秩父市の不動産売却査定 あなたの不動産の売却額を知ろう

不動産会社選びで、数百万円も売却額が変わる
不動産売却額の推移図
完全無料

簡単60秒 すまいステップで
秩父市の不動産の価格を知ろう

STEP1
STEP2
STEP3
すまいステップの実績

大手から地域に密着した企業まで、
厳選審査を通過した1,000以上の
優良な不動産会社と提携

秩父市の不動産売却を検討時にすべきこと

すまいステップなら、
一回の入力で厳選した優良企業に
査定依頼ができます。
不動産を売るなら、まずは査定価格を
比較してみましょう。
STEP1
STEP2
STEP3

秩父市の不動産売却が得意な不動産会社

不動産売却査定シミュレーション

まず秩父市の自宅の相場を知りたい方は簡単10秒でシミュレーションしてみましょう

秩父市の
不動産売却相場

続いて、秩父市の不動産売却相場を確認していきましょう。

2020年(最新)秩父市の物件種別ごとの
売却価格、面積、築年数、平米単価の相場です。

  • マンション
    売却価格相場
    - 万円
    取引件数
    -
    専有面積
    -
    築年数
    -
  • 一戸建て
    売却価格相場
    - 万円
    取引件数
    -
    建物面積
    -
    土地面積
    -
    築年数
    -
  • 土地
    売却価格相場
    - 万円
    取引件数
    -
    平米単価相場
    - 万円/㎡
    面積
    -
本データは、国土交通省「不動産取引価格情報」をもとに表示しています。

秩父市の
不動産売却相場動向

次に物件種別毎に売却相場の動向を見ていきましょう。
秩父市の不動産は、年から年にかけて平均売却価格が低下しています。
今後、より売却が厳しくなることが予想されるので、今が売り時です。

秩父市の
不動産取引例

秩父市で、実際に取引された物件の売却価格を物件種類別にご紹介します。

秩父市で不動産の取引が活発なエリア

売却のきっかけから
不動産会社を探す

売却理由から秩父市の不動産売却を対応可能な不動産会社に査定依頼できます

秩父市で優良な不動産会社を探すコツ

秩父市で 売却を成功させるためには、優良企業に出会うことが重要です。
秩父市で 売却を検討している場合は、すまいステップを使って不動産会社に一括査定をして、以下3つの観点で不動産会社を比較しましょう。

  • コツ 1 査定価格の根拠を聞く
    査定価格の根拠を聞く

    不動産の買い主は、一般の個人になるので不動産会社が提示した価格で売れるわけではありません。

    不動産会社が根拠なく高い査定額を提示する可能性があるので、査定額の根拠を聞いて信頼できる会社か見極めましょう。

  • コツ 2 会社の規模で判断しない
    会社の規模で判断しない

    不動産売却を成功するには、「営業担当者の対応」が重要です。

    担当者の力量で売却結果が大きく変わるため、仲介を依頼する会社の規模だけで判断せず、営業担当者の良し悪しで売却依頼するか決めましょう。

  • コツ 3 販売戦略をしっかり聞く
    販売戦略をしっかり聞く

    査定後は、査定価格だけでなく物件の販売戦略を聞いてみましょう。

    売出方法によって売却結果は大きく変わるため、販売戦略はしっかり聞き、戦略に納得した会社に仲介を依頼しましょう。

秩父市での不動産売却の流れ

秩父市で不動産売却する場合の流れを紹介します。

  1. 1
    売却相場を調べる

    秩父市の売却事例や売り出し物件の価格を調べ、売却したい不動産の売却相場を確認しましょう。

    秩父市の売却相場

  1. 2
    査定を依頼する

    大手や地場に強いなど特色の違う複数の会社に売却査定を依頼すると、自分に合う会社を選びやすくなります。
    すまいステップは、独自の基準を満たした優良不動産会社のみを掲載。各社の情報を比較して気になる会社に査定を依頼できます。。

