【専門家監修】不動産売却メディア「すまいステップ」

マンション売却が大変な理由から解説!7つの方法で手間を省こう

マンションの売却は初めてだと戸惑うことも多いでしょう。スムーズにマンションを売却するためには、売却の流れや手続きの内容などについて、理解を深めておく必要があります。

やるべきことを把握していると、マンションの売却も失敗なく進めやすいです。売却が大変な理由だけではなく、上手に売却する方法も知り、マンションを賢く売りましょう。

監修者:山本健司
監修山本 健司
東急リバブル株式会社、ソニー不動産株式会社(現SREホールディングス株式会社)で1位を連続受賞。不動産相談件数16,000件以上。ミライアス株式会社を立ち上げ不動産売買仲介、不動産コンサルティング業務を行っている。【URL】ミライアス株式会社

マンション売却で確定申告をするまでの流れ

マンションを売却してから確定申告をするまでの流れは、次の通りです。

  1. 情報収集
  2. 一括査定
  3. 不動産会社と媒介契約を結ぶ
  4. 売却活動を開始
  5. 内覧や契約
  6. 決済と引き渡し
  7. 確定申告

売却するマンションの相場価格や周辺エリアの競合物件の有無などを調べるために、情報収集を行います。売却予定のマンションがいくらで売れるのかを知るためには、一括査定を利用するとよいでしょう。

不動産会社の仲介によって売却する場合は、媒介契約を結んで売却活動を開始してもらいます。購入希望者が現れたなら内覧の対応をし、売主と買主双方が合意できる内容で契約を結びます。

契約締結後は決済を受け、マンションの引き渡しを行いましょう。マンションを売却した翌年には、確定申告を行います。確定申告の期限は原則2月16日から3月15日までです。

マンション売却が大変な3つの理由

マンションの売却が大変と言われる理由は、次の3つがあげられます。

  • マンションは売却するまでに数ヶ月かかる
  • 内覧の準備や対応に手間
  • 慣れない多数の書類手続き

なぜマンションの売却が大変なのか、詳細な理由から理解を深めていきましょう。

マンションは売却するまでに数ヶ月かかる

マンションの売却は長期間かかるものであり、最低でも数ヶ月は見ておかなければなりません。

また、マンションを売却した翌年には確定申告が必要であり、申告手続きの期間まで含めると、やるべきことは長期化しやすいです。

売るだけでも時間がかかりますが、すべての手続きが完了まで含めるとかかる時間は非常に長く、売却が大変と言われる理由の1つです。

内覧の準備や対応に手間

マンションを売るには内覧の準備や対応が必要であり、これに手間がかかります。購入希望者を募るにはマンションの見栄えをよくする必要があり、部屋の掃除をしたり、必要に応じて臭い消しをしたりします。また、内覧に対応するには購入希望者と相談しながらスケジュールの調整が必要です。

売却が成立するまでの平均的な内覧件数は10件と言われており、複数組の家族に対応しなければならない点も、大変な理由の1つといえるでしょう。

慣れない多数の書類手続き

マンションの売却では書類手続きが多く、慣れない作業を大変に感じる人も多いです。売却時に契約書類の用意や作成があるだけではなく、売却後の確定申告でもさまざまな書類を準備しなければなりません。手続きをスムーズに行うには書類を不備なく準備する必要があり、手間がかかる点も大変な理由です。

大変なマンション売却の手間を省く7つの方法

マンション売却の手間を省く方法として、次の7つがあげられます。

  • マンションの相場は一括査定サイトを活用
  • 優良な不動産会社にマンション売却を依頼
  • 書類手続きを司法書士に依頼
  • 内覧前にマンションのハウスクリーニング
  • 内覧の対応を不動産会社に任せる
  • 売却前に新居に引っ越し
  • マンション売却の確定申告を税理士に依頼

7つの方法を上手に駆使して、マンション売却の手間を減らしましょう。

マンションの相場は一括査定サイトを活用

売却するマンションの相場価格を調べるには、一括査定サイトの活用がおすすめです。一括査定サイトを利用することで、一度に複数社から査定を受けることができ、どれくらいの金額で売却できるのか、目安額を判断しやすくなります。

