【専門家監修】不動産売却メディア「すまいステップ」

マンション売却の注意点を流れに沿って解説!失敗したくない人必見!

  • 更新日:2024年4月1日
マンション売却の注意点を流れに沿って解説!失敗したくない人必見!

マンションの売却を失敗しないために、何に気を付ければいいんだろう…?

マンションの売却を考えていて、このようなお悩みを抱えている方もいらっしゃると思います。

マンションを売却する前に、失敗しないために何に気を付ければ知っておけたらいいですよね。

本記事では、大切な資産であるマンションの売却に失敗しないために、把握しておきたい注意点を売却の流れに沿って詳しく解説します。

【マンション売却の注意点に関するよくある質問】

マンションの売却活動前の注意点は?

マンションの査定は、複数の不動産会社に依頼しましょう。

マンションの査定額は、各不動産会社の独自の基準で算出しているため、不動産会社によって査定額が異なります。

マンションを安い価格で売却しないためにも、複数の不動産会社に査定依頼して、提示される査定額を比較することが大切です。

マンションの売却活動中の注意点は?

マンションに欠陥がある場合は、買主に正直に伝えましょう。

マンションの不具合や問題が売買契約後に発覚すると、買主から補修費用や損害賠償を求められるケースがあります。

不動産売却時の瑕疵担保責任とは?トラブルを起こさないための対策

マンションの売却活動後の注意点は?
マンションを売却して利益が出たら確定申告を行って納税しましょう。納税を怠ると、延滞税を課せられるなどのペナルティを受けることがあります。
どんな不動産会社に注意するべき?
仲介手数料無料」と謳う不動産会社には注意しましょう。この場合、買主側から仲介手数料を受け取れるように「両手仲介」を行っていることがあります。両手仲介されると売却期間が伸びたり大幅な値下げをすることになる可能性があるため、無料という言葉に惑わされないように注意が必要です。

マンション売却の仲介手数料が無料って本当?契約前に知っておきたい仕組みと注意点

マンション売却時の失敗事例は?
マンション売却でよくある失敗として「マンション売却が得意ではない不動産会社を選んだしまった」ことが挙げられます。不動産会社にも得意・不得意があるため、実績の有無を確認し、マンションの売却が得意な不動産会社に依頼しましょう。

マンション売却に強い不動産会社はどこ?ランキング形式で解説!

もくじ

マンションの売却活動前の注意点

マンションを売却する前の注意点について解説していきます。

  • マンション売却の流れを知っておこう
  • 売却しやすい時期を狙う
  • 事前に相場価格を把握しておく
  • 売却期間を設定する
  • マンション売却にかかる費用がある
  • マンションを売却前にリフォームしない
  • 複数の不動産会社に査定を依頼する
  • 会社規模だけで不動産会社を選ばない
  • 媒介契約の種類は慎重に決める
  • 最低売却価格を決めておく

注意点①マンション売却の流れを知っておこう

マンション売却を失敗しないためにも、まずはマンション売却の流れを確認しておきましょう。

マンションを売却する流れを把握してしっかり準備しておかないと、トラブルが発生して手間がかかる可能性があります。

マンションを失敗しないためにも、マンション売却の流れを把握しておきましょう。

フェーズSTEPやること
売り出し前1売却準備
2不動産会社にマンションの査定を依頼する
3不動産会社と媒介契約を結ぶ
売り出し中4マンションの売り出しを開始する
5買主と売買契約を結ぶ
売り出し後6マンションを引き渡す
7確定申告をする

