訪問査定の特徴は?机上査定との違いや訪問査定の注意点など全解説!

「査定をしたいけど、訪問査定か机上査定どちらを選べばよいかわからない」「訪問査定をする時って何から始めたら良いの?」

このような疑問をいだいている方いませんか?

不動産を売却する際には必ず「査定」という工程を踏みます。

訪問査定は、査定を行う方法の一種で、不動産を売却する場合は基本的に必ず行うものになります。

本記事では、訪問査定とはどのようなものなのかや、費用は発生するのか、また査定を行う上で準備しておくべきことなど、査定についての詳しい情報をお伝えしていきます。

訪問査定とは

訪問査定とは、不動産会社が直接物件を訪れ、不動産の基本情報や所有者へのヒヤリングに加えて、直接物件の状態を見た上で査定を行う方法です。

この訪問査定では、物件の使用状況や、土地の地形、周辺環境などデータや話だけでは確かめる事が出来ない部分を確認し、正確な査定額を出す事を目的に行われます。

ほかの査定より物件の調査は詳しく行われ、法務局や行政局が定めた規定をもとに物件を確認したり、周辺のインフラを調査するなど、手厚い調査を行う事が特徴としてあげられます。

つまり「精度の高い正確な査定結果を得られる査定方法」が訪問査定のもつ最も大きな特徴です。

訪問査定のメリット・デメリット

訪問査定の特徴を大まかに把握したところで、より詳しく訪問査定について知るために、この方法のメリット、デメリットについて学んでいきましょう。

メリット①:精度の高い査定結果を得られる

一つ目のメリットは、精度の高い査定結果を得られる点です。

前述した通り訪問査定は、データで分かる物件情報の他に、業者が直接物件の状態を目視し、周辺環境なども把握した上で査定額を提示します。

一方の机上査定は、物件の基礎的な情報を入力し、その情報から物件単体の情報、また周辺の売却状況を元に査定額を出します。

その為、机上査定ではおおまかな査定価格しか知る事が出来ないのに対して、訪問査定はかなり精度の高い正確な価格知る事が出来ます。

ここで出る査定額は、ほとんど売却価格に近しいものであると捉えても問題ないため、売却を本格的に進めたい人、または売却するかを検討するために正確な物件価値を知りたいという人は、訪問査定がオススメです。

メリット②:査定時に不動産の対応を見極める事が出来る

2つ目のメリットは、査定時に不動産の対応を見極める事が出来る点です

訪問査定は、不動産会社と直接対面し査定を進めていく為、その業者がどのような対応なのかを直接みる事が出来ます。

訪問査定をしてもらう業者を、実際の取引を依頼する不動産会社の候補にするケースは非常に多い為、そのような場合には、直接業者の対応を見る非常に良い機会になります。

デメリット①:査定結果を得られるまでに時間がかかる

次にデメリットです。

1つ目のデメリットは、査定結果を得られるまでに時間がかかるという点です。

基本的に、訪問査定は実際に査定を行ってから結果を得るまでに約1週間程度かかると言われています。

訪問査定は結果が詳細に出る分、調査の時間も少しかかってしまうのが現状です。

それに比べて机上査定の場合、査定を依頼した翌日には結果が出るため、机上査定と比較すると訪問査定は「時間がかかる」と感じてしまいます。

デメリット②:必要な書類が多く手間がかかる

2つ目のデメリットは、必要な書類が多く手間がかかる点です。

机上査定の場合、入力する情報は非常に基本的なものばかりで、それらの情報も簡単に知る事が出来るものばかりなので手間はほとんどかかりません。

一方の訪問査定では、以下のような書類が必要となります。

① 権利証または登記識別情報
②登記簿謄本、公図、地積測量図、建物図面
③境界(筆界)確認書
④ 隣地所有者と交わす「越境に関する覚書」
⑤固定資産税納税通知書
⑥購入時の各種書類(売買契約書、確認通知書・検査済証、管理規約など)
⑦過去のリフォームや修繕履歴
これらの書類をすべて準備しなければならない、と考えると少し手間に感じる人も少なくないでしょう。
しかし、結局は売却を行う際に準備しなければならないものばかりなので、売却を決めている人は、いずれ必要な資料を先に集める、という考え方も出来ますね。

