土地を買取で売却するには?仲介との比較や業者選びコツまで紹介

初めて土地を売却する人の中には「買い手が見つかるか?」心配になる人もいるでしょう。

土地は高額なものなので、いざ売り出しても買い手が見つかるとは限りません。

あなたが土地を早く売却したいと思っても、買い手が見つからないと不安になりますよね。そんな時には不動産会社に直接買い取ってもらう買取という方法がオススメです。

そこで今回は、早く土地を売るための買取の特徴や買取業者の見つけ方など、土地の買取で必要な情報をすべてお伝えしていきます。

この記事を読めば、土地の買い手が見つからない場合でも安心して対応ができるでしょう。

また、土地買取について不安な方は、一括査定サイトを使って不動産会社に相談してみませんか?

不動産一括査定サイトの手順

下のフォームを入力すれば、完全無料で複数の不動産会社に物件を査定してもらえます。

リナビス
リナビス

あなたの不動産の
売却価格をいますぐチェック

リナビス
step1
リナビス
step2

土地買取と仲介の違いって?

土地の売却には「買取」と「仲介」という2種類の方法が存在します。

これら2つの方法には様々な違いがありますが、最も大きな違いは、「買主が誰であるか」という事です。

「買取」「仲介」による売却方法の説明

図にある通り、仲介の場合は買主は個人のお客様になり、不動産会社は個人の売主と買主をつなげる役割を担います。

一方の買取は、不動産会社が買主となり、個人の売主から土地を買い付ける方法になります。

買主の対象以外にも、この2つの方法には以下のような様々な違いが存在しています。

仲介買取
買主主に個人不動産会社
売却の期間完了まで時間がかかる早期に売却手続きが完了する
売却の価格相場価格で売却しやすい相場価格よりも安くなりやすい
費用仲介手数料(3%+6万円)がかかる仲介手数料はかからない

本章では、まず仲介と買取の仕組みを大まかに説明していきたいと思います。

不動産会社が買主を見つける「仲介」

前述した通り、仲介は、不動産会社に買主を探してもらい、一般の個人のお客様に土地を売却する方法です。

土地を売却する際に最も一般的な方法で、不動産会社に土地を査定してもらい、不動産会社と媒介契約を締結した上で買主を探してもらいます。

仲介のメリットは土地が高く売れる可能性が高いことです。不動産会社としては売却価格に応じて仲介の手数料が決まるため、会社のネットワークを駆使して販売活動を行い、なるべく高く買ってくれる相手を探してくれます。

しかし買取と比較すると、取引期間は長くなる傾向にあります。

その為、今すぐに現金化したいというわけではない人にとってはお勧めの方法であると言えます。

不動産会社が買主になる「買取」

買取は不動産会社が買主となる取引方法です。

買取は、不動産会社が買主である分、比較的早く取引相手を見つける事が出来、全ての取引を終える事が出来ます。

仲介の場合は、個人の最終的にその土地を活用するエンドユーザーを見つけ出さなければならない為、売却宣伝活動などを行ってその相手を見つけるのが一般的です。しかし、買取は、最初から再販を目的とした不動産会社が取引の相手で、その対象は個人の買主と比較すると圧倒的に多い為、買主を見つける手間が大幅に少なくなります。

ただし、買取の場合は、仲介と比較すると売却益が少なくなるという特徴もあります。不動産会社は再販を目的として買取をする為、買い取る際の価格は再販費用にかかる価格をあらかじめ引いて設定してあります。その為、どうしても仲介より価格が安くなってしまうのです。

つまり買取は、安くてもスピードを重視したい、という人に向いている取引であると言えます。

また買取はその中でも更に「即時買取」「買取保証」の2種類の方法が存在しています。それぞれの詳細を説明していきます。

即時買取

即時買取とは、読んで字のごとく、不動産会社に即時に買い取ってもらう方法です。

この方法が一般的に想像される「買取」で買取のメリットが一番活かせる方法です。

スピードが早い、という買取のメリットを一番重視している人にはオススメです。

買取保証

買取保証とは、一定に期間内に土地が売却ができなかったときに、不動産会社が買取ってくれるシステムのことです。

買取保証を利用すれば、買い手が見つからない場合でも、不動産会社に買い取ってもらえる保証付きなので、精神的なストレスも軽減されるでしょう。

「なるべく売りたい、でも売却したい期限は決まっている」という方にはオススメの制度です。

土地買取のメリット、デメリット

前章では仲介と買取の違いについて簡単に説明しました。

本章では、より詳しく2種類の売却方法の違いについて知る為に、仲介と比較したときの買取のメリット、デメリットについてお話し、2つの方法の細かな違いをみていこうと思います。