    すまいステップで査定を依頼する

  1. 3
    不動産会社による査定

    不動産会社が実施する査定には「机上査定」か「訪問査定」の2つ方法があります。
    査定依頼した不動産会社から連絡が来たら、ご自身の都合や依頼物件の状況からどちらの方法で査定するか相談しましょう。

    不動産査定とは

  1. 4
    売り出し価格の決定

    査定結果や秩父市の相場情報を踏まえ、納得のいく売却価格を設定しましょう。
    なお、この時点で決めた価格はあくまで「希望価格」です。購入申し込みが入ってから、購入希望者より値引き依頼がある場合もあります。

    売り出し価格の決め方

  1. 5
    媒介契約を結ぶ

    仲介を担当してもらう不動産会社と媒介契約を結びます。
    1社のみに依頼したい場合は「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」を結びましょう。
    2社以上の依頼したい場合は「一般媒介契約」を結びましょう。

    媒介契約「専属専任媒介・専任媒介・一般媒介」の違い

  1. 6
    売却活動

    不動産会社の店舗やインターネット広告など、不動産会社独自の売却活動を行います。
    購入希望者が見つかれば、売主も内覧対応を行います。購入希望者は内覧後に購入の具体的検討をするため、内覧の件数が多いほど売却の可能性は高くなります。

    内覧対応に関して

  1. 7
    売買契約の締結

    購入希望者が現れたら、不動産会社から「買付申込書」を受け取ります。
    手付金額を確認後、引渡し希望日前に「売買契約」を結びます。

    売却時の必要書類

  1. 8
    決済引き渡し

    売買契約が終わったら、売却金を受け取り、あとは引渡しの日を待つのみです。引渡し日に余裕を持ち、早めに引越しを済ませておきましょう。

売り出し前
売り出し中
売り出し後

秩父市の不動産売却にかかる費用

仲介手数料の相場

不動産会社に不動産取引の仲介をしてもらい不動産売却が成立すると仲介手数料が発生します。手数料は国土交通大臣が以下の通り定めています。なお、仲介手数料には消費税がかかります。

〈 仲介手数料の算出方法 〉

  • 1円〜200万円の部分
    売買金額5%+消費税
  • 200〜400万円の部分
    売買金額4%+消費税
  • 400万円を超える部分
    売買金額3%+消費税

〈 物件価格別 不動産仲介手数料 早見表 〉

物件価格 仲介手数料
(総額)
= 仲介手数料 + 消費税(10%)
500万円 231,000 = 210,000 + 21,000
1,000万円 396,000 = 360,000 + 36,000
2,000万円 726,000 = 660,000 + 66,000
3,000万円 1,056,000 = 960,000 + 96,000
4,000万円 1,386,000 = 1,260,000 + 126,000
5,000万円 1,716,000 = 1,560,000 + 156,000

その他の費用

費用名 費用 支払う時期
印紙税

1000円〜6万円

売買契約書の作成時
抵当権抹消費用

1000円

(司法書士に依頼する場合1万∼5万円)

移転登記時
住宅ローン返済手数料

5,000円~3万円

ローン返済時
譲渡所得税

所得税額(短期) = 売却益 × 30.63%

所得税額(長期) = 売却益 × 15.315%

確定申告後
ハウスクリーニング費用

3万~10万円

クリーニング実施後
測量費用

50~80万円

測量実施後
解体費用

100~300万円

解体後
契約書類発行費用

300円/枚 程度

書類発行時

秩父市で不動産(土地)売却した場合の費用シミュレーション

秩父市で平均相場737万円で不動産(土地)を売却した場合の費用
仲介手数料
(737万円×3%+6万円)+消費税10%
30万円
その他の費用
(収入印紙代+抵当権抹消費用)
2万円
合計費用
32万円
その他の費用は、売買契約の収入印紙代5000円、抵当権抹消費用2万円の合計です。住宅ローン返済手数料、譲渡所得税等は含まれていません。 軽減税率が適用された場合の費用となります。

