不動産一括査定サイトは使うべき?メリット・デメリットや体験談を紹介

不動産一括査定とは、Web上で複数の不動産会社に査定を依頼できるインターネットサービスのことです。

ユーザーが査定申し込みをすると、一括査定サイトが複数の不動産会社への査定依頼を代行します。

そのため、一度の申し込み複数の不動産会社の査定結果を比較することができます。

すまリス
たくさんの不動産一括査定サービスがあるけど、どれがいいの?
しつこい営業電話がかかってきそうで不安だな…

そんな人におすすめなのはマイナビのユーザー満足度ランキングで1位を獲得した「すまいステップ」です。

この記事では、不動産一括査定サイトの選び方や申し込み方法、一括査定の流れを紹介します。
監修:蔭山 達也
大学卒業後、大手不動産流通会社に入社。売買仲介をメインに実務経験を積む。その後、株式会社ノヴェルに入社。著書に「条件難物件でも低予算で満室になるおもてなしビル管理経営」がある。
【保有資格】宅地建物取引士、損害保険上級資格、CPM(米国不動産経営管理士)
【URL】株式会社ノヴェルYou Tubeチャンネル

また、一括査定サイトを利用したい方は、下のフォームを入力すれば自宅を完全無料で複数の不動産会社に査定してもらえます。

不動産一括査定サイトは使うべき?

不動産一括査定サイトを使うべきかを検討するにあたって、まずは不動産一括査定サイトの裏側を知っておきましょう。

あなたが査定申し込みをすると、不動産一括査定サイトがあなたの物件種別エリアに対応する不動産会社を紹介します。

不動産一括査定サイトのしくみ

ユーザーを紹介すると、不動産一括査定サイトは不動産会社から紹介料を貰うことができます。

その後、ユーザーのもとには「弊社で不動産を売るとこのくらいの値段で売却できますよ」という査定結果が届きます。

すまリス
不動産会社が一括査定サイトの利用料を払っているから、ユーザーは無料で査定が受けられるのか…!
さて、このビジネスモデルを不動産会社の側から見てみましょう。
ユーザーを紹介してもらうのもタダではありません。
すまリス
なるほど。せっかく見つけた顧客の候補を獲得しようと営業を受けるんだね。
もちろん親身に相談に乗ってくれ、あなたにとって何が一番いいか売却以外の選択肢も含めて考えてくれる不動産会社もあります。
重要なのは業界の裏側を知り、メリットデメリットを検討した上で一括査定サイトを使うか考えることです。
メリットが大きくデメリットは対策可能なものが多いため、結論としては不動産一括査定サイトを使うことをおすすめします。
すまいステップ編集部では不動産一括査定サイトを使った経験者に独自のインタビューを行い、不動産一括査定のメリット・デメリットをまとめました。

不動産一括査定サイトのメリット

不動産一括査定を使うメリットは下記の3つです。

  1. 査定申し込みが手軽にできる
  2. 複数の査定結果を比較できる
  3. 相性の良い不動産会社が見つかる

メリット①:査定申し込みが手軽にできる

わざわざ不動産会社に行く必要がなくサイト上に不動産情報を入力するだけで査定依頼ができるため、初めての方での簡単に利用できます。

1社ずつ不動産会社を訪問すれば数時間かかるところを、不動産一括査定サイトを利用すれば1~2分で済みます。

メリット②:複数の査定結果を比較できる

複数の査定価格を比較することで、不動産会社の適正な売り出し価格相場)が分かります。

不動産会社によって査定方法や査定で重視するポイントが違うので、1社の査定額しか見ていないと正確な査定価格が分からない場合があります。

メリット③:相性の良い不動産会社が見つかる

不動産売却の成功には「信頼できる不動産会社に仲介してもらう」ことが欠かせません。

不動産を売るには「購入者探し内覧価格交渉・その他契約書の準備」などを行うため、専門知識が必要です。

そのため、会社担当者の力量によって売却価格売却までにかかる期間が左右されます。

不動産一括査定サイトを利用すると複数の不動産会社の担当者の力量を推し量ることができます。

こんな方は不動産一括査定サイトを利用すべき!
・査定依頼の手間を省きたい
・正確な査定価格が知りたい
・信頼できる不動産会社を見つけたい

不動産一括査定のデメリット

多くのメリットがある一方、不動産一括査定サイトには下記のようなデメリットがあります。

  • しつこい営業を受ける可能性があり
  • 提携していない不動産会社には査定依頼ができない
  • 査定額の正しい判断が難しい
すまリス
しっかり対策を取ることで回避できるデメリットがほとんどだよ!