買取のメリット、デメリットは以下の通りです。

▶ メリット
・早く確実に土地を売却出来る
・瑕疵担保責任の心配がない
・仲介手数料が必要ない
▶ デメリット
・売却価格が仲介と比べて安くなる
以下それぞれの詳細について説明していこうと思います。

土地買取のメリット

まずは買取のメリットについてお話していきます。

メリット①:「すぐ」に「確実」に土地を売却出来る

仲介で土地を売却する場合、買い手探し、現地の見学、条件交渉などやることが多く最短だも3カ月程度かかります。

しかし、買取の場合不動産会社直接買い取ってくれるので、時間のかかる買い手探しなどの手間が省け、最短で数日程度で土地を売却できます。

また、買取を行っている不動産会社もまとまった購入金額が必要で銀行からの融資が必要になるため、一定の信用力がある会社と言えます。

そのような会社から買い取ってもらえるということは、確実に土地が売却できるということです。そのため売り手が現れるか不安といったストレスもありません。

仲介の場合は、買主がローンの審査に落ちて契約が破綻する場合もありますが、買取だとこのような心配も不要です。

しかも、多くの不動産会社が即金払いを採用しているため、売れたらすぐに現金を手に入れることもできます。

メリット②:瑕疵担保責任の心配がない

土地の売却後、一定期間内に土地の不具合が発覚した場合、売り主が責任をとらなければなりません。これを瑕疵担保責任といいます。

たとえば、ぱっと見ても気づきずらい土壌汚染や耐震強度の問題が売却後に見つかると後々買い主からの苦情が入り、数百万円単位の修理費を負担しなければならないケースもあります。

しかし、買取を利用していれば、瑕疵担保責任は不動産会社にかかってくるため、後になってトラブルに巻き込まれる事態も回避できます。

関連記事

マンション、戸建て、土地などの不動産を売却した後に欠陥が見つかった場合、売主は瑕疵担保責任として損害賠償を負う可能性があります。ただし、瑕疵担保責任とはなにか、どのようなペナルティがあるか知っている人は少ないと思います。この[…]

メリット③:仲介手数料が必要ない

仲介で売却した場合は、契約成立後、媒介契約を結んだ不動産会社に仲介手数料を支払う必要があります。その金額の上限は、成約価格×3%+6万円です。

一般的に、上限額を請求されることが多いため、例えば土地を2,000万円で売却した場合は、66万円の仲介手数料がかかります。買取では、この費用は不要です。

「買取」の場合は不動産会社が仲介に入らないので、仲介手数料はかかりません。

関連記事

不動産売買を行う際どうしても気になってしまうのが仲介手数料です。初期費用の中でも多くを占める仲介手数料をなるべく抑えたいのが本音だと思います。仲介手数料について正しく理解することは賢く不動産売買を行うことにつながります。この記事では、[…]

ノートに書いてる

土地買取のデメリット

続いてデメリットについて説明します。

デメリット①:売却価格が仲介より安い

買取の場合、仲介で売却した時と比較して、6~7割程度の価格になります。

買取業者は、転売によって利益を得ているので、利益が出る価格でしか買い取ってくれません。一般の購入希望者のように、このマンションに住みたいから、物件が気に入ったから、多少高くても検討するという選択・交渉の余地はありません。

買取は、買取業者にとっては「仕入れ」です。土地が売れると考えられる価格から、物件にかける費用を差し引いて、買取価格を出しています。リフォーム費用のほか、金融機関から融資を受けるときの事務手数料や人件費、粗利益を差し引くため、結果として売却価格がかなり低い水準になってしまいます。

すまリス
買取価格=市場価格(相場)−(売却に掛かる費用+不動産会社の利益)