マンションを売却して手元にいくら残るか知りたい方は、不動産会社で査定を受けましょう。

マンションの売却にかかる税金・費用などは、売却額によって変わります。

正しい手取り額を知るためには、正確な査定額を把握する必要があります。

すまいステップ』なら、厳選されたエース級の不動産会社から、無料で精度の高い査定を受けられます。下記のフォームを入力して、査定を受けてみましょう。

すまいステップなら簡単に査定価格が分かる
リナビス
リナビス

一括査定であなたの家の適正価格が分かる
オンライン対応

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4

注意点②売却しやすい時期を狙う

マンションには売却しやすい時期があるので、その時期を目指して不動産会社を探し始めておきましょう。

マンションの需要が最も高まる時期は2月~3月にかけてです。

2月~3月は進学や転勤、転職を控えていて新居へ住み替えたい方が増加するので、マンションの需要が高まり、早く買主がつく可能性が高いです。

以下は、2022年に不動産総合研究所が発表した「不動産市場動向調査(2022年)」です。

新築マンション成約件数

参考:不動産総合研究所が発表した「不動産市場動向調査(2022年)」を参考にすまいステップ編集部が作成

上記のグラフからわかる通り、マンションの売買は1年を通して3月が最も多いです。

マンションの需要が高まる2~3月を目指して、不動産会社を探し始めておきましょう。

注意点③事前に相場価格を把握しておく

査定前に売却予定のマンションの売却価格の相場を把握しておきましょう。

査定前にマンションの売却価格の相場を調べておかないと、不動産会社が提示する査定額が相場から見て妥当か判断できないからです。

不動産会社が提示する査定額が相場から見て妥当か判断できないと、不動産会社から提示された査定額が相場より安い場合などに気が付けません。

実際に、マンションの売却価格が相場より安かったことが売却後に分かり激しく後悔する人も少なくないです。

このようなリスクを避けるためにも、査定前に売却予定のマンションの売却価格の相場を把握しておきましょう。

売却価格の相場は、以下の方法で調べられます。

手軽にマンションの査定額を知りたい方は、不動産一括査定サイトを利用してみてください。

不動産一括査定サイトは、パソコンやスマートフォンでマンションの物件情報を入力するだけで、複数の不動産会社にまとめて査定を依頼できます。

すまいステップ』なら、お家で24時間いつでも不動産会社に査定を依頼できます。

「今お持ちのマンションがどれくらいで売れるのか」を完全無料で知れるので、以下のフォームに物件情報を入力して査定を受けてみましょう。

すまいステップなら簡単に査定価格が分かる
リナビス
リナビス

一括査定であなたの家の適正価格が分かる
オンライン対応

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4

注意点④売却期間を設定する

マンションの売却期間を事前に設定しておきましょう。

マンションをいつまでに売りたいのか売却期間を設定しておかないと、なかなか売れない場合に売却の方針を変えるタイミングを逃してしまい売れ残ってしまうというリスクがあります。

一般的には、マンションの売却には3か月~6か月間かかります。

すまいステップ編集部が2022年1月28日~2022年5月22日に実施した調査では、マンションを売却した約76%の方が家を約6か月以内に売却していることが分かっています。

早く売れるに越したことはありませんが、マンション売却期間を3か月~6か月と想定して「いつまでに売却するか」を設定しましょう。

注意点⑤マンション売却にかかる費用がある

マンション売却にかかる費用があることを把握しておきましょう。

マンションの売却にかかる費用・税金を正確に把握せずに資金計画を立ててしまい、資金計画が大幅に狂ったという失敗がよくあります。

このようなリスクを避けるためにもマンション売却にかかる費用があることを把握しておきましょう。

マンション売却にかかる費用・税金の一覧は、下記表の通りです。

費用・税金内容
仲介手数料不動産会社への報酬「(売却価格x3%)+6万円+消費税=仲介手数料」
印紙税売却価格によって変動(国税庁HPで確認が可能)
登録免許税所有権移転登記や抵当権抹消登記など、登記手続きに伴う費用
司法書士への報酬登記手続きを司法書士に依頼した場合にかかる費用
譲渡所得税売却に利益が発生した場合の税金
その他費用引越しなどにかかる費用

マンションの売却をする際、売却するマンションの状態や築年数によるものの、売却価格の5%〜7%程度の費用・税金が発生します。

以下のシミュレーションツールを使うと、ご自身の査定価格を基にマンションの売却にかかる費用・税金が算出できるので是非ご活用ください。

注意点⑥マンションを売却前にリフォームしない

マンションを売却する前にリフォームはしないようにしましょう。

マンションをリフォームすると売れやすくなるというメリットがある一方、リフォームにかかった費用が査定価格に上乗せされるとは限りません

築年数が古いマンションなどを売却する予定でリフォームするか迷っている方は、不動産会社に相談してみると良いでしょう。

不動産売却のプロである不動産会社に相談すれば、物件の状態に合った正確なアドバイスを受けられます。

すまリス
迷ったら不動産会社に相談しよう!

