土地の売却にかかる期間とスムーズに売却するコツを徹底解説

土地を売却するには一定の期間が必要で、状況によってどれくらいかかるかは異なります。土地は売るのはもちろん、買うのも慎重になるため、売りに出してもすぐに買い手がつくとは限りません。どれだけ好条件の土地でも、買い手がつかないと売却はできないため、いつ売却できるかはタイミング次第とも言えます。
しかし、スムーズに売却できるかは完全に運次第ではなく、自身の努力も関係します。土地売却のノウハウを知り、できるだけ短期間でスムーズに売却できるよう、手順を把握しておきましょう。

リナビス
リナビス

あなたの不動産の
売却価格をいますぐチェック

リナビス
step1
リナビス
step2

土地を売却するのにかかる期間

土地を売るには一定の手順を踏む必要があるため、売ると決めてもすぐに売却できるわけではありません。どれくらいの期間がかかるかは状況次第ですが、一日二日で売れるものではないことは理解しておきましょう。売却までにかかる期間の相場を知り、どれくらい余裕を持ってスケジュールを組むべきかを考えることが大切です。

通常は3~6カ月程度

土地の売却にかかる期間は、通常は3~6カ月程度と言われています。状況次第で多少の前後はありますが、査定から売却、引き渡しまで多くのステップを要するため、少なからず時間がかかってしまいます。土地の売却の簡単なプロセスは、以下の通りです。

土地の相場を調べる
不動産査定
媒介契約
売却活動
価格交渉
売買契約
物件引き渡し

最短で進んだ場合でも、土地の相場調べから不動産査定、媒介契約までで1カ月程度、売却活動から価格交渉で1カ月、売買契約から物件引き渡しで1カ月と合計3カ月程度です。実際にはそれぞれのステップでさらに時間がかかることが多く、場合によっては半年以上かかることもあります。
土地の売却は即断即決で行えるものではないため、最短でも数カ月単位の時間がかかることは理解しておきましょう。

事前準備で期間は短縮できる

土地の売却には3~6カ月程度かかるのが普通ですが、事前準備を徹底することで、期間を短縮させることは可能です。「土地の相場価格を調べる」「売買契約に必要な情報を集める」など、事前にできることはあります。
準備を徹底することで、各種手続きをスムーズに進めることができ、最短期間での売却を目指すことも可能です。反対に全く準備をせずに手続きを進めると、通常以上に時間がかかるケースもあるため、注意しなければなりません。
{
・土地売買は3~6カ月
・さらに時間がかかる場合も
・事前準備で短縮可能
}

土地の売却に時間がかかるケース

土地の売却にはどうしても一定期間猶予が必要ですが、状況次第では通常以上に時間がかかる場合もあります。どのような場合だと時間がかかりやすいのかを知り、売却する物件がそれに該当しないか確認しておくことも大切です。売却に時間がかかるケースを知り、何が理由で時間がかかるのかも理解しておきましょう。

測量が必要

隣接する土地との境界線が曖昧な場合は、売却時に念入りに測量をしなければなりません。測量は土地の広さや他の土地との境界線を測る作業であり、測量が必要なだけで期間が1カ月以上伸びることも多いです。
他との境界線が複雑になるほど作業は難航し、より時間がかかってしまいます。土地を売ると決めてから測量をすると、売却までに時間がかかるため、事前に測量だけ済ませておくのがおすすめです。測量さえ済んでいるなら、隣接する土地があっても、それほど時間をかけず、スムーズに売却が可能です。

条件の理想が高い

土地を売却する際には、いくらで売りたいのか、あるいはいつまでに売りたいのかといった条件を付けます。損をしないためには、しっかり条件設定を行うことが大切ですが、売却条件の理想があまりにも高すぎると、買い手がつかずに売却が難航する可能性が高いです。
理想を高く持って条件を設定することで、売れた場合のリターンは大きくなりますが、反面売れづらく、場合によってはいつまでも買い手がつかないこともあります。売り手だけに有利な条件では買い手がつかないため、スムーズに売却したいなら、買い手のことを考えた条件設定が必要です。

