レインズでリアルタイムの不動産情報を一般人が得られる方法

不動産の売却や購入を検討している中で、レインズという言葉をきいたことがある人も多いのではないでしょうか。レインズがなにか分からないという人もいるでしょう。
レインズは、不動産会社が利用しているサイトで一般の人は閲覧することができないシステムです。しかし、一般の人向けに開発されたサイト「レインズ・マーケット・インフォメーション」があります。
不動産売買にあたって、レインズ及びレインズ・マーケット・インフォメーションは重宝するシステムです。どんなシステムで、どんなメリットがあるのか知り、あなたの不動産の売買に役立ててください。

リナビス
リナビス

あなたの不動産の
売却価格をいますぐチェック

リナビス
step1
リナビス
step2

レインズとは

不動産の売却や購入のことで調べていると、レインズという言葉を目にすることがあるでしょう。どんなサービスなのか確認していきましょう。

レインズとは

レインズとは、「不動産流標準情報システム」の略で、国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営している、ネットワークシステムのことです。
全国の不動産業者が加入しており、ネットワークを通じて不動産情報を得るために活用されています。
レインズは財団・社団法人など全国で4つに分かれています。リアルタイムな情報は閲覧することはできませんが、それぞれ市況動向の情報はPDF化されており、一般の人も閲覧することができます。

  • 東日本レインズ(東日本不動産流通機構)
  • 中部レインズ(中部圏不動産流通機構)
  • 近畿レインズ(近畿圏不動産流通機構)
  • 西日本レインズ(西日本不動産流通機構)

東日本レインズ

東日本レインズは、公益財団法人東日本不動産流通機構が運営しており、さまざまな市況動向が確認できます。サイト内の「月例マーケットウオッチ」には、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の首都圏の不動産取引についての情報がPDFファイルにて確認することができます。
また、「首都圏・都県別概況」には、中古マンションの新規登録物件や在庫物件の件数、平均価格や平均築年数、平均専有面積などについて過去1年間のデータが月次で掲載されています。
それ以外にも、首都圏の賃貸物件の成約状況を四半期ごとにまとめた情報を確認することもできます。また、年報マーケットウオッチといって、レインズのデータを年度ごとにまとめたCD-ROMを購入することも可能です。
参考:東日本不動産流通機構

中部レインズ

中部レインズは、公益社団法人中部圏不動産流通機構が運営しています。愛知県・三重県・静岡県・富山県・石川県・福井県・岐阜県の全7県の情報を検索することができます。県別で市況データ、中古マンション、新築戸建、中古戸建て、土地のそれぞれの成約価格と在庫価格の推移を確認することができます。
最新3カ月分については、築年数、間取り別でのデータを確認することもできます。中部圏の市場動向が分かりやすく見ることができます。
参考:中部圏不動産流通機構

近畿レインズ

公益社団法人近畿圏不動産流通機構が運営している近畿レインズは、大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・滋賀県・和歌山県の不動産情報を確認することができます。リアルタイムズアイでは、戸建て・中古マンション・土地のレポートとして、平均価格推移、成約平均価格の動向、県別成約データが掲載されています。
中古マンションにおいては、専有面積40〜80m2、全体、成約価格帯別構成比と分類されており、細かく確認することが可能です。
不動産取引動向では、最新3カ月以内の取引動向を沿線・駅別で確認できます。また、分譲物件以外にも賃貸物件の取引動向も見ることができます。また、バックナンバーで過去の情報を調べることも可能です。
参考:近畿圏不動産流通機構

西日本レインズ

西日本レインズは公益社団法人西日本不動産流通機構が運営しています。地域は、中国地方・四国地方・九州地方の各地域の情報を調べることができます。月次サマリーレポートでは、中古戸建て、中古マンションの成約状況を知ることができます。
西日本全体のサマリーだけでなく、岡山県・広島県・香川県・福岡県・熊本県のように取引量の多い県では、県別にて中古住宅の成約状況を見ることができます。レインズサマリー県別では、過去1年間の月次データとして、西日本レインズの管轄である全ての県別の取引動向を集計した情報を確認することも可能です。
参考:西日本不動産流通機構

