【専門家監修】不動産売却メディア「すまいステップ」

不動産売却でかかる消費税!個人・法人ごとに課税対象のケースを紹介

  • 更新日:2022年7月27日
山田 幸平
監修山田 幸平
慶應義塾大学経済学部在学中に公認会計士第二次試験に合格。大手監査法人の金融部や会計コンサル会社にて会計監査・IPO・M&Aなどを担当。現在はLR会計の代表を務める。
【保有資格】公認会計士、税理士
【URL】 LR会計
不動産売却でかかる消費税!個人・法人ごとに課税対象のケースを紹介

「不動産売却で消費税ってかかるの?」と、この記事を読んでいる人の中には、不動産売却で消費税がかかるのか分からない人が多いのではないのでしょうか。

不動産売却で個人で売却なのか、法人・事業者として売却するのかで消費税のかかり方が異なるのです。

この記事では不動産売却でかかる消費税とどうしたら課税対象になるのかを解説しています。
記事を最後まで読んで頂ければ、安心して不動産売却に臨めるはずです。

不動産の売却で消費税を課税されるのはどんな人?

消費税は、国内で「事業者」が「事業」で利益を得る取引を指します。

ここで言う「事業者」とは「法人」「個人事業主」が対象です。
他にも、前々年の課税売上高1,000万円を超えた場合も課税対象になります。

例…サラリーマンであっても家賃収入を得ている場合、前々年の課税売上高が1,000万円を超えた場合も「事業者」の対象となり、消費税の納税義務が発生します。

以下4つの条件を満たす取引が課税の対象となります。

  • 国内において行うもの(国内取引)であること
  • 事業者が事業として行うものであること
  • 対価を得て行うものであること
  • 資産の譲渡、資産の貸付け、役務の提供であること

自分がどっちなのか分かったら、下記の項目から飛べるので選んでみましょう。

個人の不動産売却でかかる消費税

個人での不動産売却では消費税はあまりかかることがありません。

この章では個人で不動産売却をする方に向けてどの場面で消費税がかかるのかを解説しています。

  • 個人の居住用財産(自宅や別荘)の売却は不課税
  • 個人の不動産売却でかかる消費税は「仲介手数料」

個人の居住用財産(自宅や別荘)の売却は不課税

事業を目的としない個人の居住用財産の売却は不課税です。
自宅やセカンドハウス、別荘が該当します。

一方で、投資用のマンションなどの売却は事業の一環に含まれるので、前々年の課税売上高が1,000万円を超えている場合は課税事業者となるため消費税が発生します。

個人の不動産売却でかかる消費税は「仲介手数料」

個人の不動産売却でかかる消費税は、仲介手数料だけです。

不動産会社に仲介を依頼して売買契約が成立した時、不動産会社に対価として仲介手数料を支払う必要があり、消費税の課税対象にもなります。

仲介手数料は、宅建業法によって上限が決まっており、ほとんどの不動産会社では上限額で請求されるので、上限を知ることで大まかな価格がわかります。

仲介手数料は売却金額に応じて決めっており、上限額と計算方法は以下の通りです。

売却価格仲介手数料の上限額と計算方法
200万円以下の場合売却価格×5%+消費税
200万円超400万円以下売却価格×4%+消費税
400万円超えの場合売却価格×3%+消費税

法人・事業者の不動産売却でかかる消費税

法人や個人事業者が不動産売却する場合は、いくつかの場面で消費税がかかります。

この章では、法人・事業者に向けての不動産売却でかかる消費税について解説しています。

  • 不動産売却では「建物」に消費税が課税される
  • 仲介手数料
  • 土地の売却は非課税
  • 前々年の課税売上が1,000万円を超えていなければ免税

不動産売却では「建物」に消費税が課税される

新築の住宅や中古住宅を不動産会社に売却する場合は、売却代金に消費税が課されるので注意しておきましょう。

例えば、売却価格3,000万円のうち建物の価格が1,200万円の戸建てを売却した場合で考えていきましょう。
建物価格1,200万円に対して10%の税率がかかるので、消費税120万円となります。

売却価格3,000万円と合計すると、3,120万円が税込み価格となります。

「土地は消費されてなくなるものではなく、消費税の性格上適さない」という考えから純粋な土地に消費税は課税されないです!

不動産売却時の仲介手数料はいくらが妥当?安すぎる手数料に注意

仲介手数料

上記の「個人の不動産売却でかかる消費税」でも説明しましたが、不動産売却で契約が締結した際、不動産会社に対価として仲介手数料を支払わなければなりません。

仲介手数料は上限が決まっているので、ほとんどの不動産会社は上限額で請求されるので、売却価格と上限額を知っておけば、概算をすることは可能です。

土地の売却は非課税

土地の売買や貸付課税対象とならない取引とあらかじめ決められています。
ゆえに、土地のみの売却では消費税が発生しませんし、建物があっても課税されるのは建物部分になります。

他にも、「有価証券等の譲渡」や「支払手段(現金など)の譲渡」などは同様に非課税取引とされています。

参照:国税庁『No.6201 非課税となる取引』

ただし、土地を駐車場や地下車庫等にしている場合には、土地ではなく設備と評価されるため消費税の課税対象になります。

前々年の課税売上が1,000万円を超えていなければ免税

個人の居住財産の売買以外の、個人事業主や法人が行う売買では消費税は原則課税対象となります。

ただし、ここでは『課税事業者』と『免税事業者』のいずれかであるかが重要です。
課税事業者の場合は課税され、免税事業者の場合は免税されます。

課税事業者かどうかの判定は、個人事業主か法人で多少異なります。

【個人事業主】課税事業者の判定

  • 前々年の課税売り上げが1,000万円超の場合(基準期間)

