マンション買取向きの物件は?買取と仲介の違いは?

家の売却をご検討の方へ
  • 不動産を高く・早く売りたいなら一括査定がおすすめ
  • 複数企業の査定結果を比較することで、より高く売れる可能性が高まる
  • すまいステップ」なら優良気企業のみをご紹介
すまリス
マンションを売りたいけど、そもそもマンションの買取って買取以外で売る方法なんてあるの?

マンションの買取とは、買取業者が直接買い取るマンションの売却方法になります。

そもそも、マンションを売るには「買取」と「仲介」という2つの方法があります。

「買取」は早く手間をかけずにマンションを現金化したい人、「仲介」はできるだけ高くマンションを現金化したい人におすすめです。

「マンションを売りたいんだけど、マンションの買取を依頼すればいいの?」

「マンションを売るには買取と仲介のどちらがいいのかな?」

この記事ではそんな疑問にお答えします。

この記事を読めば、マンションを売るにはまずどうすればいいのか、買取と仲介のどちらで売ればよいのかを判断できるでしょう。

監修逆瀬川 勇造

大学卒業後は地元の地方銀行に入行し、窓口業務・渉外業務の経験を経て、2011年9月より不動産会社に入社。新築や土地の仕入れ、不動産売買に携わる。

【保有資格】AFP(2級FP技能士)/宅地建物取引士/相続管理士

【URL】P.D.Pの金融・不動産情報ブログ

また、買取業者に査定依頼したい方は、下のフォームを入力すれば、完全無料で複数の買取業者に査定依頼ができます。

マンション買取と仲介の違いとは

この章ではまず、「マンション買取とは」について、マンション仲介との違いにふれながら解説しています。

不道産会社が買い主になるマンション買取とは

マンション買取とは、不動産会社が、あなたのマンションを直接買い取る方法です。

買取業者は個人からマンションを買い取ったあと、リフォームなどを行いその費用を上乗せして転売することで利益を得ています。

マンション買取の構図

すまリス
「買取」とは不動産会社にとっては転売するための「仕入れ」ということになるんだね。

「マンション買取」は不動産会社が直接買い取るため、1週間~3ヶ月の短い期間で売却(=現金化)できます。

しかし、再販売用にかかるリフォームや販促費用が差し引かれるため、買取価格は市場価格よりも6割~7割ほど下がってしまいます。

つまり、マンション買取は高く売りたい人よりも、早く売りたい人におすすめの売却方法といえます。

また、買取価格は不動産会社によって異なるので、複数の買取業者に見積もりを比較して、その金額を見極めたうえで、買取会社を選ぶ必要があります。

不動産会社に買い主を探してもらう仲介とは

「マンション仲介」では、以下の図のように、不動産会社が探してきた買い主(個人)にマンションを売却します。

不動産会社は売り主と媒介契約を結び、広告媒体などに物件情報を掲載することで、一般の不動産市場で買い主を探します。

 

 

マンション仲介の構図

すまリス
「仲介」では売り主の代わりに買い主を探すことで、不動産会社はお金を得ているんだね。

マンション仲介では一般市場で買い主を探すため、買取のように再販売のための費用が売却価格から差し引かれることはありません。

しかし、買い主が見つからない場合は売却期間が長引いたり、買い主候補に対する内覧対応の手間が発生したりします。

つまり、マンション仲介は売却期間にこだわりがなく、できるだけ高く賣りたい人におすすめの売却方法といえます。

また、仲介での売却価格は、不動産会社の査定によって提示された売却可能価格を基に決定します。

査定価格は不動産会社によって異なるので、複数の不動産業者に査定依頼を行い、適切な販売価格で売り出すようにしましょう。

リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4

マンションの「買取」と「仲介」の違いをまとめると以下のようになります。

マンション買取と仲介の違い

項目マンション買取マンション仲介
仲介手数料

かからない

かかる

売却までの期間

1~2カ月

3~4カ月

手間

少ない

内覧対応等が発生

瑕疵担保責任

負わない

負う

売却価格

市場相場の6割~7割

市場相場以上で売れることもある

すまリス
マンション仲介は「高く売ること」、マンション買取は「素早く手間をかけずに売ること」に有利な売却方法なんだね!