経済的な観点から見れば、買取に出すということは、大幅な値下げをして土地を売ることと同じです。そのため不動産会社と「自分の土地は買取ではないと売れないのか?」を相談して慎重に実施の判断をしましょう。

こちらが具体的な仲介と買取のエリアごとに見た土地価格の違いです。

都道府県【買取】平均平米単価【仲介】平均平米単価
東京27.8万円46.4万円
神奈川11.3万円18.9万円
大阪10.6万円17.6万円
京都10.6万円17.6万円
愛知6.5万円10.8万円
埼玉5.9万円9.9万円
兵庫5.7万円9.5万円
広島4.8万円8.0万円
千葉4.7万円7.9万円
福岡3.9万円6.5万円
宮城2.9万円4.8万円

国土交通省の不動産取引価格情報を参考にすまいステップ編集部加工

このようにエリアによって価格は変わりますが、どのエリアにせよ仲介より相場が低くなるという認識をしっかりと持っておきましょう。

デメリット②:活用しづらい土地は買い取ってもらえない

2つ目のデメリットは、業者にとって活用しづらい土地は買い取ってもらえない場合があることです。

業者は、買取を行ったあとその土地を売却する事で利益を得ます。

その為、一般的に活用しづらいとされるような土地を買い取っても、売却が出来なければ不動産会社の利益にはならず赤字になってしまいます。

買取とはあるいみ業者にとって投資のようなものなので、売れる確証が低い土地は買い取ってもらえない事も多いです。

その場合は、一度思い切って仲介に出してみるという手もあります。

仲介の場合、その土地が一人の買主のニーズにさえあえば、売却できる可能性もあります。

一般的な活用性がなくても、ピンポイントで誰かのニーズに当てはまれば売却出来るという事です。

その為、買取が難しい、といわれてしまった場合は、逆に仲介に出してみる、という手段もあるという事を覚えておきましょう。

デメリット③:売却後の土地の使い道や買主が分からないこと

3つ目のデメリットは、売却後の土地の使い道や買主が誰なのか分からないことです。

買取の場合、不動産会社にその土地を売却するところまでは売り主と不動産の取引であり、その後不動産会社が誰にその土地を売却したのかというところまでは分かりません。

例えば住んでいる場所の隣の土地を売却した場合、土地を買い取ってもらった後は、業者が誰にその土地を売却しようと口出しは出来ないので、隣人がどのような人なのか、土地の使い道はどうなのか、などは把握できず指定も出来ません。

仲介の場合は売り主が買主に求める条件などを指定できるので、売却する土地に思い入れがあり、購入者にも求める条件がある場合などは買取では少しリスクがあると考えましょう。

買取に向いているケースって?

前章で、買取のメリット、デメリットについてお話ししました。

これらの特徴を持つ買取という売却方法ですが、実際に買取をすべきケースとはどのような場合なのでしょうか。

本章では、具体的に買取をお勧めするケースを3つご紹介していこうと思います。

買取をお勧めするケースは以下の3つです。

① 早急に現金化したい場合
② 売却予定の土地の条件が悪い場合(買い手が見つからなそうな場合)
③ 瑕疵付きの土地を抱えている場合
それぞれのケースについて詳しく見ていきましょう。

ケース①:早く現金化したい場合

1つ目のケースは急いで土地を現金化したい場合です

例えば、借金の返済や入院費用など、急遽資金が必要になった場合や、その後の資金計画を早めに考えたい場合など、土地の現金化を急ぐ場合には買取をお勧めします。

前章でもお話した通り、仲介での売却は非常に時間がかかるもので、現金化するまでに最低でも3か月以上はかかってしまいます。

しかし買取の場合、買い手が見つかってしまえば最短で3日で土地を現金化する事が可能です。

その為、スピードを最優先させたいという人は買取を選択すべきだと言えるでしょう。

ただし、注意点は、スピードが早い分仲介よりも売却価格は減ってしまう事、とても急いでいるという事が買取業者に伝わると、その弱みに付け込んでより安い価格での売却交渉を行ってくる場合がある事が挙げられます。