すまいステップなら簡単に一括査定できます

STEP1 1

簡単登録

簡単登録

査定を依頼したい不動産情報とお客さま情報を簡単に入力。
(入力時間目安2〜3分)

STEP2 2

一括依頼

一括依頼

一度の入力で売却実績豊富な全国の不動産業者へ一括査定依頼。各社から査定結果が届きます。

STEP3 3

媒介契約の締結

媒介契約の締結

査定内容、対応などを勘案し信頼のおける不動産業者と媒介契約。

STEP4 4

不動産売買契約

不動産売買契約

納得の価格で売却実行、成約へ。相性の良い担当者だとストレスなく売却完了となります。

すまいステップの強み

すまいステップは秩父市の不動産の価格を最大限に引き出すことができます。

安心して使える3つの理由

  1. 厳選審査を通過した不動産会社を掲載
    すまいステップはお客様に最適な提案ができる不動産会社のみを厳選!厳しいハードルを設け、企業を選定しています。
  2. 連絡は依頼した不動産会社からだけ
    「知らない企業からいっぱい連絡がきたら怖い…」と思う方にも安心です。選んだ会社からのみ連絡がくるサービスです。
  3. 上場企業の(株)Speeeが運営
    イエウールを運営する(株)Speeeが提供しています。上場企業のサービスなので安心してご利用いただけます。

高く・早く売れる理由

  • 不動産会社の中でもエース級の担当者が対応
    少しでも高値で売却&早期売却を実現するため、・宅地健物取引士の資格保有者 ・売買仲介営業経験が5年以上 ・累計100件以上の売買仲介実績など実力/実績を持つエース級担当者に出会えます。
  • 全国から厳選された様々な種類の不動産会社が参画
    査定を依頼する不動産会社によって価格に数百万円の違いが出る可能性もあります。すまいステップで不動産の価格を最大化してくれるパートナーを見つけましょう。

よくある質問

  • 秩父市で掲載されている不動産会社は何社?

    すまいステップには秩父市の不動産会社が0社掲載されています。詳しく知りたい方は、 秩父市の不動産売却で実績のある不動産会社一覧をご覧ください。

  • 秩父市で不動産は何件売却されているの?

    秩父市は2020年に64件の不動産の売却が成立しています。詳しく知りたい方は、 秩父市の不動産取引例をご覧ください。

  • すまいステップで査定依頼をしたら、不動産を売らなきゃいけないの?

    査定依頼をしても不動産を売る必要はありません。そのため、売却を検討しているなら、まず査定依頼することをおすすめします。詳しく知りたい方は、 秩父市の不動産売却査定をご覧ください。

埼玉県秩父市の物件種別から
不動産会社を探す

秩父市の不動産売却情報

秩父市の地域情報

埼玉県の北西部に位置する秩父市は、人口約6万、世帯数約2万6千(2022年2月1日現在)です。都心から電車で78分とアクセスのよさが魅力ですが、武甲山や両神山などの山々に囲まれた自然豊かな地域でもあり、“ほどよい田舎”として注目されています。

特に子育て世代からは、のびのび子育てできる環境に加え、制度も充実していると人気です。たとえば、子供の誕生祝い品の配布や乳児おむつ購入費の助成制度、中学生までは医療費無料、鉄道で通学する高校生の定期券代の助成など、成長に合わせた幅広い制度があります。

また、秩父市は移住者の誘致に積極的な街です。埼玉県内だけでなく、関東近郊から人を集めようと「秩父市お試し居住」や「オンライン移住相談」など、さまざまなイベントを開催しています。移住者への支援金や軽自動車購入費用の助成金などもあり、テレワークが定着しつつある今、秩父市へ移住する人も増えています。

