戸建てを高く売る方法とは|売却を成功させる不動産会社選び

家を売却するときには、少しでも高値で売りたいですよね。そして、知らない間に損をしているなんてことも避けたいものです。ここでは、戸建ての家をより高く売るための、不動産会社の選び方や内覧のときの注意点などについて、見ていきたいと思います。あなたの家を売却する際の参考にしていただけたらと思います。

リナビス
リナビス

あなたの不動産の
売却価格をいますぐチェック

リナビス
step1
リナビス
step2

1. 戸建てを売却するときの流れ

戸建てを売却するときには、まずあなたの家の相場価格を把握しましょう。

売却価格の相場を知る
不動産会社を探す
査定を依頼する
仲介を依頼する
物件を売り出す
売買契約を結ぶ
不動産を引き渡す

戸建ての売却の流れ

戸建てを売却するときには、まず売却の目的を明確にして、物件の相場価格を知ることから始まります。なぜ、売却するかを明確にすることで、売却の時期や価格を把握したうえで、不動産会社を選ぶことができるからです。
戸建てを売却するときには、不動産会社選びが大切です。不動産会社には得意分野があるので、戸建ての売却の販売実績が多い不動産会社を見つけるとよいでしょう。そうは言っても、どのようにして不動産会社を見つければよいのでしょうか。
不動産会社を見つけるには、不動産の一括査定が便利です。すまいステップの一括査定なら、無料で最大4社まで一括査定を依頼できます。すまいステップは独自の運営方針に従って厳選された優良企業のみと提携を組んでいるため、信頼して仲介を依頼できる不動産会社のみに査定依頼ができます。一括査定なら、複数社の査定結果を比較して、よりよい不動産会社を選べます。

また家の売却には、物件の相場を調べ始めてから、不動産会社を決めるまでに3週間程度掛かります。そして、売り出しから売買契約までに1カ月から3カ月、売買契約の価格交渉に2週間程度、売買契約後、決済まで1カ月程度、その後、引き渡しまで1週間程度と、6カ月前後かかることがあります。家の売却は時間に余裕をもって行うことで、価格交渉も有利にできるでしょう。

売却のタイミング

家を売却するときには、その目的があって売却する人がほとんどです。子供の成長で家が手狭になり、広い所に引っ越すためであったり、反対に子供の独立で部屋が余り、狭い所に移るためであったりと、人それぞれに理由があります。
また、物件の売買には繁忙期や閑散期があり、転勤などによる年度末には、物件の流通が多くなります。この時期だと買い手にとっては、好みの物件を、よりよい条件の中から選ぶことができて好都合です。しかし、売り手にすると、価格を下げたり付加価値を付けたりして、突出したアピールポイントを付けないと、売りにくくなる場合があります。
このように、売るタイミングによっても売却の価格は影響するので、不動産会社に相談しながら、最適なタイミングで売却するとよいでしょう。

戸建てを高く売るためのポイント

戸建てをより高く売るためには、いくつかのポイントがあります。ポイントを知っておくことで、売却の際の参考にできます。

現在の家の状態を把握する

戸建てを売却するときには、まず、現在の家の状態を把握しましょう。雨漏りはしていないか、白アリの被害がないか、設備の故障部分がないかなどをチェックします。売主には「瑕疵担保責任」があって、売却後に通常では気が付かないような、家の不具合や欠陥が見つかると、売主負担で補修しなければなりません。不具合がある場合はできるだけ補修し、売買契約の際には、すべての家の情報を買主に伝えるようにしましょう。
また不動産会社によっては、瑕疵保証サービスがあるので、それを利用するのもよいでしょう。さらに、事前に建物調査や耐震調査を行うこともできるので、不動産会社に相談しながら決めるとよいでしょう。

アピールポイントを把握する

戸建てを高く売却するためには、自分の家のアピールポイントを知って、不動産会社にしっかりと伝えることが大切です。例えば、特急電車の止まる駅に近い、学校や病院が近くにある、スーパーまで徒歩10分などの情報を、不動産会社に知らせることで、査定金額をアップさせることができます。アピールポイントが多いほど、早く高く売却できる確率が上がります。

家の外観・室内の清掃や補修をする

戸建ての売却の際には、第一印象が大切です。外壁などが剥がれていたり、色がくすんでいたりするとイメージがよくありません。定期的にメンテナンスを行うことで、外観はきれいな状態を保つことができます。適切な補修工事を行い、売却しやすいようにしておくことも、高く売却するポイントです。また、庭の手入れをまめにしておくとよいでしょう。
もちろん、室内の整理整頓はきちんと行いましょう。散らかった室内を見せても、誰も買う気にはならないでしょう。設備の傷み具合によっては、リフォームすることもできます。この場合は、買主が自分の好みでリフォームを希望する場合もあるので、不動産会社と相談しながら行うとよいでしょう。
また、ホームステージングサービスのように、室内をモデルルームのように演出して、購入希望者に見せることも、売却を高く早くすることにつながります。

