【専門家監修】不動産売却メディア「すまいステップ」

マンション売却の時期はいつ?売るタイミング8選と注意点を解説

  • / 更新日:2022年8月12日
マンション売却の時期はいつ?売るタイミング8選と注意点を解説

マンションを売却するなら、なるべくスムーズに高く売却したいですよね。

しかし、梅雨時や真夏など買主が家探しを始めるには適さない季節や、年末など忙しさで売却活動に十分な時間をかけられない時期にマンションを売り出すとなかなか売れない可能性も。

この記事では、マンション売却に適した時期を統計データを元に探っていきます。

【2022年最新】マンションの売却相場ー築年数別・地域別の相場を知る

マンション売却に適した時期

マンションを売却するのにおすすめの時期は下記の5つです。

  • マンションの需要が高まる2月〜3月
  • 売却価格の高い築20年未満のとき
  • 市場状況の良い時期
  • マンションの大規模修繕を終えた後
  • 結婚・転勤・定年などのライフイベントがある

同じマンションでも、時期によって売れやすさは異なります。

どうして上記の時期に売却すると、マンションが高く・早く売れるのか見ていきましょう。

マンションの需要が高まる2月〜3月

マンション購入の需要が高まるのは、特に2月と3月です。

4月から始まる新生活に向けて物件を探す時期のため、1年の中で最も需要が高まります。

下記の表は、レインズが公表している、2021年の首都圏地域別中古マンション(東京都)の成約件数を表したものです。

2月と3月は、他の月に比べて成約件数が伸びているのが分かります。

1月2月3月4月5月6月
成約件数1,7751,8242,2211,7571,6751,609
7月8月9月10月11月12月
成約件数1,5551,2751,6101,7651,7821,521

引用元:REINS_TOWER(東日本不動産流通機構):月例マーケットウォッチ(2021年度)

逆に、成約件数が伸び悩むのは8月です。

お盆参りや実家への帰省など、優先すべき行事が多く、真夏の暑さも影響して成約件数が伸び悩むためです。

また、年末年始の挨拶や行事の影響で、年末から年始にかけても成約件数が伸びにくくなります。

売却価格の高い築20年未満のとき

築年数が浅いマンションは売却価格が高く、かつ成約しやすい傾向にあります。

売却におすすめなのは、築20年未満のマンションです。

レインズが公表している2021年の中古マンションの築年帯別平均価格のデータによると、マンションの売却価格は築20年を超えた時点から大きく下がり始めます。

出典:REINS_TOWER(東日本不動産流通機構):「築年数から見た 首都圏の不動産流通市場(2021年)」

また、レインズが公表している”築年帯別の中古マンション成約件数構成比”を表した次のグラフによると、成約件数の割合は、築5年以内より築6年〜10年の方が多いことが分かります。

出典:REINS_TOWER:首都圏不動産流通市場の動向(2022年1月〜3月)

新築に比べて価格を抑えられ、かつ建物の劣化も少ない築6年〜10年のマンションは、中古マンションを探している層から人気が高いからです。そのため、築年数10年未満のマンションは高く、早く売却しやすいと言えます。

なお、築25年を超えると、耐震基準を満たす「耐震基準適合証明書」を取得していないマンションの場合、買主が住宅ローン控除を受けられないため注意が必要です。

築25年は、買主にとっても購入を左右する目安となるため、築20年前後のマンションを所有していて売却予定のある方は、早めに売却することをおすすめします。

市場状況が良い時

当然、マンション取引市場の状況が良い時に売却すれば高く売れやすです。

2022年は住宅価格が上昇傾向にあるため、マンション売却に適した時期と言えます。

国土交通省が公表している不動産価格指数によれば、2013年からマンション(区分所有)の価格指数が上昇し続けています(黄緑色の線)。

出典:国土交通省_不動産価格指数(令和4年2月・第4四半期分)

戸建住宅とマンションの不動産価格指数に注目すると、マンション以外の不動産も上昇傾向にあるものの、2022年2月の前年比が戸建住宅9.8(113.6-103.8)に対し、マンションでは19.2(178.2-159.0)と大きくなっています。

2021/022021/072022/02
戸建住宅103.8108.7113.6
マンション(区分所有)159.0166.9178.2

引用元:国土交通省_不動産価格指数(令和4年2月・第4四半期分)をもとに作成

不動産価格指数が上がるということは、不動産価格の相場も上昇しているということです。

上昇しているマンションは、現在、高く売れやすく、売却に適した時期と言えます。

また、東京カンテイが公開している主要都市別の中古マンション70㎡価格推移を表した下記の表では、2022年4月の中古マンションの平均価格は、首都圏で4,688万円(前年同月比16.6%)と上昇傾向にあります。

出典:東京カンテイ_三大都市圏・主要都市別/中古マンション70㎡価格別推移

マンション(区分所有)購入の需要が高まることで、マンションの価格相場も上がっているのです。

マンションの大規模修繕を終えた後

マンションの大規模な修繕後は売却時期としておすすめです。

外壁塗装やエレベーターの整備、配管メンテナンスなど、過去数年以内に共有部分の大規模修繕があったり、近々修繕予定があったりする場合は、売却のチャンスと言えます。

マンション全体のメンテナンス状況や外観などがきれいであれば、住みやすさはもちろん、見栄えや写真映えも良く、不動産ポータルサイトなどでも買主にアピールできるので、注目を集めやすくなります。

結婚・転勤・定年などのライフイベントの時期

結婚や転勤、子供の成長やご自身の定年、離婚や相続といったライフイベントも売却のきっかけになるでしょう。

状況によっては、急いで売却せざるを得ないこともあるかもしれません。

とはいえ、マンション売却に伴う期間は一般的に3ヶ月〜6ヶ月程度です。築年数や季節によっては、買い手がつきにくく、理想的な金額では売却できない場合も考えられます。

これまでにご紹介した解説を参考に、できるだけ良いタイミングで、ライフイベントに対応しましょう。

ベストな売却時期を見つけよう

2022年はマンション売却に適した時期と言え、築浅のマンションは需要が高く売却しやすいと言えるでしょう。

築年数以外にも、売却に適した時期や税金面、マンションの周辺環境の変化など、売却時期の判断材料には、さまざまな観点があります。

マンション売却の不動産会社選びを検討中の方は、一括査定を依頼できる「すまいステップ」のご利用もおすすめです。

マンションとお客様の情報を入力するだけで、厳選された売却実績多数の不動産会社(最大4社)から査定結果を得られます。

また、売買契約者様の口コミも公開していますので、納得のできる査定金額と、安心できる不動産業者への依頼が可能です。

【完全無料】うちの価格いくら?