買取と仲介を合わせた買取保証

買取保証とは、一定期間は仲介で売却活動を行い、マンションが売れなかった場合は不動産会社が買取をしてくれるという売却手法です。

例えば、最初の3カ月はマンションを仲介で売り出します。この期間に売却できれば代金は4000万円です。

3カ月経ってもマンションが売却できなかった場合、不動産会社が3200万円で買取を行います。

すまリス
買取と仲介のいいとこどりができるのか!
ただし、買取保証を行っている不動産会社は資金力のある大手不動産会社が中心です。
また、買取保証を行う対象などに限りがあることがほとんどです。
そのため、自分のマンションを買取保証で売却できる不動産会社を見つけられるかが一番の難関です。
以下の記事で、買取保証を行っている不動産会社を紹介しているので参考にしてみてください。
関連記事

不動産買取とは、不動産を直接不動産会社に買い取ってもらう不動産の売却方法を指します。そもそも、不動産売却には「買取」と「仲介」の2つの方法があります。 不動産買取不動産会社が売り主から直接不動産を購入する[…]

不動産買取業者のランキングと口コミ!正しい選び方を解説【2021年最新版】
リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4

マンション買取のメリット

前章ではマンション買取とはなにかを説明しました。

すまリス
マンション買取のメリットってなんだろう?それがわからないと、買取を依頼したほうがいいのかを決められないな….

この章では、マンション買取のメリットを解説しています。

  1. すぐ利益を得られる
  2. 瑕疵担保責任の心配がない
  3. 仲介手数料がいらない
  4. 購入検討者への対応が不要
  5. 他人に知られずに売却できる

順に確認していきましょう。

メリット①:すぐに利益を得られる

マンション買取の売却期間は平均1週間から1か月です。しかし、仲介だと概ね3カ月程度かかります。

下の図は、すまいステップ編集部がマンションを仲介で売却したユーザー1,675人に、売却期間について独自でアンケート調査した結果になります。

マンション売却にかかる期間(株式Speeeの調査より)

仲介で売りに出した場合は半分以上は3カ月以上かかっていることがわかります。

仲介の場合、不動産会社が買い主を探す必要があるので、買い主がなかなか見つからないと、その分売却するまでの期間が伸びてしまうためです。

一方、買取の場合は不動産会社がマンションを直接買い取るので、不動産会社にマンションを売った時点でお金が入ります

すまリス
マンション買取は、時間をかけることなくすぐに利益が得られるんだね!
マンション買取の体験談:買取は仲介よりも早く売却できる

広島県:20代・女性
売却にかかる期間は、買取のほうがより素早く手放せることが多いです。これは、業者との交渉のみで売却が決定し、双方の合意ですぐに契約が成立するためです。仲介の場合は、不動産会社に売却活動を依頼して、そこから広告を出して購入希望者を募らなければなりません。不動産売買は、高値での取引になることが多いため買主も慎重になりやすく、数カ月程度の時間がかかることもあります。もちろん、広告を出してすぐに買い手がつき、すぐに売却できるケースもありますが、基本的には買取のほうが早く売却して、現金化できます

(参考:2021年9月にすまいステップ編集部がマンション買取経験者に対して実施したアンケート調査の一部抜粋)

関連記事

マンション売却を検討すると「売るにはどれくらいの期間かかるの?」「最短どれくらいで売れるんだろう?」と売却期間に関する疑問を持つ方もいるでしょう。しかし、マンションを売る経験は一生に何度もあることではないので、どのくらいの期間が必要[…]

マンション売却期間の平均は4カ月!できるだけ早く売るコツ

メリット②:瑕疵担保責任の心配がない

中古物件の売却後、一定期間内に瑕疵(設備の不具合など)が発覚した場合、売主が責任をとらなければなりません。これを瑕疵担保責任といいます。特に築年数が古い物件では、後々買い主からの苦情が入り、数百万円単位の修理費を負担しなければならない可能性もあり、注意が必要です。

