不動産簡易査定とは?メリット・デメリットを解説

皆さんは不動産簡易査定という言葉を聞いたことはありますか?

中には、「不動産簡易査定とは何か知りたい!」「不動産簡易査定のメリット・デメリットにはどんなことがあるんだろう?」という疑問を持っている人もいるかと思います。

不動産簡易査定とは、不動産の資産価値を査定する方法の一つで、不動産の価値を簡易的に試算することです。

この記事では、不動産簡易査定とは何かについてわかりやすく解説します。

ご自宅がマンションの場合の査定については、「マンション査定はどこまで見る?査定前の注意点と高額査定のポイント」をご覧ください。

無料で不動産簡易査定を受ける(所有時間:3分)

不動産簡易査定とは

不動産簡易査定とは、過去の不動産売買のデータから不動産の資産価値を割り出す査定手法のことです。机上査定とも呼ばれます。
訪問査定とは異なり、現地を視察することなく査定できるので、早ければ数時間で査定価格を知ることができます。

査定する上で参考にするデータは、以下のようなものです。

  • 類似物件の過去の取引データ
  • 近隣物件の現在の売り出し状況
  • 市場動向

不動産会社によっては、データをもとにするだけではなく、登記簿謄本や図面を取得して査定をするところもあります。

訪問査定と簡易査定の違いは?

不動産査定の方法には、簡易査定のほかに訪問査定があります。
訪問査定は業者が物件に足を運んで査定します。

目で見ないと分からない不動産の状態や、周辺環境を細かく確認したうえで査定価格を算出するため、簡易査定より正確な査定価格が分かります。

一方で、査定額が分かるまでに数日かかるのが一般的です。

リナビス
手間はかかるけど正確な査定額が分かるってことか!

本格的に不動産会社の売却を検討をしている方は、訪問査定を依頼しましょう。

関連記事

不動産の売却をする際、売り出し価格の目安を把握するために物件を査定してもらいます。ただ、いざ査定依頼をしようと思い立っても 査定は無料と有料どっちがいいんだろう? 無料査定でトラブル起きないの?といった不安が[…]

Real estate simple assessment

不動産簡易査定でわかること

①物件概要

査定した物件の名称や築年数、構造、駅からの距離など概要がわかります。

②査定理由

査定金額の根拠です。この部分が最も重要です。
物件のメリット・デメリットや直近の市場状況、類似物件の過去の価格などがもとになります。

③査定金額

不動産会社が予想する、不動産がどのぐらいの価格で売れるかの予想金額が「査定金額」です。

しかし数ある不動産会社の中には、査定金額を高めに出し顧客を獲得しようとする企業もあります。
複数社から査定を取ることで、あまりにも高すぎたり安すぎる査定額を見抜けます。

すまいステップでは、簡易的に3分程度で査定が受けられます。
無料で複数社から査定を取れるため、試してみてください。

リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4

初めての不動産売却は不安ですよね...。すまいステップではオペレーターに電話で悩みを相談しながら一括査定をすることが出来ます。

▼プロに電話で不動産査定の相談をする▼

利用規約およびプライバシーに同意して電話する

簡易査定のメリット・デメリット【訪問査定と比較】

メリットデメリット
不動産簡易査定・結果が出るまでが早い

・手軽

訪問査定に比べると、査定額の精度が低い
訪問査定査定額の精度が高い手間がかかる

メリット:手間なく査定額が分かる

簡易査定は、インターネットで物件情報を入力するだけで簡単に査定依頼ができます
不動産会社に足を運ぶことなく、都合の良いときに査定依頼できるのが魅力です。

また、簡易査定は早いと数時間で査定価格が出るのがメリットです。

不動産会社の担当と顔を合わせる必要がないため、強引な営業を受けることも少ないです。

簡易査定が向いてる人
・すぐに査定額を知りたい人
・不動産会社と直接コンタクトを取りたくない人

デメリット:正確な査定額が分からない

簡易査定では正確な査定額は分かりません

簡易査定は実際の物件を見て査定するわけではなく、住所、面積、築年数などのデータのみで査定額を出します。

家の傷み具合、リフォームの有無、日当たり、近隣の生活環境など訪問しないと分からないマイナス面や、プラス面の情報が反映されません。

特に一戸建てを簡易査定すると大きく査定額がブレることがあります

同じ建物内の部屋は間取りや保存状態が似ているため、マンションの場合は比較的査定価格が予想しやすいです。

一方、一戸建ての場合1つとして同じ家がないので過去の取引データがそのまま利用できるわけではないからです。

簡易査定が向かない人
・正確な査定額を知りたい人

まとめ

簡易査定で算出した価格は概算なので、実際の売却価格とは差が出ることがあります。

しかし、査定額が出るまでの時間が短かい点や、インターネットから申し込むだけで手軽に査定ができる点がメリットです。

おすすめは、複数社から簡易査定を受け「査定理由」が納得できる会社に訪問査定を依頼することです。

不動産一括査定の中でも最もオススメなサイトは すまいステップです。

独自の運営方針に従って厳選された優良企業のみと提携を組んでいるため、信頼して仲介を依頼できる不動産会社のみに査定依頼ができます。

こちらのバナーから2~3分程度で査定依頼をすることができます。
気になる人はぜひ試してみてください。

不動産簡易査定についてよくある質問

【Q1】不動産簡易査定を受けるにはどうしたらいいですか?

