専任媒介とは?メリット・デメリットや一般媒介契約との違いを解説

媒介契約とは、不動産会社に不動産を売却するための営業活動を依頼するための契約です。

媒介契約には3つの種類があります。

  • 一般媒介契約
  • 専任媒介契約
  • 専属専任媒介契約

このうち、不動産会社からは「専属媒介契約」がおすすめされる場合が多いようです。

専任媒介契約とはどのようなものなのでしょうか?

メリットデメリットは何なのでしょうか?

この記事を読めば、専任媒介契約を理解した上であなたに最適な媒介契約が分かるようになります。

専任媒介契約とは

専任媒介契約とは、1社の不動産会社のみに営業活動を依頼する媒介契約のことです。

専任媒介契約を結んでいる間、売主は他の不動産会社と媒介契約を結ぶことができません。

ただし例えば知人に不動産を売却するなど、仲介業者を通さずに自分で買主を探して取引を行うこと(=自己発見取引が可能です。

媒介契約を結ぶ際に費用は発生しませんが、不動産が売却できたら不動産会社へ仲介手数料を支払います

専任媒介契約の特徴は下記の3つです。

  • 契約期間は最長3カ月
  • 2週に1回以上、不動産会社から活動報告を受けられる
  • 不動産会社が物件をレインズへの登録義務がある

契約期間は最長3カ月

専任媒介契約の契約期間は、最長3カ月です。

最長期間であるため、契約の内容などによっては3カ月より短くすることも可能です。(ただし、通常は3カ月の媒介契約を結びます。)

この期間は他の不動産会社と媒介契約を結ぶことができないため、注意しましょう。

2週に1回以上、不動産会社から営業活動報告を受けられる

不動産会社には、専任媒介契約を結んだ顧客に対して2週に1回以上営業活動の報告を行うことが義務図けられています。

他社からの紹介客に物件を紹介しない「囲い込み」や、営業活動を行わずに売却価格を値下げを強いる「値こなし」を防ぐためです。

営業活動報告では、以下のような項目に対する報告がメールやファックスで送られてきます。

  • 販売活動の内容
  • 問い合わせの件数
  • 内覧希望者数
  • 内覧の手ごたえや反応

万が一トラブルが発生する可能性を考慮し、報告書は売却が完了するまで保管しておきましょう。

不動産会社に対して、レインズへの登録義務がある

不動産会社には、専任媒介契約を結んだ物件をレインズに登録する義務があります。

レインズとは、売り出し中の物件情報が登録されているネットワークシステムのことです。

このシステムに物件情報を登録することで、他の不動産会社の担当者も物件情報を検索することができるようになります。

つまり、囲い込みを防ぎより高く物件を買ってくれる購入希望者を広く集めることができるのです。

関連記事

不動産の売却や購入を検討している中で、レインズという言葉をきいたことがある人も多いのではないでしょうか。レインズがなにか分からないという人もいるでしょう。レインズは、不動産会社が利用しているサイトで一般の人は閲覧することができないシステ[…]

専任媒介契約のメリット

ここまで、専任媒介契約の特徴を見てきました。

すまリス
ところで、専任媒介契約を不動産会社と結ぶメリットって何?

