不動産査定は匿名で依頼出来る!適した匿名査定の方法と注意点を解説

家を売る検討しているので家の価値を知りたい、ただし不動産査会社に査定依頼して営業電話がかかってくるのは嫌!という方もいるでしょう。

そんな方に朗報です。
最近は、個人情報いらずで匿名で不動産の査定ができる「不動産匿名査定サービス」が数多く展開されています。

この記事では、不動産匿名査定を利用する上でのメリット・デメリット、あなたの状況に応じた匿名査定サービスを紹介しています。
また、優良な不動産会社だけに査定依頼したい方は一括査定サイトを使ってみましょう。

不動産一括査定サイトの手順

下のフォームを入力すれば、完全無料で複数の不動産会社に物件を査定してもらえます。

リナビス
リナビス

あなたの不動産の
売却価格をいますぐチェック

リナビス
step1
リナビス
step2

不動産匿名査定のメリット・デメリット

匿名で不動産の査定額を知ることができる「不動産匿名査定サイト」。
名前や電話番号などの個人情報を入力する必要がないため安心して利用することができるサービスです。

まずは、不動産匿名査定を利用する上でのメリット・デメリットを解説します。

メリット

不動産匿名査定のメリットは以下の2つです。

  • 個人情報の入力がいらない
  • 売却金額がすぐにわかる

メリット1:個人情報の入力がいらない

匿名というくらいですから、なんといっても個人情報の入力がいらないのが最大のメリットです。
入力する項目は住所や築年数等の物件情報と、査定価格を送信するためのメールアドレス程度です。

電話番号も氏名も割れていないので、不動産会社からの営業電話がかかってくることもありません。

メリット2:売却金額がすぐにわかる

実際に不動産会社に査定依頼するよりも格段に速く査定額を知ることができます。

これから紹介する8つのサービスのうち、最長は約2日、最短はリアルタイムで売却価格を知ることができます。

デメリット

不動産匿名査定のデメリットは以下の2つです。

  • 査定額の正確性が低い
  • 匿名査定だけでは売却できない

デメリット1:査定額の正確性が低い

匿名査定の性質上、物件の詳細情報を記入することができません。
例えば、物件の傷みや害虫(シロアリ等)の被害、周囲の環境など。実際の査定で重要な判断材料となる点が考慮されていないのです。

現在の匿名査定は、膨大な不動産売買のデータをもとに計算するため徐々に精度は上がっているといえますが、あくまでも参考程度にしかならないことを覚えておいてください。

デメリット2:匿名査定だけでは売却できない

本来査定とは、売却前に物件を売りに出す価格を決めるための目安として不動産会社と連携を取って行われるものですが、匿名査定では算出された査定結果に対して不動産会社側からコミュニケーションをとることは不可能です。

そのため、匿名査定の結果を受けて売却をしようと意思を固めた場合、
ふたたびこちら側から不動産会社に対して連絡を取り、より具体的な査定を行ってもらう」という流れになります。
売却を前向きに考えている方の場合、2度手間になってしまいますね。

以上がデメリットになります。
売却に前向きな方は実際に不動産に査定を依頼してみるといいでしょう。

株式会社Speeeの運営するすまいステップは複数の不動産に一括で査定を依頼できるサービスです。

独自の運営方針に従って厳選された優良企業のみと提携を組んでいるため、信頼して仲介を依頼できる不動産会社のみに査定依頼ができます。
万が一不動産会社からの執拗な営業電話やメールがあった場合、ユーザーのクレームを元に悪徳業者を速やかにを排除しています

実は不動産の査定を匿名でする方法はたくさんありますが、状況に応じてサービスを使い分けていく必要があります。

査定の正確性を重視した不動産匿名査定サービス

不動産会社からの営業は受けたくないけれど、出来るだけ正確な不動産の査定結果を知りたいという方は、以下の4つのサービスをオススメします。

 

サービス名査定結果の正確さ査定までのスピード対象物件種対象エリア
ライフルホームズの匿名査定×物件種全般(土地・一戸建て・マンションなど)全国
IESHIL(イエシル)マンションのみ首都圏のみ
ふじたろうマンションのみ全国(地方は対象件数少なめ)
Howma(ハウマ)一戸建て・マンション全国

ライフルホームズの匿名査定

大手ポータルサイトのライフルホームズ(LIFULL HOME’S)が運営している、個人情報がいらない匿名の査定サービスです。サイトの入力画面で物件情報を詳細に記載して、入力した2日後頃に不動産会社が算出した物件の概算価格を受けとることが出来ます。

不動産会社ごとに専用のページで概算価格を確認でき、より詳しく査定してもらいたい不動産会社に対してはこちら側から連絡出来るという仕組みになっています。

他の匿名査定サービスに比べて査定結果が出るまでの期間は長いですが、マンション以外にも一戸建てや土地も査定できることに加えて査定できるエリアも広いので、基本的にどのような場合でも匿名で査定を受けることが出来ます。

