【専門家監修】不動産売却メディア「すまいステップ」

不動産売却のQ&A

Q: 一般媒介契約とはなんですか?

一般媒介契約とは、不動産会社と媒介契約を結ぶときの契約形態の1つです。最大の特徴は複数の不動産会社と契約できることですが、それ以外にも特徴があります。

一般媒介契約の特徴は以下となります。

  1. 自分でみつけた買い主と直接取り引きできる
  2. 売却期限が決まっていない
  3. 明示型と非明示型がある

1.自分でみつけた買い主と直接取引できる
専属媒介契約や専任専属媒介契約では物件の売買や入居者の募集を業者に一任しなくてはならず、委託者側は取引成立の報告を待つのみになります。

一方、一般媒介契約では依頼主自身も売却活動を行うことができます。ただし、その結果として買い手や入居者を見つけることができた場合には「自己発見取引」としてすべての媒介業者に対して通知を行う必要があります。

2.売却期限が定まっていない

売却のタイムリミットがないことも、一般媒介契約のメリットのひとつです。専属媒介契約、専任専属媒介契約では原則として3カ月以内という最終的な期限が定められていますが、一般媒介契約ではそのようなタイムリミットが特にもうけられておらず、取引が成立するまで委託契約を継続することができます。

ただし、当然その間にも仲介手数料が発生し続けますので、実際にはエリアごとの相場やその時々の状況などを考慮し、依頼者側がおおよその期限を区切ることになるようです。

3.明示型と非明示型がある
一般媒介契約にはさらに、「明示型」と「非明示型」に分けられます。明示型では提携を結んでいる媒介業者すべてに対しその時点での取引情報や進捗状況などを通知し、非明示型ではそれらの情報を後悔する義務はありません。

一般に、取引情報がリアルタイムで公開される明示型のほうが業者間の競争を煽る効果があり、取引が比較的早い段階で成立しやすくなる傾向があると言われています。

→一般媒介契約についての詳細はこちらの記事を参照ください。

【完全無料】うちの価格いくら?