マンション買取相場は仲介価格の70%!買取でも高く売れるコツを解説!

「マンション買取の相場って仲介と比べてどれくらい?」 「マンションの買取相場の詳しい調べ方が知りたい!」

そのような疑問やニーズを抱えていませんか?

マンションの買取を検討する上で最も大切な工程の一つが「相場調べ」です。

相場は、買取、仲介を選択する上でも、取引をする業者を決める上でも、非常に大切な情報になってきます。

自分の物件をうまく売却するためには、まず相場をしっかりと把握する必要があります。

そこで本記事では、マンションの買取と仲介での相場比較や、その差の理由、また相場の調べ方などについて詳しく解説していきたいと思います!

リナビス
リナビス

あなたの不動産の
売却価格をいますぐチェック

リナビス
step1
リナビス
step2

マンション買取の相場は市場価格の70%

不動産の取引には「仲介」と「買取」の2種類があります。

「買取」「仲介」による売却方法の説明

図表にある通り、仲介は、売主と買主の間に不動産会社が入り両者の取引を仲介する形の事を言い、買取は、不動産会社が買主となり、個人のお客様の物件を業者が買取るような形の事を言います。

これらの取引には、取引形態のほかにもさまざまな違いがありますが、今回特に着目する相違点は手放す際に支払われる物件の「価格」です。

一般的に買取の価格相場は仲介の相場の約70%であると言われています。

その為、例えば仲介では1000万円で売却できる物件も、買取になると700万円で手放す事になります。

それでは、買取のメリットとはいったい何でしょうか?

それは、物件が現金化されるまでのスピードです。

仲介の場合、その物件を実際に利用する個人のお客様を見つけ出した後、物件引き渡し、現金化という流れになりますが、買取の場合、買い手は不動産会社なので取引する相手が見つけやすく現金化までのスピードが圧倒的に早いです。

リナビス
買取は価格が安くなる分、早く物件を手放せる取引方法ということだね!

また、他にも買取には近隣の人に知られれずに物件を手放せる点や、仲介手数料が不要な点などのメリットもあります。

より詳しく、仲介と買取の違いを知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください!

関連記事

「マンションを早く売って現金化したいのに、なかなか売れない…」というのはマンション売却によくある悩みです。マンションを売る際、一般的なのは不動産会社を通して買い手を探す「仲介」ですが、早く売りたい人には「買取」という選択肢があります[…]

マンションの買取相場が仲介より安くなる理由

ここまでで、仲介と買取の価格相場に差がある事は理解が出来たのではないでしょうか。

それでは、一体どのような理由で買取の価格が仲介よりも安くなってしまうのでしょうか?

主に上げられる理由は次の2つ。

  1. 物件の修繕費分が差し引かれるため
  2. 不動産会社の利益分が差し引かれるため

それぞれについて詳しく説明していきましょう。

理由①:修繕費がかかる

買取で価格が安くなる1つ目の理由は「修繕費」です。

前章で説明した通り、買取は不動産会社が物件の買主となって進める取引です。

不動産会社は買い取った物件を再販する事を目的としている為、買い取られる物件のほとんどは取引を行った後にリフォームやリノベーションなどが施されます。

不動産会社は、こうした再販にかかる費用を見越して、買取価格を決定します。

一方の仲介では、初めから個人のお客様同士の取引になるので、修繕費などを考える必要がありません。

このような理由から、買取は仲介よりも安い価格になってしまう事が多いのです。

ただし、売り出す物件が新しくきれいな状態で保たれている、もしくは売主が事前にリノベーションを施しており直すところがあまりないような場合は、修繕費など再販にかかる費用も少なく見積もられます。

その為、物件の状態次第では買取でも仲介の7割以上の価格で取引される事もあります。

理由②:業者の利益が引かれる

買取が安くなってしまう2つ目の理由は「業者の利益分の差し引き」です。

不動産の買主である買取業者(不動産会社)は買い取った物件を再販する事で利益を上げています。

つまり、不動産会社は買取、再販でプラスマイナスゼロになるような取引を行っていては商売にならないのです。

その為、買取を行う時は、出来るだけ安い価格で買い取りたいというのが不動産会社の正直なところでしょう。

もちろん、取引を行う価格は交渉次第で変わってきますが、このような理由から仲介よりはやはり多少安くなってしまうという事は覚えておきましょう。

項目別に見たマンション買取相場の比較

前章では買取と仲介で比較した相場をお話してきました。

しかし、一口に「買取相場」と言っても、様々な条件によってその価格の幅も変わってきます。

そこで今回は、「エリア」 「築年数」という2つの観点に絞って、それぞれの買取相場についてみていきましょう!