不動産会社選びを慎重にする

戸建ての売却で最も大切なことが、不動産会社選びです。あなたの物件の売却を、親身になって進めてくれる不動産会社を探しましょう。不動産会社を見つけるには、すまいステップの一括査定無料サービスが便利です。すまいステップの一括査定なら、一度に最大4社まで査定を依頼することができます。複数社の査定を比較することで、あなたの物件の相場を知ることもでき、最適な売却価格を提示する不動産会社を、見つけることができます。
不動産会社選びは、売却のスピードや価格に大きく影響します。信頼のおける不動産会社を、すまいステップの一括査定で見つけて、あなたの物件の売却を成功させましょう。

・家の状態を把握する
・清掃をする
・不動産会社をしっかり選ぶ

戸建てを高く売るための相場の調べ方

戸建てをより高く売るには、相場価格の把握が大切です。相場価格を知らないと、売却がスムーズに進まなかったり、損をしたりすることもあります。

不動産情報サイトで調べる

不動産情報のサイトでは、物件の種類、築年数、最寄り駅、最寄り駅からの距離、広さ、間取りを入力することで、近隣の似たような物件の売出価格を調べることができます
この価格を見ることで、だいたいの相場を把握することができます。もし、自分の家の面積とぴったりのものがない場合は、平米数あたりの単価を計算して、比較するとよいでしょう。

国土交通省の地価公示価格や基準地価を参考にする

国土交通省のサイトでは、土地の公示地価や基準地価を調べることができます。公示地価とは国土交通省が定めた25,270地点(標準地)の、毎年1月1日時点の客観的な土地価格を公示したものです。
また、基準地価とは各都道府県の調査をもとに、7月1日時点の土地の価格を公表したものです。これらはどちらも、地価の適正な価格を知るための目安となります。これらの地価を参考に、だいたいの売却の相場を知ることができます。

路線価を調べて参考にする

土地の値段を知りたいときには、路線価を調べることで計算することができます。路線価は、道路に面する土地の1平方mあたりの単価を、1,000円単位で地図に示されています。奥行きに対する価格補正をして、路線価から1平方mあたりの単価を出し、地積にかけると価格を出すことができます。
これは単純に、道路に面している標準的な土地の場合の計算方法です。特殊な形の土地や、2つ以上の道路に面した土地では、計算方法が異なりますので注意が必要です。また、路線価は公示価格の8割を目安に設定されています。

不動産取引価格情報検索なら成約価格が調べられる

国土交通省の「不動産取引価格情報検索」なら、国土交通省が取引当事者に取引価格のアンケートをして、集計したものを公表しています。このサイトでは、不動産の種類や住所などを入力することで、取引価格(制約価格)がリストで表示されます。
検索できるのは町名までですが、同じ町名で実勢価格を知ることができるので、相場を把握するのに適しています。

「レインズ・マーケット・インフォメーション」を利用する

不動産流通機構が提供している、「レインズ・マーケット・インフォメーション」では、所在地や沿線、築年数などから、直近1年間の取引情報を調べることができます。あなたの売却したい戸建ての情報を入力するだけで、即時にそのエリアの相場を把握することができます。
「レインズ・マーケット・インフォメーション」は、不動産会社の今までの取引のデータが蓄積されているので、売出価格を決めるときに役立ちます。

固定資産税評価額を参考にする

固定資産税評価額を参考にする方法もあります。しかし、この固定資産税評価額は、誰もが閲覧できるわけではありません。自宅の固定資産税評価額なら、納税書などを見ることで、確認ができます。
また、市区町村の窓口でも、申請して閲覧することが可能です。この固定資産税評価額は、国土交通省が公示する公示価格の、7割が目安となっています。

不動産の一括査定を利用する

家の相場価格を把握するのに手軽な方法が、不動産の一括査定のサイトを利用することです。一括査定のサイトなら、自宅でインターネットを使って簡単な入力のみで、査定を依頼できます。複数の不動産会社から、査定結果を得ることができるので、価格の相場を把握するのにはぴったりです。自分で相場を調べたのちに、一括査定を依頼して、相場を確認するとよいでしょう。

・国交省のサイトを利用
・レインズを利用する
・一括査定を利用する

戸建てを高く売るための内覧準備

戸建てを少しでも高く売るためには、買主が買いたくなるような家を演出しましょう。物を片付けたり掃除をしたりするだけでも、かなり印象は変わります。

室内は整理整頓をして物を減らしすっきりと

家の内覧をするとき、最初に気になることは広さではないでしょうか。やはり、少しでも広い部屋に住みたいと思うものです。物が散らかっていたり、背の高い家具などが壁に沿って並んでいたりすると、圧迫感もあり狭く感じます。よって、内覧の前にはできるだけ物を減らしましょう。
押入れやクローゼットに片付けられる物は、全部片付けます。また、実家やトランクルームに、家具などを移動してしまうのも一つの手段です。買主は狭く感じる物件を嫌い、「思っていたより広い」と感じる物件のほうが好印象です。したがって内覧の前には、部屋の掃除も必要ですが、まずは物を減らすことを考えてみてください。

