【専門家監修】不動産売却メディア「すまいステップ」

家の査定前に相場を調べよう!調べ方と注意点も合わせて紹介

  • 更新日:2024年2月14日
家の査定前に相場を調べよう!調べ方と注意点も合わせて紹介

家を査定に出す時、「家の査定相場はどうやって調べるの?」なぜ家の査定相場を調べる必要があるの?と疑問に思う方が多くいることでしょう。

この記事では、これから家を査定に出す方に向けて、家の査定相場の調べ方を紹介します。

家の査定相場を調べる上での注意点と査定相場より高く売る方法も合わせて解説するので、最後まで読んでぜひ参考にしてみてください。

家の査定相場を調べる方法

家の査定相場を調べる方法は、以下の3つの方法があるのでそれぞれ紹介します。

  • レインズを使って調べる
  • 土地総合情報システムを使って調べる
  • 不動産ポータルサイトを使って調べる

レインズマーケットインフォメーションを使って調べる

類似した家が実際にいくらで売却されたか知ることで査定相場を算出します。

不動産流通機構が運営している「レインズマーケットインフォメーション」を使えば、直近1年以内の成約価格を調べられます。

レインズマーケットインフォメーション

マンションや戸建てをそれぞれ検索でき、都道府県と地域、さらに沿線や最寄り駅、築年数など細かい条件を入力して検索できます。

情報量も多く、信頼性が高いことが特徴です。

また、グラフで価格帯が表示されて分かりやすいので初心者にもおすすめです。

土地総合情報システムを使って調べる

国土交通省が運営する「土地総合情報システム」を使って調べる方法で、成約価格を知ることができるので信頼性は高いです。

レインズマーケットインフォメーションに比べると情報量は少ないですが、土地のみの相場価格も調べられます。

土地総合情報システム

不動産ポータルサイトを使って調べる

SUUMOやホームズなどの不動産会社のポータルサイトを使って、現在売り出されている家の売却価格を調べる方法です。

似ている条件の家がどれくらいの価格で売り出されているか調べることで、ある程度の査定相場を把握できます。

不動産会社によってはスマートフォンのアプリなどもあり、家の条件を細かく選択して調べられるので手軽に簡単に検索できます。

家の査定前に相場を調べると良い理由は?

家の査定前にまずは自分で家査定相場を調べておきましょう。

なぜ査定相場を調べると良いのか、以下の4つの理由を解説します。

  • 家を相場より安く売却しないようにするため
  • 売却価格の設定に役立つため
  • 高く売却できるタイミングが分かるため
  • 不動産会社が提示する査定額が適切か判断するため