市内のエリアは、大きく4つです。市街地エリアは、西武秩父駅や秩父駅などの主要駅や商店街・百貨店などの店舗も多く、利便性に優れています。吉田エリアは、いちごやかぼす、ブルーベリーなど農作物が盛んな地域です。大滝エリアは山のすそ野にそって集落が点在しています。深さ1,000mから湧き出す温泉が魅力で、日帰り温泉があるため市民や観光客の憩いの場になっています。荒川エリアは、市街地に近く秩父鉄道が走っているため比較的アクセスがよい地域です。観光地として有名で、橋立鍾乳洞や浦山ダムなどたくさんの見所があります。

参考:秩父市 秩父市の人口と世帯

秩父市の災害リスクに関する考察

秩父市では災害に備え、令和元年に「秩父市ハザードマップ」を作成しました。これは平成28年に発刊した「秩父市災害安全対応マニュアル」を全面的に見直し、土砂災害(特別)警戒区域の追加指定、風水害・地震・大雪対策・避難所運営マニュアル(概要版)など、内容を充実させたものです。

秩父市は、荒川水系の上流に位置して河岸段丘が形成されている上、4つのダムがあるため水害のリスクは比較的低いと言われている地域です。ただし、山間地や山すそは土砂災害警戒区域に指定されているエリアが多く、集中豪雨や地震をきっかけに土砂災害が起こるリスクがあります。

また、地震に関しては秩父山地の地盤が堅固なため、秩父市は揺れに強いと考えられています。とはいえ揺れないわけではありません。関東平野北西緑断層帯地震の地表震度分布のパターンの内、秩父市で最も大きな震度が予想される「破壊開始点北」の地震を想定した震度と揺れを表した「ゆれやすさマップ」では、吉田エリアの広い範囲と市街地エリアの一部などが震度5強、その他は震5弱から震度4となっています。

そのため市では、風水害や地震災害が起きたときのため指定緊急避難場所を48ヶ所、自主避難場所を4ヶ所、指定一般避難場所を55ヶ所、指定福祉避難場所を14ヶ所指定し、いざというときに速やかに避難できるようにしています。

参考:
秩父市 指定緊急避難場所、指定一般避難所及び指定福祉避難所について
秩父市 “秩父市ハザードマップ”を作成しました(土砂災害警戒区域の指定はこちら)
秩父市 防火・減災に向けたまちづくり
秩父市 防災マップ

秩父市で不動産売却を行う際の注意点

秩父市で不動産売却を行うときの注意点は2つです。売却をスムーズに進めるため、秩父市特有の地形や気候を把握しておく必要があります。また、現在秩父市では移住者を積極的に受け入れる取り組みを行っています。早期売却を狙うなら、市の取り組みも理解し、上手に活用しないと損です。

注意点①特別警戒区域であることを事前に告げる

秩父市の災害リスクでも説明した通り、市内では土砂災害の危険性が高い場所があります。もし売却予定の不動産が、土砂災害特別警戒区域に指定された区域にある場合は、購入希望者にその旨を事前に伝えておきましょう。

指定された区域では、建築物の構造規制や特定の開発行為に対する許可制など、土地の利用に制限がかかっています。知らないまま購入してしまうと、あとからトラブルに発展する可能性もあるため契約前に必ず告知してください。

注意点②物件のメンテナンス

秩父市の不動産の売却を検討している方は、定期的に物件のメンテナンスを行いましょう。秩父市は盆地なので、夏は猛暑日があったり、冬は氷点下になったりと年間の気温差が激しい地域です。また山地では、夏の降水量が多く、山岳地方では冬の積雪量が多くなっています。

日光や風雨にさらされる機会が多いと外壁や屋根が傷みやすいため、しっかりとメンテナンスを行わないと、建物の劣化が進み価値が下がってしまいます。あまりに劣化がひどい場合はリフォームの必要がでてきますが、その場合リフォーム費用を売出価格に上乗せするため、買手がつきにくくなる可能性があります。

不動産売却・査定の基礎知識

すまいステップで埼玉県の不動産の価格を知ろう

STEP1
STEP2
STEP3