【専門家監修】不動産売却メディア「すまいステップ」

戸建て購入で後悔したくない人必見!失敗例と対処法を解説

戸建ての購入を検討している場合、大きな買い物であることもありさまざまな不安を感じることもあるでしょう。マイホームを持つ夢を叶えるためにも失敗せずに戸建てを購入したいものです。戸建ての購入では起こりやすい失敗とはどのようなものがあるのでしょうか。

事前に失敗例を知っておくことで、失敗を回避する役に立つこともあります。戸建てを購入する際に失敗例を知っているのと知らないのでは大きな差が生じます。

この記事では戸建てを購入して後悔している人の失敗例について解説します。失敗しないための対処法も紹介しますので参考にしてください。

戸建て購入前に売却を考えている方はこちらをご覧ください。

戸建ての購入を後悔している人の失敗例

戸建てを購入する前に、購入して後悔している人の失敗例を知っておくことも大切です。ここでは戸建てを購入して後悔している人の失敗例について具体的に紹介します。失敗例を知ることで後悔のない戸建て購入ができるようにしましょう。

すぐに引っ越すことができない

戸建てを購入したけれど失敗したと感じた場合、引越しをするというのもひとつの対処法です。
ただし、住宅ローンが残っている場合には簡単に引越しすることはできません。住宅ローンを利用すると抵当権が金融機関にあるため、ローンを完済しないと戸建てを売却することもできません。

手放すとなると売却するか賃貸にするかを検討し、必要な手続きを取る必要があります。
失敗したと思ってもすぐに引っ越すことができない点は事前に理解しておくとよいでしょう。

広さが居住する人の数に合っていない

戸建てを建てる際には夢や希望が膨らんで、実際の生活スタイルに適した間取りよりも見た目やデザインにこだわってしまうこともあります。
たとえば、必要以上に部屋数が多い戸建てにしてしまうと掃除や管理が大変になってしまいます。

また、家が広いと毎年支払う固定資産税も高額になります。
戸建てを建てる場合には、生活での負担だけでなく経済的な負担も考えて建築することが大切です。

窓の数や位置を間違えた

明るく風通しのよい家を希望する人も多いでしょう。
戸建てを建てる場合、窓の位置や数は慎重に検討する必要があります。窓が少なすぎると暗い部屋になってしまいます。
ただし、窓が多すぎると外から見られてしまう可能性も高くなるため生活しにくくなるでしょう。

窓のサイズや数はしっかりと検討して決定するようにしましょう。
さらに、窓の位置も重要なポイントです。天井の高い位置に窓を設置するとおしゃれな雰囲気になりますが、家の中に光が入りにくいというデメリットもあります。
また掃除がしにくいという点もよく考えておくほうがよいでしょう。

土地の水はけが悪かった

土地から購入して戸建てを建築する場合に注意したいのは、土壌の状況です。
土地を購入し、戸建てを建築したあとで、水はけが悪かったことがわかるというケースもあります。
たとえば、土地が粘土質の場合には、雨が降ったあとの水はけが悪くなりやすいという特徴がある点に注意が必要です。

土壌の問題だけでなく、水はけが悪いと虫が大量に発生するなどの問題も起こります。
生活してみないとわからないこうした問題で、戸建てを購入したあとで失敗したと感じることがあるでしょう。

土地から購入する場合、さまざまな時間帯、さまざまな天気の状態の際に土地を確認に行ってみることもひとつの対処法となります。

住み始めてから欠陥に気付いた

中古住宅を購入した際に起こりやすい失敗例は、設備関係の欠陥です。
住み始めて設備を使い始めてからはじめて気がつく欠陥もあります。
中古の購入の場合には、事前に内覧を行うことが多いでしょう。内覧時の天気や気候によっては欠陥に気がつきにくいこともあります。

とくに雨漏りや配管のトラブルは内見だけでは気がつきにくいものです。住み始めてさまざまな状態が起こってから気がつくことが多いでしょう。
中古の戸建てを購入する際には、設備に不備がないかを事前に確認するホームインスペクションを行うなどの対策を取ることが必要です。

