【不動産売却 流れ】取引|全体から詳細ポイントまで

不動産の売却は人生でそうなん度も行うものではないため、やり方が分からず困ってしまう人は少なくありません。特に困るのは、なにから手をつけるべきか分からないということでしょう。

不動産売却を上手に進めるためには、全体の流れを知ることが大切です。不動産売却の流れやポイントなどを知り、取引をスムーズに進めていきましょう。

不動産売却のおおまかな流れ

家を売却する全体の流れのなかで、家の売却を検討している段階の方がおさえておくべき流れというのは意外と絞られています。
まずはじめに、全体像をつかみましょう。

  1. 不動産を売却する理由や希望条件を考える
  2. 不動産の売却相場を知る
  3. 査定を依頼する
  4. 売却を依頼する
  5. 売却活動
  6. 売却の契約をする
  7. 決済・引き渡し

売却するまでの手順と要する期間

家を売却するまでの主な手順は6ステップあります。これらは3つのパートに分類されます。
3つとは、家を売りに出すまで・売買契約を結ぶまで・買主に物件を引き渡すまでのことです。
以下の表で売却手順と期間を確認して、家の売却計画をより具体的なものにしましょう。

STEP項目パート必要期間
STEP1個人で売却準備をする(売却を考える・相場を知るなど)家を売りに出すまで1-2ヶ月程度
STEP2売却する家の査定依頼をする
STEP3売却を依頼する
STEP4売却活動売買契約を結ぶまで1-3ヶ月程度
STEP5買主と売買契約を結ぶ
STEP6家を買主に引き渡す買主に物件を引き渡すまで2ヶ月程度

以上のように状況によって期間の差はありますが、 家の売却を完了させるまで少なくとも4ヶ月はかかるとみておいた方がよいでしょう。

 

それでは、不動産売却の手順について、以下で詳しく説明していきます。

不動産売却の流れと各ステップのポイント

何よりもまずはじめに不動産を売却する理由や目的、希望条件をしっかり固めましょう。出だしの段階でしっかりと整理することで、ブレない売却活動を行うことができるようになります。

それでは、具体的にこのステップで行うべきことについて詳しく見ていきましょう。

売却の理由の確認

まずはなぜその不動産を売却するのか、理由を確認しておくことが大切です。不動産売却時は購入希望者に理由を聞かれることも多いため、問われた時にすぐに答えられるようにしておかなければなりません。

売却理由はどのような内容でもよいですが、離婚や借金、建物の老朽化などネガティブな理由だと、購入希望者にマイナスの印象を与えてしまう可能性があるため注意が必要です。

ネガティブな印象を与えて購入意欲を下げさせないためにも、ポジティブに思える売却理由を考えるか、好印象をあたえる上手な言い回しを考えておきましょう。

売却の希望条件の確認

不動産売却を成功させるには、最終的な売却の条件を最初に決めておくことが大切です。いつまでに売りたいのか、いくらくらいで売りたいのかはきちんと決めておき、売却活動が上手くいかない時にすぐに対応できるようにしておきましょう。

不動産は売り出しをしてもすぐに売れるとは限らず、市場の需要と条件が合わないと、条件を下げなければならないこともあります。買主を見つけるには条件を下げることは一つの方法ですが、あまりに下げ過ぎると今度は売り損になってしまいます。

損をせず、かつスムーズに売却するためにも、希望の条件は必ず決めておき、最終的にどこまで条件を下げられるかも決めておきましょう。

必要経費や相場の確認

売却では売れた価格に応じて利益が出るだけではなく、売るための活動に費用がかかります。そのため、売却にかかる必要経費を知り、コストを差し引いた上で実際に手元に残る利益を考えなければなりません。また、利益を詳細に考えるためには、どれくらいで売れそうなのか、相場を確認しておくことが大切です。

最初に経費や売却できる想定額を決めておくと、売却活動に合わせて条件を変更しやすく、よりスムーズに売りやすくなります。

関連記事

不動産の買取価格は仲介による売却相場より安いということは知っているけど、実際にどれくらい安くて、なぜ安いのかその理由をご存じの方は少ないのではないかと思います。この記事では 不動産買取額の相場 不動産買取相場の調べ方[…]

金髪のキャリアウーマン

情報収集

まずは情報収集を行い、売却したい不動産の相場価格を調べることが重要です。どれくらいで売れるのか相場を把握しておかないと、売り出し価格を設定することも難しく、上手に条件付けができません。

