不動産を売却するまでの流れとは?ポイントを押さえてスムーズな売却を!

「家を売りたいけど売り方が分からない」
「売却の手続きがなんとなく面倒くさそうで後回しになってしまう」
このような悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

不動産はとても高価なため、「家を売却する」というライフイベントは人生で1回あるかないかだと思います。
この記事をご覧になっているみなさんのほとんどが、家の売却は初めての経験になるでしょう。
そこで、この記事を通じて家を売却する時の流れやポイントを把握して、
家を売却することに対する不安や悩みを払拭していきましょう!

リナビス
リナビス

あなたの不動産の
売却価格をいますぐチェック

リナビス
step1
リナビス
step2

不動産売却のおおまかな流れ

家を売却する全体の流れのなかで、家の売却を検討している段階の方がおさえておくべき流れというのは意外と絞られています。
まずはじめに、全体像をつかみましょう。

  1. 不動産を売却する理由や希望条件を考える
  2. 不動産の売却相場を知る
  3. 査定を依頼する
  4. 売却を依頼する
  5. 売却活動
  6. 売却の契約をする
  7. 決済・引き渡し

売却するまでの手順と要する期間

家を売却するまでの主な手順は6ステップあります。これらは3つのパートに分類されます。
3つとは、家を売りに出すまで・売買契約を結ぶまで・買主に物件を引き渡すまでのことです。
以下の表で売却手順と期間を確認して、家の売却計画をより具体的なものにしましょう。

STEP項目パート必要期間
STEP1個人で売却準備をする(売却を考える・相場を知るなど)家を売りに出すまで1-2ヶ月程度
STEP2売却する家の査定依頼をする
STEP3売却を依頼する
STEP4売却活動売買契約を結ぶまで1-3ヶ月程度
STEP5買主と売買契約を結ぶ
STEP6家を買主に引き渡す買主に物件を引き渡すまで2ヶ月程度

以上のように状況によって期間の差はありますが、 家の売却を完了させるまで少なくとも4ヶ月はかかるとみておいた方がよいでしょう。

 

それでは、不動産売却の手順について、以下で詳しく説明していきます。

各ステップで売主がおさえておくべきポイント

不動産売却の全体像を確認したところで、さらにもう一段階踏み込んで各ステップの概要とポイントを解説していきます。
ここでは、ご自身が売却を検討している一戸建てやマンションに当てはめて家を売却するイメージをつかんでみましょう。

不動産を売却する理由や希望条件を考える

あごにペンを置く女

何よりもまずはじめに不動産を売却する理由や目的、希望条件をしっかり固めましょう。出だしの段階でしっかりと整理することで、ブレない売却活動を行うことができるようになります。

それでは、具体的にこのステップで行うべきことについて詳しく見ていきましょう。

売却する理由は何か

不動産売却を成功させるポイントの一つとして、なぜ不動産を売却したいのかを明確にしていることがあげられます。

不動産売却と一概に言っても、売却する背景は人それぞれです。たとえば、離婚が理由の場合はすぐにでも売却したいと、子供が成長し手狭になったため広い家に住み替えたいでは、売却活動に求める条件や売却の交渉など異なってくるでしょう。

自身の不動産の売却の目的を明確にすることで、自ずと売却に求める希望条件から売却後の自分がどうなっているのかまではっきりと見えてくるはずです。

売却の希望条件は何か

売却する理由が明確になれば、売却の希望条件も明らかになります。

いくらで売りたいのか、なるべく高い価格で売りたいのか、早く売れればいくらでも構わないのかなど、売却理由によって重視するポイントが変わってくると思います。

また、売却の希望条件を明確にしておくことによって、売却交渉中に折り合いがつかない場合などで、その都度売買交渉の希望条件に立ち返ることができます。どこまでが妥協できて、どこまら妥協できないのか、売買交渉の指標となることでしょう。

そもそも売却する必要性があるか

売却する理由や売却の希望条件の整理を踏まえたうえで、本当にその売却は必要かどうか、もう一度考えることをおススメします。売却したい理由の原因によっては、売却せずに賃貸として貸し出す、建て替えやリフォームを行ってそのまま住み続けるなど、ほかの選択肢が有効な場合もあります。

不動産売却は頻繁に行うものでもないので、後悔のないよう慎重に判断する必要があります。

不動産の売却相場を知る

電卓に指をさす女

売却の目的や希望条件が明確になったら、売却する不動産の相場を調べましょう。

相場を調べることで、売却に出す一戸建てやマンションの需要や不動産のランクを把握することが出来るので
売却の戦略を立てやすくなります。

それでは、具体的に相場を調べるステップで行うべきことについて詳しく見ていきましょう。

関連記事

家の売却を検討している人なら「家がいくらで売れるか?」は気になりますよね。自宅の売却価格を大体でも把握しておけば資金計画が立てやすく、安心して家を売却しやすくなります。そこで活用できるのが相場情報です。他の物件の売却価格を把握す[…]

情報収集を行う

そもそもどうすれば相場を調べることができるのでしょうか。ここでは、相場を調べる方法について紹介します。

相場を調べる方法は主に以下の3つがあります。すべて不動産会社に足を運ばなくてもネット上で簡単に調べることが出来ます。

・不動産ポータルサイト:全国の物件情報にアクセスできるサイト。代表的なものにSUUMO・HOME’S・at homeがあります。
・土地総合情報システム:国土交通省が一般公表しているデータベース。
・レインズ:売り出し中の物件情報にアクセスできる不動産業者のホームページ。

