家の売却は無料査定を活用して成功に導こう。おすすめサイトも紹介

初めて家を売却するにあたり「無料査定を使うとよいと聞いたけどどうしてなのか」「どうやって使えばよいのか」と疑問を感じていませんか。

無料査定は無料の一括査定サイトを通じ、サイトに登録されている不動産会社へ査定依頼を出すことで受けられます。売りたい不動産の相場が把握できるほか、複数の不動産会社とやり取りを通じ、自分に合う不動産会社を選べるのがメリットです。

利便性が高く不動産売却の成功にも欠かせない無料査定ですが、デメリットもあります。

そこでこの記事では、不動産売却において無料査定を受けるメリット・デメリットや、無料の一括査定サイトを選ぶ方法を解説します。無料査定を活用するコツやおすすめサイトの紹介もしますので、これから家を売る準備を始めたい方におすすめです。

関連記事:家査定で評価される6つポイント!高く査定されるための注意点とは?

家を売却するときの無料査定の基礎知識

不動産会社に査定を依頼しても費用がかからないことがほとんどです。ではなぜ、無料で査定が受けられるのか、査定価格は正確なのかといったポイントから、無料査定の基礎知識について解説します。

無料査定をしてもらえる理由

不動産会社が無料査定を行うのは自社の営業も兼ねているためです。

たとえば不動産会社が売主と契約して家を売った場合、売却費用をもとに仲介手数料が売上として入ってきます。しかしまず顧客と出会わなくては、不動産の仲介役になることはできません。

そこで不動産会社は「わが社に任せてもらえばこの価格で売れますよ」とアピールするために、無料で査定を行っているのです。

なお、有料の不動産査定もあります。こちらは不動産鑑定士に依頼するもので、裁判や税務署へ査定額を証明する書類を提出したいときに必要です。査定額の根拠が重要視される場合に利用する査定方法であり、不動産を普通に売却したいのであれば無料査定のみでも問題ありません。

無料査定の価格はあくまで目安

無料査定で示される価格は「この価格なら3ヶ月くらいで売れる」という可能性のもと示す目安であり、不動産の売却額ではありません。実際の不動産売却額は買主が決まった後にお互いにやり取りを重ね、双方が納得した価格で決定されるためです。

さらに無料査定で示される価格は、不動産会社によっても異なります。会社ごと営業担当者の人数や得意とするエリア、顧客数も違うからです。

無料査定を使う場合は高額な査定額をむやみに信じるのではなく、あくまで目安であることを心掛けておきましょう。

無料査定の方法は2種類

無料査定は次の2種類に分けられます。

  • 机上査定
  • 訪問査定

机上査定は自宅への訪問がなく、過去のデータを参考に査定をします。そのため、訪問査定と比べると査定の正確性は低いろいえるでしょう。一方、訪問査定では実際に担当者が不動産を見て査定するので、正確性が高いことが特徴です。

不動産の売却を依頼する際は、机上査定を複数の不動産会社から受けて目安を知ったうえで、訪問査定でより正確な査定額を出してもらいます。机上査定と訪問査定の使い分けについては、この記事の後半で詳しく解説するので参考にしてください。

家を売却するなら無料の一括査定サイトを利用

手軽に複数の査定結果をもらう方法として無料の一括査定サイトを利用する方法が挙げられます。手軽な方法でメリットがある反面、デメリットもあるため、どちらも理解したうえで査定申し込みに移りましょう。

無料の一括査定とは

複数の不動産会社に対し、一度に査定依頼の手続きが行えるサイトです。簡単にその仕組みを説明すると、次のようになっています。

  • 利用者がサイトに情報を入力
  • 情報をもとにサイトが不動産会社とマッチング
  • 利用者の紹介を受けた不動産会社がサイトへ利用料を支払い
  • 不動産会社が査定を行う
  • 利用者に査定結果が届く

仕組みを見ると分かるように、無料の一括査定サイトが成り立っているのは不動産会社側が利用料を支払っているためです。一見すると、利用者側だけが得をしているように見えるかもしれません。

しかし不動産会社にとってもメリットがあります。サイトの専用フォームに入力された不動産情報をもとに、サイト側が条件に合う不動産会社をピックアップしてくれるからです。