エリア別に見たマンションの買取相場

立地というのは不動産の価値に大きな影響を与える条件になってきます。

例えば、東京都内とその周辺県に建つマンションとでは、相場が全く違う事が想像できるのではないでしょうか。

そこで今回はそれらの違いをイメージするために、特に主要エリアをピックアップして、各地の現在の買取相場について簡単なデータを見ていきましょう。

~【主要エリア別】最新のマンション買取相場~

エリア平均売却額
東京24,13万円
神奈川1,714万円
千葉1,323万円
埼玉1,376万円
愛知1,281万円
大阪1,474万円
福岡1,111万円

※本データは国土交通省「不動産売却取引価格情報」の2018年第2四半期〜2019年第1四半期のデータを基にしています。

関東圏以外のエリアの取引相場も閲覧する事が出来るので、参考にしてみたい方はぜひ確認してみてください!

リナビス
東京の相場が群を抜いて高いんだね!

人口が多いエリアの方がマンションの相場が高く、東京、神奈川、大阪といった中心都市の相場が高いことが分かります。
大阪は2025年に万博が開催予定で開発が進むため、今後都市部を中心に相場が上昇する可能性がありそうです。

もちろん、県の中でも各地域によって地価は変わりますし、駅に近いかどうかや周辺環境によってもその価値は変わってきます

その為、この表はある程度のマンション買取相場を想像する上で参考程度に見ていただければと思います。

この後3章で、より詳細にご自身の物件相場を知る方法をご紹介するので気になる方はそちらをご覧ください。

築年数別に見たマンションの買取相場

次に、築年数別に見たマンションの買取相場をご紹介します。

築年数はエリアと同様、マンションの価値を決める上で非常に大切な指標になってきます。

もちろん築年数だけでマンションの価値が決まるわけではなく、現在はオリンピックなどの影響もあって、築年数が古い今の方が新築の頃の価値よりも高いエリアも存在しています。

ただやはり、基本的に買い手は新しいものに高いお金を払いたいと思うものなので、築年数が相場に影響を与える事が多いはという事を頭に入れておきましょう。

一般的にマンションの築年数は、新築~築10年、築11年~築20年、築21年~築30年、それ以上、という具合に価値変動をしていきます。

新築築年数相場

それぞれの段階について詳しく見ていきましょう。

【新築~築10年のマンション買取相場】

この期間は「築浅マンション」と呼ばれる段階です。

しかし、やはり新築の状態と比較したときの価値の下落スピードはこの期間が最も速いです。

マンションは住んだ時点で新築購入した時の10%は価値が下落すると言われています。

特に築5年以内となると築年数が1年違うだけでも、買取の価格が大幅に変わってくる場合もあります。

その為、築年数が浅いマンションの買取を検討している方は、なるべく早く売り出す事をお勧めします。

築年数が10年になるころには新築の頃の価値よりは割安になってしまいますが、買い手が最も求めやすい築年数(価格)になるので買い取って貰いやすい時期であるとも言われています。

【築11年~築20年のマンション買取相場】

築年数が10年を過ぎると、価値の下落スピードが一気に上がります。

気を付けなければいけないポイントは、この期間にどうしても「修繕費」がかかってくる部分が増える事が多い点です。

冒頭でもお話ししましたが、買取の場合は再販を目的として不動産会社が物件を購入する為、修繕費を見越した分が差し引かれて買取価格が決定します。

築年数が11年~20年の時期は、様々な部分がもろくなってきやすい期間になるので、修繕費をかけない状態でいかに売却できるかがポイントになってきます。

築年数が20年をまたぐのとまたがないのとでは、価値が大きく変わってくるので早いうちに買取をしてもらう事をお勧めします。

【築21年~築30年のマンション買取相場】

築年数が20年を過ぎると、買取の価格は新築時の70%ほどまで価値が下がると言われています。

ただし、ここからの下落スピードは築20年未満の状態よりも非常に緩やかになります。

その為、急いで売らなきゃ!と焦る必要はそれほどないと思います。

ただし築30年を超えてしまうと、中古マンション、築古マンションという認識になってしまうので、そこのラインは出来るだけ超えないほうが買取をしてもらいやすいのではないでしょうか。

【築31年以上のマンション買取相場】

築30年以上が経つと、マンションの価値はかなり低い状態になってしまいます。

この時点で価値が低いため、これ以降の価値変動は特になく横ばいになっていきます。

ただし、築年数が古い家は立地が非常にいい場合も多いです。

そういった場合は、リノベーションなどを考慮した上で通常の同じ築年数の物件よりも高い価格で買い取ってもらえる場合もあります。

その為、まずは査定を依頼して自分の物件の立地なども含めた価値を知る事が大切です!