一括査定サイトのすまいステップは、無料で利用でき、複数社からまとめて査定が受けられるため、おすすめです。登録も簡単であり、効率的に相場価格を調べられる点が魅力です。

優良な不動産会社にマンション売却を依頼

マンションの売却を成功させるには、売却を依頼する不動産会社の選び方が重要です。優良な不動産会社に売却を依頼することで、スムーズに買主を見つけてもらえる可能性が高くなります。優良な不動産会社を選ぶポイントは、次の通りです。

  • マンションの売却実績が豊富
  • 担当者とスムーズに連絡が取れる
  • 売却について積極的に提案をしてくれる

マンションの売却実績が豊富だと、買主をスムーズに見つけてもらいやすいため、早期売却が実現しやすくなります。また、担当者との相性も重要であり、スムーズに連絡が取れることや、売却の提案を積極的にしてくれるかなども見ておきましょう。担当者が信用できるなら、優良な不動産会社である可能性が高いです。

書類手続きを司法書士に依頼

登記などの書類手続きは、自分で行うだけではなく司法書士に依頼して代行してもらうことも可能です。数万円程度の報酬の支払いが必要ですが、プロに依頼することでスムーズに手続きを終えられることは大きな魅力です。

司法書士には書類手続きのほとんどを代行してもらうことができ、遠方のマンションを売却するなど、通常よりも手間がかかる際にも活用できます。

内覧前にマンションのハウスクリーニング

内覧前に清掃をするなら、プロに依頼してハウスクリーニングをしてもらうことがおすすめです。特に水回りや玄関周りなど、汚れが目立ちやすく掃除の手間がかかる部分は、プロに依頼することで効率的にきれいにできます。

自身で掃除するのが難しい部分は、プロのハウスクリーニングを利用してきれいにしておきましょう。

内覧の対応を不動産会社に任せる

売主は必ずしも内覧に立ち会わなければならないわけではなく、不動産会社に対応してもらうことも可能です。内覧の立ち会いが難しい場合は、不動産会社にマンションの鍵を預けて対応してもらいましょう。

不動産会社に任せることで、自身のスケジュールに関係なく内覧対応ができるため、より多くの購入希望者に物件を見てもらうことができます。

売却前に新居へ引っ越し

新居探しで慌てたくないなら、マンションを売却する前に新居に引っ越しておくことがおすすめです。先に新居に引っ越し、生活拠点を持っておくことで、時間をかけて前に住んでいたマンションを売却できます。

また、引っ越しを済ませていることで、内覧前の清掃も簡単で済むため、売却までの労力が軽減できることも魅力です。

マンション売却の確定申告を税理士に依頼

マンション売却後の確定申告は、税理士に依頼することでスムーズに進められます。税理士事務所に相談して、どこまでサポートしてもらうのかを決めましょう。

申告の代行だけではなく、経費の入力など細かい作業も依頼する場合は、より費用が高くなります。税理士に依頼する内容が増えるほど、費用は高額になると考えましょう。

大変でもマンション売却でやるべきこと

マンション売却は大変な作業ですが、手間がかかったとしても、売却を成功させるにはやっておきたいことがいくつかあります。

  • マンション売却のシミュレーション
  • 売却するマンションの魅力を整理
  • 作成してもらう広告は自身でも確認

上記3つのポイントを意識して、大変なマンション売却を上手に成功させましょう。

マンション売却のシミュレーション

マンションを売却するなら、事前にどれくらいの金額が手元に残るのか、シミュレーションをしておくことが大切です。売却時には費用がかかり、売却によって得た利益に応じて税金が課税されます。

マンションの売却価格だけではなく、売却にかかる費用や税金分などを計算しておくことで、手元に残る金額を正確に判断しやすいです。いくら手元に残るのかがわかると、新居を購入する予算も決めやすいでしょう。

