【専門家監修】不動産売却メディア「すまいステップ」

土地の売買にかかる仲介手数料とは?売買契約時に不動産会社に支払うってほんと?

  • 更新日:2022年12月1日
土地の売買にかかる仲介手数料とは?売買契約時に不動産会社に支払うってほんと?

「土地の売買にかかる仲介手数料って?なににかかる費用なの?」

土地の売買仲介を不動産会社に依頼する場合、売買契約後に不動産会社への成功報酬として仲介手数料が発生します。

この記事では、仲介手数料とはどんな費用でいくらかかるのか、売買初心者の方に向けてやさしく解説しています。

土地の仲介とは?売買すると手数料がかかるってほんと?

仲介手数料とは不動産会社への成功報酬

前述したとおり、仲介手数料とは、不動産会社の仲介によって売買取引が成立した際に支払う、不動産会社に対する成功報酬のことです。

一般的に、売買仲介を依頼する際は不動産会社と媒介契約を結びます。

媒介契約を結んだ不動産会社による仲介によって売買契約が成立した場合に、仲介手数料は発生することになります。

すまリス
個人間で直接売買をしたり、仲介を依頼したけど売買契約が成立しなかった場合は、仲介手数料は請求されないよ!

営業活動の他、各種事務手続きも含まれる

仲介手数料の内訳は、不動産会社に任せる営業活動への報酬が主になります

具体的には、不動産売買情報サイトへの登録、インターネット広告や新聞の折り込み広告の掲載、チラシのポスティング、購入希望者の見学同行があります。

また、各種事務手続きの代行も仲介手数料に含まれます

ここでいう事務手続きとは、契約条件の調整や契約書の作成、引き渡しのサポートなどを指します。

不動産会社の仲介としての役割は、売主と買主の間に立って売買契約を成立させることです。

よって、契約から引き渡しに関わる事務手続きも、仲介手数料の内訳として含まれています。

仲介手数料の上限額は決まっている

仲介手数料は宅地建物法によって上限額が決められています

上限額の算出式は以下のとおりで、売買価格に応じて決められています

▽仲介手数料の上限額

売買価格上限額の計算式
200万円以下売却価格×5%(+消費税)
200万円を超え400万円以下売却価格×4%+2万円(+消費税)
400万円超え売却価格×3%+6万円(+消費税)

参考|国土交通省公式ページ 宅地建物取引業関係

まとめ

この記事では不動産売買にかかる仲介手数料の意味から、その相場を知る方法として上限額や計算例を見てきました。

今後、土地の売買を考えている人は、仲介手数料について理解し、より安心して売買手続きを進めていきましょう。

不動産一括査定サイトの「すまいステップ」では、土地売却経験が豊富な担当者に不動産の査定依頼をすることができます。売却を具体的にご検討中の方は、以下のフォームから簡単に査定依頼できますので、ぜひご活用ください。
すまいステップなら簡単に査定価格が分かる
リナビス
リナビス

一括査定であなたの家の適正価格が分かる
オンライン対応

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4

【完全無料】うちの価格いくら?