【専門家監修】不動産売却メディア「すまいステップ」

マンション売却の不動産会社はどこがいい?選び方や注意点を解説

「マンションを売却したいけど、どこの不動産会社に頼んだらいい?」「マンションの売却を任せる不動産会社の選び方を知りたい!」

マンション売却をさせるためには、「不動産会社選び」が重要です。

そうはいっても、マンション売却がはじめての方が良い不動産会社を一度で見つけることは容易なことではありません。

この記事では、マンションを高く売却できる不動産会社を見つけるための方法を紹介します。詳しく見ていきましょう。

蔭山達也
監修蔭山 達也
大学卒業後、大手不動産流通会社に入社。売買仲介をメインに実務経験を積む。その後、株式会社ノヴェルに入社。著書に「条件難物件でも低予算で満室になるおもてなしビル管理経営」がある。
【保有資格】宅地建物取引士、ビル経営管理士、CPM(米国不動産経営管理士)、賃貸不動産経営管理士
【URL】株式会社ノヴェルYouTubeチャンネル

マンション売却を行う不動産会社の種類

一口にマンション売却を行う不動産会社と言っても、得意な売却方法や物件種別は異なります。

マンション売却に関わる不動産会社には、下記の3つの種類があります。

  • マンション仲介業者
    マンションを高く売却したい人におすすめ
  • マンション買取業者
    マンションを早く売却したい人におすすめ
  • 投資物件を扱う不動産会社
    投資として所有している物件や、賃貸中の物件(オーナーチェンジ物件)を売却したい人におすすめ

マンション仲介業者

マンションを高く売却したい人は、仲介を行う不動産会社を選ぶことがおすすめです。

仲介」とは、マンションの購入希望者を不動産会社に紹介してもらう売却手法のことです。

仲介とは

不動産会社はマンションの直接の買主となりません。

買主が見つかると、マンションの売主は不動産会社に成功報酬として仲介手数料を支払います。

仲介手数料は「売却代金の〇%」と取り決められることが多いので、一般的にはマンションが高く売却できたほうが不動産会社の利益は多くなります。

そのため、後ほど紹介する買取でマンションを売却する場合に比べて高く売却できます。

仲介での不動産会社の役割は、買主を紹介することのみに留まりません。

マンションの売却には、契約書の取り交わしや税金や相続手続きなど不動産売買の専門知識が必要です。

仲介業者はこうした手続きをサポートし、スムーズな売却をサポートしてくれます。

マンション買取業者

転勤や離婚などの事情で、マンションを早く売却したい人は買取を取り扱う不動産会社に問い合わせると良いでしょう。

買取」では、不動産会社が直接マンションの買主となります。

買取とは

不動産会社はその後、リフォームなどを行ってマンションの市場価値を高め、個人などの購入希望者に売却します。

不動産会社は、マンションの売主から物件を安く仕入れ、購入希望者に高く売り、その差額から利益を得ます。

買取でマンションを不動産会社に売却すると、売却価格は仲介での売却相場の7~8割程度に留まるのはそのためです。

マンション買取業者の中には、買取だけを専門に行う不動産会社と、仲介と買取両方に対応してくれる不動産会社があります。

買取と仲介どちらで売却するか悩む方は、仲介と買取両方に対応してくれる不動産会社を選ぶと良いでしょう。

投資物件を扱う不動産会社

マンションを売却する人の中には、投資用のマンションや賃貸に出しているマンションを売却したいと考えている方もいるかもしれません。

投資用物件を売却するケースでは、通常の不動産売買に対する知見やノウハウとは別の専門知識が必要です。

特に、賃貸中のマンションを売却する「オーナーチェンジ物件」の売却は取り扱う不動産会社が限られます。

不動産会社のホームページなどを確認し、予めオーナーチェンジ物件を取り扱っているか調べておきましょう。

すまいステップはあなたにピッタリの不動産会社を紹介!

