてください。

もし、その質問に対して曖昧な返答をするようだと信用できない担当者の可能性が高いです。

住宅査定で見られるポイント

不動産会社は、住宅査定でどのようなポイントをチェックしているのか気になりますよね。

住宅に共通する査定ポイントと戸建てやマンションなど物件特有の査定ポイントについて見ていきましょう。

住宅共通の査定ポイント

築年数

築年数とは、住宅が建築された年月から査定年月までの日数のことを指します。築年数が査定に与える影響は大きく、築年数が古いほど査定額は低くなる傾向があります。

下図は戸建てとマンションの築年数と資産価値の相関性を示したグラフになりますが、築年数が上がるほど価格が下がっていくことが分かると思います。

新築築年数相場

木造戸建ての場合は、築10年で新築価格の約半分まで相場が落ち、築20年を過ぎると2割以下まで相場が下がります。

マンションの場合は、築10年で新築価格の8割程度、築20年で6割程度、築30年で4割程度の相場になります。

内装に目立った傷がない住宅でも、目には見えない建物の構造は築年数の経過とともに劣化が進むため、査定額も低くなることを覚えておきましょう。

内装の状態

次に見られるポイントは建物の内装です。部屋がきれいな状態か、異臭はしないか、生活しやすいか空間かが見られます

使いやすい間取り、家具を配置しやすいか、生活導線がすっきりしているか、壁紙やフローリングの劣化状況も査定時のチェックポイントです。

キッチン、お風呂場、洗面化粧台などの水回りが劣化していたり、雨漏れの被害が出ていると大きく査定のマイナスポイントになります。

リフォームしている場合は、査定のプラス加点の対象になる可能性があります。リフォームした場所を正確に覚えておきましょう。

立地条件

住宅が建っている立地条件も大きく査定に影響します。

住宅周辺にスーパーや病院など生活のために必要な施設があるか騒音がないか景観として問題ないかが査定時見られます。

最寄り駅、あるいはバス停から徒歩何分なのかは査定ポイントです。もちろん、住宅から駅までの距離が近ければ、査定評価は上がります。徒歩約15分~20分の距離である場合、都会であれば、マイナス評価になることも考えられるでしょう。

駅からの距離だけではなく、周辺環境も無視できません。スーパーが近い、病院がそばにあるなど、生活しやすさも査定額に影響があります。その他にも、市役所や学校、銀行、公園などが近い立地であれば、高い評価を受けることになります。治安の良し悪しなども査定ポイントになるでしょう。たとえ住宅の価値が低くても、利便性の高い立地であればそれだけで高額査定を受けることができます。

また、日当たりのよい南向きで、次に東向きに位置している住宅ほど評価が高いエス。逆に夕日がきつくなりやすい西向きの方角や、日当たりが悪い北向きの住宅はは査定額が下がります。

戸建て特有の査定ポイント

土地の状況

戸建ては建物と土地を分けて査定額を算出するので、土地の状況も査定時にチェックされるポイントです。

具体的には土地の形状が広くて使いやすい形をしている土地は高額査定を得られます。

また、土地と接道道路の関係も見られます。建築基準法によって、建物を建てれる土地の条件が「4m以上の幅のある公道に敷地の接点が2m以上なければならない」と定められているため、道路に面している間口が車が十分には入れる程の幅(4m)がない土地は高額査定を望めません。

境界や越境の状況

土地の境界が確定されているかも確認されます。特に、古い戸建てだと隣家との境界線があいまいな状態になっているのも珍しくありません。

また、屋根、ブロック塀、エアコン室外機などの越境がないかも査定で見られるポイントです。

マンション特有の査定ポイント

住戸位置(階数・方角)

マンションのなかで部屋が所在する階、窓などの開口部の方位、によって日当たりや風通りの良さが変わるため査定で見られるポイントです。

所在階はエレベーター付きのマンションだと階が上がるほど評価額は高く査定されます。以下のグラフでも所在階による評価点の違いが如実に分かると思います。

中古マンション査定 階数

引用:公益財団法人 不動産流通推進センター

例外として、階段のみのマンションだと3階を基準としてそれ以上の階層だと評価額が下がります。

共有部分の状態

共用部分の状況に関しては、建物外観やエントランスの壁・床・天井がきれいに仕上げられているかどうかのほかにも、オートロックなどのセキュリティがしっかりしているか・インターネット対応は良好かなどが見られます。

他にも宅配ロッカーや歓談スペースの有無、外壁の塗装剥がれていないか、共有部分に破損がないかも査定で見られるポイントです。

関連記事

「家の査定時に見られるポイントは何だろう・・?」家の売却時に査定を受けることは知っていても、査定で見られるポイントを知っている人は多くないでしょう。古い家が意外に高く査定されたり、新しい家が予想外に低く査定されることもあり、[…]