不動産会社は自社が担当するエリア内に不動産を持つ人や、得意とする不動産の種類を持つ人と効率よく出会うことができるため、利用料を支払っても使うメリットがあります。

無料の一括査定で家の売却を始めるメリット

家の売却を無料の一括査定から始めるメリットは、次の4つです。

  • 査定結果を比較して相場を把握しやすい
  • Webサイトから一括して申し込める
  • サイトごとに使い分けができる
  • 相性のよい不動産会社の検索にも役立つ

無料の一括査定サイトを使う一番のメリットは、複数の査定結果が手元に届くため物件の相場を把握しやすくなることです。不動産売却を実際に行うときにより売れやすい売却価格を設定しやすくなるため、不動産売却において相場は重要な情報となります。

しかし、初めて不動産を売る人の場合、相場がどのくらいか分からないことも多くあります。自分で調べる方法もいくつかありますが、無料一括査定サイトを使えば不動産会社が自社の情報などを活用して査定額を出してくれるため、最新の相場を把握しやすいのです。

また無料の一括査定はサイトの専用フォームへ、必要情報を入力するだけで利用できます。入力にかかる時間も1分から2分程度のため、複数の不動産会社へ依頼する場合でも短時間で情報共有が済むのです。

そして無料の一括査定では、自分が調べた範囲では分からなかった地元の不動産会社に巡り合える可能性もあります。これは無料の一括査定ごと特色があり、その特色に合う不動産会社が登録されていることが多いためです。

これらのメリットから、無料の一括査定を使うことで不動産売却の心強い味方となる、相性のよい不動産会社を見つけることにも役立ちます。

無料の一括査定で家の売却を始めるデメリット

デメリットは、次の3つが挙げられます。

  • 依頼した数だけ査定結果が届き、営業がしつこいことがある
  • サイトに登録された不動産会社にしか査定依頼を出せない
  • 査定額がばらばらで判断が難しいことがある

当然のことながら、無料の一括査定で複数の不動産会社へ依頼を出すと、その分だけ査定結果が届きます。複数の結果を比較することは重要ではありますが、忙しいと査定結果の確認だけでも大変に感じるかもしれません。

また、依頼を受けた不動産会社が契約を結ぼうとするあまり、何度も営業電話を行うことがあります。不動産会社側からすれば、無料査定時にサイト側へ利用料を支払っているため、できれば契約を結んで自社の利益につなげたいからです。

ただし一括査定を行う際に備考欄へ「メールで連絡を取りたい」と送り、不動産会社とのやり取りをメールに限定する手もあります。不動産会社の比較をせずに決めてしまう方がデメリットが大きくなるため、やり取りしやすい方法で対応しましょう。

そして地方の不動産を売る場合にデメリットになりうるのが、そもそも無料の一括査定に地元の不動産会社が登録されていない可能性があることです。できるだけ対応エリアの広い無料の一括査定を選び、場合によっては複数のサイトを活用してみることをおすすめします。

利用する無料の一括査定サイトの選び方

無料の一括査定を受ける際に起こりうるデメリットは、無料の一括査定サイトの選び方次第で回避できます。しかしさまざまな特色を持つ無料の一括査定サイトが増えていることもあり、選ぶ際はポイントをおさえて見極めることが大切です。

ここでは無料の一括査定サイトの選び方を3つ解説します。

売却したい家がある地域に対応

サイトを選ぶ際に特に注目しておきたいのが、対応地域です。サイトの対応地域を確認しておくことで「そもそも不動産会社が見つからない」という失敗を防ぐことができます。

不動産売却において不動産会社の対応地域は、売却結果の良し悪しに結びつきます。不動産会社が得意とする地域の方が売却額も高くなることが多いからです。しかし地方の不動産の場合、そもそも地域に対応した不動産会社が少ないこともあります。

できればより多くの不動産会社に依頼できるように、売却したい家がある地域に対応したサイトなのか確認しておくことが大切です。

確認方法としては、サイトの情報をチェックするほか、無料査定に地域を入力してみるのも手です。電話番号など個人情報を入力しない限りは、不動産会社やサイト側から営業メールが来ることはありませんので、サイトの情報だけでは対応地域が分からない場合は試してみましょう。