事前に確認しておくことで安心して戸建てを購入することができ、見つかった欠陥も事前に修繕することができるでしょう。
戸建ての購入で失敗しないためにも事前にできる対策はしっかりと行っておきましょう。

意外に交通量が多かった

戸建ての購入でポイントのひとつとなるのが周辺環境です。
買い物の利便性や交通の利便性なども重要ですが、実は交通量という点も確認しておきたいポイントとなります。

交通量が多いと夜でも騒音が響いて気になることがあるでしょう。
そのためできるだけ国道からはずれた道の近くにある戸建てを購入する人も多くいます。
ただ、国道からはずれているからというだけで安心はできません。

国道に近い道路であれば平日は通勤の車が抜け道として利用することもあるため、思いの外、交通量が多かったという失敗例もあります。
こうした失敗を避けるためには、購入したい戸建ての周辺環境をしっかりと確認することをおすすめします。

時間帯を変えて交通量を確認しにいってみることができれば、安心して戸建てを購入することができるでしょう。

戸建ての購入で後悔しないためのポイント

戸建ての購入で後悔しないためにはどのような点に注意する必要があるのでしょうか。
失敗例をもとにして、戸建ての購入で後悔しないためのポイントについて解説します。

間取りを変更できるようにしておく

戸建てを建てた年齢にもよりますが、その時に必要な部屋数や間取りと、将来的に必要となる部屋数や間取りが変化することはよくあります。
たとえば、子ども部屋が必要なので部屋数を多くしていたが、子どもが家を出てしまうと、部屋が余ってしまうということもあるでしょう。

こうした場合の対処法として、子ども部屋に外せる仕切りを作っておくという方法があります。
たとえば子どもが2人の場合、広めの部屋を作っておき、1人部屋が欲しいと子どもたちが希望した際には仕切りをつけることで2部屋にできるシステムもあります。

こうしておくことで子どもが巣立った後は、仕切りを外して間取りを自由に変更することができるようになります。
また、間取りについては家具の配置を変えるだけで変更できるようにしておくことも可能です。

戸建てを建てる場合には、その時のことだけでなく将来的に生活がどのように変化していくかも念頭においてプランを立てることで、失敗を回避することができるでしょう。

見た目やデザインを重視しない

戸建てを建てる際、最新の設備やおしゃれなデザインにこだわりたくなる人も多いでしょう。最近ではこだわりを実現してくれる建築会社やハウスメーカーも多いため、個性的な家を建てることも可能となっています。

さまざまな基本プランにオプションをつけることで自分の希望を叶えることができます。
ただ、ここで起こりやすい失敗例は、設備やデザインにこだわりすぎると生活しにくくなる可能性があるという点です。

若いうちは問題なくても、年齢を重ねるうちにデザイン性よりも使い勝手を重視しておけばよかったと後悔するケースもあります。

設備についてもさまざまなものが存在するため、必要以上に取り入れたくなるでしょう。
ただ、冷静に判断して自分の生活スタイルに適した設備だけを導入することが大切です。
また、年齢を重ねても生活しやすい間取りやデザインになっているかも重要なポイントとなります。

信用できるハウスメーカーや工務店に依頼する

戸建てを建築する際は、ハウスメーカーや工務店に依頼するでしょう。
自分の夢や希望をすべて盛り込んだ戸建てとなると金額的にもかなり高額になり生活に適さないスタイルになってしまうこともあります。
そのためプロの目で本当に必要なものだけを選別してもらうことも必要です。

戸建ての建築で失敗したくない場合は、豊富な実績と確かな実力があるハウスメーカーや工務店に依頼することが大切です
多くの戸建てを建築してきたハウスメーカーや工務店であれば、多くの間取りをみてきているため家族構成や将来の生活プランも考慮して提案してくれるでしょう。

ハウスメーカーや工務店を選択する際には、できるだけ多くの企業に見積もりやプランの依頼をしてみることをおすすめします。
1社のみで決めてしまうと比較するものがないため、よい点も悪い点も気がつきにくくなります。