それぞれの内容と、対策をじっくり見ていきましょう。

デメリット①:しつこい電話連絡がある可能性あり

複数社に査定依頼できるのはメリットですが、裏を返せば、複数社から一度に連絡が来てやり取りが増えてしまいます。

特に、人気エリアの不動産なら不動産会社も利益を得れやすいので、何度も電話連絡がくるかもしれません。

以下はTwitterからの引用ですが、多くの方が大量の電話が来ないか心配しています。

査定依頼者にとっては電話で直接不動産会社と話した方が「信頼できる担当者か」を判断しやすい一方で、電話で何度も連絡が来るのに煩わしさを感じる人もいるでしょう。

リナビス
しつこい電話は来てほしくないな…
対処法:メールでの連絡を希望する

営業電話がかかってこないよう、こちらから連絡方法を指定しましょう。

一括査定の要望欄に、「メールでの連絡をお願いします」と記載しましょう。

不動産会社に要望を伝える

実際に机上査定を選んで査定依頼をすると、下のメール内で査定額を教えてもらえました。

○○様
この度は、インターネットサイト「イエウール」より、市川市○○丁目の不動産査定のご依頼を頂き有難うございます。
査定の担当をさせて頂きます、○○会社○○支店の○○と申します。宜しくお願い致します。
こちらで確認させて頂いた内容ですと、宅地面積が4筆の合計234.91㎡道路部分面積が2筆12.43㎡、建物が昭和51年築の126.47㎡となっておりましたので、こちらの内容で査定額は算出致しました。
査定額【20,000,000円 ~ 23,000,000円】
上記査定の詳細につきましては、添付の査定書をご参照ください。
現地調査や、役所調査はしておりませんので状況によっては価格が前後する場合がございますのでご了承ください。
まずは、査定額のご確認を頂きご不明等ありましたらお気軽にお問合せ下さい。
宜しくお願い致します。
リナビス
メールで査定結果を教えてくれるんだ!

電話を断ったのにしつこく営業電話がある場合は、一括査定サイトの運営会社に連絡して、電話を止めてもらうのも1つの手です。

関連記事

売却を検討しだしたら、まずは査定が必要です。とはいえ、どんな不動産会社にどのように査定を依頼したらいいかわからない方も多いでしょう。査定価格は、今後の意思決定に大きくかかわる指標ですので、できる限り条件の良い結果が欲[…]

家査定の依頼方法は?注意点も解説

デメリット②:不提携企業には査定依頼できない

全ての不動産会社が不動産一括査定サイトに加盟しているわけではありません。

特に地方の不動産を売却したい場合など、不動産会社の数が少ないエリアだと、査定サイトに加盟している不動産会社がおらず、査定依頼できない可能性があります。

以下はTwitterの引用です。

田舎の不動産を売りたい場合は、一括査定サイトで紹介できる不動産会社も少ないです。

対処法:対応エリアが多い査定サイトを選ぶ

このような場合には、対応エリアが多い不動産一括査定サイトすまいステップを利用するのが一番有効な対処法です。

加盟社数と対応エリアが広い程田舎のエリアでも査定依頼できる可能性が高まります。

直接地元の不動産会社に問い合わせてみるのも1つの手です。

デメリット③:査定額の正しい判断が難しい

複数企業からバラバラの査定価格を提示されると、どの不動産会社を信じていいか分からないというデメリットが出てきます。

例えばA社が1,000万円、B社が1,500万円という価格を提示したとすると、売主としてはB社に依頼したくなるものでしょう。

しかし、B社の査定額に根拠がない場合、最終的な売却価格は1,000万円を割ることも考えられます。

相場から離れた価格の物件は売れづらく、市場に長く売りに出されていると「売れ残り感」が出てしまい、より売れづらくなります。問題なのは、B社が意図的にこれを行っていることもあるということです。