どの不動産会社を選んだらいいのか分からない方には、不動産一括査定サービスの「すまいステップ」がおすすめです。

すまいステップ

すまいステップは、あなたの物件やエリアを得意とするおすすめ不動産会社を厳選して紹介します。

大手不動産仲介業者」や「買取専門業者」、「投資用物件の取り扱いがある不動産会社」など、複数の種類の不動産会社にまとめて査定依頼ができます。

査定は無料で受けられるため、少しでも気になる方は下のバナーからお進みください。

すまいステップなら簡単に査定価格が分かる
リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4

マンション売却での不動産会社の選び方

マンションを高く売却してくれる不動産会社を見極める際のポイントは6つです。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

近隣エリアでのマンションの売却実績が豊富

それぞれの不動産会社には、得意な物件エリアがあります。例えば、以下のような強みを持つ不動産会社もあります。

  • 鉄道系のグループ会社で、特定の沿線地域での売却に力を入れている
  • リノベーションの知識が豊富で、築古のマンションでも売却が得意
  • 投資用のマンションなど、特徴的な物件の売却に強みを持つ

どのようなエリアや物件種別が得意かは、不動産会社によって異なります

そのため、近隣エリアで似たような物件を数多く売却している不動産会社はどこか、調べることがおすすめです。

マンションの売却実績の調べ方

すまいステップのエリアページから各不動産会社の売却実績を調べることができます。

気になる不動産会社があれば、「担当企業」部分のリンクをクリックしてその会社の概要をチェックすることもできます。

マンションの売却経験者からの評判・口コミが良い

実際に家を売った人が身近にいる場合は、その人からおすすめの不動産会社を紹介してもらうこともおすすめです。

ドラマ『正直不動産』の原案者の方にインタビューした際も、身近の経験者から意見を聞くことが極めて重要とのことでした。

どうしても身近に売却経験者がいない場合は、Web上の口コミや評判も一定の判断材料になりえます。

ただし、口コミサイトの性質上悪い評判が目立ちやすいので、あくまでも参考程度に捉えるようにしましょう。

調べ方

すまいステップから売りたいマンションのエリアに対応している不動産会社の口コミを調べることができます。

広告の出稿先や種類が豊富

マンションを売り出すと、不動産会社がSUUMOやホームズのポータルサイトに物件情報を掲載したり近隣地域にポスティングを行って購入希望者を募ります。

広告の費用は原則不動産会社が負担するため、広告費に予算を割いてくれる不動産会社なのかは不動産会社を選ぶ際の判断材料になります。

ただし各社とも広告予算には限りがあるので、売りにくい物件や売却価格が低くなる物件の場合は広告費が抑えられてしまう可能性もあります。

調べ方

SUUMOやホームズなどの不動産Webサイトで自分のエリアを検索し、どの不動産会社の広告が多いかチェックしましょう。

また、査定の際などに不動産会社の担当者に「物件の広告はどこに、どのようなものを、どのぐらいの頻度で出稿していますか?」と聞いてみることもおすすめです。

査定額の根拠が明確

一括査定などで複数の不動産会社からマンションの査定を受ける場合、査定額の根拠が明確な不動産会社を選びましょう。

よく、一番高い査定額を出した不動産会社に売却を依頼する方がいます。

しかしマンションを仲介で売却する場合、マンションを購入するのは不動産会社ではないため査定額通りに売却できるとは限りません

もし、高すぎる査定額を提示する不動産会社があったら「高預かり」を疑いましょう。

高預かりとは

高預かりとは、不動産会社が媒介契約を獲得するために根拠のない高い査定額を提示することです。

実際にはその価格では売却できないため、媒介契約を結んだ後に不本意な値下げをせざるを得なくなることもあります。

そのため、査定額の根拠を確認することが重要です。

調べ方

マンションの査定は近隣の物件の過去の売却価格を元に算出する「取引事例法」で算出されることが多いです。

不動産会社に、「比較対象とした物件をなぜ選んだのか」理由を確認しましょう。

特に、下記のような点はチェックすることがおすすめです。

  • 比較対象の物件の最寄り駅は一緒か
  • 比較対象の物件の駅からの徒歩距離は似ているか
  • 比較対象の物件の築年数は似ているか、似ていない場合は正しく査定額の補正がかけられているか
  • 比較対象の物件の広さは似ているか
  • 比較対象の物件と間取りは同じか