机上査定とは

訪問査定と比較される査定方法として「机上査定」という査定方法があります。

この査定方法は、基本的な不動産の情報を不動産会社に伝え、そのデータからおおまかな査定額を算出する方法の事を指します。

訪問査定の場合は、不動産会社が直接不動産を見て査定を行いますが、机上査定の場合は直接不動産を見るわけではないため、短期間で査定が完了する事が特徴としてあげられます。

机上査定のメリット・デメリット

次に訪問査定と比較した際の机上査定のメリット、デメリットについてお話していきます。

メリット①:手間がかからない

1つ目のメリットとしてあげられるのは、手間がかからない点です。

机上査定は、前述した通り、媒体を通して基礎情報を不動産会社に伝えるだけで査定をしてもらえる方法です。

その為、不動産会社に足を運んだり、訪問の日程を取ったりなどの必要が一切ありません。

家のパソコンやスマホ一つで査定が済んでしまう為、時間も手間もかからず、簡単に自分の不動産の査定額を知る事が出来るという点が、最も大きなメリットといえます。

メリット②:査定結果を得られるまでの時間が短い

2つ目のメリットは、査定結果を得られるまでの時間が短いという点です。

机上査定の場合、査定結果は早いと当日に届くことがあるほど、結果を得られるスピードは早いです。

大まかな査定額を、簡単に素早く知りたい、という場合には机上査定は非常にオススメの方法といえます。

デメリット①:訪問査定より査定の正確性が低い

デメリットとしてあげられるのは、訪問査定より査定の正確性が低い事です。

訪問査定は、不動産会社が直接不動産を見た上で査定額を判断する方法である為、より正確で売却価格をイメージしやすくなります。

一方で、机上査定は、基本情報のデータを元に、似たような物件の売却情報などを用いて査定額が出されるため、その不動産ならではの情報などは反映されず、正確性としてはあまり高くはありません。

その為、机上査定はおおまかな査定額を知りたいという際に活用するのが最も適した査定方法であると言えます。

各査定方法に向いている人の特徴

これらのメリット、デメリットを踏まえて、どのような人がどちらの査定方法に向いているのかについて考えていきましょう。

訪問査定に向いている人の特徴

訪問査定を行った方が良いとされる人は「売却の意思が固く出来るたけ高く売却したい人」といえます。

実際に売却をするかはまだ分からない、という段階の人は机上査定をまず行ってみる、というのも一つの手だと思いますが、既に売却をする事自体は決めているという人については、より正確な物件の情報を得る必要があります。

また、正確な情報を持っている事で、不動産の相場感や物件状態の判断がしやすく、価格交渉や業者選びにも非常に役に立つため、高く売りたいと考えている人は訪問査定を強くお勧めします。

机上査定に向いている人の特徴

机上査定を行った方が良いとされる人は「売却の意思はまだ強くなく、大まかな査定額を素早く知りたい人」であると言えます。

前述した通り、机上査定の査定額は、正確性に欠けるというデメリットがあります。

その為、売却を確実に行うという場合についてはあまりお勧めは出来ません。

しかし、まだ売却するかは分からないが売却を検討中で、まずはある程度の相場を知っておきたい、といった人にとっては手間もなく素早く結果を知れるという点で非常にオススメの方法です。

不動産売却を行う事が初めての人は、売却価格を想像するのは容易ではないでしょう。

そのような人についても、まず机上査定である程度のイメージを掴んで、売却を行うのか否かを判断するのも一つの手であると言えるでしょう。

机上査定を行ってから訪問査定を行う手法もある

訪問査定、机上査定にはそれぞれの良さがあり、それぞれに向き不向きの人は存在しますが、これらの査定方法を両方活用する人も少なくありません。

査定はどちらも無料で行う事が出来る為、まずは机上査定をしてみて、その結果を踏まえて訪問査定を行う、という手段をとる人も多いです。

机上査定を行って、売却価格のイメージをつかんだ上で、売却を行うかどうかを判断し、確実に売却を行うと決めた場合に改めて訪問査定を行う、という方法が最もおススメの方法であると言えます。

悩んでいる人は、こうした方法をとってみる事をオススメします。

訪問査定に費用はかかる?

