土地の宅地造成工事にかかる費用はどのくらい?節約方法を紹介

田や畑などに建物を建てようとする場合、住宅に適した土地に変えるための宅地造成工事が必要になります。

造成工事が必要になるケース

  • 土地の形が変形している
  • 土地に激しい高低差がある
  • 軟弱な地盤の土地(田や畑など)

造成の工事は何百万という費用が掛かることも多いので、業者への相談の前に把握しておきましょう。

土地の宅地造成工事にかかる費用はどのくらい

宅地造成工事にかかる費用は、その土地に対し行われる作業、使われる機械(重機や運搬車)などにより変わります。その為、どのくらいの土地ではどれほどの金額がかかるという目安を提示するのは非常に難しくあります。

工事費は作業や業者によって変わる

すでに宅地に適した雑種地であれば、整地や伐採などは行われますが、地盤改良など作業は必要なくそれだけ価格は安く収まります。
一方で、田や畑などは地盤の改良を必要とする場合が多くありますし、傾斜がある土地ならさらに変動の要因となります。

盛土や土止は作業単価が高く、その作業の多さで価格が大きく変わります。
土地が道路よりも高い・低いといった状況の場合に必要になるのですが、ここで道路との境界を盛土して底上げするのか、傾斜をつけて盛土を回避するのかの提案は業者によって変わることがあります。

又、擁壁のような使われる工材も価格に大きく影響します。

そのため、いくつかの業者に見積もりを行ってもらい比較してみることをおすすめします。

造成工事で行われれる作業

整地

整地とは、建設を行うためだったり解体工事を行ったりした場合に、土地を平らにして地固めをすることをいいます。住宅の新築などは、造成を行わない場合でも、ほとんどの場合で整地は行われます。また、造成工事を行った場合には、最後に必ず地ならしが必要のため、整地費用が含まれます。

伐採・抜根

土地に樹木がある場合には、そのままでは宅地などにすることができません。そのため樹木を伐採したり、根がある場合には根を取り除くため、伐採・抜根工事が必要となります。

地盤改良

土地によっては地盤が緩んでいることがあり、宅地などにする場合には、必ず地盤を安定させる地盤改良を行います。

盛土・土止

土盛や土止は、どちらも土地が道路よりも低い位置にある場合に行われる工事です。土盛とは、道路よりも土地が低い場合、そのままでは宅地などとして利用することができないため、埋め立て地上げすることをいいます。土盛を行うと、地上げした部分が崩壊する可能性があり、崩壊などを防止するために土止を行います。

造成費用を安くする方法と注意点

造成費用は、地域によって明確に相場が決められています。ただしあくまでも相場のため、自分の知識や業者によって、相場よりも費用を安くすることが可能な場合もあります。すべての人に、この方法が当てはまるとは言えないため、注意が必要です。しかし、知識がなければ造成費用を安くすることはできないので、しっかり把握しておきましょう。

購入するときによく土地を確認する

すでに土地を所有している場合は、その土地に適した整備をする必要があります。しかし、まだ土地を購入予定の段階であれば、どこの土地を購入するのかはとても大切です。

高低差のある土地や樹木がある土地には、その分だけ工事費用が発生します。また、元は沼地だった場所を、埋め立てて土地を作っている場合には、湿田などにより地盤改良工事が必要です。このように、選ぶ土地によって必要な工事は変わってくるため、土地選びの段階で費用を節約することを考えることも、一つの方法と言えるでしょう。

仲介手数料に注意が必要

住宅などの建物を建築する場合に、建築業者に造成工事を依頼すると、多くのケースで仲介手数料が発生してしまいます。建築業者の多くは造成工事を行うことはなく、別の業者へ造成工事を依頼するため、造成費用の中に手数料が含まれてしまうためです。

一般的に、手数料の相場は工事費用の20%と言われていますが、造成費用の場合は金額が高くなることも多いため、20%でも高い金額になります。建築業者が造成工事をしない場合は、自分で造成工事業者を探すことで、手数料を節約することができます。

造成と建設時期を計算して税金を安くする

土地を所有していると、必ずかかってくる費用として、固定資産税があり、固定資産税は住宅がある用地については、税額が安くなるという特例が存在します。この特例は、住宅がなく土地だけの場合は適用されないため、住宅を取り壊し造成した場合には、特例の対象外となります。

ただし、固定資産税は1月1日時点での土地の状況で決まるため、造成しても次の年の1月1日までに住宅を建設することで、特例を利用できるようになります。工事の時期によって税額が変わってくるため、注意しましょう。