情報収集をどこまで念入りにできるかどうかで、不動産売却の成否もかわってくるため、徹底して行うようにしてください。

関連記事

「どの不動産一括査定サイトを使えばいいか分からない・・!」不動産一括査定サイトとは、Web上で複数の不動産会社にまとめて査定依頼できるサービスです。しかし、不動産を売る経験は人生で何度もあることではないので、初めて不動産一括[…]

不動産会社を決める

不動産売却は個人でも行えますが、スムーズに成功させたいのなら不動産会社を利用することがおすすめです。利用する不動産会社を決める際にも、徹底して情報収集を行い、信頼できる業者を見つける必要があります。

ひとくちに不動産会社といっても会社によって得意分野があり、不動産売却に強い業者ばかりとは限りません。不動産の買取や仲介に強みがあり、売却のノウハウはそれほどないということもあるため、情報収集をして得意分野が自分が求める条件と合致する不動産会社を見つけておきましょう。

物件価格の査定をしてもらう

不動産会社に売却を依頼したからといって、すぐに売却できるわけではなく、査定をしてより詳細な価格を調べてもらう必要があります。物件価格の査定は複数の不動産会社に依頼してください。最低3社を目安にするとよいでしょう。

不動産会社による査定額は絶対的なものではなく、業者によって異なります。1社だけに絞ってしまうと、提示された査定額が適正かどうかが判断できず、間違った価格設定で売り出してしまうこともあります。

売却価格の設定次第では売れ残ったり、反対に売れ損が出たりするため、査定は必ず複数社に依頼し、結果を見た上で最終的にどの不動産会社を利用するか決めるとよいでしょう。

関連記事

不動産を売却する際に以下のような悩みがありませんか?「どこに査定依頼を出したらいいんだろう・・?」「査定ってどういう流れなの・・?」不動産売却は多くの方にとって初めての経験。査定ってどういうもので、何を準備すればいいのか分からな[…]

不動産査定

不動産会社と媒介契約を結ぶ

仲介を依頼する不動産会社を決めた後は、媒介契約を結びます。媒介契約は仲介契約とも呼ばれることがあり、簡単にいえば不動産会社を仲介として売却活動を行うことの取り決めです。媒介契約は3種類あり、それぞれで特徴が異なります。

媒介契約の種類特徴
一般媒介契約・自分で買主を探せる
・複数の不動産会社と契約可能
専任媒介契約・自分で買主を探せる
・不動産会社は1社とのみ契約可能
専属専任媒介契約・自分で買主を探すことは禁じられている
・不動産会社は1社とのみ契約可能

契約の自由度が高いのは一般媒介契約であり、制限が多いのは専属専任媒介契約です。制限が多くなるほど不動産会社は売却活動に力を入れてくれる傾向です。できるだけ多くのことを任せたいなら、専属や専属専任媒介契約がおすすめです。

媒介契約は変更も可能であるため、最初に一般媒介契約などで締結し、売却活動の状況に合わせて、専任、専属専任と段階的に上げていってもよいでしょう。

関連記事

土地にしても建物にしても、不動産を売却する際には不動産会社を利用するのが一般的です。不動産会社を介して不動産を売却する場合、「媒介契約」という言葉を耳にしますが、これがどのようなものなのか、正しく理解できていない人は多いでしょう。媒介契[…]

不動産の売り出しをする

不動産会社と媒介契約を結んだ後は、本格的に売却活動がスタートします。物件情報を売り出すにあたっては、売り出し価格を設定しなければなりません。売り出し価格は売主が自由に決められます。

そのため、不動産価値がそのまま売り出し価格になるわけではなく、実際の価値から上乗せした価格にすることも、反対に値下げして売り出すことも可能です。

できるだけ好条件で売りたいなら強気の価格設定を、とにかく早期に売却したいなら、条件を下げて売り出すことが大切です。適正価格がどれくらいか分からない場合は、不動産会社とよく相談していくらにするか決めるとよいでしょう。

関連記事

多くの一般の人にとって、不動産の売買というのは一生のうちに何度も行うものではありません。一般の人が持っている不動産というのは自ら購入した自宅用か、親から相続したものでしょう。どちらも思い入れが強い大切なものです。その不動産を売ろうとするのに[…]