対処法:査定額の根拠を確認する

どの提案を信じていいか分からない場合は、査定額の根拠をしっかり説明してくれる提案を信用するのが一般的です。

査定額で売れないことが分かっていて、まずは媒介契約を結ぶために根拠のない高い査定額を提示することがあるのです。本当に高額売却に自信のある不動産会社なら、他社より高い価格で売れる理由をはっきり伝えてくれます。

逆に、高額査定の根拠があいまいな会社は前述したように媒介契約を取るために、価格を高く見積もっている可能性もあるので、仲介の依頼を控えるべきです。

関連記事

不動産を売るならできるだけ高いく売りたいと多くの方が考えるでしょう。不動産は高額であるため、売り出し価格を少し変えるだけで利益が大きく変わります。一方、適正な売り出し価格を設定しないと損に繋がります。しかし、適正な売り出し価[…]

不動産売り出し価格の決め方は?査定価格と売却期限を参考にしよう!

不動産一括査定サイトを使ってみた【体験談】

編集部では、不動産一括査定サイトを利用不動産一括査定サイトを使ったことのある20代男性に話を聞くことができました。

今回お話を聞いた人
Mさん
(東京都・20代・男性)

実家を相続したのを機に家の売却を行った。実家は佐賀県にあるが、住んでいるのは東京都。地元に知っている不動産会社がないため、不動産一括査定サイトを利用して不動産会社を探すことにした。

体験談を参考に、不動産一括査定サイトを利用するべきか考えていきましょう!

不動産一括査定サイトを選んだ基準

―不動産一括査定サイトは数多くありますが、どのような基準で利用するサイトを選びましたか?

Mさん:実家は佐賀県にあり駅からも遠い不便な立地にありました。

そのため、実家のエリアが査定対象になっている不動産一括査定サイトそもそも少なかったです。

査定対象のエリアの広いと言われている不動産一括査定サイトで査定依頼をしましたが、紹介された不動産会社は1社のみ。

もう一つの不動産一括査定サイトを併用し、最終的に3社に査定依頼を出しました。

ポイント

不動産査定サイトは査定したいエリアをカバーしていない場合もある。
田舎の不動産を売却したい場合には、エリアの広い不動産一括査定サイトがおすすめ。

営業のしつこさ

―不動産会社に査定依頼をする際、営業電話などが来ることへの抵抗はなかったですか?

Mさん:平日は仕事があるので、やはり電話での対応はちょっと嫌だな…と感じていました。

なのでメールで連絡をしてほしい旨を査定依頼のフォームから予め伝えていました。

―実際に不動産会社と連絡をとって、「しつこい」という印象はありましたか?

Mさん:それが意外と連絡が来なかったです(笑)

3社中1社からは連絡自体が来なかったです。

もう1社はその会社の買取基準を満たせず査定してもらえませんでした

もう1社からは最初はメールで、その後に電話で丁寧な連絡がありました。強引な感じとかはなかったですね。

Mさんに不動産会社から届いたメール

Mさんに不動産会社から届いたメール

Mさん:むしろ、もう少し多くの会社から連絡が欲しかったと思ったぐらい。

もしかしたら、売却に至った経緯をフォームから伝えていたので強引な連絡が少なかったのかもしれません。

―具体的にどのような内容を伝えていたのですか?

Mさん:相続したてだということと、遠方ですぐには動けないこと。

あと、いろいろとバタバタしていたので1年後ぐらいで売却したいと伝えたと思います。

急ぎではない感じが伝わったからなのかしつこい連絡はなかったです。

ポイント

連絡方法と売却に至った経緯、売却希望時期などを伝えることがおすすめ

紹介された不動産会社に対する満足度

―紹介してくれた不動産会社に対する印象はどうでしたか?

