【専門家監修】不動産売却メディア「すまいステップ」

実家の買取について詳しく解説!売却前の準備や流れ、おすすめの買取業者も紹介

  • 更新日:2024年6月21日
実家の買取について詳しく解説!売却前の準備や流れ、おすすめの買取業者も紹介

親が亡くなったり、住まなくなったりした実家を手放したいと考えている方は少なくないでしょう。しかし、実家の売却には様々な手続きや準備が必要で、一般的な不動産売却よりも手間がかかるのが現状です。

そこで、この記事では実家の売却方法の中でも特に「買取」に焦点を当てて、その特徴やメリット、売却の流れ、かかる費用などを詳しく解説していきます。これから実家の売却を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

空き家の実家を所有し続けると「特定空き家」と判断されるリスクがある

空き家としてし続けると「特定空き家」として判断されるかもしれません。

特定空き家とは、十分な管理ができていない空き家のことであり、主に以下のような状況だと特定空き家と判断される可能性が高くなります。

  • 倒壊の恐れがある
  • 外壁や屋根の一部が崩れそう
  • 放置により景観を損ねる
  • 衛生面に問題がある

法律でも以下のように定められています。

この法律において「特定空家等」とは、そのまま放置すれば倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態又は著しく衛生上有害となるおそれのある状態、適切な管理が行われていないことにより著しく景観を損なっている状態その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態にあると認められる空家等をいう。

引用:空家等対策の推進に関する特別措置法

特定空き家と判断されてしまうと以下のような措置を取られる可能性があります。

・固定資産税が最大6倍になる
・50万以下の罰金が課せられる
・高額な解体費用が請求される

固定資産税が最大6倍になる

特定空き家として判断されると、固定資産税が最大で6倍になる可能性があります。

そもそも建物を所有していると固定資産税は6倍かかりますが、居住用建物であれば「住宅用地の特例」が適用され、1/6に軽減されます。

しかし、空き家として放置していれば「居住用」とみなされないため、優遇措置が受けられなくなり、通常の6倍の固定資産税がかかる可能性があります。

すまリス
実際に住んでいるかどうかが重要なんだ

50万以下の罰金が課せられる

空き家として放置し続け、国からの処分命令にも応じない場合は50万円以下の罰金に科せられる可能性があります。

さらに自治体からの「命令」に応じずに違反となった場合、最大50万円以下の過料が科せられてしまいます。

引用:NPO法人 空家・空地管理センター

固定資産税に加え、50万円以下の罰金まで科せられれば大きな負担となるので十分に気を付けましょう。

高額な解体費用が請求される

特定空き家として判断されたにもかかわらず国からの勧告も無視し続けた場合は、強制的に解体される可能性があります。

所有者の承諾なしに解体されてしまうだけでなく、解体費用も所有者が負担しなければなりません。

さらに解体費用は非常に高額で、一般的な戸建ての解体であれば自分で解体業者を選べるので100万円前後で済むケースが多いです。

しかし、特定空き家の解体は行政が指定した業者が解体するので費用が高額になる場合があります。

空き家の面積や間取りなどによって異なるため、一概にいくらになるかは断言できませんが、一般的な解体費用より高額になることを理解しておきましょう。

実家を所有し続けるその他のデメリット

実家を空き家として放置し続けると特定空き家と判断されると解説しましたが、ほかにいくつかのデメリットがあります。

  • 固定資産税がかかり続ける
  • 維持費がかかり続ける
  • 倒壊による損害賠償を負う可能性がある

固定資産税がかかり続ける

空き家を所有し続けた場合、住んでいなくても固定資産税がかかり続けます。

固定資産税は建物や土地に対してかかり、実際に住んでいるかどうかは関係ありません。

そのため、実家を空き家として所有している段階で固定資産税がかかり続けるのです。

軽減措置を受けられているうちは大きな負担にはならないですが、それでも毎月数万円の固定資産税がかかる場合もあるので負担となるでしょう。

すまリス
住んでないのに税金を払うのはイヤだよね!