マンション買取相場の調べ方4選

ここまででは、仲介と比較した時の買取相場や、エリア・築年数の観点でみた相場についてお話してきました。

これらの情報から、ご自身のマンションの買取相場がある程度イメージできたのではないかなと思います。

しかし、実際の相場はやはり、物件の状態やより詳しい立地、そして建築構造などによっても非常に異なってくる為、これらの情報だけでは具体的な相場を知る事は出来ません。

そこで本章では、より詳しくご自身のマンション買取相場を知る事が出来る方法を4つご紹介していきたいと思います。

方法①:マンションナビ

マンションナビ

マンションナビは、マンション名や住所、最寄の駅などを入力するだけで、そのマンションの売却相場をしる事が出来るサイトです。

このサイトは、過去の事例などをもとに売却相場を出している為信頼できる数字をしる事が出来ます。

更に、買取の予測金額を教えてくれるだけでなく、過去の実際の取引事例なども閲覧できる仕様になっているので、周辺マンションなどで取引があった場合にはそういった情報を得る事も出来ます。

注意点としては、このサイトでは売却相場(仲介をした場合の価格相場)が出される為、買取を検討されている方はその数字の約7割の価格と認識する必要があります。

無料のメンバー登録をすると、閲覧できる情報の幅も広がるので、興味のある方はぜひ確認してみてください!

方法②:マンションマーケット

 

マンションマーケットは、全国の約400万件以上の情報データから全国のマンションの相場を知る事が出来るサイトになっています。

このサイトでは、マンション名や最寄駅、沿線での検索はもちろん、間取りや広さなどのより詳細な条件からも検索する事が出来るので、具体的な相場をしる事が出来るのが特徴です。

また、条件が似通ったマンションの取引事例なども表示されるため、とてもイメージしやすい情報が得られるサイトなのではないでしょうか。

マンションに特化しているだけあって情報も非常に多く信頼できるので、おすすめのサイトになっています!

方法③:REINS Market Information

レインズ

 

REINS Market Informationは非常に有名なサイトで、このサイトは実際に売却が成功した価格をもとに不動産取引の情報を提供しているサイトになっています。

地域を絞ると、その地域周辺での実際に行われた取引事例などを見る事が出来、更に沿線や最寄り駅、間取りや広さなど、物件の詳細情報を入力していく事でより具体的な情報を得られる仕様になっています。

実際の取引事例をもとにしたサイトになっているので、想像とより近い価格を知る事が出来る点でお勧めするサイトです。

方法④:一括査定サイト

4つ目の方法は一括査定サイトの活用です。

一括査定サイトとは、築年数や立地など、不動産の簡単な情報をインターネット上のフォーマットに入力するだけで、不動産会社から査定をしてもらえるサイトの事です。

こうして直接プロの不動産会社に査定してもらえる事で、ご自身の物件の相場をある程度把握する事が出来ます。

また、中には一度情報を入力すると、一度に複数社の査定をしてくれるサイトも存在します。

そのようなサイトを利用する事で、複数社の査定額から平均値を知る事が出来、より具体的な買取相場を知る事が出来ます。

一括査定サイトの中で特にオススメするサイトは「すまいステップ」です。

すまいステップ

すまいステップは全国の業者と提携しているサイトです。

このサイトは、優良業者のみを厳選している為、検討違いの査定が返ってくる心配もありません。また一度に最大6社に査定してもらえるので非常に効率も良いサイトになっています。

マンションの買取相場を知りたいという人にはぜひ利用していただきたいサイトです!

マンションを相場より高く買い取ってもらうコツ

ここまでで相場について説明をしてきましたが、実際にマンションを買い取って貰う場合、買取相場よりも出来るだけ高い価格で買ってもらいたい、とだれもが思いますよね。

そこで本章では、買取相場よりも高い価格でマンションを買い取って貰えるコツを4つお教えしたいと思います。

ご紹介するコツは以下の4つ。

  1. 繁忙期を狙って買取を行う
  2. 複数の買取業者に査定を依頼する
  3. 買取業者の口コミを確認する
  4. 買取保証制度をうまく活用する

これをやれば絶対に相場より高く売れる、というわけではありませんが、確実にその可能性が高くなる方法です。

マンション買取を検討している方はぜひ実行してみてください!