相場を調べるときは、売却する家があるエリアで現在売り出されている家や成約済の家を見比べ適正価格をみきわめましょう。

関連記事

土地やマンションなどの不動産の見積もりは、不動産業者や不動産鑑定士に依頼する方法があります。また、事前に自分で相場をリサーチすることで、査定額を検討しやすくなります。ここでは、代表的な不動産の見積もり方法や相場を調べるメリットなどを解説して[…]

電卓の上にある家の模型

査定を依頼する

この段階では査定を通じて適した不動産会社を選ぶことが重要です。
上手に不動産会社を選ぶには複数の不動産仲介会社に査定依頼をして、査定結果を比較し高い査定額の提案を選ぶとよいでしょう。

こんなとき、不動産一括査定サイトを使えばサイト上で簡単に複数の不動産会社に査定を依頼することが出来ます。
数あるサイトのなかから特におすすめしたいのが「すまいステップ」です。大手から地域密着型まで幅広い優良不動産会社に査定依頼を出すことができます。

関連記事

「家の査定はどうやって依頼するの?」「査定の時どこを見るの?」「査定時には何に気を付ければいいの?」初めて家の売却を検討している方は、不動産会社に査定してもらうことに不安や疑問を持つ人もいるでしょう。家を売るために査定はした[…]

家の査定

売却を依頼する

この段階では複数の不動産会社と契約を結ぶことが重要です。
一社に絞らないことで家の売却を失敗するリスクが大幅に軽減されるためです。
売主が不動産会社と結ぶ契約の種類は以下の3つです。

  • 一般媒介契約
  • 専任媒介契約
  • 専属専任媒介契約

このなかで複数の不動産会社と契約が結べるのは一般媒介契約だけです。
不動産会社側からすると確実に売買契約を結ぶことができるので、専任媒介契約を結ぶように勧めてくる不動産会社もあると思いますが、不動産会社のサポートが不動産売却の成功を大きく後押しするので
良いと感じた複数の不動産会社と一般媒介契約を結びましょう。

関連記事

家の売却を思い立った際に「どの不動産会社に依頼すればいいんだろう?」「大手と地域密着型の不動産会社どっちがいいんだろう?」「悪徳不動産会社に依頼してしまったらどうしよう・・・」家を売却する際に最も重要なのが「不動産会社選び」[…]

ファイルを見る女

売却活動

この段階では慎重に適正価格に定めて販売活動を行うことが重要です。
基本的には査定額と売主の売却希望額をもとに売り出し価格を設定しますが、極端に外れた価格をつけると家の売却に支障が出るためです。
・売り出し価格が高すぎると…
広告費をかけて販売活動をおこなったとしても、購入希望者が集まらない場合があります。
その結果、売れ残りの物件だと思われ大幅な値下げを余儀なくされる可能性もあります。
・売り出し価格が低すぎると…
購入希望者との売買条件の交渉の末、売却計画で設定していた最低価格を下回ってしまう可能性もあります。

売り出し価格は 最低価格に値下げ分を織り込んで少し高めに設定するのがよいでしょう。

売却の契約をする

この段階では慎重に契約の手続きをして契約締結後のトラブルを防ぐことが重要です。
万が一、契約を結んだ後に契約解除するとしたらかなりの額の違約金がかかるためです。

売買条件の交渉を行い売主と買主双方の合意がとれたら書類を交わして契約に至ります。

関連記事

土地を売却するためには、売買契約書が必須ですが、なぜそうなのかご存じでしょうか。このページでは、売買契約書が売却時に必要な理由や売買契約書に記載されている内容とチェックポイント、締結する時の注意点などについて解説します。土地売買契約書の内容[…]

決済・引き渡し

この段階では契約で定められた約束を厳守することが重要です。
引き渡しの期日までに定められた義務を果たすことが出来なければ違約金の支払いを求められる場合があるためです。
必要書類や登記の準備、各種費用の精算や専門家への依頼、引っ越しなど多くのことをしなければなりません。
一般の個人にとっては複雑なものが多いため、不動産会社と密なコミュニケーションをとって計画立てて手続きをすすめましょう。

まとめ

ここまで見てきた通り、一見複雑そうにみえる家の売却も実はおさえておくポイントは絞られているのです。
たしかに、不動産取引ではとても大きなお金が動くため細かい確認事項や厳しい取り決めがありますが、
そのような複雑な部分を中心に不動産会社が仲介に入ってサポートしてくれます。
力強いサポートがあるということを理解したうえで、ポイントをおさえて家の売却にとりかかりましょう!

関連記事

「家を売りたいときどうするの?」「初めて家を売るので失敗しないか不安・・」家を売ることは人生で何度も経験することではありません。いざ「売りたい!」と思っても何から手を付けていいか分からず不安ですよね。この記事では、家を売る流[…]

【家売却の完全ガイド】高く売るコツや注意点を大公開

また、不動産売却について詳しく知りたい方は不動産売却を成功させる6つのコツ!流れや費用感までやさしく解説をご覧ください。


不動産一括査定サイトを使って査定をしたら300万円以上の差も珍しくない 

不動産一括査定サイトすまいステップ を使って実際に不動産を査定してみると、査定額に300万円以上差が出ることも珍しくはありません。

不動産会社査定価格
不動産会社A1100万円
不動産会社B1400万円
不動産会社C1280万円

これだけ査定額に差が出ると、複数の不動産会社に査定を依頼することが、不動産を高く売るために必須だと言えるでしょう。

少しでも不動産売却を検討しているなら、一括査定サイトで自分の不動産がいくらで売れるか調べてみましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?