【専門家監修】不動産売却メディア「すまいステップ」

家の査定は本当に無料?おすすめの査定方法やトラブルを防ぐコツ

  • 更新日:2022年8月30日
家の査定は本当に無料?おすすめの査定方法やトラブルを防ぐコツ

家を売りたいと考えたら、まず不動産会社に査定を依頼し自宅がいくらで売れるか調べてもらいます。

査定依頼自体はどの不動産会社に依頼しても無料です。しかし、無料だからと言って適当に不動産会社を選ぶと家を高く売ることはできません。

場合によっては数百万円も損することもあります。

そのため、無料であってもきちんと査定依頼時にコツを理解しておくことが大切です。

この記事では、家の査定が無料でできる理由や、安全に査定依頼する方法まで解説します。

家を売るなら無料査定を依頼しよう

査定を依頼したいが「査定は本当に無料なの?」と不安な方もいるでしょう。

この章では、無料で査定が行われる理由無料査定で分かることを解説します。

家査定が無料でできる理由

不動産会社が家の査定を無料で行う理由は、査定依頼者が将来の見込み客になるからです。

不動産会社は不動産の売買が成立した際に支払われる仲介手数料を主な収入元です。

売却検討者に無料で査定を受けてもらうことで「この価格で売れるなら、この会社で売却しようかな」と仲介を依頼してもらう機会に繋がります。

このような状況に期待して不動産会社は営業活動の一環として査定を無料で行っています。

家の売買が成立するまで一切費用は掛からないので、家の売却を検討している方は気軽に不動産会社に査定を依頼しましょう。

「営業活動の一環ということは、査定依頼したら必ず家を売らなきゃいけないの?」と心配になる方もいるかもしれません。

しかし、査定をしたからといって家を必ず売却する必要もありません。

無料査定が向いてる人は?

家を売却する目的 で家がどのくらいの価格で売れるか知りたい方には無料査定がおすすめです。

無料査定を依頼すると、不動産会社は物件の立地や築年数など様々な要素を踏まえ家の売却価格、売却期間を見積もってくれます。

査定結果を知る方法には、メールで査定額だけ知れる机上査定、正確な査定額を営業担当者から直接知れる訪問査定の2つがあります。
どちらも無料なので家の売却を1年以内で検討してる方は正確な査定額が分かる訪問査定を選びましょう。

無料査定を受けたい方は以下のフォームより査定依頼をしてみましょう。3分程度の簡単な入力で、最大4社の不動産会社に査定が依頼できます。

一方で、無料査定を依頼すると不動産会社とメール等でやり取りをすることになるため、家を売るつもりがなく売却価格だけ知りたい方はシミュレーションサイトがおすすめです。