査定時に確認する方法は、下記の記事でも詳しく解説しています。

質問に真摯に答えてくれる

マンション売却を行うには、不動産売買に関する専門知識が必要です。

一生にそう何度もマンションを売却することのない私達にとって、普段から不動産売買を行う不動産会社は心強い味方になってくれるはずです。

しかし不動産会社の中には、売主をコントロールするために売主になるべく知識をつけさせないようにする業者もあります。

そのような不動産会社は、売主に質問をされると嫌な顔をしたりはぐらかそうとしたりします。

調べ方

気になることがあれば何でも、不動産会社の担当者に相談しましょう。

思いつかない場合は、以下の例を参考にしてみてください。

  • 住み替えで、新居への入居日までに家が売れなかったらどうなるか
  • 売却代金がローン残高を下回る可能性はあるのか
  • 売却までにどのぐらいの期間がかかるのか
  • リフォームの必要はあるか、必要な場合の費用は誰が持つのか
  • 仲介手数料は、いつ・どのタイミングで支払うのか
  • もし売却をキャンセルする場合、仲介手数料は満額支払いとなるのか

査定などで不動産会社に会う前に、家族にも売却を検討していることを相談し不安なことは書きだしておくこともおすすめです。

担当者との相性がいい

直接買取でマンションを売却するのなら、それほど不動産会社のスタッフとやり取りする機会はありません。

しかし、仲介での売却を目指すのであれば最低でも3ヶ月、長ければ半年から1年かかることもあります。売却が完了するまで、不動産会社のスタッフと頻繁にやり取りする必要があります。

実績豊富な不動産会社でもすべてのスタッフが有能だとは限りません。新人が担当者になってしまうこともあります。

相性が悪い、実力不足と思ったら、担当者を変更してもらうことも可能です。

マンション売却で不動産会社を選ぶ際の注意点

マンションを売却するための不動産会社探しをするときに、絶対にやってはいけない注意点が4つあります。マンション売却のための不動産会社探しでやってはいけないこととはどのようなことなのでしょうか。詳しく解説します。

大手という理由だけで不動産会社を選ぶ

不動産会社をネームバリューだけで選ばないように気をつけましょう。大手の不動産会社は全国規模で大々的に宣伝しています。街中にある店舗も中小企業の店鋪よりも入りやすい雰囲気のところが多く、最初は相談しやすい雰囲気があるでしょう。

しかし、大手だからといって高額売却できるとは限りません。地元に密着で長年営業している中小企業の不動産会社のほうが、マンションの買手についてのいい情報を持っている可能性もあります

不動産会社を選ぶときには、大手も中小企業も両方ピックアップして、査定を依頼して比較してみることをおすすめします。

査定額で不動産会社を選ぶ

複数の不動産会社から査定を取り寄せたときに、極端に高額な査定額を出す不動産会社が時々あります。不動産会社による直接買取であれば査定額がそのまま売却額になるのでそのまま決めてしまって構いません。しかし、仲介での売却を希望するのであれば、極端に高額な査定額に飛びつかないように気をつけましょう

マンションを売却するときには、周辺地域の相場に沿った価格でしか基本的に売却できません。複数の不動産会社に査定を依頼しても、どこも似たりよったりの査定額になるのはそのためです。

しかし、時々飛び抜けて高額な査定額を出すところがあります。高額な査定額を出すのは、媒介契約が欲しいためです。しかし、マンションの相場から外れた高額な価格ではまず買手は付きません。少しずつ値を下げていくことになります。しかし、値下げを繰り返した物件はなにか問題があると思われて、ますます買手が付きにくくなります。

相場から外れた高額査定を出されても、その価格で売れることはありません。事前に自分でその地域のマンション相場を調べた上で、適正な査定額を判断するようにしましょう。

仲介手数料無料を理由に選ぶ

仲介手数料が無料だったり半額だったり、極端に安い事を理由に不動産会社を選ばないようにしましょう。

仲介で売却する場合の不動産会社の収入は仲介手数料だけです。仲介手数料は成功報酬ですが、物件の宣伝のための経費はすべて不動産会社持ちです。売却に成功しなければチラシの作成や配布の費用、Webサイトやタウン誌への掲載費用はすべて赤字になります。