専任媒介契約のメリットは3つです。

  1. 不動産会社に積極的に売り出してもらいやすい
  2. サービスが充実している
  3. 他社にも「買取」を依頼できる

①不動産会社に積極的に売り出してもらいやすい

専任媒介を結んでいれば、売主はその期間は他の不動産会社と媒介契約を結ぶことができません。

つまり、専任媒介契約の物件が売れれば、不動産会社は仲介手数料という形で必ず報酬を得ることができます。

そのため、専任媒介契約を結ぶと物件を積極的に売り出してもらえる傾向にあります。

すまリス
不動産会社から見れば、利益につながりやすい物件だから積極的に売り出してくれるんだね。

②サービスが充実している

不動産が売却できれば仲介手数料が手に入るため、不動産会社にとっては専任媒介契約を結んでくれた売主は重要顧客です。

そのため、専任媒介契約を結ぶと充実したサービスが受けられることも。

例えば、大京穴吹不動産では専任媒介契約を結んだ売主に対して以下のようなサービスを提供しています。

  • 設備保障サービス
    水回りを中心に住宅設備の補修費を最大10万円負担してもらえる
  • ハウスクリーニング費用の負担
    水回りのハウスクリーニング費を負担してもらえる
  • プロカメラマン撮影サービス
    ポータルサイトへ掲載するための物件写真をプロカメラマンに撮影してもらえる

③窓口が一本化できる

専任媒介契約を結ぶ場合、営業活動を依頼する会社は1社です。

窓口が一本化できるため、複数の不動産会社とやり取りをする場合と比べて時間や手間を削減できます。

リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2

専任媒介契約のデメリット

一方、専任媒介契約にはデメリットもあります。

  1. 囲い込みを受ける可能性がある
  2. 売主都合でキャンセルする場合はキャンセル料がかかる
  3. 不動産を売りに出していることが周囲にバレやすい

①囲い込みを受ける可能性がある

囲い込みとは、他の不動産会社に紹介された購入希望者に物件を売却しないことを指します。

すまリス
せっかく売れそうなのに、どうして他社からの紹介顧客には物件を売らないの?

それは、不動産会社が「両手仲介」を狙っているためです。

囲い込み

両手仲介を行えば、不動産会社は買主売主両方から仲介手数料を得られます。

一方、他社から紹介された顧客がこの物件を購入した場合、不動産会社がもらえるのは売主からの仲介手数料のみ。

そのため、不動産会社はあなたの物件を他社からの紹介顧客に紹介せずに囲い込もうとするのです。

囲い込みを受けると、物件がなかなか売れずに値下げを余儀なくされる場合もあります。

囲い込みを受けないよう、レインズへの登録やポータルサイトへの広告出稿が行われているか確認しましょう。

②売主都合でキャンセルする場合はキャンセル料がかかる

専任媒介契約の契約期間は3カ月です。

この間に、「媒介契約を結ぶ会社を変えたい」など売主都合で媒介契約をキャンセルする場合、かかった広告費や宣伝費を請求されることがあります。

専任媒介契約を結ぶ会社はしっかり見極めることにしましょう。

関連記事

不動産売却を進めている人の中には、「契約直前だけど、今からキャンセルできるのかな?」「不動産売買契約をキャンセルしたらどのくらいの違約金がかかるのか?」など、不動産会社との媒介契約を解除しようと考える人から買主との売[…]

不動産売却は契約をキャンセルできる

③不動産を売りに出していることが周囲にバレる可能性がある

不動産会社は、専任媒介契約を結んだ物件をレインズに必ず登録しなければなりません。

レインズに登録された物件は、他の不動産会社の担当者も閲覧できてしまいます。

つまり、不動産を売りに出していることが近隣や知人に知られる可能性があります

レインズに掲載せずに不動産を売却したい場合は、一般媒介契約を結びます。

しかし、レインズに掲載することで不動産を高く買ってくれる可能性のある顧客を広く募ることができるというメリットもあります。今一度、検討してみてください。

関連記事

不動産売買の一連のプロセスを個人レベルで行うとなると膨大な時間と労力がかかってしまい、なおかつ手続き上のミスも増えてしまうため、ほとんどの取引で不動産業者の仲介を依頼することになります。不動産売買の仲介方式には一般媒介、媒介、仲介などの[…]

スマホを触る

他の媒介契約との違い

媒介契約には、専任媒介契約の他にも2つの種類があり、それぞれが違う特徴を持っています。

一般媒介契約専任媒介契約専属専任媒介契約
複数社への依頼××
売主も買主を探せる×
不動産会社からの
活動報告
報告義務なし2週間に1回以上1週間に1回以上
レインズへの登録義務なし7営業日以内5営業日以内
契約期間規定なし3ヶ月3ヶ月