Mさん:めちゃくちゃ丁寧ないい人でした!

夫婦で不動産会社を営んでいらっしゃって、不動産登記変更の手数料の見積もりなど売却に関すること以外も丁寧に教えてくれました。

自分が自分が」といった自分勝手な印象もなく、地元密着の不動産会社って優しいんだなと思いました。

ちゃんと丁寧に対応してくれたので、どの担当者にあたるかの違いは如実に出るなと思いました。

相続も絡み長期戦も覚悟していたので、「この人になら任せられる!」と信頼できる人に依頼できる安心感は大事だなと思います。

ポイント

必ずしも大手の不動産会社が良いとは限らない。担当者が信頼できる人であることが重要。

―その会社に売却もお願いしたのですか?

Mさん:それが、親戚が途中で不動産会社を見つけてきて…。親族からの紹介をお断りするのもなと。

結局親族から紹介を受けた会社に売却をお任せしました。

―良い会社だった分、断りにくかったりしませんでしたか?

Mさん:ちょっと申し訳ない気持ちもあったのですが、メールでサクッとお断りしました。

そのあと電話が来て、親戚の紹介を断りにくかったことを正直に話しました。

無理な引き留めとかもなく、「その会社さんも売却実績のあるいい会社なので安心して任せられると思いますよ」と快く納得して頂けました。

本当に良い不動産会社さんでした。

査定額の満足度

―今回査定を受けた2社では、査定額に大きな差は出ましたか?

Mさん:100万円ぐらいは差が出たと思います。

ただ、自分的には妥当な範囲内なのかなという感じ。

高い方の査定額が出た会社は、例えば「2000万円~2200万円」みたいな風に幅を持たせて査定額を出してくれたからです。

低い方の会社が出した金額もその範囲内。上記の例でいえば「2000万円」ぐらいに出してくれたイメージです。

―2社を比較した上で妥当であると判断できたのですね。希望通りの価格で売却できましたか?

査定額が高めの会社で売却しました。

でも実際の売却価格は、幅を持って出してくれた査定額の真ん中よりちょっと下ぐらいでしたね。

親族との調整など面倒なことが多く、早く家を売ってしまいたかったので金額は妥協したような形です(笑)

でも、「最低このぐらいは欲しい!」と決めていたラインはクリアしたので結果的に良かったと思います。

ポイント

  • 査定額通りで売れるとは限らない
  • 自分なりの売却希望額を考えておく

―ありがとうございました。

取材を通して、Mさんは対応にあたる担当者との相性が重要であると言っていました。

不動産売却の知識豊富な担当者に査定を依頼したいならすまいステップがおすすめです。

すまいステップ

すまいステップから査定を依頼すると、以下の厳しい基準のいずれかをクリアした経験豊富な不動産会社の担当者があなたの不動産売却をサポート。

  • 宅地建物取引士の資格保有者
  • 売買仲介営業経験が5年以上
  • 累計100件以上の売買仲介実績

査定依頼は以下のフォームから完全無料でお申込み頂けます。

リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4

不動産一括査定サイトの選び方

数ある不動産一括査定サイトから自分にあったサイトを選ぶにはどうすればいいのでしょうか?

利用する不動産一括査定サイトを選ぶときには、次の5つの基準に注目して選ぶと良いです。

  • 査定対象エリア
  • 不動産会社を厳選しているか
  • 個人情報の取り扱い
  • 査定額の正確性
  • 過去に利用したユーザーの口コミ

それぞれの詳細とチェックの方法を見ていきましょう。

基準1:査定対象エリア

不動産の査定額は一般的に、不動産会社が「得意なエリア」ほど高くなりやすいと言われています。

それぞれの不動産会社によって、「得意なエリア」は異なります。

そのため、不動産一括査定サイトではそれぞれの不動産会社の得意なエリアを組み合わせて日本全国をカバーします。

複数の不動産会社を組み合わせて全国をカバー

例えば、A社の得意なエリアは関東だとします。

大阪にある不動産を売りたい場合、A社から査定を取っても査定額が安くなったり、「実績がないので対応できません」と断られるケースも。

そこで不動産一括査定では、関西を得意とするB社を紹介します。

すまリス
はじめてだとどの不動産会社がどのエリアを得意としているのか分かりにくいから便利だな!