又は

  • その年の前年の1月~6月の売り上げが1,000万円を超え、給与支給額が1,000万円を超えた場合(特定期間)

【法人】課税事業者の判定

  • 前々年の課税売り上げが1,000万円超の場合(基準期間)

又は

  • 前期の期首から6ヶ月の売り上げが1,000万円を超え、給与支給額が1,000万円を超えた場合(特定期間)

▶参考:国税庁『No.650 納税義務の免除』

不動産売却で発生した消費税の納税手続き

上記で記載した課税対象の条件に当てはまる場合には、消費税を納税する必要があります。

以下では、不動産売却で発生した消費税を納税するために必要な知識を見ていきましょう。

消費税の申告・納付方法

消費税の申告は、確定申告をもって行われます。

個人事業主は翌年3月末日までに、法人は課税期間の末日の翌日から2ヶ月以内に税務署へ申告・納付するのが通例となっています。

なお、直前の課税期間の消費税の額が48万円超の場合、「中間申告」と「中間納付」が義務付けられています。

直前の課税期間の消費税額中間申告の回数納付金額
48万円超400万円以下年1回直前の課税期間の消費税額の1/2
400万円超4,800万円以下年3回直前の課税期間の消費税額の1/4ずつ
4,800万円超年11回直前の課税期間の消費税額の1/12ずつ

不動産売却の場合ですと、課税対象者が直前の課税期間に480万円超の建物を売却した場合に、中間申告と中間納付が必要になります。

中間申告と中間納付を行わない場合は、加算税・延滞税などの税金が余計にかかってしまうことがあるので注意しましょう。

消費税の具体的な納付方法としては、以下のようなものがあります。

  • 窓口での現金支払い
  • 口座引き落とし
  • インターネットバンキングによる納付
  • クレジットカード決済
  • コンビニでの納付
  • e-Taxでのダイレクト納付

不動産売却で発生した消費税の仕訳方法

不動産売却で発生した消費税は、帳簿上では「仮受消費税」という勘定科目を使用します。

この時、売却した不動産が建物と土地に分かれている場合には、課税対象である建物部分のみを計上します。

ただし、不動産売却で売却益が生じている場合、その売却益の計上は「固定資産売却益」として土地と建物の両方を計上する必要があります。

不動産売却にかかる税金とは?計算方法・支払時期・節税方法を詳しく解説

不動産売却にかかる消費税を正しく理解することが大切

不動産の売却には、さまざまな諸費用が発生するので、どうしても大きなお金がかかります。

不動産売却にかかる支出を少しでも抑えるためには、何に対して消費税がかかってくるのか、また何が非課税なのかを理解して正しい試算を行うことが大切です。

とはいえ、「自分の計算・判断で本当に誤っていないだろうか……」と不安に思われる方も少ないと思います。

その場合は、不動産会社に税のことも含めてしっかり相談するのがおすすめです。

信頼できる不動産会社であれば、税金まわりのことを加味しながら、依頼者にとって最もメリットのある方法を提示してくれる可能性が高いです。

信頼できる不動産会社探しはすまいステップで

不動産の一括査定サービスを提供している「すまいステップ」は、初心者でなおかつ時間がなかなか取れない方にぴったりのサービスです。

すまいステップは独自の運営方針に従って厳選された優良企業のみと提携を組んでいるため、信頼して仲介を依頼できる不動産会社のみに査定依頼ができます。

そして約60秒で不動産の無料一括査定を行うことができ、その査定金額は最大4社と比較することが可能です。わざわざ時間をかけて、複数の不動産会社を探すことなく自宅で簡単にできてしまうことが、すまいステップの大きな魅力となっています。

不動産売却を検討しているのであれば、一度無料査定を利用してみる価値はあるのではないでしょうか。

もちろん、税金まわりのことも親身になってお話を伺いますので、不動産売却で分からないことがあれば、査定と合わせて気軽に質問してみましょう。

すまいステップなら簡単に査定価格が分かる
リナビス
リナビス

一括査定であなたの家の適正価格が分かる
オンライン対応

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4
リナビス
step5

記事のおさらい

不動産の売却に消費税は発生するのか?

不動産売却で消費税が課税されるのは、以下4つの条件を満たす取引が課税の対象となります。

  • 国内において行うもの(国内取引)であること
  • 事業者が事業として行うものであること
  • 対価を得て行うものであること
  • 資産の譲渡、資産の貸付け、役務の提供であること

詳しく知りたい方は不動産の売却で消費税を課税されるのはどんな人?をご覧ください。

個人の不動産売却でかかる消費税は?

個人の不動産売却でかかる消費税は、仲介手数料だけです。不動産会社に仲介を依頼して売買契約が成立した時、不動産会社に対価として仲介手数料を支払う必要があり、消費税の課税対象にもなります。仲介手数料は、宅建業法によって上限が決まっており、ほとんどの不動産会社では上限額で請求されるので、上限を知ることで大まかな価格がわかります。
詳しくは個人の不動産売却でかかる消費税をご覧ください。

法人・事業者の不動産売却でかかる消費税は?

法人・事業者の不動産売却でかかる消費税は以下の通りです

  • 不動産売却では「建物」に消費税が課税される
  • 仲介手数料

詳しく知りたい方は法人・事業者の不動産売却でかかる消費税をご覧下さい。

不動産売却で発生した消費税の納税手続きは?

消費税の申告は、確定申告をもって行われます。個人事業主は翌年3月末日までに、法人は課税期間の末日の翌日から2ヶ月以内に税務署へ申告・納付するのが通例となっています。なお、直前の課税期間の消費税の額が48万円超の場合、「中間申告」と「中間納付」が義務付けられています。
詳しくは不動産売却で発生した消費税の納税手続きをご覧ください。

【完全無料】うちの価格いくら?