公示地価から土地売却相場を調べる方法

公示地価から売却相場を調べる方法

公示地価とは、国土交通省が毎年発表している公的な地価情報です。

公示地価は1月1日時点の、基準地価は7月1日時点の地価を調査し、相場動向を踏まえて不動産鑑定士が値付けしています。

公示地価から売却相場を計算する式は以下

売却相場=公示地価×面積×1.1

国土交通省が管轄する土地情報総合システムから調べられます。

公示地価から調べる手順

  1. 土地情報総合システムから「地価公示・都道府県地価調査」を選択
  2. 「都道府県→市区町村→調査年・用途区分」で条件を指定
  3. 表示された公示地価から、似た条件の土地の価格を確認
  4. 似た条件の土地の公示地価×面積×1.1」から売却相場を算出

手順1:土地情報総合システムから「地価公示都道府県地価調査」を選択

赤矢印箇所

地価公示都道府県地価調査にアクセス

手順2:「都道府県→市区町村→調査年・用途区分」で条件を指定

調べたい都道府県を選択(赤矢印箇所

都道府県エリアの選択例

調べたい市区町村を選択(赤矢印箇所

市区町村エリアの選択例

その他条件を設定して「検索」(赤矢印箇所

その他の条件の設定例

手順3:似た条件の土地の価格を確認

結果一覧から、最も近しい住所の土地の公示価格を確認。

公示地価の一覧

住所は「所在及び地番」の項目から、公示地価は「価格(円/㎡)」の項目に掲載されています。(赤枠箇所

地価公示の「所在及び地番」「価格(円/㎡)」の項目

手順4:公示地価から売却相場を計算

すまリス
表示される価格は1平方メートル当たりの価格だから、売却したい土地の面積をかけよう!

売却相場は「公示地価×面積×1.1」となるので、以下のように計算できます。

40,400円/m²×374 ㎡×1.1=1,662万

不動産一括査定サイトを使って査定をしたら300万円以上の差も珍しくない

不動産一括査定サイトすまいステップ を使って実際に不動産を査定してみると、査定額に300万円以上差が出ることも珍しくはありません。

不動産会社 査定価格
不動産会社A 1100万円
不動産会社B 1400万円
不動産会社C 1280万円

これだけ査定額に差が出ると、複数の不動産会社に査定を依頼することが、不動産を高く売るために必須だと言えるでしょう。

少しでも不動産売却を検討しているなら、一括査定サイトで自分の不動産がいくらで売れるか調べてみましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?