また、ローンが残っている場合は売却によって完済できるかどうかも判断できるため、スムーズに売るためには事前のシミュレーションは必須です。

売却するマンションの魅力を整理

売却するマンションの魅力は、購入希望者にスムーズに伝えられるように念入りに整理しておく必要があります。魅力が整理できていないと、内覧を不動産会社の担当者に依頼した場合に、魅力を伝えきれずに売却のチャンスを逃すことがあります。

自身も内覧に立ち会うなら、魅力を最大限伝えられるようにアピールポイントをまとめておきましょう。また、不動産会社に内覧対応を一任する場合は、魅力をリストなどにまとめておき、担当者に伝えておくことが大切です。

作成してもらう広告は自身でも確認

不動産会社と媒介契約を結ぶと、売却する物件の広告を作成してもらえます。広告の作成自体は不動産会社に任せて構いませんが、内容は必ず自身でも確認しておきましょう。

広告に掲載されている写真に問題がないか、宣伝文句にアピールポイントが十分記載されているかは、自身でチェックしておく必要があります。

広告の作成を任せきりにすると、マンションの魅力を十分にアピールできないこともあるため、必ず確認して必要に応じて修正してもらいましょう。

マンションの売却期間を短縮するなら買取

短期間でマンションを売却したいなら、不動産会社による買取がおすすめです。仲介による売却では不動産会社が探してきた個人の買主に売却しますが、買取の場合は不動産会社にマンションを売れます。仲介とは売却までの流れやメリットやデメリットが異なるため、どのように違うのかを知っておきましょう。

マンションの買取で引き渡すまでの流れ

買取によってマンションを売却する流れは、次の通りです。

  1. 不動産会社に買取を依頼する
  2. 査定を受ける
  3. 査定金額に問題がなければ契約する
  4. 決済を受けてマンションを引き渡す
  5. 確定申告を行う

買取に対応している不動産会社に相談し、買取の依頼をしましょう。買取の場合は査定額がそのまま売却価格となるため、問題がなければ不動産会社と契約します。

契約後は契約書に定めたスケジュールで決済を受け、マンションを引き渡します。買取で売った場合でも確定申告は必要であるため、売却によって利益が出ているなら、翌年に忘れず申告を行いましょう。

マンションの買取のメリットデメリット

買取のメリットは、次の通りです。

  • 早期に売却できる
  • 仲介では売れないマンションも売れる

仲介と比較すると、早期に売却できる点は買取のメリットです。仲介による売却では数ヶ月から半年、1年程度かかることもありますが、買取だと1ヶ月以内で売却できる場合もあります。

また、不動産会社は買い取ったマンションをリフォームやリノベーションして、再販します。そのため、物件状態が悪く、仲介では売却が難しいマンションでも、買取ならスムーズに売れることも多いです。

一方デメリットは次の通りです。

  • 買取価格は仲介よりも安い
  • 対応している不動産会社が少ない

デメリットは売却価格が安くなる点であり、買取で売った場合は仲介の70%から90%程度の価格になります。また、すべての不動産会社が買取をしてくれるわけではなく、対応する業者が少ないため、選択肢が狭まる点もデメリットでしょう。

買取先は複数社を比較して高額な不動産会社

買取を利用する場合は、複数の不動産会社に査定を依頼して、もっとも高額査定を出す業者に売却しましょう。仲介の場合は査定額は売却価格の目安であり、実際の金額は買主との合意によって決まります。

そのため、買主の合意が得られるなら、査定額以上の金額で売却することも可能です。しかし、買取の場合は不動産会社が提示する査定額が、そのまま売却価格となります。

そのため、査定額が低いと売却価格も安くなってしまうため、納得できる金額で売るためにも、複数社から査定を受けて、条件のよい不動産会社を見つけることが大切です。

マンション売却は大変でもやり方次第で負担は大きく減らせる

マンション売却は時間がかかったり、慣れない書類作業で大変なことも多いです。しかし、やり方を工夫することで、負担を大きく減らして売却を実現することは可能です。

売却や書類手続きなどは、プロに依頼することで負担を減らせます。不動産会社だけではなく、司法書士や税理士などのプロも上手に活用して、負担を減らして大変なマンション売却を成功させましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?