家の無料査定は「複数社にまとめて依頼」が基本

家の査定で失敗しないために、複数社にまとめて査定を依頼しましょう。

なぜなら、不動産会社によって査定価格や担当者の力量が異なるからです。

この章では、無料査定時に最も大切な「査定結果を比較する」際のポイントを紹介します。

無料査定時は「査定価格」と「対応」を比較しよう

まず査定時に比較したいのは査定価格です。不動産会社によって得意なエリアや物件種別が異なるため査定価格に差ができます。

企業によっては数百万円の差も出るため、最も良い条件で家を売りたいなら査定価格を比較して好条件で売ってくれる会社に仲介を依頼しましょう。

次に営業マンの対応も査定時に比較しましょう。

家を売る際は営業担当者が売却活動を行うので、担当者の力量によって売却条件が大きく変わります。

相性の合わない営業マンに担当してもらうと長い期間売れずストレスに苦しむことにもつながります。

査定時の営業マンの対応を以下の点で比較すれば、信頼できる担当者か分かります。

  • 査定額の根拠を聞いて分かりやすく答えてくれるか
  • 近隣物件の売却実績があるか
  • 細かい質問に対しても、真摯に答え人として信頼できるか

査定額や会社のネームバリューだではなく、営業担当者が信頼できる人か?という観点で比較し不動産会社を選びましょう。

複数社に査定依頼するなら一括査定サイトがおすすめ

複数の不動産会社に査定依頼するなら不動産一括査定サイトがおすすめです。

不動産一括査定サイトとは、物件情報を入力するだけで複数の不動産会社に一括で査定依頼できるサービスです。

一括査定サイトの仕組み

不動産一括査定サイトには全国数千の不動産会社が加盟しており、入力した情報に応じて最適な不動産会社を複数紹介してもらえます。

最終的に査定依頼した企業はあなた自身で選べるので、査定依頼していない企業から連絡が来ることはありません。

不動産会社を探す手間が省け、複数の不動産会社に一括で査定依頼できるので査定価格や不動産会社の対応を比較するのに便利です。

おすすめの一括査定サイトは『すまいステップ』

おすすめしたい不動産一括査定サイトは優良企業のみに査定依頼できるすまいステップです。
すまいステップに加盟している不動産会社は厳しい審査を通過した優良企業のみ。

さらに査定対応する担当者は「宅地建物取引士の資格保有者」「売買仲介営業経験が5年以上」「累計100件以上の売買仲介実績」といった高額売却に欠かせない条件のいずれかを満たしています。

もちろん、査定依頼も無料なので、初めて家の査定依頼をする方には特におすすめです。

「より正確な査定をしてほしい」「信頼できる不動産会社と出会いたい」と考えている方は、ぜひすまいステップをご利用ください。

以下のフォームより簡単に査定を依頼できます。

すまいステップなら簡単に査定価格が分かる
リナビス
リナビス

一括査定であなたの家の適正価格が分かる
オンライン対応

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4
リナビス
step5

無料で家を査定する流れ

不動産一括査定を使って無料で不動産会社に査定依頼する流れを紹介します。

手順やること
ステップ1不動産会社に家の査定を依頼
ステップ2査定の訪問日時を決める
ステップ3不動産会社が家に訪問し現地調査
ステップ4不動産会社から家の査定結果を報告してもらう

ステップ1:不動産会社に査定依頼をする

まずは、不動産一括査定サイト使って不動産会社に査定を依頼しましょう。

査定依頼時は、次の情報が求められるのであらかじめ調べておきましょう。

査定依頼時の必要情報
物件所在地(都道府県、市区町村、町名、字/丁目)
査定希望の物件詳細(住所、広さ、間取り、築年数、査定物件との関係、番地、現在在住か否か、専有面積、間取り、築年数、物件の状況、依頼理由)
査定依頼者の個人情報(名前、年齢、メールアドレス、電話番号)
一括査定を利用すれば、上記の情報に即して最適な不動産会社を紹介してもらえます。会社の知名度にとらわれず大手・地元密着など様々なタイプの不動産会社に査定依頼し査定結果を比較しましょう。

