【専門家監修】不動産売却メディア「すまいステップ」

マンション売却時のリフォームは不要!

築古の中古マンションを売却する際、「リフォームをしたほうが良いのか」と悩まれる方は少なくなりません。

室内に古さが目立つ場合は特に、「リフォームを行ったほうが高くマンションを売却できるのではないか」と考えるのではないでしょうか。

しかし、リフォームをしてもマンションの売却価格はそれほど変わらない場合があります。

リフォームにかけた代金がそのまま売却価格に上乗せされて売れることはほとんどありません。

この記事では、その理由を踏まえつつリフォームをしてからマンションを売却するべきか解説していきます。

マンション売却でリフォームは基本的に不要

結論、ほとんどのマンションで売却前のリフォームは不要です。

下の図は、国土交通省が中古住宅を購入した人に「購入した物件はリフォーム済みだったか」を尋ねた結果です。

リフォーム状況と購入者の行動
国土交通省「中古住宅・リフォームトータルプラン参考資料」をもとに編集部が作成

仲介でマンションを購入した人のうちリフォーム済みのマンションを購入した人(上の図の「売主が個人で『リフォーム済み』」と答えた人)は、6.2%に留まりました。

すまリス
マンションを売却する前にリフォームする人はかなり少数なんだね!でもどうして?

その理由を詳しく見ていきましょう。

【理由①】マンションの売却代金にリフォーム費用を上乗せできない

そのまま売却すれば3000万円のマンションがあるとします。500万円かけてリフォームした場合、3500万円で売却できると思いますか?

答えは否です。マンションの売却代金にリフォーム費用を上乗せできるとは限りません。

マンションの購入検討者は、SUUMOやホームズなどのポータルサイトで購入候補のマンションを検索します。

購入希望者は「駅からの距離」や「築年数」などの条件で絞り込みをかけます。

これらの条件は、リフォームを行っていてもいなくても一緒です。

むしろ、リフォームに使った費用分を回収しようとマンションの売却価格を高く設定すると、「価格」による絞り込みではじかれてしまう可能性があります。

リフォームにかけた費用を必ず回収できると限らないため、マンション売却前にリフォームは行わないことをおすすめします。

【理由②】マンションのリフォーム費用が高額

マンションをリフォームする際の費用は高額になることが多いです。

下の図は、宅建協会が不動産会社に対して「自社で買い取った物件をリフォームして売却する際、リフォームにどのぐらいの費用をかけているか」を尋ねた結果です。

数百万円単位で費用がかかっていることが分かります。

参考までに、リフォーム箇所と費用の相場を見ていきましょう。

リフォーム箇所費用相場
水回りキッチン50~150万円
トイレ10~50万円
洗面所20〜50万円
浴室50〜100万円
床・壁床(6帖)6~18万円
壁紙(6帖)5万円

フローリング・クロスの張り替えの費用相場

フローリングや壁紙の張り替えは比較的安価に行えます。

リフォームの内容費用相場
6畳の部屋の壁紙を貼り替える4.5~6万円
6畳の部屋のフローリングを貼り替える
(※張り替え工法の場合)
9~18万円
6畳の畳の部屋をフローリングにリフォームする
(※複合フローリングの場合)
約18万円

喫煙やペットを飼っていることによって、部屋にニオイがついているケースでは壁紙の張り替えが有効なことも。

また、購入希望者から嫌厭されがちな和室がある間取りは、畳をフローリングに変えるだけでも印象は大分変えられます。

壁や床のリフォームは、一定のメリットがあり費用も比較的安価であるため、もし気になる場合は不動産会社に相談した上で行ってみても良いかもしれません。

水回りのリフォーム相場

水回りは、マンションの購入希望者がよくチェックする箇所です。

家族向けの物件の場合、キッチンの設備は重要視されます。

購入希望者はキッチンに対して独自のこだわりのある人もおり、消費者のニーズを把握していない方が独断でリフォームを行うとかえって嫌厭される原因となることも。

お風呂や洗面台のリフォームも決して安い金額ではないため、不動産がお

【理由③】リフォーム前のマンションが売却しやすい

築古のマンションを購入する買主の中には、「マンションを自分好みにリフォームしたい」と考えて物件を探している人も少なくありません。

下の図は、国土交通省が中古物件を購入した人に対して、「中古物件を購入してよかったこと」を尋ねた結果です。

中古住宅を購入してよかった点
引用:国土交通省

中古物件を希望した人は『価格の安さ』の次に、『自分好みにリフォームできる』点をメリットとして挙げている人が多いことが分かります。

そのような買主にとって、リフォームされたマンションは「余計なお世話」として購入対象から外れてしまいます。

すまリス
誰かがリフォームしたマンションを高く買うくらいなら、安く買って自分好みにリフォームしたいよね。
築古のマンションの売却実績がある、(株)ツクルバの売却部門の事業部長へのインタビューでも「リフォーム前の物件」の人気の根強さが伺えました。
築古のマンションは、市場に出回る前にリフォームされてしまうケースも多いため、むしろ売却しやすいこともあるとのことです。
リフォームを前提に買う人にとっては、床の傷や水回りの汚れもすべて工事してしまうため気にしない方が多いそうです。
インタビュー記事の詳しい内容は、下記から読めます。