注意点⑦複数の不動産会社に査定を依頼する

マンションの査定は、複数の不動産会社に依頼しましょう。

1社の不動産会社のみに査定を依頼しないと、同じマンションでもより高値で売却してくれる不動産会社がいても気が付けません

マンションの査定額は、不動産会社によって異なります。査定額は各不動産会社の独自の基準で算出しているからです。

不動産の査定額は会社ごとに差が出る

大切なマンションを少しでも高い価格で売却するために、複数の不動産会社に査定を依頼して、より高い価格で売却してくれる不動産会社を選びましょう。

注意点⑧会社規模だけで不動産会社を選ばない

マンションの売却を依頼する不動産会社を会社規模だけで選ばないようにしましょう。

マンション売却が成功するかどうかは、不動産会社の会社規模ではなく、売却したいマンションについての知識や売買実績があるかどうかなどが影響するからです。

不動産会社を会社規模だけで選んだしまった結果、「買い手が見つからない」「売却価格が安くなってしまった」というケースがよくあります。

また、不動産会社によって得意とする物件の種類やエリアは異なるので、会社規模が大きいからといって必ず成功するとは限りません

マンション売却で失敗を避けるためにも、マンションの売却を依頼する不動産会社を会社規模だけで選ばないようにしましょう。

注意点⑨媒介契約の種類は慎重に決める

不動産会社と結ぶ媒介契約の種類は慎重に決めましょう。

媒介契約の種類の違いを知らずに不動産会社と媒介契約をしてしまい、思うような売却活動ができなかったというケースがよくあるからです。

媒介契約は3種類あるため、事前に媒介契約の違いを把握して自分にあった媒介契約を結びましょう。

種類メリットデメリット
一般媒介契約複数の不動産会社に売却依頼できる

媒介契約期間に規定がない

買主を自分で見つけられる

レインズの登録義務なし

営業活動報告義務がない

積極的に活動しないリスクがある

専任媒介契約2週間に1回以上の営業活動報告義務がある

レインズの登録義務(7日以内)

買主を自分で見つけられる

専属担当による充実したサポート体制

複数の不動産会社に売却依頼できない

契約期間3ヶ月に限定されている

囲い込みのリスクがある

専属専任媒介契約1週間に1回以上の営業活動報告義務がある

レインズの登録義務(5日以内)

専属担当による充実したサポート体制

複数の不動産会社に売却依頼できない

契約期間3ヶ月に限定されている

買主を自分で見つけられない

囲い込みのリスクがある

注意点⑩最低売却価格を決めておく

事前にマンションの最低売却価格を設定しておきましょう。

マンションの売却時に買主から値下げ交渉をされることがよくあります。

「これくらいの価格までなら値下げしても問題ない」と予め決めておかないと、マンションの売却に焦り、買主が希望する価格まで値下げしてしまうという失敗がよくあります。

「せっかくつかんだマンションを売却できるチャンスを手放したくない」と焦ってしまい、自分の希望通りの価格で売れなかったなんてことにならないように、事前にマンションの最低売却価格を設定おきましょう。

マンションの売却活動中の注意点

マンション売却活動中の注意点について解説していきます。

  • 内覧前に掃除をしておく
  • 営業担当者に販売活動を確認する
  • 物件の欠陥は買主に正直に伝える
  • 買主の住宅ローンの審査が通らない場合がある

注意点①内覧前に掃除をしておく

マンションの内覧前に掃除をしておきましょう。

マンションの内覧時に購入希望者へ与える印象は、マンションを売却できるかどうかに大きく影響します。

内覧時に部屋を掃除していないと、買主にネガティブな印象を与えしまい、売却のチャンスを逃してしまうかもしれません。

マンションの内覧前にきちんと掃除をしておけば、購入希望者に良い印象を与えられます。

内覧前に入念に掃除しておきたい場所は、下記の表の通りです。

場所対策
玄関靴は下駄箱へ綺麗に収納しておく(玄関先に何も置かないのが理想)

ニオイは厳禁なので、消臭剤などで対策しておく

水回りキッチン周りは余分な物を置かないようにしておく

トイレ・お風呂共に汚れを落としておく

カビやニオイの元を対策しておく

バルコニー眺望の邪魔になるような物を置かないようにしておく

内覧当時は洗濯干しを控える

リビング取り付け収納も確認される場合があるため、綺麗にしておく

日当たりや風通しの邪魔になる物は移動させておく

上記の表を参考に、マンションの内覧前に掃除をしておきましょう。

注意点②営業担当者に売却活動を確認する

マンションの売却活動中は、営業担当者に売却活動の状況を確認しましょう。

専任媒介契約・専属専任媒介契約で媒介契約を締結した場合、不動産会社は売主にマンションの売却活動を報告する義務があります。

しかし、不動産会社の中には意図的に自社の利益を優先するために、売主へのマンションの売却活動を曖昧にする不動産会社がいます。

例えば、「囲い込み」を前提としてマンションの売却の依頼を受ける不動産会社です。

「囲い込み」とは?
不動産会社が利益を得るため、売主の物件情報の公表や、他の不動産会社への物件紹介を意図的に制限する行為です。正しい情報の公開を制限することで、買主を自社の顧客に限定する行為です。
囲い込みを行う不動産会社のイメージ
囲い込みで売買契約を成立させると、不動産会社は通常の2倍の仲介手数料を得られるので、このような行為を行います。

