マンション売却する前に不動産会社を選ぶときのポイントを学ぼう

個人がマンションを売却するなら、ほとんどの場合で『不動産会社』に頼らざる負えません。

世の『不動産会社』のイメージは、CMや営業マンの努力もあって印象よく思われがちですが、意外にも自社利益のことしか考えていない悪質な会社も多く存在します。

そういった不動産会社を選んでしまうと、売却価格や売却期間の面でなにか後悔を残してしまうかもしれません。

すまリス
不動産会社選びは、マンションの売却において最も大切な部分
選び方を知って、急がずに決めていこう。
不動産会社選びのタイミング図説
マンションを売却する全体像が知りたい方は『マンション売却の流れ』の記事をご覧ください。

マンション売却では複数社の査定を比較して選ぶべき

中には、『おすすめの不動産会社を知ったら、そのまま査定を依頼して売却を開始』する方がいらっしゃいますが、後悔を残さない売却をするためには、不動産会社は比較して選びましょう。

複数社の査定を受けると分かりますが、査定額や対応すべてが一社一社異なります。

複数社の査定結果を比較する理由

1.査定価格が大きく異なる
2.悪質な不動産会社も多く存在する

不動産会社がだす査定価格は『期間内に(一般的に3ヶ月以内)売れるであろう価格』です。言わば売却予想価格なのです。

当然、査定を担当するものによってその予想は異なるため、査定価格には大きく差が出ることとなります。

その価格が100万円~300万円ほど開くことも多くあります。

すまリス
あくまでも予想なので、高い査定額で売却できるとは限らない。
それでも比較しておけば、「もっと高い査定額がついたかも」と後悔することはなくなるね!

さらに、すべての不動産会社が必ずしもあなたの利益のために奔走してくれるとは限りません。

大手の不動産会社ほど、営業マンの教育ノウハウが確立しているため、印象の良い査定担当者と出会うことができるでしょう。
ただ、中には自社の利益を最大化するために悪質な手口を使う会社もあります。

すまリス
これは中小企業に限ったことでなく、大手不動産会社の各店舗でも起こりえることだから本当に注意が必要。

注意すべき不動産会社の特徴に関しては3章で解説いたします。
まずは、次の章で不動産会社の間違えない選び方を学んでいきましょう。

不動産会社を比較して選ぶポイント

不動産会社を選ぶときにはどのようなポイントで選べばいいのでしょうか。マンション売却を考えている時の不動産会社の選び方の4つのポイントについて解説します。

不動産会社選びのポイント

1.社会的に信頼できる会社か
2.マンションの販売力が十分な会社か
3.査定価格に根拠があるのか
4.担当者との相性はどうか

1.社会的に信用できる会社かどうか

新規に立ち上がったばかりの会社や店舗でなければ、ある程度の社会的信用を確かめることができます。

  • 不動産会社の免許番号から処分歴を調べる
  • 口コミ・評判を調べる

不動産会社の免許番号を確認する

不動産会社を運営するには、宅地建物取引業の免許が必要で、その免許番号を掲示する必要があります。

不動産会社の免許番号がわかれば、国土交通省が運営するネガティブ情報等検索サイトで過去の処分歴を調べることができます。
気になっている不動産会社が過去に信頼を損ねるような重大な違反を犯していないかどうかを調べることができます。

すまリス
不動産会社のホームページや店舗には、必ず免許番号が載っているので簡単に確認することができるよ!

口コミ情報を調べる

口コミを検索する際は、できるだけ不動産会社のホームページに掲載されているものでなく、口コミサイトなどを参考にするようにしましょう。

ただし、口コミサイトの性質上悪い評判が目立ちやすいので、あくまでも参考程度に捉えるようにしましょう。

すまリス
人によって感じ方はそれぞれだからね。
「あまりにも悪い口コミばかりになっていないか」だけ確認できれば僕は十分かな!

2.マンションの販売力が十分な会社か

その不動産会社『マンションの売却』に長けているかどうかが肝心です。

不動産会社には得意分野があり、不動産の実績が豊富でも、マンションの売却が得意だとは限りません。

不動産会社の得意分野図説

 

不動産会社を選ぶときには、不動産会社の実績と得意分野についてもよく調べることが大切です。調べ方は気になる会社のホームページで調べることができます。

現在、ほとんどの不動産会社がホームページを開設しています。ホームページには、必ずその会社の設立からの歴史をまとめた沿革と、事業実績が掲載されています。

実績に関しては、担当者自身の実績も確認したいので、査定の際に実績が確認できる資料を請求するの効果的です。

3.査定価格に根拠があるのか

まったく同じマンションでも、不動産会社によって査定額が大幅に異なります。仲介で売却する場合、マンションは売却相場に沿った価格帯でしか売却できません。しかし、相場に沿った価格帯でも物件によっては数百万円の幅があることも珍しくありません。

不動産会社選びによっては、相場の価格帯の下の価格帯でしか売却できない場合もあれば、相場の価格帯の上限に近い価格で売却できることもあります。

不動産会社による直接買取での売却の場合には、査定額が売却価格となります。直接買取であれば、最も高額な査定を出したところに売却した方がいいでしょう。

実際に、自分が売りたいマンションの売却相場がどのくらいなのか、適正価格を知るためにも、複数の不動産会社に査定を依頼することをおすすめします

不動産一括査定サイトのすまいステップなら、たった数分の入力作業1回で全国から厳選した良心的な不動産会社から最大4社の査定を簡単に取り寄せることができます。

4.担当者との相性はどうか

直接買取でマンションを売却するのなら、それほど不動産会社のスタッフとやり取りする機会はありません。しかし、仲介での売却を目指すのであれば最低でも3ヶ月、長ければ半年から1年かかることもあります。売却が完了するまで、不動産会社とのスタッフと頻繁にやり取りする必要があります。