特に地方の不動産を売却したい場合は、対応してくれる不動産会社の数が限られるため、全国のエリアを広くカバーする不動産一括査定サイトを選ぶことをおすすめします。

チェック方法

それぞれのサイトの「対象エリア」を確認しましょう。
もしくは、査定依頼を途中まで進めてみることでも分かります。エリア外の場合、その先に進めなくなるためです。メールアドレスや連絡先を入力するまでは、営業電話やメールは届かないので安心してください。

基準2:不動産会社を厳選しているか

エリアの条件をクリアしてさえいれば、提携社数よりも「不動産会社を厳選しているか」が重要です。

不動産一括査定サイトは、不動産会社にユーザーを紹介し不動産会社から紹介料を受け取ることで利益を出しています

つまり、多くの不動産会社にユーザーを紹介するほど利益が出るのです。

しかし、ユーザー目線で考えるとどうでしょうか?

例えば、サイトAではあなたの不動産を査定してくれる会社を100社紹介してくれたとします。

一方、サイトBでは高額で売却した実績のある不動産会社を5社だけに厳選して紹介しています。

サイトBのような、不動産会社を厳選して紹介するサイトにすれば、「多すぎてどの会社を選べばいいかわからない…」と悩む必要がありません。

多くの不動産会社と提携してエリアを広くカバーしているサイトはもちろん魅力的ですが、優良な不動産会社を厳選してユーザーに紹介してくれるサイトを選びましょう。

チェック方法

サイトのトップページなどにある「サービスの特徴」を確認しましょう。社数だけでなく、「悪徳業者を排除するしくみ」や「不動産会社の選定基準」などがあるかにも着目してください。
また、「編集ポリシー」「運営ポリシー」にも個性が現れていることも。ユーザー目線で運営されているサイトかどうかが伺えます。

基準3:個人情報の取り扱い

この記事を読んでいる人の中には、「不動産一括サイトに登録した途端、関係ない会社から電話がきたりしたら嫌だな」と考える人も多いかと思います。

一般的には、ユーザーが入力した個人情報はサイト運営者が管理し、ユーザーの希望しない業者に無断で提供されることはありません。

すまいステップのプライバシーポリシー

※すまいステップ「個人情報保護方針」より。

しかし、個人情報の取り扱いは、そのメディアの運営方針によって異なります。

中には、査定依頼を希望する不動産会社以外にも、提携業者など第三者に情報を提供する可能性を示唆しているサイトもあります。

不動産一括査定を依頼する前に、「個人情報保護方針」や「プライバシーポリシー」をチェックするようにしましょう。

チェック方法

プライバシーポリシー」や「個人情報保護方針」を確認しましょう。特に、「利用者情報の第三者提供」と「利用目的」は要チェック。査定依頼を希望した不動産会社以外に情報が提供される可能性がないかよく読みましょう。

基準4:査定額の正確性

厳密に言うと、不動産査定を行うのは査定サイトではありません

査定サイトからユーザーを紹介された不動産会社が不動産を査定します

しかし、査定額が正確な不動産会社が多いサイトはそれだけ優良な不動産会社を集めているサイトと言えます。

なぜなら、悪徳不動産会社の中には、売却価格より明らかに高い査定額を出し、専任媒介契約で囲い込んだ後、買い叩くという不動産会社があるからです。

チェック方法

正直な話、不動産会社から得る紹介料で運営されている一括査定サイトでは「査定額と売却価格の違い」など不動産会社に不利になる情報は出しにくいのが現状です。「査定額と売却価格の差」を公表しているサイトは少なく公表しているサイトはユーザー目線でのサービス運営に力を入れていると言えます。