しかし、買取を利用していれば、売主の瑕疵担保責任は免責となるのが一般的であるため、後になってトラブルに巻き込まれる事態も回避できます。

関連記事

マンション、戸建て、土地などの不動産を売却した後に欠陥が見つかった場合、売主は瑕疵担保責任として損害賠償を負う可能性があります。ただし、瑕疵担保責任とはなにか、どのようなペナルティがあるか知っている人は少ないと思います。この[…]

不動産売却時の瑕疵担保責任とは?トラブルを起こさないための対策

メリット③:仲介手数料がいらない

仲介で売却した場合は、契約成立後、媒介契約を結んだ不動産会社に仲介手数料を支払う必要があります。その金額の上限は、成約価格×3%+6万円(税別)です

一般的に、上限額を請求されることが多いため、例えば2,000万円で売却した場合は、66万円(税別)の仲介手数料がかかってきます。買取再販では、この費用は不要です。
一方、「買取」の場合は不動産会社が仲介に入らないので、仲介手数料はかかりません。

関連記事

不動産売買を行う際どうしても気になってしまうのが仲介手数料です。初期費用の中でも多くを占める仲介手数料をなるべく抑えたいのが本音だと思います。仲介手数料について正しく理解することは賢く不動産売買を行うことにつながります。この記事では、[…]

物件売却でかかる仲介手数料はいくらくらい?費用から安く抑えるコツまで

メリット④:購入検討者への対応が不要

仲介の場合、買い手を見つけるために売却活動を行う必要があります。例えば、築古の物件にはそのままではなかなか買い手がつかず、多少のリフォームやクリーニングで見栄えよくする必要があるかもしれません。

また、購入希望者が実際に物件を見に来る「内覧」の対応も大変です。1回目や2回目で売却が決まればよいのですが、なかなか売れずに10回や20回となってくると、毎回きれいに掃除をして内覧者を迎えるのは辛いでしょう。

すまリス
マンション売却の平均内覧回数は10回といわれているよ!つど掃除をしたり予定を開けたりするのは大変そうだね…

買取を利用すれば、このような購入希望者への対応が必要ないので、非常に楽です。

メリット⑤:他人に知られず売却できる

何らかの事情があり近所の人などに知られたくない場合は買取がおすすめです。

仲介の場合は売却活動中にチラシや新聞の折り込み等で物件情報が露出しますが、買取であれば不動産会社との直接取引なので情報が外部に漏れる心配はありません。

マンション買取のデメリット

前章の通り、マンション買取はメリットが大きい取引ですが、デメリットも存在しています。

すまリス
マンション買取のメリットはわかったけど、デメリットも知って起きたおきたい

マンションを売る上で、買取のデメリットは許容できるのかどうか、確認してみましょう。

  1. 売却価格が下がってしまう
  2. 誰が住むかわからない
  3. 買取してもらえないマンションもある

デメリット①:売却価格が下がってしまう

買取の売却価格は仲介で売却した金額と比較して、6~7割程度の価格になります。

買取業者は、転売によって利益を得ているので、利益が出る価格でしか買い取ってくれません。

一般の購入希望者のように、このマンションに住みたいから、物件が気に入ったから、多少高くても検討するという選択・交渉の余地はありません。

買取は、買取再販業者にとっては「仕入れ」です。物件が売れると考えられる価格から、利益や商品に仕立てるための費用を差し引いて、買取価格を出しています。

リフォーム費用のほか、業者金融機関から融資を受けるときの事務手数料や人件費等、粗利益を差し引くため、結果として売却価格が低くなってしまいます。

関連記事

「マンション買取の相場って仲介と比べてどれくらい?」 「マンションの買取相場の詳しい調べ方が知りたい!」そのような疑問やニーズを抱えていませんか?マンションの買取を検討する上で最も大切な工程の一つが「相場調べ」です。[…]

マンション買取相場は仲介価格の70%!買取でも高く売れるコツを解説!