囲い込みによる弊害は、買主が見つかりにくくなり、マンションの売却が完了するまで時間がかかります。

「囲い込み」などの被害を受けないためにも売却活動中に不動産会社の販売活動に不審な点はないかしっかりと確認しましょう。

注意点③物件の欠陥は買主に正直に伝える

マンションに欠陥がある場合、買主に正直に伝えましょう。

売買契約時に買主に伝えていないマンションの不具合や問題が売買契約後に発覚すると、買主から補修費用や損害賠償を求められるケースがあります。

すまリス
マンションの欠陥を売買契約時にきちんと買主に伝えておけば、このようなケースは発生しません。

マンションに欠陥がある場合、売買契約時に買主に正直に伝えましょう。

注意点④買主の住宅ローンの審査が通らない場合がある

買主の住宅ローンの審査が通らず、売買契約が白紙になる場合があります。

万が一、上記のような理由で売買契約が白紙になった場合、不動産会社に支払った仲介手数料は戻ってきます。

売主は買主から受け取った売却代金の一部を返却しなければいけないので、手付金は大切に保管しておきましょう。

マンションの売却活動後の注意点

マンションの引き渡し・決済時の注意点について解説していきます。

  • 引き渡しは基本平日に行う
  • 手取り額=売却額ではない
  • 確定申告が必要な場合がある

注意点①引き渡しは基本平日に行う

買主へのマンションの引き渡しは、基本的に平日に行いましょう。

引き渡し時に必要な手続きを行える法務局が、平日しか空いていないためです。

マンションの引き渡しと手続きは、基本的に同時に行うので、手続きが行える平日にマンションの引き渡しを行いましょう。

注意点②手取り額=売却価格ではない

マンションの売却価格が、そのまま手元に入ってくるわけではないことに注意しましょう。

マンションの手取り額は、売却価格から住宅ローンの残債や売却にかかる費用・税金を差し引いた額です。

マンションの手取り額

このことを知らず、住み替えなどの資金計画を立ててしまい売却後に資金計画が大きく狂ってしまうという失敗がよくあります。

このような失敗を避けるためにもマンションの売却価格ではなく、手取り額を元に資金計画を立てましょう。

注意点③確定申告が必要な場合がある

マンションを売却して「譲渡所得」が発生した場合、売却した翌年の2月中旬~3月中旬で確定申告をしなければいけません。

譲渡所得とは?
マンションを売却して利益が出た場合、その利益に発生する税金です。

マンションの売却価格から譲渡費用と取得費を差し引いた金額が譲渡所得となる

確定申告とは?
1年間に得た所得の合計を税務署に申請し、所得に応じた税金を確定、納税する手続きです。

不動産売却で発生した譲渡所得は、納税者自身で確定申告の手続きを行う必要があるので、注意しましょう。

不動産会社にこんなことを言われた場合は注意!

不動産会社との契約の前に、以下のようなことを言われた場合は注意しましょう。思いがけないトラブルに巻き込まれたり、気付かないうちに損をしてしまう可能性があります。

「成約事例は見せられない」と言われる

査定額の根拠を聞いたときに、「過去の成約事例は見せられない」と言われた場合、根拠のない査定を行っている可能性があります。

不動産会社は「レインズ」というシステムで、売りに出されている物件の情報や過去の取引事例を見ることができます。レインズは普段は一般の人が見られないようになっていますが、自分のマンションの過去の事例を見せて欲しいと頼めば、通常は見せてくれます。

過去の事例を見せてくれない場合は、故意に安く査定していたり、逆に契約を取るために高く査定したりなど、売主にとって不利益な対応をされている可能性があります。

「買いたい人がいる」と言われる

契約交渉時に「買いたい人が既にいる」と謳う不動産会社には注意が必要です。

このようなことを言うのは、売主から媒介契約を取るためです。「〇〇万円で買いたい人がいる」「この人は+〇〇万円で買いたいと言っている」とアピールして契約してもらい、実際に売り出すときには「もう他の物件を買ってしまいました」と言うのです。

どうしても買いたい人がいるかどうか確かめたい場合は、2週間などの短期契約を打診してみましょう。本当に買いたい人がいるのであれば、それでもすぐに成約するはずです。成約しなかったり、そもそも短期の契約を断られる場合は、上記のような思惑がある可能性が高いため避けましょう。

「仲介手数料無料」とアピールされる

「仲介手数料無料」と言われると、とてもお得な気がしてしまいます。しかしこのような不動産会社に依頼すると、売れ残りを招く可能性があるため危険です。

仲介手数料無料の場合、不動産会社がどのように利益を得るのかというと、買主側から仲介手数料を貰う必要があります。そうすると、必然的に自社が抱えている買主の中から探すことになります。