基準5:過去に利用したユーザーの口コミ

過去にそのサービスを利用したユーザーの口コミも、サービスを選ぶ上での参考になります。

身の回りで不動産売却を行った人がいれば、どの一括査定サイトを使ったかや、レスポンスの早さなどを聞いてみるのもいいでしょう。

身近な人で不動産売却をした人がいなければ、ネットやSNSで検索してみましょう。

チェック方法

ネットやSNSでサービス名を検索してみましょう。実際に使ったユーザーの口コミが見つかることがあります。
ただし、実際に売却していなくてもアフィリエイトを目的に売却経験があるように偽った口コミもないとは言えないので、信憑性については吟味を。

オススメの不動産一括査定サイトは「すまいステップ」

ここまで、不動産一括サイトの選び方を解説してきましたが、オススメの一括査定サイトは東京証券取引所JASDAQ上場企業の株式会社Speeeが運営するすまいステップです。すまいステップ

すまいステップの詳細
項目内容
査定エリア全国
(43都道府県)
対象物件マンション
戸建て
土地
投資用物件
店舗等
農地・山林
最大依頼社数4社
受賞歴マイナビ利用者アンケート
「査定額の満足度」1位
「友人・親族におすすめしたい」1位
運営会社株式会社Speee
(東証JASDAQ)

①査定エリアが「全国対応」

すまいステップは2020年に誕生したサービスながら、すでに全国47都道府県中、43都道府県をカバーしています。(2021年現在。一部対応エリア外あり。)

そのため首都圏に限らず、地方の不動産を売却したい人にもおすすめできる不動産一括査定サイトです。

それぞれの都道府県で査定依頼ができる不動産会社は、以下のリンクから確認できます。

また、以下の物件種別に対応。

  • マンション
  • 戸建て
  • 土地
  • 投資用不動産
  • 店舗・事務所・倉庫・ビル
  • 山林・農地
すまリス
幅広いエリア・物件種別に対応しているんだね!

②不動産会社や対応に当たる担当者を厳選

すまいステップでは、独自の審査基準で優良不動産会社を厳選。

下記はすまいステップに参加している企業の一例です。

査定依頼のできる不動産会社ロゴ一覧

提携企業に対しては、「しつこい営業電話」など、ユーザーへの迷惑行為を禁止しています。

また担当者に対しても不動産を高く売るために必要な、以下の条件のいずれかを満たしていることを条件としています。

  • 宅建取引士の資格保有者
  • 売買仲介営業業を5年以上経験している
  • 累計100件以上の売買仲介実績
  • 市場相場よりも高値で販売した経験あり
すまリス
実績のあるエース級の担当者のみに査定依頼ができるんだね!

③不動産会社を厳選しているため、営業電話がかかってくる件数が少ない

すまいステップで1度に査定できる不動産会社の数も4社までと少なめ。

これは、あなたにあった不動産会社を厳選して紹介しているからです。

査定依頼をする会社は自分で選ぶことができ選んだ不動産会社から以外の連絡は一切来ません。

つまり、「たくさんの会社からひっきりなしに電話がかかってくる」といったことを避けられます。

すまいステップでは、個人情報保護方針にしたがって個人情報を適切に管理しています。

取得した個人情報を、本人の同意がある場合または個人情報保護法で定められている正当な理由がある場合を除き、第三者には開示、提供することはありません

④「イエウール」運営の上場企業が手掛けている

すまいステップの運営会社は、不動産売却に関するサイトとして大手である「イエウール」を手掛ける株式会社Speeeです。

株式会社Speeeは、不動産売却を行った1500人に行ったアンケート結果を公表しています。「査定額と売却価格の差」もその一つです。

査定額と売却価格の差

※株式会社Speeeが1500人に取ったアンケート結果より。

およそ半数の人が「査定額通りに売れた」と答えており、査定額より売却価格が上がった人も3割ほどいます。

すまリス
査定額を正しく出している優良会社が多く加盟しているってことか!
チャット形式で3分ほどで査定依頼が行える点も魅力の一つです。はじめてでも安心してお申し込みください。
リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4