ライフルホームズ利用までは5ステップ

  1. 不動産情報の入力
  2. Yahoo!JAPAN、Google(Gmail)、Facebookいずれかでログイン
  3. 査定価格を確認
  4. もっと詳しく知りたければ不動産会社に連絡できる
  5. 不動産会社からメールが届く

step1:不動産情報の入力

査定を依頼する物件の所在地(○丁目まで)等の不動産情報を入力し、匿名で査定依頼を送信します。(この際、送信した依頼は、条件に該当する全ての不動産会社に送られます。)
具体的には、物件種別・所在地・マンション名・間取り・専有面積・所在階・主要採光面(日当たりの方角)・築年数・居住状況・査定依頼の理由を入力する必要があります。

step2:Yahoo!JAPAN、Google(Gmail)、Facebookいずれかでログイン

入力後、下図のようにYahoo!JAPAN・Google(Gmail)・Facebookの3サービスのうち、いずれかにログインをして専用の管理ページを作成して査定依頼をします。step3:査定価格を確認

不動産会社から概算価格が提示されるとLIFULL HOME’Sからメールが届く。記載されているURLから専用ページにログインし、査定価格や会社情報をもとに、相談するかどうか検討します。

step4:もっと詳しく知りたければ不動産会社に連絡できる

詳しく査定してもらいたい、具体的な売却相談をしたい会社に専用フォームから名前と連絡先を送信します。

step5:不動産会社からメールが届く

不動産会社から登録した連絡先あてに返信がくるので、直接やり取りを開始します。

関連記事

「家がいくらで売れるか手間なく知りたいな・・」「でも、家をネットで査定するのは不安だなぁ」近年、インターネット経由で家の査定をすることが主流になりつつありますが、どのサイトを使えばいいか分からない方、大切な家をネットで査定していいも[…]

IESHIL(イエシル)

マンションの簡易査定を瞬時に出来るサービスです。リアルタイム査定とも呼ばれ過去の賃貸情報や売買履歴をもとにビッグデータから現在のマンション価格が計算されています。

不動産の専門家と提携して市場価格を算出するテストを何度も行っているため、不動産会社が算出する概算価格の精度には及びませんが、十分高い精度を誇る匿名査定サービスだといえます。
無料会員登録をすることで部屋ごとの価格を見ることも出来るため、より所有している物件の条件に近い相場価格を得ることが出来ます。

ただ、一方で査定対象が首都圏のマンションだけであるほか、過去のデータが少ない古すぎるマンションや設備やサービスが特殊なマンションに関しては精度が低くなります。

ふじたろう

国内全域のマンション価格を人工知能から正確な査定額を割り出し、周辺との相場比較もしてくれるサービスです。

地方によっては登録されているマンションも少ないですが、ほとんどの物件の推定価格が実際の成約価格とも10%も離れず算出されているため、匿名のサービスですが高い精度だといえます。
なお、ふじたろうでは60秒で不動産のプロに無料査定が出来るサービスもありますが、こちらは匿名サービスではなく個人情報が必要なため気を付けましょう。

Howma(ハウマ)

Howma

株式会社コラビットが運営している、AIをもとに最新の相場価格を算出する、匿名のAI査定サービスです。

物件種や住所の他に物件の詳細情報を記入したうえで査定価格が算出されます。土地情報総合システムなどのデータをもとに算出されているため、比較的正確な結果が算出されます。 ただ、不動産価格変動が激しい場合は査定額が不正確になりやすい傾向があるようです。

また、個人情報が必要のない匿名サイトとはいってもメールアドレスが必要なため、使用する際はその点も踏まえて判断しましょう。

 

  • まとめ
    • 時間はどれだけかかってもとにかく正確な査定結果が知りたい!→ライフルホームズの匿名査定
    • 首都圏のマンションの正確な査定結果が知りたい!→IESHIL(イエシル)かHowma(ハウマ)
    • 首都圏以外のマンションの正確な査定結果が知りたい!→ふじたろう

査定スピードを重視した不動産匿名査定サービス

当分家を売却する予定もなく、おおまかに不動産価格を把握出来ればよいという方は、以下の5つのサービスをオススメします。

サービス名査定結果の正確さ査定までのスピード対象物件種対象エリア
マンションnaviマンションのみ全国
不動産ポータルサイト土地・(一戸建て)・マンション全国
10秒でDo!×土地・一戸建て・マンション全国
らくらく不動産査定土地・一戸建て・マンション全国

マンションnavi

Googleの地図からマンションの相場価格を確認することが出来る匿名の査定サービスです。
地図上で一瞬でマンションの推定売却相場を確認することが出来ます。

不動産ポータルサイト

at home」や「suumo」などの不動産総合情報サイトを参考に売り出し価格を算出する方法です。

周辺で同じような条件(築年数や面積など)の物件を調べて、販売価格を面積で割って単価を出し他の物件と比較した相対価格でおおよその価格を算出します。

こちらは厳密には査定とはいえませんが、匿名でおおまかな価格を算出できるサービスになっています。

なお、一戸建ての場合周辺で同じような条件の物件を見つけるのはやや難しいです。

10秒でDo!