【理由④】マンション売却にかかる期間が延びる

リフォームを行う場合、マンションの売り出しはリフォーム後となる可能性もあります。

つまり、リフォームにかかる期間を考慮して売却スケジュールを立てることが必要があるということです。

リフォーム箇所期間の目安
クロス張り替え1~2日
キッチン交換2~3日
お風呂の交換4~7日
トイレの交換数時間~ 1日
フルリフォーム2~4カ月間

リフォーム箇所によって期間は異なりますが、お風呂の交換など大掛かりな場合は1週間程度かかることもあります。

また、フルリフォームの場合は事前に管理組合に届け出を出すなどの手続きも必要です。

そのためフルリフォームには、準備期間を含めて数カ月かかるケースもあるため注意しましょう。

リフォーム期間も当然、住宅ローンや固定資産税の支払いは続くため、売却までの期間が延びるほど損をしてしまいます。

マンション売却前にリフォームが必要なケース

ここまで、マンションを売却する際にリフォームをしないほうがいい理由を見てきました。

しかし稀に、売却前のリフォームを考えたほうがよいケースもあります。

売却価格が1,000万円以下の物件は、劣化のために著しく価格が下がっていることもあるので、些細な修復でも大きく価格が上昇することがあります。

他に、一部分を安価で補修できる場合もリフォームをしてみてもいいでしょう。
例えば、ドアノブなど細かい部品や、狭い範囲の壁紙張替なら大きくお金はかかりません。
10万円程度のリフォームであれば、その費用を回収できる可能性も高くあります。

いずれの場合も、まずは不動産会社に相談して見ましょう。
その地域に根付いた不動産会社であれば、最近の需要の変化や傾向などから適切なアドバイスを頂けるでしょう。

一括査定サイトすまいステップで利用すると、厳しい基準で厳選された優良不動産会社にのみ査定を依頼することができます。
直接物件を見てもらい、リフォームについて相談してみましょう。

下のフォームより無料で簡単に査定依頼をすることができます。

すまいステップなら簡単に査定価格が分かる
リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4

まとめ

この記事ではリフォームは基本的に不要とお伝えしてきました。

一方で物件の状況は様々なので一概に全ての場合で不要と言い切ることはできません。

この記事を読んでもなお、リフォームすべきか迷ったら不動産会社に相談してみることをオススメします。

また、リフォームするかどうか判断する際は複数の不動産会社の意見を聞きましょう。

様々な企業の提案を聞くことで、あなたの中古マンションが最も高く・早く売却できる提案が見つけやすくなります。

ただ、自分で複数の不動産会社を探すのは難しいと思います。そこでオススメしたいのが不動産一括査定サイトです。

このサイトを使えば、売却しようと思っているマンションの住所や間取りなど簡単な情報を入力するだけで、あなたの物件を高く売る自信のある不動産会社に査定依頼ができます。

一括査定サイト

不動産一括査定サイトは査定を依頼する際に、費用は一切かかりません

しかも、一回だけ不動産の情報を入力すれば、複数の不動産会社に対して査定を依頼できるため、何度も同じ情報を不動産会社に伝えなくて良いのです。
さらに、24時間いつでも査定依頼を受け付けているので、都合のよいタイミングで査定を依頼できます。

すまいステップ

すまいステップに登録している不動産業者は厳重な審査をパスした優良不動産業者のみなので安心して利用できます。また、大手企業だけではなく地域に密着した不動産業者にも依頼できるので、あなたの地域にあった会社を見つけることができるでしょう。

リナビス
マンションを高く売りたいならすまいステップを使って複数の不動産会社に査定依頼をしてみましょう。
❏記事のおさらい!

マンションのリフォームにかかる費用はいくら?

例えば、水回り全体(キッチン・トイレ・洗面所・浴室)を行う場合は400万円前後が目安となります。床やクロスの張り替えは、リフォームを施す範囲によるところが大きいですが、それぞれ6帖で考えるとトータルで10~20万円は必要になります。詳しく知りたい方はマンションを売却するならリフォームせずにうりだそうをご覧ください。

リフォームした物件はあまり売れていない?

国土交通相の調査では、売主が個人でリフォームを施した物件が売れている割合は全体の6.2%ほどとなりました。購入者自身でリフォームしたい需要もありますので、安易にリフォームすることで逆に売れにくくなる可能性も考えられます。詳しくは【理由2】購入者は『自分でリフォームしたい』!をご覧ください。

購入者は中古物件に何を求めているの?

国土交通相の調査によると、中古物件を購入してよかった点として、最も多かった回答は『価格の安さ』でした。次いで、広さに関わるコストパフォーマンスの良さ。自分好みにリフォームができる点などが多い意見となりました。詳しく知りたい方は【理由3】中古物件に求める『安さ』が満たせないをご覧下さい。

ハウスクリーニングやホームインスペクションは必要?

中古物件を売り出す際に、ハウスクリーニングやホームインスペクションを実施することは効果的です。ただし、まずは不動産会社の査定を受けその結果に応じて臨機応変に考えるようにしましょう。査定前にわざわざ高額な費用をかける必要はありません。自身でできる限りの掃除をしておきましょう。詳しくはリフォームなしでマンションを高く売る3つのコツをご覧ください。

【完全無料】うちの価格いくら?