複数社を比較することでそれぞれの企業のよい点、悪い点に気がつくことができるでしょう。
とくにこちらが相談したときの対応はよく観察しておく必要があります。細かなことにも丁寧に親身になって相談に乗ってくれる企業であれば安心して建築を任せることができるでしょう。

スケジュールは早めに計画する

戸建てを建てる際の失敗例として思ったとおりにスケジュールが進まずなかなか新しい生活に移行できないということがあげられます。
子どもの転校などが関係する場合には、スケジュールがズレてしまうと生活に支障をきたす可能性も出てきます。

スケジュールで失敗しないためには、戸建ての建築を検討しはじめたら、いつまでに完成させたいのかを明確にしましょう。
完成させたい時期から逆算してスケジュールをたてることでスムーズに建築を進めることができます。

戸建ての建築には6~8カ月の期間が必要と考えておくとよいでしょう。
建築をスタートする前には、内装や間取りを決めるために何度も打ち合わせをする必要があるため、その期間も頭に入れてスケジュールをたてる必要があります。

可能な限り早めに計画を立てておくことで、希望している時期に戸建てを完成させることが可能となります。

戸建ての購入で後悔したときの対処法

しっかりと計画して戸建てを購入した場合であっても実際に住んでみると後悔が生じることもあるでしょう。
もしも戸建ての購入で後悔したときにはどのように対処すればよいのか具体的な例をあげて解説します。戸建ての購入で後悔したときの対処法を知っておくことも大切です。

家を売却して住み替える

戸建てを購入したけれど失敗したと後悔している場合、思い切って家を売却するという方法があります。
家を売却することで売却価格を新しい家の購入費用に充てることができます。

賃貸にする方法もありますが、賃貸の場合には家賃の回収や建物の管理などさまざまな手間が生じます。
そこまで手間をかけたくはないと感じる場合には売却がおすすめです。

ただし売却の際に注意しなければならないのが、戸建てを購入した際に住宅ローンを利用している場合には、金融機関に抵当権があるため勝手に売却することができない点です。
抵当権を抹消するためには住宅ローンを完済する必要があります。

ここで問題となるのが、住宅ローンを完済してさらに手元にお金が残る金額で戸建てが売却できなければ次の家を購入することができません。
売却の際には次のプランのこともよく考えて売却価格を決定することが大切です。

売却しての住み替えは比較的簡単な対処方法ではありますが、手続きや売却にかかる費用もあるためよく検討して信頼できる不動産会社に依頼することが重要なポイントになります。

特に費用の問題は次の家を確保するために重要となる問題であるため、曖昧にせずにしっかりと計算してプランをたてるようにしましょう。

信頼できる不動産会社とは、適切な売却価格でしっかりと売却活動をしてくれる不動産会社です。
とはいえ、信頼できる不動産会社を探すにはできるだけ多くの不動産会社を比較する必要があります。1社だけで決めてしまうと比較対象がないことで不動産会社の質を見極めることができません。

不動産会社を選択する場合には、できるだけ多くの不動産会社を比較するようにしましょう。

すまいステップの利用がおすすめ

戸建ての購入で失敗した場合、売却して住み替えるという選択をすることもあるでしょう。
その場合には、できるだけ高額で戸建てを売却できるようにすることが必要です。
住宅ローンを利用している場合には、住宅ローンを完済しなければ戸建てを売却することができません。

住宅ローンを借りたままでは抵当権が金融機関にあるため、抵当権抹消の手続きを行うまでは売却したくても不可能です。
住宅ローンを完済して、さらに次の家を購入できるだけの資金が手元に残るほどの高額で戸建てを売却することで住み替えが実現します。

できるだけ高額で戸建てを売却したい場合には、複数の不動産会社に査定を依頼することをおすすめします。
複数社に査定を依頼することで自分が所有している戸建ての相場を把握することが可能です。相場を知っていることで不動産会社が提示してきた査定額が適正であるかを判断する材料にもなります。

ただし、忙しい人は不動産会社を複数回るだけでかなりの期間を要してしまうこともあるでしょう。早く売却したいのに最初から時間がかかってしまっては売却までに疲労してしまうこともあります。