デメリット②:誰が住むか分からない

買取は業者に不動産を売り、その先でだれがその物件を利用するかを知ることが出来ません。

その為、売り出す物件に対して思い入れがある方にとっては、だれが住むか分からず、どのような使い方をされるかも分からない、という状況がデメリットになるとも言えます。

仲介の場合は、内覧会などで必ず1度は買主と対面する機会があり、その後どのようにその物件が使われるかなども知った上で売りに出すかを決める権利があります。

しかし、買取はそれが出来ず、全て不動産会社の判断になってしまうので、それが嫌である方は仲介の方をお勧めします。

デメリット③:買取してもらえないマンションもある

どんなマンションでも買取してもらえるわけではありません。買取業者は再販を前提に買い取るので「リフォームしても買い手が見つからない」物件は買い取ってもらえません。

例えば、以下のような条件のマンションは買取してもらえない可能性が高いです。

  • 新耐震基準を満たしてない( (1981年6月1日以前に建築確認を取得した物件))
  • 広さが40m2以下
  • 人口の少ないエリア

買取の条件は不動産会社によって異なります。買取を検討している方は、自宅マンションが買取条件に当てはまっているかを下のバナーをクリックして各社に問い合わせてみましょう。

リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4
関連記事

「今住んでいるマンションから住み替えたい!」と思っても、何から手を付けていいか分からないですよね。すまリスマンション住み替えは「売却」と「購入」の2つを行わないといけないから大変だよね..この記事では、マンション[…]

マンションを住み替える手順と費用、住宅ローンを解説

マンションは買取と仲介のどちらで売るべき?

これまで、マンション買取のメリットとデメリットについて見てきました。

すまリス
今もっているマンションを売る場合、「買取」と「仲介」のどちらがいいのかな?

この章では「マンション買取が向いているケース」と「マンション仲介が向いているケース」を紹介しています。

どちらに該当するのか確認し、どちらの方法でマンションを売ったらよいのか検討してみてください。

マンション買取が向いてるケース

マンション買取が向いているケースは以下です。

  1. マンションを早く現金化したい
  2. マンションを早く手間をかけずに売りたい
  3. 市場でなかなか売れないマンションを売りたい

それぞれのケースをみていきましょう。

1.マンションを早く現金化したい

以下は、2021年9月にすまいステップ編集部がマンション買取を選んだユーザーに対して調査したアンケート結果になります。

「マンション買取」を選んだ理由として、7割以上のユーザーが「早く現金化したかった」と回答しています。

例えば以下のような状況でマンションの売却を検討している方は、買取が向いていないか検討してみましょう。

  • 相続税を期限までに納付する必要があり、早く現金化させたい
  • 借金の返済期日が迫っており、早く現金化させたい
  • 住み替えを控えており、新居購入のための資金が早くほしい

マンション買取を選んだ理由

「マンション買取」を選んだ理由①:新居の購入資金を調達するために買取を選択

東京都:34歳・男性
住み替えを検討し、希望通りのマンションを見つけました。もと住んでいたマンションの売却資金を購入費用にあてようと考えていたのですが、仲介で売却する場合、新居のマンションの決済日までに現金を準備できないことがわかりました。そこで、すぐに現金化できる買取を選択しました。仲介での売却金額より価格は安かったものの、マンション購入に足りる金額で買取ってもらうことができました。結果として、スケジュールどおりに現金を調達でき、円滑に新居を購入できたのでよかったと思います。

(参考:2021年9月にすまいステップ編集部が「マンション買取」経験者に対し独自調査したアンケート結果の一部を抜粋)

2.マンションを早く手間をかけずに売りたい

「2ヶ月以内にマンションを売却しないといけない」などスケジュールが決まっていたり、売却活動にあまり時間が避けない状況下では、買取がおすすめです。

例えば以下のような状況でマンションの売却を検討している方は、買取が向いていないか検討してみましょう。

  • 急な転勤の辞令をうけ、早く引っ越さなければいけない
  • 離婚することになり、元配偶者とできるだけ早く関係を解消したい
「マンション買取」を選んだ理由②:急遽決まった海外転勤のため買取でスピーディーに売却

東京都:35歳・男性

会社の都合で急に海外転勤の辞令が出ました。転勤の間は賃貸で貸し出すことも考えましたが、手続きが面倒ということで住んでいるマンションを売却することに決めました。ただ転勤の準備で忙しく、時期も迫っていたため手間がかからずすぐに売却できる買取を選びました。引き渡しも海外へ行くタイミングに合わせられたので余計な出費もなく、転勤・買取の手続きを進められました。

(参考:2021年9月にすまいステップ編集部が「マンション買取」経験者に対し独自調査したアンケート結果の一部を抜粋)

3.市場でなかなか売れないマンションを売りたい

市場でなかなか売れないマンションは、購入希望者が現れないため売却に時間がかかります。

すまリス
購入希望者を見つけるために、結果的に大幅に値下げしなければならなくなることもあるよ…!