地方物件は売りづらい傾向に

不動産がスムーズに売れるには、広く広告宣伝を行う必要があり、より多くの人に物件の情報を見てもらうことで、売れる確率は高まります。そのため、不動産情報を見る人の絶対数が少ない地方の物件は、都心部に比べると売れるまでに時間がかかることが多いです。
都心なら不動産購入に積極的な人も多いですが、地方だとどうしても数は少なくなります。人口の多いエリアほど売れやすく、売却までの時間も短い傾向にあることは理解しておきましょう。
{
・測量には時間がかかる
・厳しい条件は売れづらい
・地方も売れづらい傾向
}

スムーズな土地売却には業者の選択が大事

スムーズに土地を売却するには、事前準備を徹底してから臨むことが大切であり、準備のひとつに不動産業者の選定が挙げられます。土地の売却は個人で買い手を探し、売却活動を行うことも可能ですが、手続きは専門的で難しく、そもそも買い手が見つけられるあてもありません。
そのため、プロに依頼して売却活動の仲介をしてもらうのが基本ですが、業者によって売却が上手くいく、あるいはスムーズに進められるかは異なります。同じ土地でも、業者次第で売れる期間や条件が違う可能性もあるため、業者の選定は慎重に行わなければなりません。

 業者ごとに得意分野が違う

不動産業者によって土地の売却のスムーズさが違うのは、業者ごとの得意分野の違いが関係しています。ひとくちに不動産業者といっても、何をメインに扱うかは業者ごとに異なり、強みのある分野も違っています。マンションの売買に強みがある業者、戸建ての売買に強みがある業者、建物なしの土地の売買に強みがある業者など、分野はさまざまです。
また、不動産の形態だけではなく、エリアごとの強みの有無も異なるため、得意分野と対象エリアはしっかり見極めなければなりません。

担当者の違いも大きい

業者ごとに得意分野が違うため、選定は慎重に行う必要がありますが、同じ業者でも担当者次第で契約のスムーズさは異なるため、注意が必要です。やる気のある担当者なら土地の売却にも積極的でスムーズに進められますが、やる気がないと一向に売却活動が進まないこともあります。
土地の売却ではある程度の期間を要するため、担当者との付き合いも長くなります。長く付き合うため、相性が悪いとストレスにもなりかねません。ストレスなくスムーズに土地を売却するためにも、担当者の人柄にも注意しましょう。

専任媒介契約がおすすめ

スムーズに土地を売却したいなら、不動産業者と専任媒介契約を結ぶのがおすすめです。不動産仲介の契約は「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3つに分けられます。一般媒介契約は、複数の不動産業者と同時に媒介契約を結べるため、よりよい条件を提示した業者を利用して、土地の売却が可能です。
しかし、他の業者に顧客を取られるリスクがあるため、業者としては売却活動に積極的になれず、互いの出方をうかがっているうちに時間が過ぎることも多いです。専属専任契約なら、不動産会社を1社に固定して媒介契約を結ぶため、業者も積極的に買い手を探しやすくなります。
別の不動産会社と契約することはできないものの、個人で買い手を見つけて交渉し、契約することは可能なため、選択肢は広く残されています。専属専任媒介契約は、不動産業者1社のみとの取引で、個人で買い手を見つけることはできません。
業者にすべてを依頼するなら専属専任媒介契約でも構いませんが、ある程度の自由度を残したいなら、専任媒介契約がおすすめです。

一括査定を利用しよう

よりよい不動産業者を見つけるには、一括査定を利用するのがおすすめです。すまいステップなら全国各地の不動産業者と提携しているため、幅広い選択肢の中から、自分に合った業者を見つけられます。また、全国対応していることで地方の不動産業者も見つけやすく、優れたパートナーを見つけやすいでしょう。


{
・より良い業者を見極める
・専任媒介契約がおすすめ
・一括査定も利用しよう
}

土地売却にかかる税金

土地を売却した場合、売却価格がそのまま手元に入るわけではなく、各種費用を差し引いた金額が、実際の利益になります。不動産売買には費用がかかり、土地売却でも複数の税金が発生します。税金の存在を忘れていると、手元に入るお金が想像していたよりも少なく、損をしたと感じる可能性もあるため、どのような税金がかかるのか知っておきましょう。