以上が住宅査定時に見られるポイントです。

住宅査定を成功させるコツ

住宅査定で高額査定を得ることができれば、高い価格で住宅を売却しやすくなります。

どのような点に気を付けて住宅査定に臨めばいいのかコツを紹介していきます。

コツ①:査定依頼する不動産会社は慎重に選ぶ

不動産売却を進めるにあたり、担当者とは頻繁にコミュニケーションをすることになります。だからこそ、自身と相性が良くないとストレスを感じてしまい、売却がスムーズに進行しないことが考えられます。査定依頼する際は、不動産の査定額だけではなく、担当者との相性も確認するようにしてください。

また、物件の売買は、「大手だからすぐに売れる」といった企業規模ではなく、担当者のスキルに影響されるものです。担当者の対応や話し方などもチェックして、担当者選びを失敗しないようにしましょう。基本的には、気軽に相談できるような人柄の担当者がおすすめです。

また、住宅売却に強い不動産会社に査定を依頼することも大切です。

すべての不動産売買に長けているとは限りません。不動産会社によって特徴が異なります。マンションに長けている、一部エリアの販売力が強いなど様々。だからこそ、業者がどのような販売実績を持っているのか、ヒアリングするようにしましょう。
できるだけ近隣不動産の販売実績を聞いてみてください。売ろうとしている不動産とかけ離れた場所の実績は、役に立たない可能性があります。業者毎の販売実績を比較すれば、どの不動産会社を選べば良いのか決定するでしょう。

関連記事

家を売ろうと考えても、何から初めていいか不安になってしまいます。そんな時に、一番必要なのが売却のお手伝いをしてくれる不動産会社です。不動産会社と契約することで、営業から売買契約の手続きまでしてもらえるので、とても心強い存在です。家を売却す[…]

相場価格を自身で調べて査定額と比較

住宅査定を依頼する前に、自分で相場価格を調べ、業者による査定額と比較することもおすすめです。

ネットを活用すれば、自身でも相場価格を調査することは可能。例えば、不動産流通機構の運営サイトであるレインズマーケットインフォメーションでは、実際に売買された金額を見ることができます。

レインズ
ネットを駆使して相場を調べ、業者の査定額と比べ、高い金額を提示してきた業者を選ぶと良いでしょう。

しかしながら、高すぎる査定額を出してきた業者は、契約後に価格を下げる可能性がありますので、注意が必要です。
また、どうしてこの査定額になったのか、根拠をヒアリングすることを怠らないでください。評価する点、マイナスポイントについて説明が不十分でなければ信用できる業者です。「査定額が高い」といった理由のみで選ばないようにしましょう。

関連記事

家の売却を検討している人なら「家がいくらで売れるか?」は気になりますよね。自宅の売却価格を大体でも把握しておけば資金計画が立てやすく、安心して家を売却しやすくなります。そこで活用できるのが相場情報です。他の物件の売却価格を把握す[…]

住宅査定前にリフォームはしない

査定価格を上げるためにリフォームする方がいますがオススメできません。リフォームにかけた費用より高く売れることはめったにないからです。

一方で、費用をかけずに部屋の印象を良くするのはやるべきです。例えば片付けや掃除をして部屋を清潔にしておくことが大切です。

部屋が掃除されていないと悪い印象を与えてしまい、マイナス査定につながることも少なくありません。
目に付きやすい玄関やリビング、水回りは念入りに掃除しておくだけでも査定時の印象は変わります。特に、水回りは経年劣化が見られやすい部分のため、きれいにしておくことが大切です。

掃除が手間という方はハウスクリーニング業者に掃除を依頼するのも1つの方法です。

まとめ

住宅査定には、簡易査定と訪問査定があり、それぞれで査定額の正確さが異なります。業者が査定する際に見ているポイントは、マンションなどの物件種別や周辺環境で違い、売主の態度をチェックすることもあるでしょう。住宅査定で重要になるのは、業者選びです。?担当者との相性をチェックして、自身でも相場価格を調べることをおすすめします。査定額に対して納得できるような根拠がなければ、その業者を選ばない方が良いです。
査定する際、不動産一括査定サービスは大変便利です。1社ずつ査定依頼する必要がなく、オンラインで完結します。しつこく営業してくるデメリットもありますが、使い方次第では、優良企業に出会えるでしょう。住宅査定の依頼方法について理解を深めて、損のない不動産売却を目指しましょう。

また、住宅の売却を検討している方はこちらの記事が参考になります。

関連記事

「家を売りたいときどうするの?」「初めて家を売るので失敗しないか不安・・」家を売ることは人生で何度も経験することではありません。いざ「売りたい!」と思っても何から手を付けていいか分からず不安ですよね。この記事では、家を売る流[…]

【家売却の完全ガイド】高く売るコツや注意点を大公開

不動産一括査定サイトを使って査定をしたら300万円以上の差も珍しくない 

不動産一括査定サイトすまいステップ を使って実際に不動産を査定してみると、査定額に300万円以上差が出ることも珍しくはありません。

不動産会社査定価格
不動産会社A1100万円
不動産会社B1400万円
不動産会社C1280万円

これだけ査定額に差が出ると、複数の不動産会社に査定を依頼することが、不動産を高く売るために必須だと言えるでしょう。

少しでも不動産売却を検討しているなら、一括査定サイトで自分の不動産がいくらで売れるか調べてみましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?