レインズに掲載される情報とは

不動産を売却する時には、不動産会社と媒介契約を結びます。その媒介契約は「一般媒介契約」「専任媒介契約」と「専属専任媒介契約」の3種類あります。そのうち、「専任媒介契約」と「専属専任媒介契約」においては、レインズへの掲載が必須となっています。
媒介契約の種類によって、契約後のレインズの掲載までの期間が1週間以内ないし2週間以内と定められているので、情報が順次掲載されていくのです。会員登録している不動産会社では、物件の掲載だけではなく、レインズにログインすることで物件の検索をすることもできます
検索できる情報は、住所・価格・面積・間取り・階数・駐車場の有無などを調べることができます。そのため、情報掲載はリアルタイムな情報であり、買主の希望する条件を入力する事で、該当の物件をリアルタイムで検索することができます。

・国土交通大臣指定
・全国で4つに分かれている
・リアルタイムな情報

レインズを使用できるのは誰

信頼のできるレインズの情報は誰が使用できるのでしょうか。また、一般の人でも利用ができるサービス「レインズ・マーケット・インフォメーション」とはどんなサービスなのでしょうか。

レインズを利用している人

レインズは、会員の不動産会社が不動産情報を受け取ったり、情報を提供したりするためのシステムで、会員である不動産会社でしか利用することができません。会員の種類は、パソコン会員「IP型会員」とファクシミリ併用会員「IP・F型会員」とあります。
IP型会員は、レインズの基本会員であり、インターネットを利用して物件情報の登録や提供を行います。一方、IP・F型会員は、レインズから配信される日報や証明書をファクシミリで受信することができます。

 一般の人が利用できるシステムとは

一般の人が相場価格を確認して、安心して不動産取引ができるようにと開発されたのが、「レインズ・マーケット・インフォメーション」というシステムです。
レインズ・マーケット・インフォメーションは、レインズで保有する情報を基に、実際に売買が行われた物件の成約価格などの取引情報が提供されています。レインズと違い、一般の人向けに開発されたものなので、誰でも利用することができます。
参考:レインズ・マーケット・インフォメーション

・レインズは不動産会社限定
・一般の人のためのシステム
・レインズで保有する情報

レインズ・マーケット・インフォメーションでできること

一般の人が利用できる「レインズ・マーケット・インフォメーション」。どんなことができるのか詳しく解説します。

成約情報や在庫状況が分かる

レインズ・マーケット・インフォメーションでは、レインズが保有している日本全国の取引情報を調べることができます。あなたが探している条件を指定すれば、成約価格や所在地域を確認できますが、個別の不動産取引が特定できないように、築年数や成約時期、面積など詳細には記載されていないため、安心して利用できます。

表示項目単位表示方針
価格百万円十万円単位を四捨五入して表示
単価万円/m2小数点以下を四捨五入して表示
面積(建物・土地)m2〜m2実際の面積に20m2の幅を持たせて表示
面積が200m2を超える場合は「200m2超」と表示
築年実際の築年に2年の幅を持たせて表示
成約時期年月〜月成約された年月を3カ月で区切った範囲で表示

流通市場の動向が分かる

レインズ・マーケット・インフォメーションは、マンション・戸建てなどを地域や間取り、築年数などさまざまな条件で、成約価格を調べることができます。
一般的に中古不動産の取引価格を知ることは、なかなかできません。広告などに掲載されている物件の価格は、売値の価格のため実際に取引される価格と一致しているかというとそうではありません。交渉や値下げなどで実際に取引される価格が変わっている可能性が高いからです。
レインズ・マーケット・インフォメーションでは、実際に成約された価格を確認することができるので、リアルタイムで流通市場の動向を読むことができます。あなたの売却したい地域の売却価格の相場が分かるので、売り出しのタイミングや予算などの検討の際に重宝するでしょう。