登録されている不動産会社の質

対応地域に特に問題がなければ、登録されている不動産会社の質を維持するために対策を行っているサイトを選ぶことが大切です。例として、次のような取り組みが挙げられます。

  • 独自の基準で不動産会社を厳選している
  • 利用者からクレームが多ければ提携を解除する
  • 利用者目線で便利な情報や使い方ができるようにサイトを運営している

なぜ登録されている不動産会社の質が重要になるかというと、悪徳業者と出会うリスクを少しでも下げるためです。

無料の一括査定では、基本的に不動産会社へ利用者を紹介するほど多くの利用料を受け取ることができます。多くの不動産会社に提携してもらうためにも、会社側にとってデメリットとなる対応や情報提供は避けたいところです。

しかし、不動産を売りたい利用者にとってはそうではありません。悪徳業者と出会ってしまい、相場よりも安く不動産を売られる、何度も営業電話がかかってくるなど、デメリットの方が大きくなる可能性もあります。

サイトが登録されている不動産会社の質を維持するべく、どのような対策を行っているのか確認したうえで選択しましょう。

サイトのセキュリティの高さ

不動産の査定依頼では名前や住所、不動産の種類など多くの個人情報を入力するため、セキュリティの高いサイトを選ぶことが大切です。

基本的には、無料の一括査定サイトでは利用者の希望があって初めて、不動産会社へ情報を提供する仕組みになっています。査定依頼を行っていない不動産会社へ無断で個人情報を提供することはありません。

ただし、個人情報の扱いは無料の一括査定サイトごとに違います。どのような目的で個人情報を利用するのか、サイトの「個人情報保護方針」や「プライバシーポリシー」を確認しましょう。特に「第三者に情報提供を行う可能性はあるのか」確認しておくことをおすすめします。

どうしても個人情報漏えいを避けたい方は「匿名査定」を利用するのも手です。これは不動産の情報のみを使った簡易的な査定を受けるサービスで、相場を把握したい場合に活用できます。

家の売却はすまいステップでの無料査定がおすすめ

解説した無料の一括査定サイト選びをもとにおすすめしたいサイトは「すまいステップです。ここではなぜおすすめなのかそのメリットと、利用するうえで意識したいデメリットについて解説します。

すまいステップとは

すまいステップとは、株式会社Speeeが運営する全国各地の地域に対応した年間200万人以上が利用する無料の一括査定サイトです。

サイトを運営する会社は、月間13,000人以上が利用する無料の不動産一括査定サイトを運営してきた実績があります。そのノウハウを生かした運営により「安心して任せられる不動産会社」のみに依頼できるよう、提携する不動産会社の質にこだわっている点が特徴です。

そのため、不動産売却が初めてという方でも安心して査定依頼を行えます。

すまいステップを利用するメリット

すまいステップを利用するメリットは、次の4つです。

  • 宅地建物取引士の資格所有者など担当者を厳選している
  • クレームが多い不動産会社はすまいステップ側が排除
  • 地域ごとに登録されている不動産会社の詳細が分かる
  • 無料で都道府県別の相場が分かる

無料の一括査定サイトでは、基本的に不動産会社は選べても、対応する担当者が誰かまでははっきり分からないこともほとんどです。すまいステップでは登録している不動産会社ごと、得意な不動産や会社情報、対応するスタッフの得意分野や勤続年数などを紹介しているため、どのような担当者が対応してくれているか分かります。

また、一度登録された不動産会社であっても定期的にチェックされ、クレームや規約違反がある不動産会社はすまいステップ側が登録を解除できる仕組みも利用者にとってはメリットです。悪徳業者と出会うリスクを下げつつ、優良な不動産会社に査定依頼しやすい環境となっています。