訪問査定と聞くと、費用が発生するのではないか、と考える人も多いと思います。

実際に、査定を行う際には費用は発生するのでしょうか?

本章では、不動産査定の費用についてお伝えしていきます。

訪問査定は基本的に費用は発生しない

結論からお伝えすると、基本的に不動産査定には費用は一切発生しません。

訪問査定でも机上査定でも基本無料で受ける事が出来ます。

費用が発生しない最もおおきな要因としてあげられるのは、査定で利益を上げるのではなく、査定をきっかけにそのまま契約を得る事を目的としているからです。

その為、査定を依頼すると、当然不動産会社は契約に結び付ける為の営業を行ってくる事がほとんどです。

しかし、もしもその不動産会社で契約をしたくなければ、その時点でハッキリと拒否する権利はありますので、必ず契約をしなければならない、という事ではありません。

その為、査定だけとりあえず依頼したい、という場合でもこうした査定のサービスは無料で利用できます。

ただし、訪問査定の場合は、資料を揃えたり、家の中を修繕したりする場合には、そうした部分で間接的に費用が発生する事はあります。

そのような点での費用についてはしっかりと考慮しておきましょう。

費用が発生するのは「不動産勘定」を利用する場合

一般的に利用される「不動産査定」では費用は発生しないのに対し、「不動産勘定」を利用した場合には費用が発生します。

不動産査定とは、不動産会社が主体となって査定を行うサービスであり、特別な理由がない限りは無料の不動産査定で十分であると言えます。

一方の不動産勘定とは、不動産鑑定資格をもっている鑑定士によって鑑定評価が行われる方法で、相続や離婚などで財産分与を行う際や、法人での不動産売却を検討している場合など、正式な不動産鑑定評価書が必要な場合に依頼するケースが多いです。

ただし、こうした不動産鑑定を利用しなければならないケースはまれである為、前述した通り、基本的には無料の不動産査定サービスを活用しましょう!

訪問査定前に準備しておく事

訪問査定は、実際に査定をしてもらう前にいくつか自分で準備しておかなければならない事があります。

本章では、それらの準備について、どのような事をしなければならないかをお伝えしていきます。

準備しておくべき事は主に以下の4つ。

  1. 不動産会社の調査
  2. 物件の情報の把握
  3. 必要書類の準備
  4. 物件の掃除

以下でそれぞれについて確認していきましょう。

不動産会社を調べる

基本的に査定自体はどこの不動産会社に依頼しても問題はありませんが、査定を依頼した業者とそのまま取引の契約を行うというケースも少なくはありません。

その為、ある程度訪問査定を行う前に、もしくは訪問査定を依頼する業者を選択する前に、不動産会社の情報について調べておきましょう。

具体的に確認するポイントは「不動産会社の強み」「販売方法」「業者の方針」「販売業績などです。

例えば、売りたい不動産がマンションの場合はマンションに強い不動産に査定してもらうのが良いですし、田舎の不動産であれば、田舎の不動産を得意とする不動産会社に頼む方が高くうれる可能性があります。

このように、最終的に取引を行う業者については、特に慎重に企業の情報を知ったうえで選択する必要があります。

最終的な選択のためにも、査定の段階から不動産会社について知識を付けておくことで、最終的な選択がしやすくなりますし、気になっている不動産会社に訪問査定を依頼することが出来れば、業者の対応を直にみて本当にそこに依頼してもよいかを決める機会として訪問査定を利用する事が出来、効率的に不動産会社を選択する事が出来ます。

このような点から、不動産会社についての情報を調べておくと良いという事を覚えておきましょう。

価格相場の把握

1つ目の準備事項は「価格相場の把握」です。

業者に査定をしてもらえば、その物件がいくらの価値になるのかは分かるのですが、その前にまずは自分である程度の価格相場を調べてみましょう。

価格相場を調べておくと、不動産会社がつけた査定額に対してより具体的な質問が出来たり、業者が実際の売却可能額よりも明らかに高く見積もった査定額を提示してきた際にそのはんだをする事が可能となります。