【関連記事】

関連記事

自宅を売却することは、多額の金額が動く重大なイベントです。一生のうちに、そう何度もあることではありません。そんなときに大きな損をしたくない、できるだけ高く売却したいと思うのは自然なことです。ここでは、自宅を賢く売却す[…]

自宅売却を高く売却するためのコツ7つ。流れや費用までまとめて解説
関連記事

マンションの売却価格を知るためには、何らかの方法で「査定」を行う必要があります。とはいえ、はじめてのマンションの査定を受ける方は、様々な不安を抱いているかと思います。「マンションの査定ってどこまで見られるんだろう……[…]

【マンション査定ガイド】査定前の準備・注意点と高額査定のポイント
関連記事

不動産査定について、以下のような悩みがありませんか?「いきなり不動産会社に査定依頼出すのは不安・・」「査定依頼したら不動産は売らなきゃいけないの?」不動産売却は多くの方にとって初めての経験。査定がどういうもので、何を準備すればい[…]

不動産査定とは?メリット・デメリットや査定額の算出方法を解説
関連記事

「売りたい土地があるけど売れるのか分からない」「土地を売るって何から始めたらいいの?」土地を売りたいと考えている方でこのような事を思っている方いませんか?売ってしまいたいけど売れるか分からない、どこから手を付けていい[…]

土地を高く売るコツ。流れや事前準備を解説
関連記事

「親から古い家を相続したけど、管理や維持費の負担が大きく家を手放したい。」「でも、どうやって売ればいいか分からない・・。」このように悩んでいる方は多いのではないでしょうか?日本では相変わらず新築の人気が高く、築40年を過ぎた古い[…]

古い家を売る方法4選!築40年の古家でも売れる方法とコツを紹介!
関連記事

最近は、個人情報いらずで匿名で不動産の査定ができる「不動産匿名査定サービス」が数多く展開されています。この記事では、不動産匿名査定を利用する上でのメリット・デメリット、あなたの状況に応じた匿名査定サービスを紹介しています。また、[…]

不動産査定の匿名査定とは?注意点やおすすめサービスなど紹介
関連記事

不動産の売却を考え始め、査定について調べたときに机上査定という言葉を見聞きした方もいるのではないでしょうか。不動産の金額を知りたいなら、まず机上査定について理解することが大切です。この記事では机上査定とはなにか、机上査定と訪[…]

【机上査定とは】訪問査定との違い、メリット・デメリットなど紹介!
関連記事

皆さんは不動産簡易査定という言葉を聞いたことはありますか?「不動産簡易査定とは何か、不動産簡易査定のメリット・デメリットにはどんなことがあるんだろう?」という疑問を持っている人もいるかと思います。この記事では、不動産[…]

不動産簡易査定とは?依頼方法やメリット・デメリットを解説
関連記事

この記事では空き家の売却方法を解説いていきますので、あなたに合った売却方法を選び、より好条件で売却を成功させましょう。空き家を売却する3つの方法空き家を売却する方法は大きく分けて3つです。 空き家付き土地として販売[…]

空き家を売却する方法!税金や特別控除、高く売るコツなど紹介
関連記事

土地を売買したい人の中には、公示地価と基準地価だけでは参考にならない方がいるのではないのでしょうか。その時に使えるのが実勢価格です。実勢価格は、過去に実際に取引した価格を見ることが可能です。この記事では、実勢価格の基本的[…]

土地の実勢価格とは?調べ方・計算方法を解説!【1分でわかる】
関連記事

「今住んでいるマンションから住み替えたい!」と思っても、何から手を付けていいか分からないですよね。すまリスマンション住み替えは「売却」と「購入」の2つを行わないといけないから大変だよね..この記事では、マンション[…]

マンションを住み替える手順と費用、住宅ローンを解説
関連記事

農地の取引は、通常の宅地の取引などとは異なる手続きが必要です。煩雑な取引には、農地取引経験が豊富な不動産会社をパートナーにすることで、スムーズな売却活動を行うことができます。農地売買における注意点とはどのようなポイントでしょうか。おおまかな[…]