こうなると最悪の場合、あなたの物件情報が非常に限定的な範囲にしか行き渡らないことがあります。自社の買主に売りたいがために、物件情報を全国に流通させる「レインズ」に登録しなかったり、ネット広告を打たなかったりと、早く売れるための活動をしてくれません。最終的に売れ残って値下げをし、仲介手数料を支払った方が得だったということになりかねません。

仲介手数料とは、不動産会社に売却活動を行ってもらった結果の報酬です。無料という言葉に惑わされず、ちゃんと売却活動を行ってくれる不動産会社を選ぶことが大切です。

「買取で売った方が良い」と強く勧められる

売却の相談時や契約時に、買取を強く勧めてくる不動産会社には依頼しない方が良いでしょう。

買取とは、通常の仲介とは異なり、不動産会社や専門の買取業者がマンションを直接買い取る方法です。早く手間なく売れますが、売却価格が相場の70~80%程度になってしまうことがデメリットです。

仲介で売れる物件であれば、売却価格が安くなってしまう買取で売る必要はありません。何か特別な事情がない限り、最初は仲介で売り出した方が売主にとっては圧倒的に得なのです。そのため、買取を最初から勧めてくる不動産会社は「マンションを安く仕入れたい」と考えている可能性があります。

マンション売却時の8つの失敗事例

マンション売却時によくある失敗事例8つを紹介していきます。

  • 売却期間を考えていなかった
  • 査定を1社の不動産会社にしか依頼しなかった
  • マンション売却が得意ではない不動産会社を選んでしまった
  • 査定価格の高さだけで不動産会社を選んでしまった
  • 売却に適さない時期に売り出してしまった
  • 売り出し価格を高く設定してしまった
  • 内覧対応が悪く成約に至らなかった
  • 売り急いで安易に値下げしてしまった
  • 売却価格で住宅ローンが完済できなかった

売却期間を考えていなかった

マンション売却でよくある失敗として「売却期間を考えていなかった」ことが挙げられます。

大阪府在住のBさん(50代、男性)にお話しをお伺いしました。

阪神大震災から数年しか経過していない状況で売却したため、買い手がなかなか見つからずに相場より安く売却をしてしまったようです。

売却を検討したきっかけは何ですか?
Bさん
子どもの進学がきっかけです。
最初に住んでいた所は新興住宅地だったのですが、各種学校が遠く、小学校は2㎞程度と子供では通うのが厳しい環境でした。
いずれ近くに学校ができるかもしれないと思って住んでいたのですが、そうはなりませんでしたので、住み替えを検討することにしました。 
マンションの売却結果はどうしたか?
Bさん
失敗だったと思います。
私が売却した時期は阪神大震災から数年しか経過していないときであり、且つ住んでいるマンションも震災の影響を若干受けていたので買い手がなかなか見つかりませんでした。
もう数年待ってから売却活動すればもう少し高く売れたのではないかと思っています。
これからマンション売却をする人へのアドバイスはありますか?
Bさん
売却までの期間に余裕を持つことが重要です。
焦って売却しようとしてもなかなか買い手が現れないことがあるので、売却までにある程度の余裕を持った方がよいと思いました。
また、残りの住宅ローンも把握しておくべきだと思いました。
前の物件のローン残高があったので、次の物件のローンを組むのに苦労しました。
実際には、ローンでは不十分だったので、親族からの借金もせざるを得ない状況でした。

Bさんは売却期間に余裕を持たなかったことで、売り急いでしまったようです。

このような失敗をしないためにも余裕を持って売却スケジュールを立てることが重要です。

査定を1社の不動産会社にしか依頼しなかった

マンション売却でよくある失敗として「査定を1社の不動産会社にしか依頼していなかった」ことが挙げられます。

大阪府在住のBさん(50代、男性)にお話しをお伺いしました。

阪神大震災から数年しか経過していない状況で売却したため、買い手がなかなか見つからずに相場より安く売却をしてしまったようです。

売却を検討したきっかけは何ですか?
Bさん
子どもの進学がきっかけです。
最初に住んでいた所は新興住宅地だったのですが、各種学校が遠く、小学校は2㎞程度と子供では通うのが厳しい環境でした。
いずれ近くに学校ができるかもしれないと思って住んでいたのですが、そうはなりませんでしたので、住み替えを検討することにしました。 
マンションの売却結果はどうしたか?
Bさん
失敗だったと思います。
私が売却した時期は阪神大震災から数年しか経過していないときであり、且つ住んでいるマンションも震災の影響を若干受けていたので買い手がなかなか見つかりませんでした。
もう数年待ってから売却活動すればもう少し高く売れたのではないかと思っています。
これからマンション売却をする人へのアドバイスはありますか?
Bさん
売却までの期間に余裕を持つことが重要です。
焦って売却しようとしてもなかなか買い手が現れないことがあるので、売却までにある程度の余裕を持った方がよいと思いました。
また、残りの住宅ローンも把握しておくべきだと思いました。
前の物件のローン残高があったので、次の物件のローンを組むのに苦労しました。
実際には、ローンでは不十分だったので、親族からの借金もせざるを得ない状況でした。

