マンション売却に関する相談はどこにすればいい?状況別に紹介

マンションを売却するまでにはさまざまな問題が起きることもあり、スムーズに解決するには専門家に相談することが大切です。

相談したい内容によって、誰に相談すべきかは異なります。マンションの売却相談は誰にするのか、相談先ごとの特徴を把握して、スムーズに売却活動を進めていきましょう。

関連記事:マンション売却で失敗しないための注意点

マンションの売却に関わる相談はまず『不動産会社』

マンションの売却には専門の知識が必要になるため、個人で売却するというのは一般的ではありません。

そのため、売却を仲介してくれる不動産会社と契約を結び売却活動を進めていきます。

経験の豊富な不動産担当者ほど、売却に関わる多くの知識を有しているので、とりあえず不動産会社に相談してみていいでしょう。

すまリス
不動産会社が対応しきれない領域に関しては、相談先を教えてくれたり、場合によっては紹介までしてくれるよ!
不動産会社に相談するには、一度査定を依頼する必要があります。
(マンション売却時の査定は、その不動産の価値を評価し『およそ売れるであろう金額を算出する』作業になります。)
査定の結果や、担当者の対応は千差万別なので、極力複数の不動産会社とやり取りをしてみましょう。
すまリス
不動産会社に相談するのにお金はかからないよ!
不動産会社と契約をして、売却が達成した時にのみ、成功報酬的に費用が発生するんだ。
下のバナーより、3分程度の入力で最大4社の不動産会社に査定を依頼することができます。
是非ご活用ください。

あなたの悩み事に相談先を紹介

1章では、売却に関わる相談について不動産会社を利用することをおすすめしました。
しかし状況によっては、不動産会社が対応しきれないことももちろんあります。

例えば、税金や相続などの権利関わる手続きなど…
以下では、あなたが抱える悩み事に適切な相談先を紹介していきます。

  • 税金に関する悩み⇒『税理士』
  • 不動産の権利関係に関する悩み⇒『司法書士』
  • 離婚・相続・トラブルに関する悩み⇒『弁護士』
  • 土地の境界線などに関する悩み⇒『土地家屋調査士』
  • ローン残債に関する悩み⇒『金融機関』
  • 売却後の確定申告に関する悩み⇒『市区町村の相談会』
  • 売却後の資金繰りや投資に関する悩み⇒『ファイナンシャルプランナー』
  • 不動産の厳格な価値を知りたい場合は⇒『不動産鑑定士』

マンション売却にかかる税金については税理士

マンションを売却すると、さまざまな税金がかかります。売却に関する税金については、税理士に相談することで回答してもらえます。売却に関係する税金は、次の通りです。

  • 譲渡所得税
  • 印紙税
  • 登録免許税
  • 消費税

各種税金についての疑問がある場合は、税理士に相談してみましょう。

マンションの権利関係は司法書士

マンションの権利に関する相談は、司法書士に行います。所有権の登録や移転、抹消など、権利関係の登記手続きは司法書士に相談し、代行してもらうことも可能です。

また、住宅ローンを組む際に設定される抵当権を抹消する場合も、司法書士に相談することで手続きを代行してもらえます。

マンション売却でのトラブルは弁護士

マンションの売却を進める中で、法的なトラブルが起きた場合は弁護士に相談します。例えば売却時の契約トラブルや相続に関する権利関係のもめごとは、弁護士に相談してアドバイスをもらいましょう。

専門知識のある不動産会社でも、法律の知識は持っていないこともあるため、法律関係はすべて弁護士に相談することがおすすめです。

土地の境界線などに関する悩みは『土地家屋調査士』

通常、隣家との間には境界線というものが確定されており、売却の際は境界線の範囲内を売るようになります。

しかし、相続した家など古い家では、境界線が確定されていないことがしばしばあります。
その場合は、境界線を確定させる『確定測量』を行うのが一般的です。

そうした測量に関する悩みは『土地家屋調査士』が担当します。

ローン返済中のマンション売却は金融機関

住宅ローンを組んでいるマンションを、ローン返済の途中で売却する場合は、金融機関に相談します。基本的には住宅ローンを完済していないとマンションは売却できません。

しかし、売却価格によって一括返済できる見込みがあるなら、金融機関に相談することで売却の許可をもらえます。ローン返済の途中での売却を考えているなら、金融機関に相談して、今後の返済スケジュールを決めておきましょう。

確定申告については市区町村の無料相談会

マンションを売却して利益が出ている場合は、翌年に確定申告が必要です。確定申告についての相談は、市区町村が開催している無料相談会を利用しましょう。

無料相談会は多くの自治体が開催しており、確定申告前の2月上旬ごろから行われていることが多いです。詳細なスケジュールは地域によって異なるため、管轄税務署や市区町村の税務課に問い合わせて、確認しておきましょう。