水回りの掃除は念入りに

家の中で気になるのは、水回りの清潔感ではないでしょうか。水回りはどうしても、カビが発生したりするので、掃除も大変です。キッチンやトイレ、バスルームなどの水回りが、水垢やカビなどで汚れていると、購買意欲は下がります。
よって、できる限り磨いてきれいにしましょう。もし、自分で対処できない場合は、ハウスクリーニングを頼むのもよいでしょう。プロにまとめて頼めば、1日ですっかりきれいにしてくれます。下記がハウスクリーニングの価格相場になります。

清掃箇所相場金額
キッチン(換気扇)16,000円〜
キッチン(シンク)10,200円〜
風呂場16,200円〜
洗面台10,300円〜
トイレ10,200円〜
家全体クリーニング(戸建て3LDK〜4LDK)80,000円〜17万円

家全体のクリーニングを依頼することもできますし、指定箇所だけの依頼もできます。家全体の場合は、空き家か居住中であるかによっても、価格が変わってきます。ハウスクリーニングをしておくことで、値下げ交渉される確率も下がります。

臭いにも気を付ける

住んでいるとなかな気が付かないのが、生活臭です。住んでいる本人は慣れてしまって、気にならないのですが、意外に臭いはするものです。玄関やトイレなどは、とくに臭いが発生しやすいので、消臭対策をしましょう。玄関では、靴をクローゼットに片付けるだけでも、だいぶ臭いが軽減されます。
また、カーテンやソファ、カーペットなどの布製品にも臭いが移りやすいので、内覧までにカーテンやソファーカバーを洗ったり、カーペットを消臭したりしておきましょう。また、ほんのり香る程度のアロマを置いてもよいでしょう。

外観や庭の手入れも忘れずに

家の外観はその家の第一印象になります。屋根や壁が汚れていたり、亀裂が入ったりしていると、暗い印象を与えますし、古く見えてしまいます。
屋根や壁は、定期的にメンテナンスを行うことで、きれいに保つことができます。また、門扉や玄関などもきれいに清掃しておきましょう。庭がある場合は、植木や芝生の手入れを怠らないようにしましょう。

・物を片付けて減らす
・水回りの掃除を念入りに
・臭いには注意

戸建てを高く売るための不動産会社選びのポイント

戸建てを高く売るためには、まずは不動産会社選びが大切です。不動産会社選びは一括査定が便利です。

不動産会社選びが大切

家を売却するときに、最も大切なのは不動産会社選びです。では不動産会社は、どのようにして選べばよいのでしょうか。まず、不動産会社には、それぞれ得意とする地域や分野があります。また売却に強い会社、買取を主流とする会社、地域密着型の会社など、その特徴もさまざまです。
この中から、あなたのお住まいの地域の家の、戸建ての売却に長けた不動産会社を見つける必要があります。どの不動産会社を選ぶかによって、売却価格にも影響しますし、成約までの期間にも影響します。

優れた不動産会社を見つけるには

家の売却を得意とする不動産会社を見つけるために、一番簡単で早い方法が、不動産の一括査定を利用することです。あなたの家の所在地や間取り、面積など簡単な項目を入力するだけで、複数社に物件の査定を依頼することができます。これらの査定と、独自に調べた相場を比較しながら、不動産会社を選ぶことができます。4.3 優れた不動産会社の見分け方

一括査定で不動産会社から査定結果をもらった後は、その中の不動産会社から媒介契約をして、仲介してもらう不動産会社を選びます。このときには、不動産会社と直接会って話す機会もあるでしょう。このとき、どうしてこの査定結果になったのかを聞いてみましょう。査定結果の根拠をしっかりと確認することで、その査定額や担当者の信頼性も高まります。
また、担当者の方に、その地域での戸建ての成約実績も尋ねてみましょう。どれだけ、同じような物件を同じ地域で扱っているかで、売却のときのスピードにも影響しますし、価格にも影響します。高く売却するためには、情報が新しいうちに、スムーズに売出から成約までを進めることが重要です。

・不動産会社選びが大切
・高値売却ならすまいステップ
・一括査定なら見つかる

戸建の売却は実績と信頼のある不動産会社に任せよう

信頼のおける不動産会社なら、あなたの家の売却を安心して任せられます。不動産会社選びなら、無料の一括査定ができるすまいステップが便利です。

戸建ての売却をするなら、少しでも高く売りたいものです。そのためには、信頼のおける不動産会社を見つけなければなりません。不動産会社選びなら、不動産の無料の一括査定を利用してみてはいかがでしょうか。

・信頼できる不動産会社選び
・すまいステップなら無料査定
・実績を調べて選ぶ

不動産一括査定サイトを使って査定をしたら300万円以上の差も珍しくない 

不動産一括査定サイトすまいステップ を使って実際に不動産を査定してみると、査定額に300万円以上差が出ることも珍しくはありません。

不動産会社査定価格
不動産会社A1100万円
不動産会社B1400万円
不動産会社C1280万円

これだけ査定額に差が出ると、複数の不動産会社に査定を依頼することが、不動産を高く売るために必須だと言えるでしょう。

少しでも不動産売却を検討しているなら、一括査定サイトで自分の不動産がいくらで売れるか調べてみましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?