Bさんは売却期間に余裕を持たなかったことで、売り急いでしまったようです。

このような失敗をしないためにも余裕を持って売却スケジュールを立てることが重要です。

マンション売却が得意ではない不動産会社を選んでしまった

マンション売却でよくある失敗として「マンション売却が得意ではない不動産会社を選んだしまった」ことが挙げられます。

大分県在住のBさん(50代、男性)にお話しをお伺いしました。

Bさんは1回目にマンション売却が得意ではない不動産会社を選んでしまったようです。

売却を検討したきっかけは何ですか?
Bさん
子どもの進学費用が必要だったことに加え、転勤先が宿舎を提供してくれることになり、売却することを決めました。最初に不安だったのは、周囲に新築マンションが多数建設されており、本当に売却できるかが不安でした。
マンションの売却結果はどうしたか?
Bさん

不動産売買に不信感があった中で、リライフ不動産さんには親身に相談にのっていただき、思っていたよりも早く売却することができたので非常に感謝しています。

まずはしっかりと売却していただいたことがありがたかった。特に担当者の方にはこまめに進捗状況を連絡して下さり、安心してお任せすることができました。

これからマンション売却をする人へのアドバイスはありますか?
Bさん
まず信頼できる会社かどうかを見極める必要があります。最初に相談した会社からは囲い込みを行われて、売却の目途も立たずに非常に不愉快な思いをしました。 最終的にリライフ不動産株式会社さんへ相談して納得のいく取引ができました。

Bさんは1回目に信頼できる不動産会社を選べず売却がなかなか上手くいかなかったようです。

このような失敗をしないためにもマンション売却が得意で信頼できる不動産会社を選ぶことが重要です。

査定価格の高さだけで不動産会社を選んでしまった

マンション売却でよくある失敗として「査定価格の高さだけで不動産会社を選んでしまった」ことが挙げられます。

大阪府在住のBさん(50代、男性)にお話しをお伺いしました。

阪神大震災から数年しか経過していない状況で売却したため、買い手がなかなか見つからずに相場より安く売却をしてしまったようです。

売却を検討したきっかけは何ですか?
Bさん
子どもの進学がきっかけです。
最初に住んでいた所は新興住宅地だったのですが、各種学校が遠く、小学校は2㎞程度と子供では通うのが厳しい環境でした。
いずれ近くに学校ができるかもしれないと思って住んでいたのですが、そうはなりませんでしたので、住み替えを検討することにしました。 
マンションの売却結果はどうしたか?
Bさん
失敗だったと思います。
私が売却した時期は阪神大震災から数年しか経過していないときであり、且つ住んでいるマンションも震災の影響を若干受けていたので買い手がなかなか見つかりませんでした。
もう数年待ってから売却活動すればもう少し高く売れたのではないかと思っています。
これからマンション売却をする人へのアドバイスはありますか?
Bさん
売却までの期間に余裕を持つことが重要です。
焦って売却しようとしてもなかなか買い手が現れないことがあるので、売却までにある程度の余裕を持った方がよいと思いました。
また、残りの住宅ローンも把握しておくべきだと思いました。
前の物件のローン残高があったので、次の物件のローンを組むのに苦労しました。
実際には、ローンでは不十分だったので、親族からの借金もせざるを得ない状況でした。