土地売却時に発生する税金一覧

土地の売却にかかる税金は、以下の通りです。

  • 印紙税
  • 譲渡所得税
  • 登録免許税
  • 仲介手数料の消費税

これらの税金は必須の費用であるため、売却時には必ず差し引いて考えなければなりません。どれくらいの金額になるかは場合によって異なりますが、基本的には売却額が高いほど、税金も高くなると考えましょう。また、仲介手数料のように、税金以外でも費用は発生するため、税金を差し引いた額からさらに諸費用を引いた額が、実際に受け取れる金額です。

相続税は特例あり

土地売却でかかる税金のうち、譲渡所得税は譲渡所得、つまり土地を売却して得た利益によって課税額が決定します。譲渡所得は売却価格から不動産の取得費と諸費用を差し引いた金額で計算しますが、相続税が課税されている場合、課税額の一部を取得費に加算できます。
相続税を加算することで、取得費が上がり、課税される譲渡所得が減額されるため、譲渡所得税を安くすることが可能です。
{
・土地売却には税金がかかる
・税金以外に手数料も発生
・相続税は一部特例あり
}

想定期間で土地を売却できない場合の対策

土地の売却は期間がかかるため、想定期間は長めに考え、余裕を持ってスケジュールを組むことが大切です。しかし、スケジュールに余裕を持たせても、実際に売却を行うと想定期間を超えてしまうこともあります。想定期間を超えても土地が売却できない場合は、売却活動の進め方そのものを見直すことが大切です。同じ方法で続けても芳しい成果が挙げらる可能性は低いため、やり方を見直し、対応策を考えましょう。

売却希望額を下げる

想定期間で土地が売却できない理由には、売却希望額が高すぎることが考えられます。どれだけ条件のよい土地でも、希望額があまりにも高すぎると、買い手がつかないため、注意しなければなりません。希望額を下げると、その分買い手もつきやすくなりますが、この時必要以上に金額を下げるのは禁物です。
金額を下げ過ぎるとスムーズに売れても損をするため、適正価格を参考に売却希望額を再考しましょう。土地の適正価格は、「土地総合情報システム」の利用がおすすめです。
参考:土地総合情報システム

 不動産業者を変える

土地がなかなか売れないのは、不動産業者にも責任があります。不動産をスムーズに売却するには、広く広告宣伝を打ち出してもらう必要があるため、広告活動に消極的な業者だとなかなか売却できません。事前にどれくらいの期間で売却するのか、スケジュールを組み、その際に選んだ業者をいつまで利用するかも考えておきましょう。
同じ業者を利用し続けるよりも、別の業者で一からやり直したほうがスムーズに進められるケースも多いです。消極的な業者だと好条件での売却も難しくなるため、もう一度選定し直して、本当に自分に合った業者を見つけましょう。

買い手のニーズにはできるだけ応える

土地の売買は需要と供給のバランスで成り立っているため、スムーズに売却したいなら買い手のニーズに応える努力も大切です。買い手は少しでも条件がよく、状態のよい土地を購入したいと考えています。「土地の整備をする」「建物があるなら綺麗に掃除する」「問い合わせには丁寧に対応する」など、できることは数多くあります。
売り手有利な状態だけで考えず、買い手の目線からも考え、不動産を魅力的に見せるには何が必要か考えてみましょう。
{
・売却額の引き下げ
・不動産業者の変更
・買い手のニーズの把握
}

農地や山林を売却するときの注意点

住宅街にある通常の土地なら、不動産業者に頼むことで売却はスムーズに進められますが、農地や山林の場合は勝手が違います。これらの土地は区分が異なるため、通常の土地とは違った方法で売却しなければなりません。
売却時のルールも違い、これを守れていないと売却自体ができない可能性もあります。お得かつスムーズに売却するためにも、基本のルールを理解しておきましょう。

