【専門家監修】不動産売却メディア「すまいステップ」

マンション売却の内覧時にはどこを掃除すればいい?当日の対応のコツも解説

  • 更新日:2024年1月16日
マンション売却の内覧時にはどこを掃除すればいい?当日の対応のコツも解説

「内覧時はどこを掃除すればいいの?」

「そもそも内覧時に掃除は必要なの?」

結論、内覧前に掃除は必要です。

また、掃除箇所としては、以下の水回りを掃除しておくと効果的です。

これらの水回りは内覧者が特に気にする箇所であり、購買意欲に大きく影響する箇所でもあります。

「家全体を掃除する時間がない」という方は、この3か所だけでもよいので掃除しておきましょう。

この記事では、上記以外の必要な掃除箇所内覧者に好印象を与えるコツも紹介します。

どこを掃除したらよいかわからない方、売却を確実に成功させたい方はぜひ最後までご覧ください。

マンションを高く売るための基礎知識を知りたい方はコチラ!

不動産を高く売るための基礎知識を知りたい方はコチラ!

マンション売却の内覧までに掃除すべき重要な8か所

内覧までに掃除する箇所は以下のとおりです。

内覧までに掃除すべき箇所
  • トイレ
  • お風呂
  • キッチン
  • 玄関
  • リビング
  • ベランダ・バルコニー
  • 押し入れ・クローゼット

掃除箇所はいくつもあるため、「特にどこを掃除すればいいかわからない」「掃除方法がわからない」という方も多いのではないでしょうか。

そこで、内覧まで時間がない方や時間に余裕のある方向けに状況別での掃除箇所をご紹介します。

それぞれを重要度別で解説しますので参考にしてみてください。

【最重要】マンション売却の内覧時までに掃除すべき箇所

掃除箇所のなかでも特に内覧者が気になる箇所であり、購入意欲につながりやすいポイントです。

「掃除する時間があまりない」という方はこのポイントだけでもしっかり掃除しておきましょう。

掃除すべき最重要箇所
  • トイレ
  • お風呂
  • キッチン

トイレ

トイレは内覧者が特に気になる箇所のため、しっかりと掃除しておきましょう。

トイレ掃除のポイント
  • ほかの箇所と比べて汚れやすくて臭いが発生しやすい
  • 直前に掃除しても臭いまでは取りきれないことがある
  • 頑固な汚れには重曹を使って掃除する

トイレは、ほかの箇所と比べて汚れやすく、臭いが発生しやすい箇所です。

直前に掃除しても、見た目上はきれいになっていても、臭いまでは取りきれていない場合があります。

頑固な汚れや臭いが消えない場合は、重曹を使って掃除すると取れることが多いので試してみましょう。

すまリス
掃除後は芳香剤を置いて良い香りにしておこう!

お風呂

お風呂は特に汚れが目立ったり頑固だったりするため、十分に掃除する必要があります。

お風呂はほかの水回りの箇所と比べても汚れが発生しやすい箇所です。

主な汚れとして、浴槽の汚れや湿気による壁のカビや鏡のサビなどがあります

掃除の際は市販のお風呂用洗剤でもよいですが、頑固な汚れは落ちないことが多いです。

そんなときは、クエン酸や消毒用エタノール、重曹などを使って掃除しましょう。

また、蛇口やシャワー、椅子なども掃除しておきましょう。

すまリス
どうしても汚れが落ちなければハウスクリーニングを利用してみよう!

キッチン

キッチンは油汚れやシンクの水垢などが目立つのでしっかりと掃除しておきましょう。

キッチンは料理をする場所のため、どうしても油汚れやシンクが汚れやすくなります。

コンロ周りやレンジフード、換気扇などの油汚れは特にしっかりと掃除しましょう。
シンクは洗剤を使って掃除しても、乾いてくると取りきれていない汚れが出てくることがあるため、クエン酸を使うことをおすすめします。
すまリス
キッチン周りは物が多くなりやすいから不要なものは処分か整理しておこう!