維持費がかかり続ける

固定資産税と同様に建物を維持するための費用がかかり続けます。

建物の所有者はその建物を常に維持管理する義務を負います。

建築基準法第8条では、建物の所有者・管理者は規模の大小に関わらず、自らの責任において、建築物の敷地、構造、防火、避難、衛生及び建築設備等(換気設備、排煙設備、非常用の照明装置、昇降機等)について、状況に応じた補修、改修をして安全で良好な状態の維持に努める責任があります。

引用:名古屋市

つまり、住んでいなくても所有している時点で、建物の維持や管理をし続けなければなりません。

柱や壁などが劣化すればリフォームしたり解体したりする必要があるので、金額面でも負担となるでしょう。

倒壊による損害賠償を負う可能性がある

建物の維持管理を怠った結果として建物が崩壊して通行人などに危害を与えた場合は損害賠償請求を負う可能性があります。

民法第717条1項は「土地の工作物の設置又は保存に瑕疵があることによって他人に損害を生じたときは、その工作物の占有者は、被害者に対してその損害を賠償する責任を負う。

引用:兵庫県弁護士会

実際に法律でも定められており、維持管理しているつもりでも、実際に損害を与えた場合は損害賠償請求は逃れられないでしょう。

このように、建物を所有するには多くに責任を負うことになるため、本当に所有し続けるべきかどうかを十分に考えることが大切です。

すまリス
「維持管理しているつもり」ではダメなんだ!

実家を売るなら買取がおすすめ!その理由とは

実家の売却方法には、主に「仲介」と「買取」の2つがあります。仲介は不動産会社に媒介を依頼し、適切な買主を見つけてもらう方法。一方、買取は不動産会社が直接物件を購入する方法です。

実家売却に買取をおすすめする理由はいくつかあります。以下で詳しく説明していきましょう。

最小限の手間と時間で売却できる

仲介での売却は、買主が見つかるまでの時間がかかることがあります。何度も内覧に立ち会う必要があったり、購入希望者との価格交渉が必要になったりと、売主側の手間も少なくありません。

一方、買取は即金・即決で売却できるのが大きなメリットです。不動産会社の査定を受けた後、条件が折り合えばすぐに売買契約を結べるため、スピーディーに現金化できます。手間を最小限に抑えたい方におすすめの売却方法です。

不用品の処分や清掃も一緒に依頼できる

仲介売却の場合、内覧に備えて家財道具の整理や清掃など、売主側である程度の作業が発生します。一方、買取であれば、そういった作業を買取業者に任せられるのが大きな特徴です。

実家の片付けや整理は骨の折れる作業です。思い出の品が多く、なかなか手をつけられないという方も多いでしょう。買取であれば、そういった手間を省けるため、精神的・肉体的な負担を軽減できます。

仲介手数料がかからない

仲介売却の場合、売却価格の3〜5%程度の仲介手数料がかかります。高額物件であればあるほど、仲介手数料の負担は大きくなります。

買取の場合、基本的に仲介手数料はかかりません。その分、売却価格は仲介よりも低くなる傾向にありますが、諸経費を抑えたい方にとってはメリットになるでしょう。

売却後のトラブルを防止できる

仲介売却では、引き渡し後に隠れた瑕疵(物件の欠陥や不具合など)が見つかり、買主とトラブルになるケースがあります。しかし買取であれば、ほとんどの場合、買取業者がこれらの責任を負ってくれるというメリットがあります。

実家の売却は、故人の思いもある大切な取引です。円滑に進めるためにも、買取という選択肢は検討に値するでしょう。

すまいステップなら簡単に査定価格が分かる
リナビス
リナビス

一括査定であなたの家の適正価格が分かる
今の価格が届く!

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4
すまいステップなら簡単に査定価格が分かる
リナビス
リナビス

一括査定であなたの家の適正価格が分かる
今の価格が届く!

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4
すまリス
実家の売却で買取がおすすめなのは、手間が少なくてスピーディーなところだね。特に片付けとか、自分でやるの大変だもんね。トラブルも避けられるなら、かなり魅力的だと思う!

実家の買取におすすめな買取業者

実家の買取を検討している方におすすめの買取業者を紹介します。どの業者も実績が豊富で、厚い信頼を獲得している会社です。

買取業者特徴
カチタス・全国対応
・遠隔地の買取も可能
Alba Link(アルバリンク)・老朽化・築古物件の買取に強み
・24時間365日オンライン査定可能
リアルエステート・トータルサポートに定評
・無料の査定・相談を実施

カチタス

カチタスは、不動産の買取と、その後のリフォーム・再販を手がける会社です。全国展開しており、地方の物件も柔軟に対応してくれます。

実家の片付けを代行してくれる「まるごと買取プラン」が人気です。家財道具の処分、清掃、不用品の買取までワンストップで請け負ってくれるため、手間を大幅に省けます。査定は無料で、全国どこでも対応可能です。

会社名カチタス
本社所在地群馬県桐生市美原町4番2号
電話番号0120-593-000
対応エリア全国対応

Alba Link(アルバリンク)