なかなか買い手が見つからなさそうなマンションは、はじめから買取を依頼する方が短い期間で売却することができます。

例えば、以下の条件に該当するマンションは購入希望者がみつからない可能性が高いため、買取の方が得策かもしれません。

  • 築年数が20年以上
  • 間取りやレイアウトが古い
  • 駅から遠い
  • 生活施設が徒歩圏内にない
  • 事故物件
「マンション買取」を選んだ理由③:市場でなかなか売れないマンションを売りたい

東京都:65歳・女性

娘夫婦と一緒に住むことに決め、今住んでいるマンションを売却することにしました。築35年と築古のマンションでリノベーション等もしておらず仲介では買い手がつかないということだったので、マンション買取を選びました。

3社程度の不動産会社に査定を依頼し、最も高い査定額だった地元の不動産会社に決めました。値段がつくだけありがたい、という感じで、買取額にも満足です。

(参考:2021年9月にすまいステップ編集部が「マンション買取」経験者に対し独自調査したアンケート結果の一部を抜粋)

マンション仲介が向いているケース

続いて、マンション仲介が向いているケースを見ていきましょう。

以下のいずれかに該当する場合、マンション仲介が向いているといえます。

  1. できるだけ高く売りたい
  2. 売りたいマンションの市場価値が高く、売却期日にこだわりがない

それぞれ確認してみましょう。

1.できるだけ高く売りたい

前述した通り、マンションを買取で売る場合、買取価格は市場価格の6~7割へ下がってしまいます。

よって、できるだけ高く売ることを重視しているのであれば、買取ではなく仲介で売却することがおすすめです。

例えば、以下の条件に該当する場合、仲介での売却の方が得策かもしれません。

  • 結婚や進学、住み替え等、多額の資金が必要なライフイベントを控えている
  • 住宅ローン等、多額の借金が残っている
「マンション仲介」を選んだ理由①:半年以内を目処に、結婚資金の捻出も考えて仲介で売却

東京都:38歳・男性

結婚を機に新しい家を探し始めた事もあり結婚資金も捻出することも考えていました。売却期間を半年以内としていたので、できるだけ高く売れる仲介で売却しました。

(参考:2021年9月にすまいステップ編集部が「マンション買取」経験者に対し独自調査したアンケート結果の一部を抜粋)

2.売りたいマンションの市場価値が高く、早く売ることにこだわりがない

広告を市場に出したときに多くの購入希望者が現れる、いわゆる「人気が出そうなマンション」は、仲介による売却に向いていると言えます。
多くの購入希望者が現れるということは、早期に売却が可能であり、価格も希望どおりに売れる可能性が高いからです。

例えば、以下の条件に該当するマンションは市場価値が高い人気のマンションといえます。

  • 新築あるいは築年数が新しい
  • 駅やバス停などから近い
  • 周辺に商業施設等が多い
すまリス
条件がいいマンションは市場相場以上で売れるから、早く売ることにこだわりがないなら仲介おすすめだよ!

マンション買取と仲介のどちらが向いているかフローチャートで確認しよう!