Bさんは売却期間に余裕を持たなかったことで、売り急いでしまったようです。

このような失敗をしないためにも余裕を持って売却スケジュールを立てることが重要です。

売却に適さない時期に売り出してしまった

マンション売却でよくある失敗として「売却に適さない時期に売り出してしまった」ことが挙げられます。

大阪府在住のBさん(50代、男性)にお話しをお伺いしました。

阪神大震災から数年しか経過していない状況で売却したため、買い手がなかなか見つからずに相場より安く売却をしてしまったようです。

売却を検討したきっかけは何ですか?
Bさん
子どもの進学がきっかけです。
最初に住んでいた所は新興住宅地だったのですが、各種学校が遠く、小学校は2㎞程度と子供では通うのが厳しい環境でした。
いずれ近くに学校ができるかもしれないと思って住んでいたのですが、そうはなりませんでしたので、住み替えを検討することにしました。 
マンションの売却結果はどうしたか?
Bさん
失敗だったと思います。
私が売却した時期は阪神大震災から数年しか経過していないときであり、且つ住んでいるマンションも震災の影響を若干受けていたので買い手がなかなか見つかりませんでした。
もう数年待ってから売却活動すればもう少し高く売れたのではないかと思っています。
これからマンション売却をする人へのアドバイスはありますか?
Bさん
売却までの期間に余裕を持つことが重要です。
焦って売却しようとしてもなかなか買い手が現れないことがあるので、売却までにある程度の余裕を持った方がよいと思いました。
また、残りの住宅ローンも把握しておくべきだと思いました。
前の物件のローン残高があったので、次の物件のローンを組むのに苦労しました。
実際には、ローンでは不十分だったので、親族からの借金もせざるを得ない状況でした。

Bさんは売却期間に余裕を持たなかったことで、売り急いでしまったようです。

このような失敗をしないためにも余裕を持って売却スケジュールを立てることが重要です。

売り出し価格を高く設定してしまった

マンション売却でよくある失敗として「売り出し価格を高く設定してしまった」ことが挙げられます。

大阪府在住のBさん(50代、男性)にお話しをお伺いしました。

阪神大震災から数年しか経過していない状況で売却したため、買い手がなかなか見つからずに相場より安く売却をしてしまったようです。

売却を検討したきっかけは何ですか?
Bさん
子どもの進学がきっかけです。
最初に住んでいた所は新興住宅地だったのですが、各種学校が遠く、小学校は2㎞程度と子供では通うのが厳しい環境でした。
いずれ近くに学校ができるかもしれないと思って住んでいたのですが、そうはなりませんでしたので、住み替えを検討することにしました。 
マンションの売却結果はどうしたか?
Bさん
失敗だったと思います。
私が売却した時期は阪神大震災から数年しか経過していないときであり、且つ住んでいるマンションも震災の影響を若干受けていたので買い手がなかなか見つかりませんでした。
もう数年待ってから売却活動すればもう少し高く売れたのではないかと思っています。
これからマンション売却をする人へのアドバイスはありますか?
Bさん
売却までの期間に余裕を持つことが重要です。
焦って売却しようとしてもなかなか買い手が現れないことがあるので、売却までにある程度の余裕を持った方がよいと思いました。
また、残りの住宅ローンも把握しておくべきだと思いました。
前の物件のローン残高があったので、次の物件のローンを組むのに苦労しました。
実際には、ローンでは不十分だったので、親族からの借金もせざるを得ない状況でした。

Bさんは売却期間に余裕を持たなかったことで、売り急いでしまったようです。

このような失敗をしないためにも余裕を持って売却スケジュールを立てることが重要です。

内覧対応が悪く成約に至らなかった

マンション売却でよくある失敗として「内覧対応が悪く成約に至らなかった」ことが挙げられます。

大阪府在住のBさん(50代、男性)にお話しをお伺いしました。

阪神大震災から数年しか経過していない状況で売却したため、買い手がなかなか見つからずに相場より安く売却をしてしまったようです。

売却を検討したきっかけは何ですか?
Bさん
子どもの進学がきっかけです。
最初に住んでいた所は新興住宅地だったのですが、各種学校が遠く、小学校は2㎞程度と子供では通うのが厳しい環境でした。
いずれ近くに学校ができるかもしれないと思って住んでいたのですが、そうはなりませんでしたので、住み替えを検討することにしました。 
マンションの売却結果はどうしたか?
Bさん
失敗だったと思います。
私が売却した時期は阪神大震災から数年しか経過していないときであり、且つ住んでいるマンションも震災の影響を若干受けていたので買い手がなかなか見つかりませんでした。
もう数年待ってから売却活動すればもう少し高く売れたのではないかと思っています。
これからマンション売却をする人へのアドバイスはありますか?
Bさん
売却までの期間に余裕を持つことが重要です。
焦って売却しようとしてもなかなか買い手が現れないことがあるので、売却までにある程度の余裕を持った方がよいと思いました。
また、残りの住宅ローンも把握しておくべきだと思いました。
前の物件のローン残高があったので、次の物件のローンを組むのに苦労しました。
実際には、ローンでは不十分だったので、親族からの借金もせざるを得ない状況でした。