Alba Linkは、不動産の買取専門会社です。老朽化した物件や、築年数の古い物件の買取に特に力を入れており、実家の買取実績も豊富にあります。

24時間365日、オンラインで無料の査定依頼を受け付けているのが特徴です。LINEでの問い合わせにも対応しているため、気軽に相談しやすいでしょう。

会社名Alba Link
本社所在地東京都江東区富岡2-11-18 リードシー門前仲町ビル6F
電話番号0120-359-096
対応エリア全国対応

リアルエステート

リアルエステートは、不動産売買のコンサルティングを行う会社です。単に高く売るだけでなく、お客様に最適な不動産売買を総合的にサポートするのが特徴です。

実家の買取も数多く手がけており、スタッフの対応力には定評があります。無料の査定・相談を行っており、オンラインでの問い合わせにも対応可能です。

会社名株式会社リアルエステート
本社所在地大阪府大阪市中央区本町2丁目6番10号 本町センタービル7階
電話番号0120-979-686
対応エリア全国対応

複数の業者から査定を取るのがおすすめです。各社の査定額を比較することで、より高い売却価格を狙うことができるでしょう。

すまリス
実家の買取は、やっぱり実績のある業者に頼むのが一番だよね。でも、1社だけじゃなくて、何社かの査定を比べてみるのがポイントだよ。少しでも高く売れるように頑張ろう!

実家を買取で売る流れ

ここからは、実家を買取で売却する際の大まかな流れを解説します。事前に流れを把握しておくことで、スムーズに手続きを進められるでしょう。

売却の流れポイント
査定依頼・電話・メール・問い合わせフォームなどから連絡
・物件の基本情報を伝える
買取査定・訪問査定がおすすめ
・古い図面や書類を用意しておく
売買契約・宅建士の立ち会いのもと契約
・引き渡し日や家財の処分方法も決める
決済・引き渡し・立ち会いの日程をよく相談しておく

査定依頼

まずは、買取業者に査定を依頼します。電話やメール、ウェブサイトの問い合わせフォームなどから連絡するのが一般的です。

この際、物件の所在地や築年数、間取りなどの基本情報を伝えます。現地を見てもらう日程を調整する場合もあります。

買取査定

査定には、「机上査定」と「訪問査定」の2種類があります。机上査定は、物件の情報から大まかな査定額を算出する方法。より正確な査定を受けるなら、訪問査定がおすすめです。

訪問査定では、実際に物件を訪れた査定員が、建物の状態や周辺環境などを詳しくチェックします。この際、古い図面や書類などがあれば用意しておくと、よりスムーズに査定を受けられます。

売買契約

査定の結果、買取価格に納得できれば売買契約を結びます。宅地建物取引士が立ち会いのもと、契約書にサインをする流れが一般的です。

契約時には、物件の引き渡し日や、家財道具の処分方法なども取り決めます。曖昧な点がないよう、しっかり確認しておきましょう。

決済・引き渡し

売買代金の決済と、物件の引き渡しを行います。買取業者から代金を受け取り、物件の鍵を渡すのが一般的な流れです。

立ち会いの日程や時間は、事前に買取業者とよく相談しておくことが大切です。

すまいステップなら簡単に査定価格が分かる
リナビス
リナビス

一括査定であなたの家の適正価格が分かる
今の価格が届く!

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4
すまいステップなら簡単に査定価格が分かる
リナビス
リナビス

一括査定であなたの家の適正価格が分かる
今の価格が届く!

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4
すまリス
買取の流れって、意外とシンプルなんだね。でも、各ステップでの準備や確認事項はしっかり押さえておかないと。特に契約時は慎重にならないとね。

実家を買取で売る際にかかる費用

実家を買取で売却する際には、いくつかの費用が発生します。売却価格から差し引かれるものもあるため、事前に把握しておくことが大切です。

費用の種類金額の目安
譲渡所得税・5年以下:30〜39%
・5年超:15〜30%
印紙税・1,000万円以下:1万円
・1,000万円超3,000万円以下:3万円
登記費用・1,000万円以下:20万円程度
・3,000万円以下:25万円程度