農地は農業委員会の許可が必要

農地は勝手に売却するのはNGで、事前に農業委員会からの許可を取らなければなりません。これは個人所有の土地でも許可が必要であり、許可なしで売却すると、売却自体が無効になります。農地は土地の性質から法的な制限がかけられているため、許可なく勝手に売らないようにしましょう。

山林は専門業者に仲介を依頼

山林の土地を売る場合は、通常の不動産業者ではなく、山林の土地売買に強みを持つ、専門業者に仲介を依頼しましょう。山林の土地は、土地と上物(草木など)で別々の価値があり、通常の不動産業者ではこれらの価値を測るノウハウを持ちません。
依頼しても査定だけで時間がかかる、あるいは正当な査定額が引き出せないことも多く、場合によっては仲介を断れられることもあります。専門業者に依頼したほうが間違いがなく、手続きもスムーズなため、売却する土地の性質によって、利用する業者を変えましょう。

 土地の売却は慎重に

農地や山林は使わないならすぐに手放したいと考える人も多いでしょうが、売却の意思決定は慎重に行わなければなりません。素早く手放すことがデメリットになることも多く、売却して損をすることもあります。しかし、素早く手放すことがメリットになるケースも、少なからずあります。
メリット・デメリットは両方存在するため、それぞれを知って、どのタイミングで手放すのが適切か考えましょう。

早く売ると価値が高い

土地を素早く手放すことのメリットは、価値が高い状態で売りやすい点にあります。農地や山林は放置していると荒れていき、状態が悪くなります。荒れた土地だと価値は下がり、広い土地を持っている場合でも、ほとんど値が付かないことも多いです。
素早く手放すことで、綺麗な状態で売れるため価値は高くなりやすく、かつ管理のコストも削減できるため、金銭的なメリットは大きいでしょう。

焦って失敗するケースも多い

早く手放すことで高く売りやすいものの、焦って売って失敗することも少なくありません。農地や山林の需要は特殊であり、一見価値がないように見えても、価値を見出して高値で購入する人もいます。早々に手放して後から価値が高まるケースもゼロではないため、売却時には将来のことも見越して、本当に損をしないか考えておくことが大切です。

農地や山林は需要が特殊

農地や山林は需要が特殊で、個人だけではなくリゾート開発目的で企業が買い手につく場合もあります。荒れ放題で価値のない土地でも、リゾート開発目的で購入する企業が現れると、値を付けてくれることもあります。
場合によっては無価値の土地が高値で取引されることもあるため、特殊な需要があることも考慮して、手放す際には慎重に考えましょう。
{
・農地売却は許可が必要
・山林売却は専門業者に依頼
・売り時を吟味しよう
}

土地売却がにかかる期間を理解しよう

土地の売却には少なからず期間がかかるため、余裕を持ってスケジュールを組むことが大切です。まずは想定期間を設定し、それを超えそうな場合はやり方を変えて売却活動を続けましょう。同じやり方、業者を利用し続けるのではなく、上手くいかないと感じたタイミングでやり方と業者を変え、仕切り直しでトライすることが、早期売却への近道です。

スムーズな土地売却は最大6社と比較のすまいステップへ

スムーズに土地を売却したいなら、一括査定のすまいステップがおすすめです。すまいステップは最大4社と比較して一括査定ができるため、土地の価値を素早く把握し、売却活動を進められます。一括査定で適正価格を把握し、自分に合った業者を利用して、想定期間内での土地売却を目指しましょう。


不動産一括査定サイトを使って査定をしたら300万円以上の差も珍しくない 

不動産一括査定サイトすまいステップ を使って実際に不動産を査定してみると、査定額に300万円以上差が出ることも珍しくはありません。

不動産会社査定価格
不動産会社A1100万円
不動産会社B1400万円
不動産会社C1280万円

これだけ査定額に差が出ると、複数の不動産会社に査定を依頼することが、不動産を高く売るために必須だと言えるでしょう。

少しでも不動産売却を検討しているなら、一括査定サイトで自分の不動産がいくらで売れるか調べてみましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?