その為、急いでいる場合でもこれらの注意点をしっかりと認識して取引を行うようにしましょう。

ケース②:売却予定の土地の条件が悪い場合

2つ目のケースは売却する土地の条件が悪い場合です。

土地の売却価格となる地価を決める上で、非常に重要になってくるのが「土地の条件」です。

売り出す土地の条件が悪い場合、売却価格が低くなるだけならいいですが、そもそも買い手が一向に見つからないという状況にも陥ってしまう場合があります。

仲介の場合、実際にその土地を使用するユーザーを見つけなければならないため、買取と比較しても買い手を見つけるのは難しいです

その為、条件の悪い土地を仲介で売ろうとすると途方もない時間や労力がかかる事が多々ある上に、買い手がみつかるという保証もないのです。

これらの特徴を踏まえると、条件があまり良くない土地でなかなか買い手が見つからない場合は、業者に買い取って貰う方法がお勧めになってきます。

具体的に悪い条件に当てはまる項目は以下のようなものがあげられます。

  1. 土地の面積が広すぎる/ 狭すぎる
  2. 地形がいびつで非常に使い勝手が悪い
  3. 周辺に悪臭の原因となる建物や墓地などの嫌悪施設がある
  4. これまでに近隣でトラブルなどが起きた土地

他にも騒音がある環境や、必要施設が全くない土地なども挙げられます。

土地の好条件、悪条件についてより詳しく知りたい方は以下の記事を確認してみてください。

関連記事

「土地売却を検討しているけどまずは査定をしてもらいたい!」そのように考えている方も多いのではないでしょうか。査定は売却を検討する上で非常に大切な工程です。この工程をおろそかにしてしまうと、売却までの過程の中でトラブルや不満に[…]

これらに当てはまってしまう場合、一度仲介で売りに出してみてもいいですが、買い手が見つからない場合は潔く買取を選択する事をお勧めします。

ケース③:瑕疵付きの土地を抱えている場合

3つ目は瑕疵付きの土地を売却しようと考えている場合です。

前章でもお話した通り、土地を売却する際、売主には瑕疵担保責任というものが課せられます。

これは、土地汚染や隣接地越境などの問題があった場合に売主がとらなければならない責任の事を指します。

仲介の場合はこの瑕疵担保責任を課せられる事が一般的なのですが、買取の場合、基本的に瑕疵責任は免除されます。

その為、欠陥がある土地に関しては仲介より買取の方が取引しやすいです。

瑕疵には具体的に以下の4種類が存在しています。

物理的瑕疵土壌汚染や地中障害物、コンクリート擁壁の破損、コンクリート擁壁の地中部における隣地越境等
法律的瑕疵埋蔵文化財包蔵地に指定されている、建築基準法上の道路に接道していない等
心理的瑕疵数年前に建物で焼死自殺があった後、忌まわしい殺人事件があった後等の跡地等
環境的瑕疵隣地に高圧線の鉄塔がある、目の前に墓地がある等

これらに当てはまってしまう場合は買取を検討してみましょう。

買取を選択しない方が良い場合もある

ここまでで買取に向いているケースをいくつかご紹介してきましたが、逆に買取ではなく仲介を選択した方が良い場合もあります。

例えば「出来るだけ高く売却したい場合」「売却する土地の条件が良い場合」などがそのケースとしてあげられます。

詳しい理由を一つずつ見ていきましょう。

出来るだけ高く売却したい場合

土地を出来るだけ高く売却したい場合、買取はおススメできません。

前述した通り、買取は仲介の約7割程度の売却額しかつかず、どれだけ良い条件の土地でも本来売却出来る価格よりも安くなってしまいます。

その為、売却額を特に重視したいという人は、買取ではなく仲介を選択する事を強くおすすめします。

また、高く売りたいけれどなかなか売却出来ないという人は、1章でご紹介した買取保証制度を活用すると、仲介で一定期間売れなかった場合は買取を行ってもらえる為、そちらも視野に入れてみると良いでしょう。