・日本全国の取引情報
・詳細な住所の記載なし
・売却価格の相場

不動産売却時にレインズ・マーケット・インフォメーションを使うメリット

便利な「レインズ・マーケット・インフォメーション」を使用することで、どんなメリットがあるのか確認していきましょう。

あなたの家の相場価格が分かる

インターネットや折り込み広告などで現在売り出し中の不動産の物件価格は分かりますが、実際にいくらで取引されたのかは明確ではありません。売り出し価格は、あくまでも売値のため実際の取引の額は、売買を行った当事者でしか知ることができないでしょう。
もしかしたら、あなたが目にした売り出し価格は、長い期間売れずにずっと掲載されているものかもしれません。つまり、実際の相場価格とはずいぶんとかけ離れた金額ということも考えられます。
不動産会社に査定を依頼すれば、もちろん近隣のエリアで取引された価格を教えてもらうこともあなたの不動産の相場などを教えてもらうこともできますが、自分でおおよその相場価格を知りたいときにレインズマーケットインフォメーションは重宝します。何と言っても、家でもどこででもネットで調べることができるので簡単です。

不動産会社が使用している信頼できる情報

レインズマーケットインフォメーションは、国の指示で運営されている不動産流通機構のレインズの情報の一部が一般の人向けへと公開されているシステムとなります。
不動産会社では売買成立の情報をレインズへ登録することが義務となるため、取引された物件の成約価格の情報がレインズへどんどん蓄積されていきます。その不動産の情報を基にレインズマーケットインフォメーションでは公開されているので、不動産取引において信頼できるサイトとなっています。

大まかなエリアの相場を知ることができる

レインズマーケットインフォメーションでは、マンション・戸建てを都道府県や地域で絞り込み検索することができます。さらに、詳細に沿線や最寄り駅、間取りや築年数といった絞り込みであなたの物件により近い物件の成約価格を知ることができます。
町名までの絞り込みとなるので、物件の特定はできません。そのため、売主としては安心できるでしょう。細かく詳細は設定して絞り込めるので、おおよその自分の家の相場や売値を決める際の参考として重宝するでしょう。

・実際の取引価格が分かる
・信頼できるサイト
・物件の特定は不可

自宅の値段をもっと簡単に調べるには

レインズマーケットインフォメーションは、おおよその自分の物件の相場価格が分かり、国土交通大臣から指定を受けている安心できるシステムです。不動産の売却を検討しているなら、売却前に検索して相場を知るのに便利でしょう。
不動産会社へ足を運ぶ前に、下調べを行っておくことで査定価格の適正性などの見極めにも役立つことでしょう。だからといって、全てを鵜呑みにしていてはいけません。物件は一つ一つそれぞれ違います。例えば、日照問題や近隣の状況、マンションであれば階数や角部屋か、バルコニーの向きなど条件はそれぞれ変わります。条件がかわるということは、価格も少しずつ変化することでしょう。
レインズマーケットインフォメーションは、あくまでも参考価格として利用しましょう。

最大6社の比較ができるすまいステップがおすすめ

レインズマーケットインフォメーションで相場を確認していたからといって、1社からの査定では適正性かどうか判断するには不十分です。不動産会社を選ぶ際には、1社の見積もりではなく、複数社に査定を依頼して比較検討することが大切です。
すまいステップなら家に居ながらネットで簡単に、最大で4社同時に一括査定を行うことができます。地域密着の不動産会社から大手不動産会社まで、全国各地に網羅しています。評価の悪い不動産会社や悪徳の不動産会社はすまいステップが排除しているので、優良な不動産会社が集まっており安心です。
不動産売却を検討していて、あなたの不動産の価格を確認したいならすまいステップが簡単でおすすめです。

・適正価格の判断
・一括査定サイト
・すまいステップは簡単

不動産一括査定サイトを使って査定をしたら300万円以上の差も珍しくない 

不動産一括査定サイトすまいステップ を使って実際に不動産を査定してみると、査定額に300万円以上差が出ることも珍しくはありません。

不動産会社査定価格
不動産会社A1100万円
不動産会社B1400万円
不動産会社C1280万円

これだけ査定額に差が出ると、複数の不動産会社に査定を依頼することが、不動産を高く売るために必須だと言えるでしょう。

少しでも不動産売却を検討しているなら、一括査定サイトで自分の不動産がいくらで売れるか調べてみましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?