サイトのサービスとして個人情報の入力を行わなくとも都道府県別の相場が分かるため、個人情報の入力が心配な方にもおすすめです。

運営する株式会社Speeeでは個人情報保護基本方針において、個人情報の扱いについても詳しく定めているため、気になる方は一度目を通しておきましょう。

参考:Privacy Policy|株式会社Speee

家の売却で無料査定を使いこなすコツ

無料の一括査定サイトを活用することで、家の売却をより有利に進めることができます。ここでは使いこなすための3つのコツを解説します。

机上査定を依頼してから訪問査定

無料の一括査定サイトで不動産会社を調べたら、まずは机上査定を依頼して不動産会社を絞り込み、そのうえで訪問査定を依頼するようにしましょう。不動産会社がどのような不動産を得意としているのか、担当者の対応や相性を見極める必要があるためです。

机上査定は売りたい物件の登記事項証明書など、物件の情報と近隣のデータを活用して行う査定方法です。早ければ依頼当日、遅くとも3日ほどで結果が届きます。このときの対応や査定額などをもとに不動産会社を絞り込み、訪問査定を依頼することでより現実的な査定額を調べてもらいましょう。

こうなると「では、最初から訪問査定の方がよいのでは」と思う方もいるかもしれません。訪問査定は不動産会社の担当者が物件を訪れるほか、必要書類も机上査定より多いことがあります。したがって依頼側としても、書類の取得や部屋の掃除といった準備が必要です。

不動産会社に目星がついており、すぐに精度の高い査定を受けて売却活動を始めたい、といった事情がない限りは、机上査定を受けてみて売りたい不動産の相場を知ることから始めてみましょう。

査定結果は根拠をチェック

相場に見合う査定額かどうかだけでなく、根拠も必ずチェックしましょう。いくら相場に見合う査定額だから、他社より査定額が高いから、といって決めてしまうと、最終的な売却額が低くなる可能性もあるためです。

たとえば、過去に該当地域で似たような物件の売却実績がある不動産会社であれば、より相場に近い査定額を根拠と共に提示してくれます。物件のデメリットも理解した不動産会社なら、さらに現実的な物件の売り方や値段設定についても相談に乗ってもらえるでしょう。

不動産会社の得意分野を確認するポイントでもあるため、根拠を確認することは納得のいく不動産会社選びにおいても重要です。

売却を依頼する不動産会社は担当まで見極め

査定依頼を出したとしても、そのまま実際に売却を依頼する不動産会社を決める必要はありません。訪問査定を受けた結果、「担当者との相性が悪そう」や「信頼できない」と感じたら、断ることも重要です。

なぜなら、不動産が売れるまでは少なくとも1ヶ月から半年ほどかかります。時間をかけてもよいから高く売りたいのであれば、1年近く待つケースもあるのです。

また、不動産の宣伝活動や物件の紹介方法、購入希望者とのやり取り、書類準備なども担当者の役割です。そのため担当者の能力次第では、売却までさらに時間がかかることもあります。

そのため不動産会社の担当者とは、数ヶ月単位でやり取りできそうか、信頼できる人物か、確認しておくことも重要です。訪問査定を受けることで担当者と直接やり取りできるため、査定額や根拠以外にも、担当者の人柄や能力を見極めるつもりで臨みましょう。

家を売却するなら無料査定を利用しよう

不動産査定は不動産会社にとっては宣伝の役目も持つため、基本的には費用がかかりません。机上査定と訪問査定の違いを意識して使い分けることで、最新の相場を把握しつつ、自分の売りたい家に合う不動産会社を見つけられるでしょう。

また、無料査定を受けるには一括査定サイトを使うのが便利ですが、サイトごとに特色が異なるため、対応地域や登録されている不動産会社の質、サイトの個人情報保護に対する対応を知ったうえで選ぶことが大切となります。

おすすめの無料の一括査定サイトは「すまいステップ」です。質の高い不動産会社を探している方は、まずは一度サイトにアクセスしてみてはいかがでしょうか。


不動産一括査定サイトを使って査定をしたら300万円以上の差も珍しくない

不動産一括査定サイトすまいステップ を使って実際に不動産を査定してみると、査定額に300万円以上差が出ることも珍しくはありません。

不動産会社 査定価格
不動産会社A 1100万円
不動産会社B 1400万円
不動産会社C 1280万円

これだけ査定額に差が出ると、複数の不動産会社に査定を依頼することが、不動産を高く売るために必須だと言えるでしょう。

少しでも不動産売却を検討しているなら、一括査定サイトで自分の不動産がいくらで売れるか調べてみましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?