購入希望者に物件情報の開示をする

売り出しを行い、不動産の情報が宣伝されると、購入希望者がその情報をチェックしていきます。情報を見た中で気に入った場合は内覧の予約が入り、指定されたスケジュールで実際に物件を案内して、より詳細な情報を開示していきます。

内覧は不動産会社に任せるだけではなく、自分で立ち会って物件の魅力を伝えることも可能です。物件情報を開示する際には瑕疵(かし)なども含めて伝える必要があり、隠し事は禁物です。隠し事をしたまま売却すると、後で問題が発覚した時にトラブルの元になるため瑕疵の認識がある場合は、不動産会社と相談のうえ対処しましょう。

問題を隠して売却した場合は、後から発覚した際に売主が損害賠償責任を負ったり、契約が解除されたりすることもあります。情報は正しく提示し、購入意欲を高める情報を与え、物件の魅力を詳細に伝えていきましょう。

関連記事

家に住みながら売却を考える場合、内覧の準備をどのようにしたらよいか悩んでいる方も多いようです。内覧時の印象が「売買の成否が決まる」と言っても過言ではありません。あなたが家を購入したとき、または、賃貸物件を借りたときおそらく内覧で物件[…]

購入者と売買契約を結ぶ

内覧や物件紹介を行い、双方合意できる着地点が見つかったら売買契約を結びます。口約束では後からいったいわないのトラブルになることもあるため、契約についての内容は必ず書面で記しておかなければなりません。

売買契約を結ぶ際には不動産会社が仲介となり、物件についての重要事項の説明などを行います。この時に契約後に関するさまざまな事項を決定するため、内容はよく確認して、お互いの認識にずれがないかをチェックしておなければなりません。

また、売買契約締結時に買主から手付金をもらうことが一般的であり、売却価格の10%程度を相場とすることが多いでしょう。

関連記事

土地を売却するためには、売買契約書が必須ですが、なぜそうなのかご存じでしょうか。このページでは、売買契約書が売却時に必要な理由や売買契約書に記載されている内容とチェックポイント、締結する時の注意点などについて解説します。土地売買契約書の内容[…]

不動産の引き渡しをする

売買契約締結後は、契約時に定めた日時に決済と引き渡しを行います。決済では手付金を除く残りの金額の支払いと、所有権の移転登記などを行います。特に定めがない限り、決済と引き渡しは当日に行うことが基本です。

契約時になんらかの定めがあった場合のみ、それぞれが別の日に行われます。引き渡しをした後は不動産会社に仲介手数料を支払いましょう。仲介手数料の支払いをもって売却活動は一旦終了ですが、最後に売却した翌年に確定申告をしなければなりません。

売却した価格から売却にかかった費用や不動産の購入費用、特別控除の金額などを差し引き、プラスになる場合は譲渡所得に対して税金がかかります。申告をしないと無申告税というペナルティが課せられたり、延滞税や重加算税がかかって税負担が重たくなってしまうため注意してください。

もし売却損が出た場合でも、確定申告によって損益計算ができ、給与所得額の税額が下がりますので、不動産売却後は必ず確定申告を行いましょう。

関連記事

不動産を売却する際には、引き渡し時期に注意が必要です。引き渡し時期は売主と買主で相談して決めますが、期日に関する決まりは多く、お互いに正しく理解できていないとトラブルに発展することもあります。不動産売却は無事に引き渡しまでできて完了するため[…]

説明する人

不動産売却の流れを把握して上手に売却しよう

一見難しく思える不動産売却は、全体の流れを知ることでハードルが下がります。最初になにをすべきか、売却活動を進めていく中で次になにをするのかを理解しているだけで、有利に活動を行いやすくなります。流れや細かいポイントを把握し、事前知識を身につけて、少しでも好条件での不動産売却を成功させましょう。


不動産一括査定サイトを使って査定をしたら300万円以上の差も珍しくない 

不動産一括査定サイトすまいステップ を使って実際に不動産を査定してみると、査定額に300万円以上差が出ることも珍しくはありません。

不動産会社査定価格
不動産会社A1100万円
不動産会社B1400万円
不動産会社C1280万円

これだけ査定額に差が出ると、複数の不動産会社に査定を依頼することが、不動産を高く売るために必須だと言えるでしょう。

少しでも不動産売却を検討しているなら、一括査定サイトで自分の不動産がいくらで売れるか調べてみましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?