家を相場より安く売却しないようにするため

家の査定相場を調べるべき理由の1つは、家を相場よりも安く売却しないようにするためです。

査定相場を知らずに売り出してしまうと、本来の家の査定相場よりも下回った金額で売却して損することがあります。

不動産会社が提示する査定額が必ず正しいものだと思わず、自分でも査定相場を調べて家の価値をしっかり把握しておくことが大切です。

売却価格の設定に役立つため

家を売却する時、多くの方が家の売り出し価格で悩むでしょう。

査定相場よりも安く売り出すと損してしまいますし、高すぎてもなかなか売却できない可能性があります。

査定相場を知って適正価格で売り出せれば、損したり売れ残ってしまうリスクは避けられるでしょう。

また、家の売買では値下げ交渉はよくあることです。

相場よりも少し高めに設定し、最低売却価格を決めておくと値下げ交渉にどこまで応じるか迷わなくなります。

高く売却できるタイミングが分かるため

家の査定相場はいつでも一定というわけではなく、周辺環境や市況によって左右されます。

定期的に査定相場を調べておけば、前年や前月と比べて今は売り時であるかどうか分かるようになります。

売却時期を見定められたら家を高く売却できる可能性も高まります。

不動産会社の選定に役立つため

家の売却では不動産会社選びがとにかく重要です。

査定相場を知っておくと、不動産会社が提示する査定額が相場より大きくかけ離れていないか判断できます。

契約を取りたくて高い査定額を提示したり、売却に自信のない不動産会社は安い査定額を提示することがあります。

信頼できる不動産会社を選定するためにも、査定相場は調べておくべきと言えます。

不動産会社の査定は複数社を比較し、査定額だけでなく売却実績や担当者の対応などを総合的に比較すると良いでしょう。

不動産会社選びに迷ったら不動産一括査定サイトを利用すると便利です。

すまいステップなら簡単に査定価格が分かる
リナビス
リナビス

一括査定であなたの家の適正価格が分かる
オンライン対応

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4

家の査定相場を調べる時の注意点

家の査定相場を調べる時は、以下の3つに注意して調べましょう。

  • 売り出し価格と成約価格は違う
  • 地域によって情報が少ない
  • 情報が古いことがある

売り出し価格と成約価格が違う

不動産会社のポータルサイトを使って調べる場合は、売り出し価格と成約価格が異なることがあります。

売り出し価格とは不動産会社が決めた売却価格であり、実際には売り出し価格から2割ほど値下げされて売却されていることが多いです。

マンションの売却では売り出し価格と成約価格はほとんど差はありませんが、戸建てを売却する場合は注意が必要です。

地域によって情報が少ない

検索したい地域によってはそもそも事例が少なく、情報を手に入れにくいことがあります。

情報が少ない場合は複数の調べ方を合わせて使ってみましょう。

検索条件を広げて検索してみることもおすすめします。

情報が古いことがある

レインズマーケットインフォメーションは直近1年以内の情報が掲載されていますが、土地総合情報システムは直近5年まで遡って検索できます。

事例の少ない地域では新しい情報が更新されにくいことがあるので注意しましょう。

みんなの不動産売却体験談

千葉県鎌ケ谷市 / 40代

査定価格1,850万円売却価格1,800万円

不動産会社の決め手
査定をしてもらった中で一番高い金額だっのもあるが、三社の中で売却後の保障が一番手厚く感じた。また、査定の基準やその説明もしっかりしていたので安心できた。
この口コミをもっと見る

埼玉県所沢市 / 60代

査定価格1,000万円売却価格880万円

不動産会社の決め手
不動産屋に行く前から数社にお声掛けをしていて何件か電話を頂いたのですが朝日土地建物さんは毎月不動産売却の利点、不利益などノウハウを送ってくれていたのでこちらを訪ねてみようと最初に思いました
この口コミをもっと見る

岩手県盛岡市 / 30代

査定価格180万円売却価格180万円

不動産会社の決め手
色々見てもらいましたが態度が横柄な担当者もいましたので信頼できて親身に話を聞いてくれる業者さんにお願いしました。解体して土地だけ売ると言われたりもしましたのでリフォームしてまた売ってくれるとこにお願いしました。
この口コミをもっと見る

神奈川県横浜市神奈川区 / 40代

査定価格3,200万円売却価格3,080万円

不動産会社の決め手
販売手数料を他社よりも考慮していただいたことが一番の決め手でした。値引き交渉とかは苦手でしたくなかったのですが、最初の査定の段階から、販売代金がいくらで成立したら手数料いくら、いくら以下なら手数料いくら、と手数料…
この口コミをもっと見る

千葉県柏市 / 30代

査定価格3,200万円売却価格3,200万円

不動産会社の決め手
買った不動産がポラスだったので、ポラスで売るのが1番いいのかなと思いました。あとは担当の方がとても良い方で、プライベートな話も聞いていただいたり離婚協議中のいざこざも上手く汲み取ってくれて助かりました。
この口コミをもっと見る

まとめ

家を査定する前に相場を調べることは、家を適正価格で売却するために必要です。

家の査定相場を調べる時の注意点に気を付けながら、自分に合った方法で調べましょう。

また、相場よりも高く売却するには信頼できる不動産会社を選ぶことがとても重要です。

不動産会社選びに困ったら、すまいステップの一括査定サイトを利用してみましょう。

一度に4社までの査定を無料で受けられ、優良企業のみと提携しているので安心して利用できます。

記事のおさらい

家の査定相場はどうやって調べる?

レインズマーケットインフォメーションを使って調べるなど、3つの方法があります。詳しく知りたい方は家の査定相場を調べる方法をご覧ください。

査定相場を調べる時の注意点は?

売り出し価格と成約価格は違うことがあるなど、3つの注意点があります。詳しくは家の査定相場を調べる時の注意点をご覧ください。

都道府県ごとの不動産売却情報

お住まいの地域の売却相場・不動産会社をチェックしよう

すまいステップなら簡単に査定価格が分かる
リナビス
リナビス

一括査定であなたの家の適正価格が分かる
オンライン対応

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4
1000社以上の優良不動産会社が参画
【完全無料】うちの価格いくら?