【農地売却】売却方法や流れ、税金について徹底解説!
関連記事

「不動産売却で消費税ってかかるの?」と、この記事を読んでいる人の中には、不動産売却で消費税がかかるのか分からない人が多いのではないのでしょうか。不動産売却で個人で売却なのか、法人・事業者として売却するのかで消費税のかかり方が異なるの[…]

不動産売却でかかる消費税!個人・法人ごとに課税対象のケースを紹介
関連記事

「土地売却のために建物の解体を検討中だけど、解体費用っていくらになるの?」「解体費用は高額なイメージなので、いくらかわからないと解体すべきか決められない」このように悩んでいませんか?この記事では、土地を売却するために[…]

土地売却の解体費用の相場は?損しない税金の注意点
関連記事

「中古住宅の買取相場っていくらになる?」「築古だけど買取価格はどれくらい?」長らく住んでいた住宅の買取を依頼する際、いくらで買い取ってもらえるのかは気になりますよね...、中古住宅の買取相場は、新築時の価格に対して【築5年で5割[…]

中古住宅の買取相場はいくら?相場の調べ方、高く売るコツを解説
関連記事

マンション売却にかかる費用は売却価格の5~7%と言われています。下の費用は、マンションの売却価格ごとにかかる費用をシミュレーションした早見表です。マンションの売却価格かかる費用1000万円50万円[…]

マンション売却費用は売却価格の5~7%!費用相場と節約方法を紹介
関連記事

「不動産売却の必要書類って?」「書類が多すぎて取り揃えが面倒…」不動産売却がはじめての場合、必要書類の多さにうんざりする方も少なくないのではないかと思います。実際、編集部で不動産売却の経験者に行ったインタビューでも下記のよう[…]

不動産売却の必要書類は?取得方法まで解説【チェックリスト付】

マンション売却の失敗体験談10選!よくある失敗から見る注意点
不動産一括査定の使い方とは?サイト選びのポイントや疑問を解決!
不動産一括査定を解説!サイトの選び方や利用時の注意点を知ろう
不動産売却の押えるべき基本知識。決断する際に考えるべきポイントを解説します

記事のおさらい

不動産一括査定のメリットは?

不動産一括査定のメリットは以下の2つです。詳しく知りたい方は、不動産一括査定とはをご覧ください。

  1. 査定申し込みが手軽にできる
  2. 複数の査定結果を比較できる

不動産一括査定の流れは?

不動産一括査定を利用する流れは以下の3つです。詳しく知りたい方は、不動産一括査定の流れをご覧ください。

  1. 入力フォームへ記入
  2. 不動産会社を選択し、査定を申し込む
  3. 不動産会社からの連絡を待つ

不動産一括査定を選ぶ基準は?

自分に合った不動産一括査定サイトを選ぶ基準は以下2つです。詳しく知りたい方は、自分にピッタリのサイトが見つかる!一括査定サイトの選定基準をご覧ください。

  1. 売買実績のある参画企業数
  2. 査定対象エリア

不動産一括査定サイト利用時の注意点は?

不動産一括査定サイト利用時の注意点は以下の通りです。詳しく知りたい方は、不動産一括査定サイト利用時の注意点をご覧ください。
をご覧ください。

  1. 匿名で査定できない
  2. 複数サイトの併用はしない
  3. 大手の業者ばかりに査定依頼しない


不動産一括査定サイトを使って査定をしたら300万円以上の差も珍しくない

不動産一括査定サイトすまいステップ を使って実際に不動産を査定してみると、査定額に300万円以上差が出ることも珍しくはありません。

不動産会社 査定価格
不動産会社A 1100万円
不動産会社B 1400万円
不動産会社C 1280万円

これだけ査定額に差が出ると、複数の不動産会社に査定を依頼することが、不動産を高く売るために必須だと言えるでしょう。

少しでも不動産売却を検討しているなら、一括査定サイトで自分の不動産がいくらで売れるか調べてみましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?