ステップ2:査定の訪問日時を決める

査定依頼した不動産会社からメールまたは電話で連絡があるので、訪問査定の日程を決めていきましょう。

査定依頼した家が空き家であっても、分からないことを確認するために立ち会いを求めらることがあります。

なお、机上査定を希望する場合はステップ1のみで査定額を教えてもらえます。

ステップ3:不動産会社が家に訪問し現地調査

ステップ2で決めた日時に不動産会社の担当者が家に訪問し、自宅の劣化具合や周辺環境を見て評価をします。

査定時には不動産会社から質問されることが多々あります。質問への回答内容が査定額に影響するので正直に質問に答えましょう。

訪問査定は1時間程度で終了します。

ステップ4:家の査定結果を報告してもらう

訪問査定後に家の査定額を教えてもらえます。また、後日査定結果の根拠をまとめた査定書が送られてきます。

査定書には査定価格やその根拠だけでなく、周辺の売却実績や売却プランの提案が盛り込まれています。

査定結果に納得すれば不動産会社と媒介契約を交わし、家を売り出していきます。もちろん査定額に不満があれば家を売る出す必要はありません。

以上が無料で家を査定する大まかな流れです。

無料の家査定でトラブルを防ぐポイント

家を査定する最終的な目的は家を売却することです。家の売却を成功するために、査定時には売却活動まで見越した行動が必要です。

無料査定時にトラブルが起こらないよう5つのポイントを把握しておきましょう。

トラブルを防ぐ5つのポイント

  • 査定依頼の背景を伝える
  • 必要書類を準備する
  • 家の欠点は正直に伝える
  • 事前に売却相場を調べる
  • できる限りの掃除をする

査定依頼の背景を伝える

査定依頼時に依頼の背景や売却希望時期を不動産会社に伝えることが大切です。

例えば背景を伝えず査定依頼すると、不動産会社からしつこく連絡が来ることがあります。

このようなトラブルを避けるには「売却するか検討するために査定依頼した」など不動産会社に査定依頼の背景を伝えれば、あなたに合わせた連絡をしてくれます。

不動産一括査定を使って査定依頼すれば、入力フォームの要望欄で「メールで連絡をお願いします」といったリクエストも可能です。

不動産簡易査定

それでもしつこい連絡があった場合、そのような不動産会社と絶対に契約してはいけません。

しつこい連絡が来るということは、売主よりも自分達の利益を優先している可能性が高いからです。きっぱりと「御社との契約はしない」旨を伝えましょう。

必要書類を準備する

書類を用意しなくても査定を行ってくれる不動産会社はあります。
ただ、前もって書類を用意しておけば、手続きがスムーズになるほか、査定の精度が上がる場合もあります。

不動産売却を行うためにはいくつかの書類が必要です。

書類がなくても査定を受けることはできますが、家の情報が記載されてる書類があれば正確な査定額を算出してもらいやすくなります。

また、売買契約時には必ず書類が必要になるので前もって準備を進めおくとよいです。

査定前にあると良い書類

  • ローン残高証明書
  • 土地測量図・境界確認書
  • 地盤調査報告書
  • 耐震診断報告書
  • アスベスト使用調査報告書
  • リフォーム・修繕の履歴が分かる書類

売り出し前に必要な書類

  • 身分証明書,実印
  • 登記簿謄本
  • 登記済権利書または登記識別情報
  • 建築確認済証
  • 固定資産税納税通知書
  • 購入時の売買契約書・重要事項説明書
  • 購入時のパンフレット(マンションの場合)

もしお手元に書類がない場合は、査定依頼時に不動産会社相談してみましょう。不動産会社が書類の発行をサポートを行ってくれる場合もあります。

家の欠陥は正直に伝える

家に重大な欠陥や劣化がある場合、それを不動産会社に隠さず正直に伝えましょう。

家の欠陥を隠したまま査定を受けてると正確な査定額は出せません。

また、売主には「瑕疵担保責任」があり欠点を隠して売却すると、買主から売買契約が破棄されたり、修繕費用を全額負担しなければならなくなります。

通常「瑕疵担保責任」は売却後3カ月有効ですが、売主が意図的に隠していた場合は免責期間が過ぎても責任を問われてしまいます。

家の欠陥と見なされる要素としては、物理的欠陥(雨漏りや地盤軟弱化)法的欠陥(建築基準法に触れる)心理的欠陥(事故や事件があった)環境的欠陥(騒音や悪臭)の4つです。

後々トラブルにならないためにも家の査定時は正直に家の特徴を不動産会社に伝えましょう。

事前に売却相場を調べる

無料で家の査定を受ける前に自分でも家の相場を調べておきましょう。

家の相場を把握しておくと、不動産会社に提示する査定額を鵜吞みしなくなります。

不動産会社が提示する価格で家が売れるわけではなく、あくまで相場に適してることが大切です。

不動産会社によっては、契約を取るために意図的に高い査定価格を出して、契約後に値下げをする会社もあります。

不動産会社の査定額が正しそうかを見極めるために必ず事前に自宅の相場を調べましょう。

簡単かつ無料で家の相場を把握したい方はこちらのシミュレーション機能がおすすめです。

家の売却相場について詳しくはこちらをご覧ください

できる限りの掃除をしておく

不動産会社が訪問査定来る前に最低限の掃除をしておきましょう。

家の価格は買う人の見た印象にも左右されます。築年数が古くても綺麗に使われてる家なら買い手に好印象をもたれ相場より高く売れるからです。

不動産会社も買主目線で査定額を算出するので、家が散らかったり汚れていると、どうしても査定額は低くなります。

玄関や水回りなど目につきやすい場所は最低限掃除をしておくと、不要に査定額が下がることを防げます。

【完全無料】うちの価格いくら?