【重要】マンション売却の内覧時までに掃除すべき箇所

内覧者の多くが気になるポイントであり、水回りの次に掃除しておくべき箇所です。

掃除しておくべき重要な箇所
  • 玄関
  • リビング

玄関

玄関は内覧者が最初に目にする場所であり、第一印象を決める重要な場所のため、しっかりと掃除しておきましょう。

玄関がきれいだと清潔感が増して内覧者に好印象を持ってもらえます。

掃除の際は以下を参考に行ってみましょう。

  1. 奥の室内の方から玄関に向かって掃き掃除
  2. 廊下や玄関付近を拭き掃除
  3. ドアノブや靴棚などの細部も掃除

まずは玄関から最も遠い部屋から玄関に向かって掃き掃除をしましょう。

そのあとに拭き掃除をして、掃き掃除で取りきれなかったほこりや砂などを拭きとります。

これである程度はきれいにできますが、内覧者によっては細部までチェックする方もいるため、ドアノブや靴棚も掃除しておきます。

すまリス
不要な靴や傘などがあれば処分して、スッキリさせておこう!

リビング

リビングは家のなかで最も広い空間であり、内覧者が特に注目している場所です。

リビングには、家具や家電などのさまざまな物が置かれている家庭が多いです。

そのため、掃除をしていても物が多いだけで散らかっている印象になります。

まずは、不要な家具や家電を処分するか収納して、スッキリとした印象にしておきましょう。

掃除の際には、天井から床に向かって掃除することで効率よく掃除できます。

窓は部屋全体をきれいに見せるため掃除しておきましょう。

掃除の際は、できれば「アルカリ電解水」を使うようにしましょう。

窓に付いた油や菌などを除去する効果があるので普通の水よりきれいに仕上がります。
アルカリ電解水の効果:タンパク質や油分を分解する効果がある。

窓全体を磨けたら、スクイージーで水を切りましょう。

スクイージーとは:T型の形をした水分を切る道具

最後にマイクファイバークロスで窓全体を拭きあげましょう。

マイクロファイバークロスとは:ナイロンやポリエステルからできている合成繊維を使用しているクロス
※スクイージーやマイクロファイバークロスは100円ショップで売っているので準備しておきましょう。
すまリス
窓をきれいにすると日光を取り込みやすくなり、部屋全体が明るくきれいに映るよ!
みんなの不動産売却体験談

石川県かほく市 / 20代

査定価格1,800万円売却価格1,800万円

不動産会社の決め手
迅速丁寧な対応を重視しました。親身になって相談にのってくれたのも決め手でした。売却の際のスピーディーさも担当者さんのレスポンスの早さも良かった点です。
この口コミをもっと見る

秋田県秋田市 / 30代

査定価格1,280万円売却価格1,230万円

不動産会社の決め手
査定額が高いのは重要ポイント。しかし、担当者の印象も大事だと思った。電話対応は明るく親切か、不安や疑問に思っている事を相談できる環境を整えてくれているかなど。
この口コミをもっと見る

東京都国分寺市 / 50代

査定価格1,200万円売却価格1,350万円

不動産会社の決め手
査定根拠などをあげた説明がしっかりしていて、査定額が高かったこと。担当してくれた担当者が話してみて好感が持て、販売方法や取り組み方などの説明に信頼できそうだと感じたからです。
この口コミをもっと見る

大阪府豊中市 / 50代

査定価格1,530万円売却価格1,530万円

不動産会社の決め手
査定が高く、誠実丁寧で対応が早い。売り主の希望を聞いてくれて柔軟に対応してくれた担当者さん。もちろん有名な大手の会社だったので安心感はありました。
この口コミをもっと見る

静岡県浜松市北区 / 50代

査定価格2,500万円売却価格2,580万円

不動産会社の決め手
担当者の信用度、人間性。レスポンス。地域の相場や不動産状況の情報量。会社の知名度や社会的信用性。内見や問い合わせなどの進捗内容やその対応内容など。
この口コミをもっと見る

マンション売却の内覧時までに余裕があれば掃除しておくべき箇所

内覧までに時間がある場合に掃除しておくべき箇所です。

内覧者によっては見られない場合もありますが、念のため掃除しておきましょう。

時間に余裕があれば掃除しておくべき箇所
  • ベランダ・バルコニー
  • 押し入れ・クローゼット

ベランダ・バルコニー

ベランダやバルコニーは部屋の外にあるため、掃除を忘れてしまう方もいます。

内覧時にチェックされるため掃除しておきましょう。

ベランダやバルコニーの掃除は、落ち葉やほこりなどを掃き掃除しておきましょう。

室外機は普段掃除せず、汚れていることが多いので併せて掃除します。

また、洗濯物で使用する洗濯用ハンガーや洗濯ばさみなどは、収納するか端に寄せておきましょう。

押し入れ・クローゼット

内覧者によっては、押し入れやクローゼット内まで見ることもあるため、掃除しておきましょう。

押し入れやクローゼットの掃除の際は、まずは不用品を処分することから行いましょう。

物が多いと掃除しづらく、もし内覧者が見た際に詰め込まれている印象を持たれてしまいます。

そのため、まずは不用品を処分して、そのあとにきれいに収納しましょう。

すまリス
押し入れやクローゼットになんでも詰め込まないようにしよう!