物件によってどの媒介契約が売却を有利にするかは異なります。

この章では、専任媒介契約と他の媒介契約の違いを見ていきましょう。

一般媒介契約

一般媒介契約とは、複数の不動産会社に同時に仲介を依頼できる契約です。もちろん、自分で買主を見つける「自己発見取引」も可能です。

売却活動の自由度が高いメリットがある一方、不動産会社に対しては営業活動の報告義務がありません。

そのため、良くも悪くも売主が主体となって売却活動を進めていく必要があります。

一般媒介契約は、3つの媒介契約の中で唯一レインズに物件を登録せずに売却活動を行うことができます。

そのため、「不動産を売りに出していることが絶対に知られたくない」という方にオススメです。

関連記事

不動産売買の一連のプロセスを個人レベルで行うとなると膨大な時間と労力がかかってしまい、なおかつ手続き上のミスも増えてしまうため、ほとんどの取引で不動産業者の仲介を依頼することになります。不動産売買の仲介方式には一般媒介、媒介、仲介などの[…]

スマホを触る

専属専任媒介契約

専属専任媒介契約とは、1社の不動産会社に仲介を依頼する契約です。また、買主を自分で見つける「自己発見取引」も認められていません。

専属専任媒介契約は、3つの媒介契約の中で最も売却活動の自由度が少ない媒介契約です。

その分、不動産会社に対しては売却活動をきちんと行うよう厳しい義務が課されています。

例えば専任媒介契約の場合、不動産会社が顧客に営業活動を報告する頻度は「2週間に1回」以上でしたが、専属専任媒介契約では「1週間に1回」以上の頻度で報告を行う義務があります。

また、レインズへの登録も契約から「5日以内」と定められています。

専属専任媒介契約は、手厚いサポートのもと不動産会社になるべく任せて売却活動をしたい人に向いています。

どの媒介契約がおすすめ?

すまリス
結局、どの媒介契約を結ぶのが一番いいのかな?

媒介契約の選び方を分かりやすくフローチャートにしました。一緒に考えていきましょう。

おすすめの媒介契約のフローチャート

一般媒介契約がおすすめのケース

一般媒介契約がおすすめなのは、以下のような条件に該当する場合です。

  • 人気エリアの物件である
  • 不動産売却にかける時間がある
  • 人に知られず売却したい

人気エリアの物件を時間をかけて売却できるなら、一般媒介契約のほうがむしろ不動産会社同士の競争性が生まれ早く売却できるケースもあります。

ただし不動産会社に営業活動の報告義務がないため、積極的に動いてもらえるよう売主が主体的に働きかける必要があります。

また、人に知られず不動産を売却したい場合も一般媒介契約がオススメ。

しかし、不動産を売り出していることを広く公表せずに売却することは、購入希望者を集めるにも高額売却を狙うのも難しいということは理解しておきましょう。

専任媒介契約がおすすめのケース

強いこだわりがない場合におすすめなのは、「専任媒介契約」です。

特に以下のようなケースと相性がいいです。

  • 忙しく、不動産売却活動にかける手間を最小限にしたい
  • 築年数が古い・もしくは立地が悪い物件である
  • 友人知人に売却する可能性がある

また、付帯サービスやアフターサポートが充実している点は専任媒介契約の魅力の一つです。

そのため、はじめての不動産売却で不安な点がたくさんある方にもおすすめです。

専属専任媒介契約がおすすめのケース

正直に言って、専属専任媒介契約と専任媒介契約にはあまり違いがありません。

あえて専属専任媒介契約を選ぶのは、以下のようなケースに当てはまる場合でしょうか。

  • 頻繁に活動報告をしてほしい
  • 自己発見取引は行わない

専属専任媒介契約のほうが、専任媒介契約よりも頻繁に活動報告を受けることができます。

そのため、不動産会社の動きをこまめにチェックしておきたい人におすすめです。

自分に合った媒介契約が分かったら、さっそく不動産会社とコンタクトを取ってみましょう。すまいステップでは、あなたの地域×物件種別が得意な不動産を自動でおすすめしてくれます。

リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2

専任媒介契約を結ぶ際の注意点

すまリス
ボクの場合は専任媒介契約があってるみたい!不動産会社と専任媒介契約を結ぼうかな。

ここまで読んだ方の中には専任媒介契約を選ぼうと思っている人もいるかもしれません。

ただ、後悔しないためには事前に専任媒介契約を結ぶ際の注意点を知っておくことが大切です。

そこでこの章では媒介契約を結ぶ前の注意点を3つ紹介します。

  • 不動産会社選びを慎重に行う
  • 契約期間・解約方法を確認しておく
  • 仲介手数料を確認しておく

不動産会社選びを慎重に行う

加えて、営業マンとの相性も重要です。相性をチェックする上で重要なことは2つです。

  • 専門性
  • 人柄

まず「専門性」を確認するには営業マンが宅建士の資格を持っているかを確認すると良いです。

さらに、実践的なアドバイスができるかを見極めるために仲介業務の経験年数が長ければなおよいです。

人柄」は営業マンの対応を複数社比較してみることをオススメです。

あなたの疑問に親身に対応してくれるのか、相手の気持ちになって接してくれるのか、といった人として信頼できるかを見ておきましょう

信頼できる不動産会社選びなら、すまいステップがおすすめ

不動産一括査定サイトのなかでも、エース級の担当者のみに査定依頼ができる「すまいステップ」がオススメです。

すまいステップに加盟している不動産会社は厳しい審査を通過した優良企業のみ。

さらに、査定対応する担当者は「宅地建物取引士の資格保有者」「売買仲介営業経験が5年以上」「累計100件以上の売買仲介実績」といった高額売却に欠かせない条件のいずれかを満たしています。

そのため、初めての方でも安心し査定依頼ができより高額で不動産を売却できます。しかも、査定依頼には一切費用はかかりません。

また、不動産会社に対してしつこい営業電話などの迷惑行為を禁止してます。そのため、安心して査定を受けられます。

契約期間・解約方法を確認しておく

契約期間や解約の条件を今一度確認しておきましょう。

  • 一般媒介契約…契約期間の規定なし(連絡一つで解約が可能)
  • 専任媒介契約…契約期間3ヶ月以内
  • 専属専任媒介契約…契約期間3ヶ月以内

一般媒介契約は契約期間の決まりこそありませんが、簡単な連絡で解約が可能です。不動産会社に電話をかけてみましょう。

専任媒介契約、専属媒介契約は期間に3ヶ月以内の規定があります。

専任媒介の解約方法1:債務不履行として

動産会社自体や担当者の行動があまりに消極的であったり、当初の契約内容から逸脱している場合は債務不履行として契約解除することができます。

この場合は契約期間満了を待たずに契約解除を申し出ましょう。

専任媒介の解約方法2:基本的には3ヶ月後に解除

専任媒介契約は期限は3カ月間と決まっています。専任媒介契約では定期的に担当者から連絡があるので、もし契約を解除する場合はまず担当者に相談しましょう。
3カ月よりも短い期間で契約を一方的に打ち切るとトラブルになる場合があります。

仲介手数料の額や支払うタイミングを確認する

媒介契約は、不動産売却の営業活動を不動産会社に依頼する代わりに、不動産が売却できた際には仲介手数料を支払う契約です。

すまリス
媒介契約を結んだ後に不動産が売れたら、仲介手数料を払わなけらばいけないっていうことか!