それなのに、仲介手数料を無料や半額にできる仕組みは両手仲介を行うためです。両手仲介とは、自社の顧客の中だけで買手を探すことです。売主の仲介手数料を無料にして、買主から支払ってもらったり、両方の仲介手数料を半額ずつにするという仕組みです。

本来、不動産の売却情報は広く公開するべきものだとして、国土交通省が不動産業界向けの不動産情報システムのレインズを運営しています。基本的にレインズなどを見た他の不動産会社からの問い合わせに、不動産会社は対応しなければいけません。

しかし、両手仲介を行う不動産会社では他社からの問い合わせに対応しません。レインズに登録していても、理由をつけて売主に知らせずに断ってしまいます。そうすると、マンションを売却できる対象がとても狭くなってしまい、本来売却できたはずの価格で売却できなくなる可能性が高まります。

仲介手数料が安くなっても両手仲介をされてしまうと、売却価格が不当に安くなってしまう可能性があるので気をつけましょう

⇒マンション売却の手数料について詳しく知りたい方はこちら

時間を掛けずに不動産会社を選ぶ

不動産会社の中には、確実に媒介契約を得るために、契約を急かすところもあります。今後マンション相場が下落するなどという話ばかりをして契約を急がせる不動産会社には気をつけましょう。

仲介で売却する場合には、不動産会社の担当者とは長い付き合いになります。不動産会社の実績や担当者との相性をしっかりと考えながら、自分に合った不動産会社を選ぶことが、満足できるマンション売却を成功させるための大切なコツです。

なお、不動産会社を急いで探したい場合には、一括査定サイトのすまいステップを利用するといいでしょう。全国から厳選した優良な不動産会社100社以上と提携していて、宅建の資格を持つ実績5年以上のスタッフに確実に対応してくれます。不動産会社の探し方がわからない場合には、すまいステップへ一括査定を依頼してみましょう。

⇒不動産会社選びを含めたマンション売却時の注意点はこちら

まとめ

マンション売却では不動産会社選びがとても大切です。売却にある程度の時間的余裕をかけられるのであれば、まずはじっくりと時間をかけて不動産会社を選んだ方が良いでしょう。

この記事の中でお伝えした不動産会社選びのポイントについてよく理解した上で、じっくりと時間をかけて慎重に不動産会社を選ぶように心がけましょう。

おすすめの不動産一括査定サイトは「すまいステップ」

すまいステップ

ここまで不動産一括査定のメリットや選び方を紹介してきました。不動産一括査定でおすすめするサイトはすまいステップです。
なぜなら、すまいステップでは独自の運営方針に従い優良企業のみと提携を組んでいるため、安心してマンション売却を行えます。

さらに、査定依頼できる不動産会社は最大4社まで選ぶ事が可能なので、選んだ企業以外からの連絡はありません。

査定依頼では、フォームに沿って簡単な物件情報を入力するだけで申し込みができるので、すき間時間で依頼が可能です。

優良な不動産会社がそろっているすまいステップでぜひマンション売却を行ってみてはどうでしょうか。
下記のバナーより査定の申し込みができるので、ぜひ利用してみてください。

すまいステップなら簡単に査定価格が分かる
リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4

マンションを高く売るための基礎知識を知りたい方はコチラ!

記事のおさらい

マンション売却を行う不動産会社の種類は?

マンション売却を行う不動産会社の種類は以下の通りです。

  • マンション仲介業者
  • マンション買取業者
  • 投資物件を扱う不動産会社

詳しく知りたい方はマンション売却を行う不動産会社の種類をご覧ください。

マンション売却での不動産会社の選び方は?

マンション売却での不動産会社の選び方は以下の通りです。

  • 近隣エリアでのマンションの売却実績が豊富
  • 売却経験者からの評判・口コミが良い
  • 広告の出稿先や種類が豊富
  • 査定額の根拠が明確
  • 質問に真摯に答えてくれる
  • 担当者との相性が良い

詳しくはマンション売却での不動産会社の選び方をご覧ください。

【完全無料】うちの価格いくら?