売却する土地の条件が良い場合

売却する土地の条件が良い場合は、買取を選択すると損をしてしまう可能性が非常に大きいです。

上記でも説明していますが、買取は基本的に売却価格が仲介よりも低くなります。

その為、条件の良い土地で本来は仲介でも十分取引が可能なのに、買取を選択してしまっては、売却額が大幅に下がってしまい損をしてしまう事があります。

どうしても早く取引を終わらせたい、という場合は買取を視野に入れても良いですが、そうでない場合で土地の条件が良いときは、仲介を選択する事を強くお勧めします。

買取業者が活用しづらい土地の場合

前述の通り、買取業者が活用、売却できないと判断した土地は買い取ってもらえないケースもあります。

その場合は、前章でもお話ししましたが、あえて仲介に出してみるという選択肢も考えてみましょう。

買取の場合、業者はまだ存在しない買い手を想定して売却出来そうな土地を選択しなければならないため、活用しづらい土地は扱ってもらえない可能性がありますが、仲介の場合は、ピンポイントでその土地が誰かのニーズに合いさえすれば、売却出来る可能性が生まれます。

その為、買取がどうしても無理な場合は落ち込まず、あえて仲介を選択してみるのも良いでしょう。

また、仲介の他にも隣人に売却する方法も検討してみましょう。

買い手が隣人で、売却したい土地と隣人が所有する土地が隣接している場合、隣人は自分の持っている土地を広げる形をとる事が出来ます。

隣人は、土地の面積が大きくなることで、その土地の価値を上げる事が出来る場合もあるので、お互いにメリットが生まれる事が多いです。

その為、買取をしてもらえない場合は隣人への売却も考えてみると良いでしょう。

土地の買取業者を選ぶポイント

ポイント①:査定額が高い業者

買取ではより高く買い取ってくれる不動産会社を選ぶのが鉄則です。

仲介の場合は不動産会社が高い査定価格を提示しても、その価格で買い取ってくれる買主が見つからなければ意味がありません。

しかし、買取は直接不動産会社が買い取るので、査定額がイコール買取価格となります。

その為まずは査定額をしっかりと確認して、それを基準に不動産会社を選択しましょう。

ここでの注意は、前章でもお話した通り、複数業者の査定額を比較する事です。

査定は1社のみで終わらせず、しっかりと複数業者に査定を依頼して、より高い所に買取依頼を行うようにしましょう。

ポイント②:買取実績がある業者

買取を利用するなら「なるべく早く現金化したい」という人が多いでしょう。

早く現金化するには、スムーズな手続きが必須です。スムーズな手続きを優先するなら買取の実績が多い業者がオススメです。

不動産会社はそれぞれ、得意分野があり、それが仲介の業者もあれば買取の業者もあります。

また、マンションを専門にしている業者、土地をメインに扱っている業者などにも分かれてきます。

その為、数ある業者の中でも、土地の買取の業績がしっかりとある業者を選択する事で、スムーズに取引を進める事が出来ます。

実績があるということは、多くの人が買取依頼をしているということなので、安心して買取手続きを任せることができるでしょう。

買取実績は基本的にホームページなどにのっているので、まずは不動産会社のホームページを確認してみましょう。

ポイント③:口コミ評価が高い業者

3つ目のポイントは「口コミ評価」です。

買取は、仲介と比較すると業者とやりとりする期間も少ないので、価格に満足がいく、または取引のスピードが早いのであれば、業者の対応などは重視しないという人もいるかもしれません。

しかし、土地という非常に大きな金額の取引の中で、相手の対応が悪いと非常にストレスもたまりますし、業者とのトラブルの原因にもなります。

その為、出来るだけ対応もしっかりとしてくれる業者を選択する事をお勧めします。対応の良し悪しを図る指標として最も役に立つのが「口コミ」です。

実際にその業者を利用した人の意見が見れるので、信頼できますし、業者を選択する際の非常に重要な項目になると思います。

まずは金額で業者の候補をあげ、そこから得意分野や口コミ評価などを調べた上で最終的にどの業者を選択するかを決める、という方法が最もはずれのない業者選びの方法だ思います。

土地を高く買い取って貰うコツ

「早さを重視したい」という人がほとんどだとは思いますが、その中でも出来るだけ高い価格で売却をしたいという思いはだれしも持っていますよね。

そこで本章では、出来るだけ高いか買うで土地を買い取ってもらうコツをいくつかご紹介していこうと思います。

自分の土地について事前に調べよう

1目のコツは、自分の土地についてしっかりと調べる事です。

具体的には、自分の土地の相場や特徴について把握しておく事が非常に大切です。

これらを知っておく理由は、業者と価格交渉を行う際の交渉材料になるからです。

例えば土地の相場を把握していると、不動産会社が提示してきた価格がその相場より低かった場合に、自分で調べた土地相場は○○円だった、という情報を元により高い値段での買取を交渉する事が可能です。