譲渡所得税

売却価格から買った時の価格(購入価格)を差し引いた金額に対して、税金がかかります。これを譲渡所得税と言います。

税率は、売却価格と購入価格の差額に応じて変わります。所有期間が5年以下の場合は30%〜39%、5年超の場合は15%〜30%が目安です。

印紙税

不動産の売買契約書には、収入印紙を貼る必要があります。この印紙代を印紙税と言います。

印紙税の額は、売買代金によって異なります。売買代金が1,000万円以下なら1万円、1,000万円超3,000万円以下なら3万円といった具合です。

登記費用

所有権移転登記に必要な費用です。司法書士に依頼する場合、売買代金によって報酬額が変わります。

目安としては、売買代金が1,000万円以下の場合は20万円程度、3,000万円以下の場合は25万円程度と言われています。

 

これらの費用は、売却価格から差し引かれるため、手取り額を試算する際は忘れずに計算に入れておきましょう。

すまリス
売却にかかる費用は、結構複雑だね。特に譲渡所得税の計算は難しそう。でも、しっかり把握しておかないと、思ったより手元に残らないなんてことにもなりかねないからね。

実家を買取で売る前に準備しておくべきこと

スムーズに実家を売却するためには、事前の準備が欠かせません。書類の整理や、物件の整理など、やっておくべきことは少なくありません。

遺言書の有無を確認する

被相続人が遺言書を残していた場合、相続は遺言の内容に従って行われます。まずは、遺言書の有無を確認しておきましょう。

遺言書があれば、実家の売却に関する指示や、相続人の指定などが書かれているかもしれません。内容をよく確認し、関係者で共有しておくことが大切です。

実家の名義を変更する

被相続人の名義になっている実家を売却するには、相続登記と所有権移転登記が必要です。

相続登記は、被相続人から相続人への名義変更を行う手続きです。所有権移転登記は、相続人から買主への名義変更を行う手続きです。これらの登記を済ませておかないと、売買契約を結ぶことができません。

土地の境界を確認する

土地の境界トラブルは、不動産売買でよく起こる問題の一つです。実家の売却前に、隣地との境界を改めて確認しておきましょう。

境界に不安がある場合は、土地家屋調査士に依頼して境界確定測量を行うのがおすすめです。トラブルを未然に防ぐことができます。

家に関する書類を探して集めておく

買取査定や売買契約の際に必要になる書類はたくさんあります。事前に書類を探して集めておくことで、手続きをスムーズに進められます。

具体的には、登記簿謄本、固定資産税の評価証明書、建物の図面などがあります。古い物件だと、書類が散逸していることもあるため、早めに探し始めることが大切です。

仏壇・神棚の処分を行う

実家に仏壇や神棚がある場合は、売却前に適切に処分する必要があります。宗教的な意味合いが強いため、処分には細心の注意を払いましょう。

一般的には、寺社に相談して供養してもらうのが望ましいとされています。また、業者に依頼して供養代行をしてもらう方法もあります。遺族の心情に配慮しつつ、適切に処分を進めることが大切です。

すまいステップなら簡単に査定価格が分かる
リナビス
リナビス

一括査定であなたの家の適正価格が分かる
今の価格が届く!

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4
すまいステップなら簡単に査定価格が分かる
リナビス
リナビス

一括査定であなたの家の適正価格が分かる
今の価格が届く!

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4
すまリス
売却前の準備って、想像以上に手間がかかるんだね。特に名義変更とか境界確認とか、専門的な知識も必要そう。あと、仏壇の処分とか、精神的にも大変な作業だと思う。早め早めに動くことが大事だね。

以上、実家を買取で売却する際のポイントを詳しく解説してきました。買取のメリットを理解し、適切な準備を進めることが、スムーズな売却につながります。

実家の売却は、物件の整理や書類の手続きなど、やるべきことが多岐にわたります。身近な人やプロの力を借りながら、一つひとつ丁寧に進めていくことが大切です。

まずは、査定依頼を検討してみてはいかがでしょうか。複数の買取業者から提案をもらうことで、より良い売却の方向性が見えてくるはずです。この記事を参考に、ぜひ前に進んでみてください。

都道府県ごとの不動産売却情報

お住まいの地域の売却相場・不動産会社をチェックしよう

すまいステップなら簡単に査定価格が分かる
リナビス
リナビス

一括査定であなたの家の適正価格が分かる
今の価格が届く!

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4
すまいステップなら簡単に査定価格が分かる
リナビス
リナビス

一括査定であなたの家の適正価格が分かる
今の価格が届く!

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4
1000社以上の優良不動産会社が参画

不動産会社選びで、
数百万円も
売却額が変わる

不動産会社選びで、数百万円も売却額が変わる

不動産会社選びで、
数百万円も
売却額が変わる

不動産会社選びで、数百万円も売却額が変わる
【完全無料】うちの価格いくら?