繁忙期を狙って買取を行う

出来るだけ高くマンション買取を行うためには買取をするタイミングを見極める事が重要です。

マンションの買取需要が高まるタイミングと言えば、人々の新生活が始まる4月や9月の前、つまりは1月~3月、7月~8月頃になります。

この時期は、マンションの売り手が多く見つかる時期なので、不動産会社も通常より高い価格で買い取ってくれる事が多いです。

買取を検討していて、早急に売り出したいというわけではない方は、可能であればこの期間内で家を売り出すと高く売れる可能性がぐっと上がります。

豆知識として覚えておいてください!

複数の買取業者に査定を依頼する

マンション買取を行う際は必ず複数業者に査定を依頼しましょう。

査定とは、買取してもらう価格を決定する前に一度不動産会社に物件の価値をもて貰い、ある程度の物件の価格を見定めてもらう事です。

この査定を1社のみで完結させてしまうと、他の業者との比較ができずその価格が損なのか得なのか判断する事が難しいです。

その為、絶対に3社以上の業者に査定を依頼するようにしましょう。

査定の依頼方法はいくつかありますが、最もお勧めする方法は「一括査定サイトの利用」です。

前章の相場の調べ方でもお話した通り、一括査定サイトとは物件の基本的な情報をネットのフォーマットに入力するだけで、不動産会社がその物件のおおよその査定額を提示してくれるというものです。

これらのサイトはいくつかありますが中でも最もオススメをするサイトは「すまいステップ」で、一度の情報入力で複数社から査定が返ってくるので今回の目的にぴったりのサイトとなっています。

すまいステップの紹介も、前章の相場の調べ方に詳しく記載してあるので、そちらをぜひ確認してみてください!

買取業者の口コミを確認する

不動産の買取価格は、買主となる「買取業者」によって大きく変わってきます。

また、業者によって取引のスピード感なども全然違います。そのため、買取業者は慎重に選択する必要があります。

その際に、必ず確認してほしいのが検討している買取業者の口コミです。

ホームページなどはもちろん確認してほしいですが、それらは買取業者が作成しているものなので特徴や業者のいい面しか記載されていないですよね。

しかし、契約する前に知ってほしいのは、その業者の本来の姿や実際に利用した人の声です。

口コミを確認すれば、その業者が評価されているのか、その逆なのかが簡単に判断できます。

実際の体験談などお参考にしながら、納得のいく業者選びを心掛けましょう!

買取保証制度をうまく活用する

不動産の買取には「即時買取」と「買取保証」の2種類がある事がご存じでしょうか?

即時買取とは、その名前の通りすぐに買取の手続き進めていち早く現金化できる取引の方法です。

一方の買取保証は、一定期間個人のお客様を対象に売り出しを行い(仲介の形)、期間が過ぎても売れなかった場合のみ業者に買取をしてもらうという方法です。

この買取保証は、買取の「素早く現金化できる」というメリットを最大に生かせる方法ではありませんが、時間に余裕があり、少しでも高く売りたいと考えている人にはオススメの方法です。

今すぐ物件を手放したい!というわけではない人は、仲介と買取の良い部分を両方活かすことが出来るこの方法を一度検討してみる事をお勧めします!

関連記事

「マンションを早く売って現金化したいのに、なかなか売れない…」というのはマンション売却によくある悩みです。マンションを売る際、一般的なのは不動産会社を通して買い手を探す「仲介」ですが、早く売りたい人には「買取」という選択肢があります[…]

まとめ

今回は、マンションの買取相場について簡単に解説していきました。

マンションの買取は「相場調べ」が非常に大切になってきます。

下調べの手を抜かずに、信頼できる情報をつかんで買取の成功を目指しましょう!

 

 


不動産一括査定サイトを使って査定をしたら300万円以上の差も珍しくない

不動産一括査定サイトすまいステップ を使って実際に不動産を査定してみると、査定額に300万円以上差が出ることも珍しくはありません。

不動産会社査定価格
不動産会社A1100万円
不動産会社B1400万円
不動産会社C1280万円

これだけ査定額に差が出ると、複数の不動産会社に査定を依頼することが、不動産を高く売るために必須だと言えるでしょう。

少しでも不動産売却を検討しているなら、一括査定サイトで自分の不動産がいくらで売れるか調べてみましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?