ハウスドゥが運営している、不動産をわずか10秒で査定するサービスです。

Web版だと物件種と郵便番号のみで、アプリ版だと加えて物件の面積や築年数の情報を入力するとおおまかな金額が算出され、過去の事例をもとに仲介価格や買取価格の市場相場の金額が表示されます。

ただ、一瞬で査定価格が算出される一方で、算出される価格も幅が広くかなりあいまいな金額であるため、あくまでも参考程度と捉えておきましょう。

らくらく不動産査定

らくらく査定

位置情報サービス(GPS)を使い、不動産を即査定するサービスです。
位置情報を元に、住所が自動で入力されるため、物件種別や間取り・広さ・築年数を入力しておおよその査定額が算出されます。
近隣相場も物件種ごとに調べることが出来ます。

  • まとめ
    • とにかく速く査定結果が知りたい!→10秒でDo!
    • マンションの査定結果をサクッと知りたい!→マンションnavi
    • 土地や一戸建ての査定結果が2~3分で知りたい!→不動産ポータルサイト か らくらく不動産査定

※家の査定方法に関しては以下の記事をご覧ください。

関連記事

「家の査定はどうやって依頼するの?」「査定の時どこを見るの?」初めて家の売却を検討している方のなかには、不動産会社に査定してもらうことに不安や疑問を持つ人もいるでしょう。家を売るために査定を受けたいと思っても、査定前の準備や[…]

家の査定

少しでも売却を検討している場合は「不動産一括査定サイト」を使おう

現在、不動産査定を匿名で依頼しようとしている人のなかで、少しでも売却を検討している方は無料で複数の不動産会社に査定依頼が出来る「不動産一括査定サイト」を利用しましょう。

匿名でなくても、きちんと利用するサイトを選べばしつこい営業電話やメールを受けることなく、不動産会社からより正確な査定結果を得ることが出来ます。

代表的な「すまいステップ」は独自の運営方針に従って厳選された優良企業のみと提携を組んでいるため、信頼して仲介を依頼できる不動産会社のみに査定依頼ができます。
万が一不動産会社からの執拗な営業電話やメールがあれば、ユーザーのクレームを元に随時悪徳業者を排除し、優良な不動産会社のみと提携する状態が維持されています。

現代の不動産取引では不動産一括査定サイトが欠かせないといえるほど、不動産一括査定サイトは売却のパートナーとなる不動産会社を見つける機会にもなるので、ぜひ安心して利用してみましょう。

※ネット経由で査定依頼するときの流れは以下の記事をご覧ください。

関連記事

「家がいくらで売れるか手間なく知りたいな・・」「でも、家をネットで査定するのは不安だなぁ」近年、インターネット経由で家の査定をすることが主流になりつつありますが、どのサイトを使えばいいか分からない方、大切な家をネットで査定していいも[…]

不動産を一括査定することについて気になる方は「不動産一括査定を解説!サイトの選び方や利用時の注意点を知ろう」も参考になります。

家の査定について気になる方は「家の査定を完全解説|はじめての査定を成功させるコツ」も参考になります。

記事のおさらい

不動産査定を匿名ですることはできる?

現在は不動産査定を匿名でできるサービスが数多く展開されています。個人を特定できる情報を入力することはないので、不動産会社からの執拗な営業電話がくることはありません。詳しく知りたい方は不動産査定は匿名で依頼出来る!適した匿名査定の方法と注意点を解説をご覧ください。

不動産匿名査定のデメリットは何だろう?

不動産匿名査定の最大のデメリットは査定額の正確性が低いことです。以前に比べ収集できるデータ量も大幅に増えているため精度は上がってきていますが、物件の劣化や周囲の環境状況が盛り込まれていないため確実性のある査定はできません。詳しくは不動産匿名査定のメリット・デメリットをご覧ください。

たくさんある不動産匿名査定サービスはどれを使えばいい?

不動産匿名査定サービスは状況に応じて使い分けましょう。記事内では「査定の正確性を重視する場合」と「査定までのスピードを重視する場合」に分けて8サービスを紹介しています。詳しく知りたい方は査定の正確性を重視した不動産匿名査定サービスをご覧下さい。

不動産匿名査定サービスだけ使っていればいい?

売却の意思が明確でないのなら不動産匿名査定サービスだけでいいでしょう。興味本位で家の価格を見たり、売却の判断材料利用してみるのは有効です。ただし、売却をしたい気持ちが少しでもあるのなら実際に査定を受けてみることをおすすめしています。査定をしたところで必ず売却する必要はありませんし、本来の価格を知っておくことはこれからの決断の助けになります。詳しくは少しでも売却を検討している場合は「不動産一括査定サイト」を使おうをご覧ください。


不動産一括査定サイトを使って査定をしたら300万円以上の差も珍しくない

不動産一括査定サイトすまいステップ を使って実際に不動産を査定してみると、査定額に300万円以上差が出ることも珍しくはありません。

不動産会社査定価格
不動産会社A1100万円
不動産会社B1400万円
不動産会社C1280万円

これだけ査定額に差が出ると、複数の不動産会社に査定を依頼することが、不動産を高く売るために必須だと言えるでしょう。

少しでも不動産売却を検討しているなら、一括査定サイトで自分の不動産がいくらで売れるか調べてみましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?