資産としてのマンション売却についてはファイナンシャル・プランナー

マイホームではなく、資産としてマンションの売却を行う場合は、ファイナンシャル・プランナーに相談することがおすすめです。資産運用のプロであるファイナンシャル・プランナーなら、マンション以外のその他資産状況も総合的に判断して、マンションを売却すべきかどうかのアドバイスをしてくれます。

ファイナンシャル・プランナーはあくまでも資産の運用や活用についてのアドバイスをするだけであり、不動産売却の実務については不動産会社と相談しながら行いましょう。

マンションの価値については不動産鑑定士

マンションの価値について、より正確に知りたい場合は、不動産鑑定士に相談しましょう。不動産鑑定士は公的なデータと正式な調査方法で、不動産の価値を正確に算出してくれます。

離婚時の財産分与や相続をめぐる裁判などで公的に不動産の価値を証明しなければならない場合は、不動産鑑定士による鑑定を受けることがおすすめです。

なお、単にマンションにどれくらいの価値があるのかを知りたい場合や、売却の目安価格を知りたいケースでは、不動産鑑定士への相談は不要です。公的な根拠を必要としないマンションの価値を調べるなら、不動産会社による査定を受けるとよいでしょう。

相談をするべき不動産会社の選び方

マンションを売却するにあたって、もっとも重要な相談先となるのは総合的に対応してもらえる不動産会社です。

  • 売却をメインに扱っている不動産会社を選ぶ
  • 信頼できる不動産会社を選ぶ
  • 提案力のある不動産会社を選ぶ

3つのポイントを参考にして、よりよい不動産会社を相談先に選びましょう。

売却をメインに扱っている不動産会社を選ぶ

不動産会社によって、メインで取り扱っている事業は異なります。そのため、スムーズにマンションを売却するには、売却をメインに扱う不動産会社を選びましょう。不動産会社の事業は大きく賃貸と売却にわけられ、売却の中でも戸建てとマンションのどちらが得意かは、業者ごとに異なる場合があります。

また、地域密着型の不動産会社だと、特定エリアの売却を得意としていることもあります。マンションの売却に強く、かつその地域での営業に強みのある不動産会社を選ぶことで、好条件でマンションを売りやすいでしょう。

信頼できる不動産会社を選ぶ

不動産会社の質も売却を成功させるためには重要であるため、複数社で比較して信頼できる不動産会社を選びましょう。不動産会社の信頼度は口コミでの評判をチェックするだけではなく、不動産会社の免許番号を確認して、国土交通省のネガティブ情報等検索システムを利用することもおすすめです。

免許番号から不動産会社の検索をかけると、過去に行政処分を受けていないか確認できます。

提案力のある不動産会社を選ぶ

好条件でマンションを売却するためには、不動産会社の提案力も重要なポイントです。提案力のある不動産会社なら、積極的に売却活動を進めてくれるだけではなく、売れ残った場合の対応策も考えてくれます。

提案力の有無を調べるには、不動産会社と媒介契約を締結する前に宣伝方法や売却活動の内容などを、詳細まで確認しておきましょう。また、不動産会社自身がハウスクリーニングやホームステージングなどのサービスを提供していることもあるため、付帯サービスのある業者を選べば、より多くの提案を受けやすいです。


信用できる不動産会社を選びためには複数社を比較する必要があります。

一括査定サイトすまいステップでは、一度に4社の不動産会社に査定依頼をおくることができます。
一度査定を受けてみて、たっぷり相談してみましょう。

すまいステップは、東京証券取引所の上場企業である株式会社Speeeが運営するサービスです。
全国から独自の基準で厳選された不動産会社のみと提携を交わしているので、より確実に優良な不動産会社と出会うことができます。

是非⇓のフォームよりご利用ください。

すまいステップなら簡単に査定価格が分かる
リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4


不動産一括査定サイトを使って査定をしたら300万円以上の差も珍しくない

不動産一括査定サイトすまいステップ を使って実際に不動産を査定してみると、査定額に300万円以上差が出ることも珍しくはありません。

不動産会社 査定価格
不動産会社A 1100万円
不動産会社B 1400万円
不動産会社C 1280万円

これだけ査定額に差が出ると、複数の不動産会社に査定を依頼することが、不動産を高く売るために必須だと言えるでしょう。

少しでも不動産売却を検討しているなら、一括査定サイトで自分の不動産がいくらで売れるか調べてみましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?