不動産会社は基本的に査定は無料で行いますが、それはその後契約を結ぶ為です。

多くの不動産会社は実際の正しい査定額を提示しますが、中には、契約をしてもらう為に、本来よりも高い査定額を提示し、契約を結んだ後に実際はもう少し低く売却額を設定した方が良いと言ってくる場合もあります。

そのような業者にあたったとしても、自分自身で調べ知識を持っておく事によって、そうした事態の対処が可能となります。

具体的に相場を調べる方法としては、類似している不動産の売却情報を参考にする、もしくは現在売り出されている不動産の中で自分の物件と似ている不動産の販売価格を探す、などの方法があります。

過去の不動産の売買情報について確認できるサイトもいくつかあるので、それらを利用すると良いでしょう。

詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事

不動産の買取価格は仲介による売却相場より安いということは知っているけど、実際にどれくらい安くて、なぜ安いのかその理由をご存じの方は少ないのではないかと思います。この記事では 不動産買取額の相場 不動産買取相場の調べ方[…]

金髪のキャリアウーマン

必要書類の準備

2つ目の準備事項は「必要書類の準備」です。

前述した通り、訪問査定を行う際は、準備しなければならない書類がいくつか存在します。

それらの資料を事前に準備しておくことで、スムーズに訪問査定を進め、早く査定額を知る事が出来ます。

具体的に準備すべき書類は以下の通りです。

① 権利証または登記識別情報
②登記簿謄本、公図、地積測量図、建物図面
③境界(筆界)確認書
④ 隣地所有者と交わす「越境に関する覚書」
⑤固定資産税納税通知書
⑥購入時の各種書類(売買契約書、確認通知書・検査済証、管理規約など)
⑦過去のリフォームや修繕履歴

訪問査定を行う際は、これらの書類を事前に準備しておきましょう。

物件の掃除

3つ目の準備次項は「物件の掃除」です。

査定額を高く見積もってもらう為には、物件をきれいに見せる事も非常に大切です。

掃除といっても大きなリフォームなどではなく、少しでもきれいな印象を与えられるような小さな改善でも構いません。

少しでも物件の印象が良くなるような努力をする事で、価格に変化を生むかもしれない、という事を覚えておきましょう!

訪問査定を受ける際のポイント

訪問査定は、不動産売却を行う上で非常に大切な工程であり、この工程を丁寧に行う事で売却の先行きが決まるといっても過言ではありません。

そこで、本章では、訪問査定を行う際に注意すべきポイントを全部で5つご紹介します。

具体的に気を付けたいポイントは以下の5つ。

  1. 物件の情報は隠さずに伝える
  2. 査定してもらう業者の対応を観察する
  3. 住んだからこそわかる情報を伝える
  4. 査定の根拠を説明してもらう
  5. 複数業者に査定してもらう