支払う段階で慌てないよう、あらかじめ支払う仲介手数料の額を把握しておくようにしましょう。

また値引き交渉支払い時期の交渉をするなら、おすすめのタイミングは媒介契約締結前です。

媒介契約を一度結ぶとの内容を変えることは難しいため、契約内容に要望がある場合は媒介契約締結前に交渉を行うようにしましょう。

関連記事

不動産売却時に時にかかる仲介手数料がどの程度かかるかご存じない方も多いのではないでしょうか。今回は不動産売却時に必要な仲介手数料について「いくらかかるか」「いつ支払うのか」「値引きできるのか」などの疑問にお答えしていきます。[…]

仲介手数料の金額

仲介手数料の上限は法律で決まっています。

売買価格仲介手数料
200万円以下の場合(売却価格×5%)+消費税10%
200万円を超え400万円以下の場合(売却価格×4%+2万円)+消費税10%
400万円を超える場合(売却価格×3%+6万円)+消費税10%

例えば、1000万円で不動産を売却した場合の仲介手数料の上限は以下の式で求められます。

仲介手数料
=(売却価格×3%+6万円)+ 消費税10%
=(1000万円 × 3% +6万円)+ 消費税10%
= 39万6000円

この額は、あくまで法律で定められた「上限」の金額です。

専任媒介契約の場合、一般媒介契約に比べて値引きしてもらいやすいとも言われています。

値引き交渉を検討している人は下記の記事も参考にしてみてください。

関連記事

不動産売却では、不動産会社が媒介してもらった方が確かにスムーズで便利です。しかし、物件価格によっては、高額な仲介手数料がかかるため「本当に適正なのか」と疑問に感じるかもしれません。この記事では、不動産取引において、仲介手数料は値引きでき[…]

仲介手数料の支払いタイミング

仲介手数料は慣習として、売買契約成立時に半額残りは決済時に支払うことが多いです。

決済時に払う手数料は売却代金から支払うことができますが、中には売買契約時に仲介手数料の支払いをすることが難しい人もいるかもしれません。

その場合は、仲介手数料の支払いタイミングをずらせないかを媒介契約締結前に不動産会社に相談してみましょう。

まとめ

専任媒介契約は、不動産会社の手厚いバックアップを受けながら不動産を売却できます。

ただし、専任媒介契約を結ぶ際は慎重に不動産会社を選びましょう。

契約期間の間は他の不動産会社と媒介契約をむすぶことができないためです。

実績のある優良会社に査定依頼をし、その中から信頼できる不動産会社を選びましょう!

すまいステップでは、インターネット上のフォームに情報を簡単入力するだけで全国の厳選された不動産会社に査定依頼を送ることができます。

不動産を売りたいのだけれど、会社をどのように選んだらよいか迷ったら、すまいステップを利用してあなたにピッタリな不動産会社を探しましょう。

記事のおさらい

専任媒介契約とは?

専任媒介契約とは、1社の不動産会社のみに営業活動を依頼する媒介契約のことです。詳しく知りたい方は専任媒介契約とはをご覧ください。

専任媒介契約のメリットは?

不動産会社に積極的に売り出してもらいやすく、他社でも買取が可能です。詳しくは専任媒介契約のメリット・デメリットをご覧ください。

他の媒介契約との違いは?

専属専任媒介契約:活動報告が週1回以上報告が来るので、勢力的に売却活動ができます。一般媒介契約:他の契約よりも自由度の高い売却活動ができます。詳しく知りたい方は他の媒介契約の違いをご覧下さい。

媒介契約する際の注意点は?

契約期間と解約期間をしっかり確認しておきましょう。また不動産会社選びも慎重に行うと良いでしょう。詳しくは媒介契約を締結する際の注意点をご覧ください。


不動産一括査定サイトを使って査定をしたら300万円以上の差も珍しくない

不動産一括査定サイトすまいステップを使って実際に不動産を査定してみると、査定額に300万円以上差が出ることも珍しくはありません。

不動産会社 査定価格
不動産会社A 1100万円
不動産会社B 1400万円
不動産会社C 1280万円

これだけ査定額に差が出ると、複数の不動産会社に査定を依頼することが、不動産を高く売るために必須だと言えるでしょう。

少しでも不動産売却を検討しているなら、一括査定サイトで自分の不動産がいくらで売れるか調べてみましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?