もちろん、不動産会社側も根拠を持って価格を提示してきている場合がほとんどなので、必ず交渉がうまくいくとは限りませんが、根拠なくなるべく安く買い取ろうとしている業者を弾く効果もあるので知っておくとプラスになると思います。

また、近年は震災などが多い為、ハザードマップ上で災害が起きた際に被害が多くなる地域、そうでない地域を確認する事が出来、被害が少ない地域の価値が高くなるという傾向もあるようです。

自分の土地が被害が少ない地域で合った場合、そのような情報を提供してアピールする事で価格交渉をうまく進められる可能性もあります。

ハザードマップはこちらのサイトで確認できるので、自分の土地の災害関連の情報をしりたい方はぜひ確認してみてください。

関連記事

所有している土地の相場を知りたい場合、実際の売買価格や税金など、調べる目的によって参考にする価格に差が生じます。また、不動産業者に査定を依頼する場合も、不動産業者によって査定額に差があるのが現状です。なぜ、このように同じ土地に対して[…]

買取業者は複数比較しよう

不動産会社を選択する際は必ず「複数業者」に査定を依頼し、比較した上で選びましょう。

査定を1社のみで終わらせ、業者を選択しててしまうと、比較する他の価格がなく、その査定額が他と比べて高いのか低いのかを判断する事ができません。

ここをおろそかにしてしまうと、本来売却出来る価格よりもかなり下回った価格で売ってしまった、という事になりかねないので必ず複数業者に査定依頼をしてから、業者を決定しましょう。

複数業者に査定を依頼する上で非常に役に立つツールが「一括査定サイト」です。

不動産一括査定サイトの手順

これは、基本的な土地の情報を入力するだけで、そのサイトを通じて複数の業者に土地の情報が送られ、複数業者から一気にその土地の査定額が返ってくる仕組みになっています。

中でも特にオススメをするのが「すまいステップ」です。

すまいステップ

すまいステップは、全国の優良業者とのみ契約をしている為、安心して査定依頼が出来、また1度に最大4社同時に査定を依頼する事が可能です。

効率的に業者からの査定額を比較し、業者を選択したいという方には非常にオススメのツールです。

以下のフォームから簡単に査定依頼をする事が出来ます。ぜひ活用してみてください!

リナビス
リナビス

あなたの不動産の
売却価格をいますぐチェック

リナビス
step1
リナビス
step2

まとめ

この記事では土地の買取について詳しく説明してきました。土地の買取で一番大切なのは、やはり不動産会社選びです。情熱を持って売ってくれる担当者、知識が豊富でなんでも相談出来る担当者がいる不動産会社を選ぶことが大切でしょう。

不動産選びには一括査定サイトが便利ですが、中でもおすすめなのは「すまいステップ」です。一度に最大4社まで査定出来るので便利です。クレームがあったという不動産会社は除外しているため、こちらのサイトにある不動産会社は信頼出来るところになります。きっと信頼出来る不動産会社に出会えるはずです。

土地の売却を検討している方はこちらの記事もご覧ください。

関連記事

使っていない土地を売却したいとお考えの方のなかには 何から始めていいか分からない 誰に相談していいんだろうといった不安を抱え売却への一歩が踏み出せていない方もいらっしゃるでしょう。土地は所持しているだけで維持[…]

 


不動産一括査定サイトを使って査定をしたら300万円以上の差も珍しくない

不動産一括査定サイトすまいステップ を使って実際に不動産を査定してみると、査定額に300万円以上差が出ることも珍しくはありません。

不動産会社査定価格
不動産会社A1100万円
不動産会社B1400万円
不動産会社C1280万円

これだけ査定額に差が出ると、複数の不動産会社に査定を依頼することが、不動産を高く売るために必須だと言えるでしょう。

少しでも不動産売却を検討しているなら、一括査定サイトで自分の不動産がいくらで売れるか調べてみましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?