以下で一つずつ確認していきましょう。

ポイント①:物件の情報は隠さず伝えよう

1つ目のポイントは「物件情報を隠さずに伝える」事です。

物件のマイナスな要素などは、査定時に隠さず必ず伝える事が非常に大切です。

欠陥などのマイナス要素を隠しておくと、正しい査定額の情報を得られないだけではなく、後に売却まで進む場合にトラブルになりかねません。

そうした欠陥を隠した状態で売却が成立してしまった場合、後に責任問題となり最悪の場合いくらかの金額を買主に支払う、などの自体になる可能性もあります。

このような事態を防ぐためにも、物件の情報で分かっている部分については、必ず業者に伝えるようにしましょう。

ポイント②:査定してもらう業者の対応を観察しよう

ポイントの2つ目は「査定してもらう業者の対応をよく観察する」事です。

訪問査定のメリットの章でもお話ししましたが、業者に訪問査定をしてもらう場合、そのままその業者に売買取引を依頼するケースは非常に多いです。

不動産会社は査定自体は無料で行う為、出来るだけそのまま取引につなげようと営業をかけます。

売り主も新しく不動産会社を探すのは手間がかかるので、そのまま取引を行う、というパターンが多くなるのです。

そのため、訪問査定を行う業者は後に売却時に依頼する業者になる可能性がある、と考えて彼らの対応を見ておく必要があります。

業者の選択を誤ると、取引を進めるにあたって損をしてしまったり、長期間の取引の間中ストレスがたまってしまったりなど非常に困る事が多いです。

慎重に業者を選択する為にも、訪問査定の機会にしっかりと業者の対応を観察し、依頼すべきかどうか見極めるようにしましょう。

ポイント③:住んだからこそわかる情報を伝えよう

ポイントの3つ目は「住んだからこそわかる情報を業者にしっかりと伝える」事です。

訪問査定では、周囲の環境や不動産の細かい部分まで調査する為、ほとんどの事はそれらの調査で分かりますが、住んでみないとわからないポイントがある場合もあります。

そういった情報がある場合は、積極的に業者に伝えるようにしましょう。

特に、メリットになりうる情報については、その情報がある事によって査定額が上がる可能性も生まれる為、伝えてみるようにしましょう。

ポイント④:査定額の根拠を説明してもらおう

ポイントの4つ目は「査定額の根拠をしっかりと説明してもらう」事です。

前述した通り、不動産会社は査定を無料で行う代わりに契約を取りに来ようとします。

その為の施策として、査定額を実際よりも高く見積もる業者が中には存在します。

その為、査定額が提示されたら、その内訳や根拠について詳しく聞くようにしましょう。

こうした説明を受ける事で、そこで不振な金額の設定が行われていると感じた場合に、その業者に売却の依頼を行うのはやめよう、という判断が出来ます。

依頼主は、それらの説明を聞く権利がある為、遠慮せずどんどん聞いて、契約を結ぶ前にしっかりと確認するようにしましょう。

ポイント⑤:複数業者に査定してもらおう

ポイントの5つ目は「複数業者に査定してもらう」事です。

査定時に見るポイントは基本的にどこの不動産会社も似通っていますが、実際に査定でつける価格は不動産会社によって異なります。

1社のみの査定結果で取引を決めてしまうと、もっと高く売却できる可能性をつぶしてしまう事になるかもしれません。

その為、基本的には複数社の査定依頼をオススメしています。

とはいえ、訪問査定をいくつもの企業に依頼するのは気が引ける、という方も少なくないと思います。

その為、最もおススメの方法は、机上査定で複数社に査定を依頼した後、その中から訪問査定を依頼する企業を選別し改めて訪問査定をしてもらうというものです。

この方法を取っている人は非常に多く、実際に手間や効率を考えても非常にオススメの方法です。

第一段階としての机上査定を複数企業に依頼する上でおススメの方法は「一括査定サイト」の活用です。

一括査定サイトとは、物件の基本的な情報をネットのフォーマットに入力すると、その情報が複数の業者に送られて査定を行ってくれるというツールです。

複数業者に同時に机上査定をしてほしい場合にはもってこいのサイトであると言えます。

中でもおススメの一括査定サイトは「すまいステップ」です。

すまいステップ

このサイトは、優良業者のみを選別しており、一度に最大4社に査定依頼を行う事が可能です。

検討している方はぜひ活用してみてください。

リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2

まとめ

本記事では、訪問査定について詳しくお話してきました。

不動産の売却を行う上で必ず必要となる「査定」は、売却を成功させる上で非常に重要な工程の一つです。

準備する事や注意点をしっかりと把握し、不動産売却を成功させるために正しい知識を身につけましょう!


不動産一括査定サイトを使って査定をしたら300万円以上の差も珍しくない

不動産一括査定サイトすまいステップを使って実際に不動産を査定してみると、査定額に300万円以上差が出ることも珍しくはありません。

不動産会社 査定価格
不動産会社A 1100万円
不動産会社B 1400万円
不動産会社C 1280万円

これだけ査定額に差が出ると、複数の不動産会社に査定を依頼することが、不動産を高く売るために必須だと言えるでしょう。

少しでも不動産売却を検討しているなら、一括査定サイトで自分の不動産がいくらで売れるか調べてみましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?