造成工事は値段だけで決めてはいけない

土地にかかる費用を、できる限り抑えたいと思うことは当然ですが、いくつか注意点があります。注意点をしっかりと理解したうえで、納得のいく造成工事をしましょう。

安いというだけで工事業者を決めることは危険

ただ安いというだけで業者を決めるのはとても危険です。稀ではありますが、費用を下げて必要な工事を怠っている業者も存在します。必要な工事を怠っていると、建物が傾いてしまったり、ひび割れてしまったりすることも考えられます。安心できる工事をしてもらうためにも、業者との信頼関係はとても大切です。値段だけでなく、しっかりと業者と話し合って工事を進めるようにしましょう。

造成工事計画をしっかりと確認しておく

金額が安いという理由だけで業者を選ぶことは危険ですが、金額にかかわらず、工事計画の確認はしっかりと行いましょう。分からないからと業者に任せるだけでは、あとになってトラブルになってしまうケースもあります。工事を依頼するのは自分自身なので、トラブルの内容によっては責任を取らなければなりません。よって、工事業者としっかりと話し合いをして、契約書にすべてが記載されていることを、きちんと確認しておきましょう。

産業廃棄物管理票を必ず確認する

産業廃棄物管理票とは、造成工事などで発生した産業廃棄物が、処理された過程を記載したものです。産業廃棄物については厳しい法律があり、不正処理をしていた場合には、業者だけでなく依頼した側にも罰則が定められています。節約どころか、罰金を払わなければならなくなることもあるため、しっかり産業廃棄物が適切な方法で処理されているかを、確認しましょう。

複数の業者から見積もりを依頼して比べる

費用的にも抑えられるため、自分で業者を探して依頼しても良いのですが、しっかりとしたリサーチは必要です。造成費用の知識はもちろんですが、複数の業者から見積もりを取って比べるようにしましょう。複数の業者から見積もりを手配することで、一番条件の良い業者を決められますし、実際に話をすることで、信頼できる業者かどうかの見極めをすることもできます。

関連記事

家の売却を思い立った際に「どの不動産会社に依頼すればいいんだろう?」「大手と地域密着型の不動産会社どっちがいいんだろう?」「悪徳不動産会社に依頼してしまったらどうしよう・・・」家を売却する際に最も重要なのが「不動産会社選び」[…]

不動産会社選びで家売却の成否が決まる⁉優良企業の見極め方を紹介!

造成費用と住宅ローン

造成費用は、土地面積に対する単価で決定され、土地の状況によっては大きな工事が必要になり、金額も高くなってしまうことが多い費用です。住宅を建てる場合には、まず土地の整備から始めなければなりません。工事費用が高額なため、費用が用意できない場合は住宅ローンを利用しましょう。

住宅を建設するために、土地の造成工事などを行う場合には、つなぎ融資を利用することができます。つなぎ融資を利用することで、建築前でも土地などにかかる工事費用を借りることができます。そして、建築が完了したら、手続きによって住宅ローンへと切り替えられます。ただし、借入金額が確定してしまうと、あとから増やすことは難しいため、いくら借りなければならないのか確認をしておきましょう。

関連記事

2020年は、コロナウィルスによる外出自粛などの影響で経済的な打撃を受けた方も少なくなかったと思います。住宅ローンを扱う住宅金融支援機構のコールセンターに寄せられたコロナウイルス関連の相談の件数は、2月が15件だったのに対し、3月2[…]

住宅ローンを払えないと何が起こる?体験談と対処方法を解説

納得のいく費用で造成工事をしよう

造成工事は大きな工事となることもあり、多くの場合で金額が高額になりがちです。聞きなれない工事内容で分からないからと言って、すべて業者に任せておけば安心と思うことは間違いです。納得のいく費用で、納得のいく工事をしてくれるかどうかは、自分で確認をするしかありません。

できる限り費用は押さえたいものですが、費用と工事内容が納得のいくものか、信頼して工事を任せられるのかなども含めて考えることが大切です。一番信頼できる業者に工事を依頼して、造成工事の費用をできる限り抑えていきましょう。

関連記事

土地を売却するときには、さまざまな費用がかかります。なかでも仲介手数料は、土地の売却価格にもよりますが、高額になることもあります。売却で利益が出ると所得税や住民税の支払いがあり、そのほかにも手続きに関する支払いもあります。考えている[…]

土地売却に費用はいくら?手数料や税金など仕訳や計算方法を紹介


不動産一括査定サイトを使って査定をしたら300万円以上の差も珍しくない

不動産一括査定サイトすまいステップ を使って実際に不動産を査定してみると、査定額に300万円以上差が出ることも珍しくはありません。

不動産会社 査定価格
不動産会社A 1100万円
不動産会社B 1400万円
不動産会社C 1280万円

これだけ査定額に差が出ると、複数の不動産会社に査定を依頼することが、不動産を高く売るために必須だと言えるでしょう。

少しでも不動産売却を検討しているなら、一括査定サイトで自分の不動産がいくらで売れるか調べてみましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?