不動産会社のスタッフとの相性もとても重要です。実績豊富な不動産会社でもすべてのスタッフが有能だとは限りません。新人が担当者になってしまうこともあります。マンション売却では担当するスタッフとの相性も重要です。相性が悪い、実力不足と思ったら、担当者を変更してもらうことも可能です。

選んではいけない?!注意が必要な不動産会社の特徴

マンションを売却するための不動産会社探しをするときに、絶対にやってはいけない注意点が4つあります。マンション売却のための不動産会社探しでやってはいけないこととはどのようなことなのでしょうか。詳しく解説します。

大手という理由だけで不動産会社を選ぶ

不動産会社をネームバリューだけで選ばないように気をつけましょう。大手の不動産会社は全国規模で大々的に宣伝しています。街中にある店舗も中小企業の店鋪よりも入りやすい雰囲気のところが多く、最初は相談しやすい雰囲気があるでしょう。

しかし、大手だからといって高額売却できるとは限りません。地元に密着で長年営業している中小企業の不動産会社のほうが、マンションの買手についてのいい情報を持っている可能性もあります

不動産会社を選ぶときには、大手も中小企業も両方ピックアップして、査定を依頼して比較してみることをおすすめします。

査定額で不動産会社を選ぶ

複数の不動産会社から査定を取り寄せたときに、極端に高額な査定額を出す不動産会社が時々あります。不動産会社による直接買取であれば査定額がそのまま売却額になるのでそのまま決めてしまって構いません。しかし、仲介での売却を希望するのであれば、極端に高額な査定額に飛びつかないように気をつけましょう

マンションを売却するときには、周辺地域の相場に沿った価格でしか基本的に売却できません。複数の不動産会社に査定を依頼しても、どこも似たりよったりの査定額になるのはそのためです。

しかし、時々飛び抜けて高額な査定額を出すところがあります。高額な査定額を出すのは、媒介契約が欲しいためです。しかし、マンションの相場から外れた高額な価格ではまず買手は付きません。少しずつ値を下げていくことになります。しかし、値下げを繰り返した物件はなにか問題があると思われて、ますます買手が付きにくくなります。

相場から外れた高額査定を出されても、その価格で売れることはありません。事前に自分でその地域のマンション相場を調べた上で、適正な査定額を判断するようにしましょう。

仲介手数料無料を理由に選ぶ

仲介手数料が無料だったり半額だったり、極端に安い事を理由に不動産会社を選ばないようにしましょう。

仲介で売却する場合の不動産会社の収入は仲介手数料だけです。仲介手数料は成功報酬ですが、物件の宣伝のための経費はすべて不動産会社持ちです。売却に成功しなければチラシの作成や配布の費用、Webサイトやタウン誌への掲載費用はすべて赤字になります。

それなのに、仲介手数料を無料や半額にできる仕組みは両手仲介を行うためです。両手仲介とは、自社の顧客の中だけで買手を探すことです。売主の仲介手数料を無料にして、買主から支払ってもらったり、両方の仲介手数料を半額ずつにするという仕組みです。

本来、不動産の売却情報は広く公開するべきものだとして、国土交通省が不動産業界向けの不動産情報システムのレインズを運営しています。基本的にレインズなどを見た他の不動産会社からの問い合わせに、不動産会社は対応しなければいけません。

しかし、両手仲介を行う不動産会社では他社からの問い合わせに対応しません。レインズに登録していても、理由をつけて売主に知らせずに断ってしまいます。そうすると、マンションを売却できる対象がとても狭くなってしまい、本来売却できたはずの価格で売却できなくなる可能性が高まります。

仲介手数料が安くなっても両手仲介をされてしまうと、売却価格が不当に安くなってしまう可能性があるので気をつけましょう

時間を掛けずに不動産会社を選ぶ

不動産会社の中には、確実に媒介契約を得るために、契約を急かすところもあります。今後マンション相場が下落するなどという話ばかりをして契約を急がせる不動産会社には気をつけましょう。

仲介で売却する場合には、不動産会社の担当者とは長い付き合いになります。不動産会社の実績や担当者との相性をしっかりと考えながら、自分に合った不動産会社を選ぶことが、満足できるマンション売却を成功させるための大切なコツです。

なお、不動産会社を急いで探したい場合には、一括査定サイトのすまいステップを利用するといいでしょう。全国から厳選した優良な不動産会社100社以上と提携していて、宅建の資格を持つ実績5年以上のスタッフに確実に対応してくれます。不動産会社の探し方がわからない場合には、すまいステップへ一括査定を依頼してみましょう。

マンション売却する際は慎重に不動産会社を選ぼう

マンション売却では不動産会社選びがとても大切です。売却にある程度の時間的余裕をかけられるのであれば、まずはじっくりと時間をかけて不動産会社を選んだ方が良いでしょう。この記事の中でお伝えした不動産会社選びのポイントについてよく理解した上で、じっくりと時間をかけて慎重に不動産会社を選ぶように心がけましょう。


不動産一括査定サイトを使って査定をしたら300万円以上の差も珍しくない

不動産一括査定サイトすまいステップ を使って実際に不動産を査定してみると、査定額に300万円以上差が出ることも珍しくはありません。

不動産会社 査定価格
不動産会社A 1100万円
不動産会社B 1400万円
不動産会社C 1280万円

これだけ査定額に差が出ると、複数の不動産会社に査定を依頼することが、不動産を高く売るために必須だと言えるでしょう。

少しでも不動産売却を検討しているなら、一括査定サイトで自分の不動産がいくらで売れるか調べてみましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?