不動産の簡易査定をする方法には次の2種類があります。

①不動産一括査定サイト
→こちらから簡易査定を受けられます。(所要時間3分)

②匿名AI査定サイト

それぞれの方法について、詳しくは以下の記事で解説しています。

関連記事

不動産一括査定とは、Web上で複数の不動産会社に査定を依頼できるインターネットサービスのことです。ユーザーが査定申し込みをすると、一括査定サイトが複数の不動産会社への査定依頼を代行します。そのため、一度の申し込みで複数の不動[…]

Real estate simple assessment
関連記事

自宅マンションの価格を手軽に知りたいけど、わざわざ不動産会社に査定を依頼するのはちょっと面倒…..。そんな人には、AI(人工知能)による査定サービス「自動シミュレーション」がおすすめです。本記事では、マンション査定に時におす[…]

Real estate simple assessment

【Q2】賢く簡易査定を受けるコツはありますか?

一社だけに査定依頼をするのではなく「複数社に査定依頼を出して査定価格を比較検討する」ことが一番のコツです。

不動産会社によって簡易査定で利用する情報が異なるので査定額にも差が出ます

例えば、A社にだけ査定を依頼した結果、 3,000万円という査定価格が提示されたとします。

その後、B社、C社にも依頼して
B社:2,500万円
C社:2,550万円
という価格が提示されたとするとA社の3,000万円という査定価格は少し高いと判断ができます。

簡易査定は訪問査定に比べて正確な査定額が分からない一方で、複数の不動産会社に査定してもらうことで「正確性」を補うことができます。

高い査定額を出している不動産会社は、媒介契約を取るためにわざと提示している可能性もあります。査定額を比較しておけば、訪問査定を依頼する会社選びにも役立つでしょう。

複数の不動産会社に簡易査定を依頼したい場合は不動産一括査定サイトなどを利用するのが便利です。

簡易査定でおおよその相場を把握した後に、査定価格や対応などを見て訪問査定を依頼する会社を絞っていきましょう。

【Q3】しつこい営業を受けずに不動産査定をする方法はありますか?

簡易査定は無料ですが、査定依頼した不動産会社によってはビジネスにつなげるため連絡が来るかもしれません。

しつこい営業電話を避けたい場合は、情報入力フォームのメモ欄などに「メールで連絡をお願いします」といったリクエストを記入しておきましょう。

メールでご連絡ください

不動産会社によってはコメント欄の情報も加味して、より精度高く査定をしてくれます。コメント欄を活用して簡易査定をしてみると良いでしょう。

リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4

初めての不動産売却は不安ですよね...。すまいステップではオペレーターに電話で悩みを相談しながら一括査定をすることが出来ます。

▼プロに電話で不動産査定の相談をする▼

利用規約およびプライバシーに同意して電話する

関連記事

家の売却を検討している人なら「家がいくらで売れるか?」は気になりますよね。自宅の売却価格を大体でも把握しておけば資金計画が立てやすく、安心して家を売却しやすくなります。そこで活用できるのが相場情報です。他の物件の売却価格を把握す[…]

Real estate simple assessment

【Q4】不動産簡易査定に費用はかかりますか?

不動産会社に依頼する場合は無料です。
ただし、不動産鑑定士に依頼する方法もあり、この場合は費用が発生します。

不動産鑑定士は国家資格で、専門知識を駆使して鑑定して収益を得る仕事です。

そのため、鑑定士に依頼する際はお金がかかりますが、より精度の高い価格を知ることができます。さらに、税務署や裁判所にも証拠書類として認められていることもポイントです。

例えば、家を売るときに購入希望者が無理な値下げを要望してきたら、査定報告書を見せると役立ちます。査定報告書によって適正価格を示すことができるため、購入希望者とのトラブルを回避できるでしょう。

不動産鑑定については以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事

「不動産鑑定」という言葉を聞いて、それがいつ、どのようにして利用されるものなのか、はっきりと答えられる方は多くないのではないでしょうか。不動産鑑定は、普段生活する上ではなかなか接することのない言葉です。中には、「不動産査定」[…]

Real estate simple assessment

【Q5】不動産簡易査定は匿名で受けられますか?

匿名AI査定サイトを活用することで、メールアドレス等の情報のみで不動産の資産価値を査定することができます。
ただし、正確性は不動産会社が行う不動産一括査定に劣ります

また匿名AI査定サイトの場合、マンションの査定はできても戸建てや土地の査定ができないサイトもあります。
詳しくはこちらの記事で解説しています。

関連記事

家を売る検討しているので家の価値を知りたい、ただし不動産査会社に査定依頼して営業電話がかかってくるのは嫌!という方もいるでしょう。そんな方に朗報です。最近は、個人情報いらずで匿名で不動産の査定ができる「不動産匿名査定サービス」が[…]

Real estate simple assessment


不動産一括査定サイトを使って査定をしたら300万円以上の差も珍しくない

不動産一括査定サイトすまいステップを使って実際に不動産を査定してみると、査定額に300万円以上差が出ることも珍しくはありません。

不動産会社 査定価格
不動産会社A 1100万円
不動産会社B 1400万円
不動産会社C 1280万円

これだけ査定額に差が出ると、複数の不動産会社に査定を依頼することが、不動産を高く売るために必須だと言えるでしょう。

少しでも不動産売却を検討しているなら、一括査定サイトで自分の不動産がいくらで売れるか調べてみましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?