Bさんは売却期間に余裕を持たなかったことで、売り急いでしまったようです。

このような失敗をしないためにも余裕を持って売却スケジュールを立てることが重要です。

売り急いで安易に値下げしてしまった

マンション売却でよくある失敗として「売り急いで安易に値下げしてしまった」ことが挙げられます。

大阪府在住のBさん(50代、男性)にお話しをお伺いしました。

阪神大震災から数年しか経過していない状況で売却したため、買い手がなかなか見つからずに相場より安く売却をしてしまったようです。

売却を検討したきっかけは何ですか?
Bさん
子どもの進学がきっかけです。
最初に住んでいた所は新興住宅地だったのですが、各種学校が遠く、小学校は2㎞程度と子供では通うのが厳しい環境でした。
いずれ近くに学校ができるかもしれないと思って住んでいたのですが、そうはなりませんでしたので、住み替えを検討することにしました。 
マンションの売却結果はどうしたか?
Bさん
失敗だったと思います。
私が売却した時期は阪神大震災から数年しか経過していないときであり、且つ住んでいるマンションも震災の影響を若干受けていたので買い手がなかなか見つかりませんでした。
もう数年待ってから売却活動すればもう少し高く売れたのではないかと思っています。
これからマンション売却をする人へのアドバイスはありますか?
Bさん
売却までの期間に余裕を持つことが重要です。
焦って売却しようとしてもなかなか買い手が現れないことがあるので、売却までにある程度の余裕を持った方がよいと思いました。
また、残りの住宅ローンも把握しておくべきだと思いました。
前の物件のローン残高があったので、次の物件のローンを組むのに苦労しました。
実際には、ローンでは不十分だったので、親族からの借金もせざるを得ない状況でした。

Bさんは売却期間に余裕を持たなかったことで、売り急いでしまったようです。

このような失敗をしないためにも余裕を持って売却スケジュールを立てることが重要です。

売却価格で住宅ローンが完済できなかった

マンション売却でよくある失敗として「売却価格で住宅ローンが完済できなかった」ことが挙げられます。

大阪府在住のBさん(50代、男性)にお話しをお伺いしました。

阪神大震災から数年しか経過していない状況で売却したため、買い手がなかなか見つからずに相場より安く売却をしてしまったようです。

売却を検討したきっかけは何ですか?
Bさん
子どもの進学がきっかけです。
最初に住んでいた所は新興住宅地だったのですが、各種学校が遠く、小学校は2㎞程度と子供では通うのが厳しい環境でした。
いずれ近くに学校ができるかもしれないと思って住んでいたのですが、そうはなりませんでしたので、住み替えを検討することにしました。 
マンションの売却結果はどうしたか?
Bさん
失敗だったと思います。
私が売却した時期は阪神大震災から数年しか経過していないときであり、且つ住んでいるマンションも震災の影響を若干受けていたので買い手がなかなか見つかりませんでした。
もう数年待ってから売却活動すればもう少し高く売れたのではないかと思っています。
これからマンション売却をする人へのアドバイスはありますか?
Bさん
売却までの期間に余裕を持つことが重要です。
焦って売却しようとしてもなかなか買い手が現れないことがあるので、売却までにある程度の余裕を持った方がよいと思いました。
また、残りの住宅ローンも把握しておくべきだと思いました。
前の物件のローン残高があったので、次の物件のローンを組むのに苦労しました。
実際には、ローンでは不十分だったので、親族からの借金もせざるを得ない状況でした。

Bさんは売却期間に余裕を持たなかったことで、売り急いでしまったようです。

このような失敗をしないためにも余裕を持って売却スケジュールを立てることが重要です。

マンション売却前にさまざまな注意点を理解しよう

人生で数少ない大きな取引でトラブルを起こさないためにも、マンション売却前に様々な注意点を理解しておきましょう。

また、大切に暮らしてきたマンションを高く売りたい方は、複数の不動産会社に査定を依頼して査定額を比較しましょう。

マンションの査定額は、不動産会社によって数百万円ほど違うことがあります。

すまいステップ』なら、不動産会社4社の査定額を比較して、あなたのマンションを納得のいく金額で売却してくれる不動産会社を探せます。

「今お持ちのマンションがどれくらいで売れるのか」を複数の不動産会社に無料で算出してもらえるので、以下のフォームに物件情報を入力して査定を受けてみましょう。

すまいステップなら簡単に査定価格が分かる
リナビス
リナビス

一括査定であなたの家の適正価格が分かる
オンライン対応

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4

マンションを高く売るための基礎知識を知りたい方はコチラ!

都道府県ごとの不動産売却情報

お住まいの地域の売却相場・不動産会社をチェックしよう

すまいステップなら簡単に査定価格が分かる
リナビス
リナビス

一括査定であなたの家の適正価格が分かる
オンライン対応

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4
1000社以上の優良不動産会社が参画

不動産会社選びで、
数百万円も
売却額が変わる

不動産会社選びで、数百万円も売却額が変わる
【完全無料】うちの価格いくら?