こうした場合には、不動産無料一括査定を利用することをおすすめします。
すまいステップの無料一括査定サイトなら、一度情報を入力することで複数の不動産会社にまとめて査定を依頼することが可能です。
時間も場所も関係なくいつでも気軽に査定依頼ができるため忙しい人にも利用しやすいサイトになっています。

すまいステップは独自の基準を設けており、厳しい審査を通過した全国の優良不動産会社のみが登録しています。
そのため安心して利用することが可能です。担当者もエース級の人が多いため売却までの段取りもスムーズに進めてもらうことができるでしょう。

賃貸として貸し出す

せっかく購入した戸建てを手放したくないという人もいるでしょう。
戸建てを購入したことを後悔していたとしても夢を持って購入した戸建てを手放すことに躊躇することもあるでしょう。
この場合には、売却するのではなく賃貸として貸し出す方法もあります。

賃貸として貸し出す場合には、家賃収入を得ることができるためそれを利用しながら新しい住まいに住み替えることが可能になるでしょう。
もしも将来的にまた住みたいという気持ちになった場合には、賃貸契約を解消すれば再度居住することも可能です。

売却を迷っている場合には、まず賃貸にした場合にどの程度の家賃収入が見込めるのかを調べてみることもおすすめです。

賃貸にする場合、売却と同様に住宅ローンが残っている状態では勝手に賃貸に出すことはできません。
売却の場合には住宅ローンの返済によって抵当権の抹消を行う必要があります。
賃貸の場合には賃貸にする理由によっては住宅ローンが残ったままで賃貸に出すことを許可してくれる金融機関もあります。

ただし、転勤や介護で住めなくなったなどどうしても家に住めなくなったという理由の場合に許可されることが多いため、単純に後悔しているからという理由では難しいケースもあることは理解しておきましょう。

また、賃貸にする場合には家賃の回収や建物の管理などは管理人として行う必要があるため、こうした行為を面倒に感じる場合には思い切って売却したほうがよいケースもあります。

事前のチェックで戸建て購入の後悔を防ごう

戸建ての購入で後悔した事例について見てきました。
せっかく購入した戸建てで楽しい生活を夢みていたのに、住みはじめてみると後悔する点が出てきてしまうと生活自体にストレスを感じてしまうこともあるでしょう。

このような事態にならないためにも戸建ての購入は慎重に行う必要があります。
理想や希望だけで突き進むと後悔する可能性が高くなります。頭の中で描いた生活と実際の生活では異なる点が多くあるでしょう。
こうなるはずではなかったとならないためにも戸建ての購入の際には事前にしっかりと計画をたてましょう。

計画をたてる際にはプロの意見を取り入れることが大切です。
戸建ての建築や売却実績が豊富でしっかりとした実績がある不動産会社や工務店、ハウスメーカーの力を借りて後悔のない戸建て購入を実現しましょう。

丁寧な企業であれば、事前にチェックしておきたい項目なども教えてもらうことが可能です。
実際に住んでみなければわからない点に関しても、プロの目でみればわかることもあります。

信頼できる企業を探す際には、できるだけ多くの企業を比較することが必要です。それぞれによさがありますが、なかでも担当者との相性や知識の豊富さは重要な比較条件になります。
よいことばかりではなく、デメリットについてもしっかりと説明してくれる担当者であれば信頼できると考えられます。

自分のノルマのためになんでもよいから売りたいというような雰囲気を感じるような担当者であれば避けたほうがよいでしょう。
戸建ての購入で後悔しないためには事前のチェックをしっかりと行うことが大切です。

しっかりと考えて購入しても後悔してしまうということもあるでしょう。
そうした場合には、可能であれば売却するという方法も選択肢のひとつです。

戸建ての売却を検討する際にはすまいステップの無料一括査定サイトがおすすめです。
一度情報を入力するだけで複数の不動産会社にまとめて査定を依頼することが可能となります。すまいステップは、独自の厳しい基準を設けることで全国の優良な不動産会社のみが登録しているため安心して利用することが可能です。

【完全無料】うちの価格いくら?