マンション売却の内覧当日に好印象を持ってもらうコツ

掃除が終わったら内覧者を出迎えます。

その際により好印象を持ってもらうコツをご紹介します。

内覧当日に好印象を持ってもらうコツ
  • 部屋を明るくしておく
  • 臭い対策しておく
  • スリッパを用意しておく
  • マンションのアピールポイントを答えられるようにしておく

部屋を明るくしておく

部屋を明るくしておくことで内覧者に好印象を持ってもらえます。

第一印象となる玄関の電気をつけておくと内覧者に良い印象を与えられます。

また、部屋のカーテンは最大限まで開けておきましょう。

少しでも採光をよくするために部屋の不用品は片づけるか置く場所を変更しておくこともポイントです。

臭い対策をしておく

臭いは自分では気が付かないことが多いです。

普段の住み慣れた環境の臭いは慣れてしまうため、自分ではなにも臭わないと思っていても内覧者はそうとは限りません。

玄関やトイレには芳香剤を、リビングにはアロマなどを置いて臭い対策しておきましょう。

同じ空間でもよい香りがするだけで印象は大きく変わります。

難しいことではないため、忘れずに準備しておきましょう。

スリッパを用意しておく

内覧は家のなかを見て周るため、内覧者用のスリッパを用意しておきましょう。

スリッパが用意されていないと「気が利かない」とマイナスのイメージを持たれてしまいます。

購入希望者は「家」だけでなく「人」を見て購入するか判断する方もいます。

「スリッパがないだけで購入意欲が落ちる」ということはあまりないですが、少しでも良い印象を持ってもらうように準備しておきましょう。

マンションのアピールポイントを答えられるようにしておく

内覧者によっては、建物の状況や設備などについていろいろと質問してくる場合があります。

その際に答えられないと、せっかくのアピールチャンスを逃すことになります。

物件の設備、周辺環境、利便性、治安などの状況を不動産仲介会社の担当者と話し合って整理しておきましょう。

すまリス
騒音や近隣状況などを気にする方が多いから答えられるようにしておこう!

まとめ

マンション売却における内覧時の掃除について解説しました。

掃除をすることで内覧者に好印象を持ってもらえて売却につながりやすくなります。

掃除だけでなく、不用品の処分や臭い対策も同時に行うようにしましょう。

内覧当日は部屋を明るくしたり、スリッパを用意したりして少しでも内覧者に良いイメージを持ってもらう工夫をしておくとよいです。

また、内覧者によっては質問をしてくる場合があるため、騒音や近隣状況、部屋の設備などについて答えられるようにしておきましょう。

少しでも高く売却できるように余裕をもって進めてみましょう。

記事のおさらい

内覧当日に内覧者に好印象を持ってもらうコツは?

内覧者に好印象を持ってもらうコツは以下の4つです。

  • 部屋を明るくしておく
  • 臭い対策しておく
  • スリッパを用意しておく
  • マンションのアピールポイントを答えられるようにしておく

詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

内覧までに掃除しておく場所は?

内覧までに掃除しておく場所は以下の8つです。

  • 玄関
  • トイレ
  • お風呂
  • キッチン
  • リビング
  • ベランダ・バルコニー
  • 押し入れ・クローゼット

詳しくはこちらをご覧ください。

都道府県ごとの不動産売却情報

お住まいの地域の売却相場・不動産会社をチェックしよう

すまいステップなら簡単に査定価格が分かる
リナビス
リナビス

一括査定であなたの家の適正価格が分かる
オンライン対応

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4
1000社以上の優良不動産会社が参画

不動産会社選びで、
数百万円も
売却額が変わる

不動産会社選びで、数百万円も売却額が変わる
【完全無料】うちの価格いくら?