マンション買取と仲介が向いているケースのどちらも紹介してきました。

実際どちらに向いていそうなのか、フローチャートに沿って確認してみてください。

マンション買取が向いているかのフローチャート

マンション買取と仲介で迷うなら一括査定がおすすめ

マンション買取を選ぶ場合、「手間なく早く売りたいから」という積極的な理由の他、「本当は高く売りたいけど、なかなか売れなさそうなので」と消極的な理由もあります。

「市場で売れなさそうだから買取がいいのかな..」と迷っている場合、本当に売れそうにないのか、不動産会社に査定依頼をして確かめてみましょう。

査定依頼によってマンションの市場相場を大まかに把握できる

不動産会社に査定依頼をすると、複数の評価基準を元に評価した査定価格を提示してくれます。

「査定価格=売却価格」となるわけではありませんが、実際にいくらで売れそうなのかを測る基準として査定額を参考にすることは必要です。
関連記事

「マンションの査定で評価されるポイントは何だろう・・?」マンションを売却する際に、査定時に見られているポイントを知っている方は少ないと思います。リナビス不動産会社が何をチェックするか知らず査定を受けるのは心配。[…]

マンション査定のポイントは?見られる箇所や高額査定を得る注意点

一括査定なら複数社に依頼できより正しい相場が把握できる

査定価格は依頼する不動産会社によって異なります。

すまリス
自分の会社と契約してもらうために、わざと高めの査定額を提示する不動産会社もいるので注意だよ..!

市場相場をより正確に把握するためには、複数の不動産会社に一括で査定依頼を行い、複数提示された査定額から相場を見積もることをおすすめします。

査定依頼後、仲介価格で買い取ってくれる不動産会社もある

仲介で査定依頼をした結果、査定した不動産会社が仲介価格で買い取ってくれる稀なケースがあります。

こうしたケースを考慮しても、複数社に査定依頼することは大切です。

体験談:仲介で査定依頼したところ、不動産会社が仲介価格でマンションを買い取ってくれた

東京都:男性 45歳
通常の仲介で売却を予定し、数社に査定依頼をしました。その結果、想定していた以上に売却想定額が高く、かつ仲介ではなく買取でそれが可能と判断した、大手不動産会社に依頼をすることとなりました。買主が不動産会社であることから、一般の方に売却して住宅ローン審査を待ったりすることもないので、すぐに現金化できることはもちろん、何より仲介手数料がかからなかったことが大きかった。かつ、現況有姿で瑕疵担保責任なしで渡せたことも、ありがたかった。

(参考:すまいステップ編集部が2021年9月に実施したアンケート調査結果から一部抜粋)

専門家
不動産会社によっては安値で買い取るために仲介を積極的に行わないようなケースもあります。信頼できる不動産会社を探すのであれば、一括査定サイトを使ってしっかり比較検討するようにしましょう。

一括査定はインターネットの不動産一括査定サービス『すまいステップ』がおすすめです。

すまいステップ』では、マンションの住所や間取りなど簡単な情報を入力するだけで、マンションを高く売ってくれる全国の優良な不動産会社を自動的にマッチングし、複数の会社へ一度に査定依頼ができます。

リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4

記事のおさらい

マンション買取とは?

マンション買取とは不動産買取業をおこなう不動産会社・買取業者があなたの物件を直接買い取る方法です。詳しく知りたい方は、マンションの買取とはをご覧ください。

マンション買取と仲介はどちらが良い?

短期間でマンションを売りたい方は買取がオススメです。一方で、高く売ることを優先したいなら仲介が良いです。詳しく知りたい方は、買取と仲介どちらを選べばいい?をご覧ください。

マンション売却の基礎情報を知りたい方はこちらの記事も参考になります。
関連記事

「査定をしたいけど、訪問査定か机上査定どちらを選べばよいかわからない」「訪問査定をする時って何から始めたら良いの?」このような疑問をいだいている方いませんか?不動産を売却する際には必ず「査定」という工程を踏みます。訪[…]

【訪問査定とは?】メリット・デメリットや注意点を解説!

不動産一括査定サイトを使って査定をしたら300万円以上の差も珍しくない

不動産一括査定サイトすまいステップ を使って実際に不動産を査定してみると、査定額に300万円以上差が出ることも珍しくはありません。

不動産会社 査定価格
不動産会社A 1100万円
不動産会社B 1400万円
不動産会社C 1280万円

これだけ査定額に差が出ると、複数の不動産会社に査定を依頼することが、不動産を高く売るために必須だと言えるでしょう。

少しでも不動産売却を検討しているなら、一括査定サイトで自分の不動産がいくらで売れるか調べてみましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?