【専門家監修】不動産売却メディア「すまいステップ」

土地売却で測量費用はどちらが払う?費用の相場と節約方法を解説

  • / 更新日:2022年8月4日
土地売却で測量費用はどちらが払う?費用の相場と節約方法を解説

「売却する土地の境界線が確定されていない場合、売主が測量費用を負担しなければいけないのかな?」

測量費用の相場は35万~80万といわれており、高額であるためできれば負担したくないですよね…

この記事では、土地を売買する際に、売主と買主でどちらが測量費を負担するのか、測量費用の相場や内訳、節約する方法を解説しています。

土地売却は何から始める?売る流れや費用、高く売るコツ

測量費用は基本的に売主が支払う

測量費用を売主と買主のどちらが負担しなければならないといった法的な決まりはありません。

しかし、一般的には売主が負担することが多いです。売主は測量作業を実施し、費用の支払いまでを済ませます。

交渉によっては、買主側に負担してもらうことも可能ですが、基本的に境界線が確定されていない土地の購入を買主は嫌がります。測量費用を負担したくないのはもちろんですが、自分の土地だと思っていたら実は他人の土地で、購入後に思わぬトラブルが発生することを避けたいためです。

逆にいうと、境界線が確定されてる土地は、買主にとって安心して購入できる、商品価値が高い土地ということになります。こうした背景から、売主側で測量費を負担し確定測量を実施しておくことは、慣例とはいえ合理的といえます。

早期売却を目指すためにも、売却する際は測量費がかかることを前提に計画を立てておくとよいでしょう。

測量費用の相場と内訳

測量費用は測量の種類によって相場が異なります。本章では測量費用の相場と、その内訳を解説します。

測量費用の相場

測量費用の相場は、隣接地が「民有地」か「官有地」のいずれであるかによって異なります。「官有地」とは国が所有する土地のことで、国有地ともいわれています。国道や水路、公園などが含まれる場合があります。対して「民有地」とは一般の個人や法人が所有する土地のことです。

▽測量費用の相場

種類費用相場
隣接地が民有地35万~45万
隣接地が官有地(国有地)60万~80万

民有地の測量費用は35万~45万が相場ですが、土地の形状や面積によってはより高額になる可能性があります。

民有地よりも官有地の方が面積が広いため測量に時間がかかり、費用が高額になります。官有地では、行政関係者と土地の所有者が立ち会って境界を確定させるため、確定手続きにも時間がかかる傾向にあります。

測量費用の内訳

高額な測量費用ですが、内訳は一般の人にはあまり知られておらず、明細書をみなければわからない場合が多いです。
そこで、どのような内訳で確定測量の費用が高額になるのかを細かくみておきましょう。

費用内訳作業内容金額
事前調査費用
  1. 公簿・各種図面調査
  2. 関係する土地の所有権調査
  3. 事前現地調査
62,000円~100,000円
測量業務費用
  1. 現地測量
  2. 境界点検証
  3. 境界標設置
120,000円~140,000円
書類作成費用
  1. 申請書添付書類作成
  2. 不動産調査報告書作成
  3. 測量図作成
19,600円~49,200円
官有地の境界確定申請手続き費用
  1. 官民地境界確定申請・協議
  2. 官民地境界立会い
  3. 官民地境界確認書発行
61,000円~99,000円
民有地の境界確定申請手続き費用
  1. 民地境界立会い
  2. 境界確認書取り交わし
17,400円程度

事前調査費用

法務局で公簿や各種図面を取り寄せて調査します。また、隣接する道路や区画整理に関する資料を調べる必要もあります。

民有地と隣接している場合には、隣の土地の所有者を調べます。登記簿に記載されている名義人が既に亡くなっていて、相続が発生している場合や、住所が変更になっている場合があります。その場合には住民票や戸籍を調査する必要もあります。

いずれも資料の取り寄せに1万5,000円~4万円の費用がかかります

また、測量士や土地家屋調査士が現地調査(現地の状況を下見する)の費用が3万円ほどかかります。

測量業務費用

現地を測量する費用は、土地の面積や形状、障害物の有無などによって変わります。土地の面積が広ければ広いほど費用がかかります。

測量が完了したら、その結果と事前調査で集めた資料を元にして土地の境界を推定します。隣の土地の所有者の立ち会いのもと、境界標を設置します。

書類作成費用

申請書添付書類作成の金額に幅が生じているのは、登記の種類によって必要な金額が変わるためです。

官有地の境界確定申請手続き費用

測量する土地が公道や水路など官有地と隣接している場合には、官公庁の担当部署へ申請書を作成し、境界線を確定する手続きを行わなければいけません。その手続き内容によって費用が変わります。

民有地の境界確定申請手続き費用

隣の土地が民有地の場合には、土地所有者の立ち会いのもと境界を確認します。隣地の所有者が違う場合には、それぞれの土地ごとに境界線の確認が必要で、その都度費用が発生します。

測量費用を節約する方法

測量費用を節約するには、お隣から境界立会を依頼された時に、その測量業者に自分の土地の測量をお願いしてしまうのが一番安く出来ます。
新規の依頼と比べ作業量が減少するため、大幅な値引きが期待出来ます。

売買で取得した土地で測量が必要になった場合には、登記所に備え付けてある「地積測量図」を入手し、作成者欄を確認してください。
作成者の土地家屋調査士は過去のデータを保存している可能性が高いので、住所と名前から連絡先を調べ測量の依頼をすると良いでしょう。
新規の依頼と比べ作業量が減少すれば、値引きしてくれるはずです。

土地を売却するなら一括査定サイトがおすすめ

不動産を今すぐ売却するのであれば、一括査定サイトで査定依頼するところから始めましょう。

一括査定サイトでおすすめのサイトはすまいステップです。

すまいステップとは、スマホからでも利用できる不動産一括査定サイトで、いつでもあなたの都合のいい時に、たった数分の簡単な入力作業だけで、最大4社の不動産会社からの査定を取り寄せられるとても便利なサイトです。

すまいステップは、独自の基準で厳選された全国各地の不動産会社と提携しています。現場の人選にもこだわりがあり、「宅地建物取引士の資格保有者」「売買仲介営業経験が5年以上」「累計100件以上の売買仲介実績」といった高額売却に欠かせない条件のいずれかを満たした担当者が査定を対応します。 下のバナーから査定依頼をしてみましょう。

すまいステップなら簡単に査定価格が分かる
リナビス
リナビス

一括査定であなたの家の適正価格が分かる
オンライン対応

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4

【完全無料】うちの価格いくら?