机上査定の特徴とは?訪問査定との違いや机上査定の依頼方法を紹介!

不動産の売却を考え始め、査定について調べたときに机上査定という言葉を見聞きした方もいるのではないでしょうか。

不動産の金額を知りたいなら、まず査定について理解することが大切です。

この記事では机上査定とはなにか、机上査定と訪問査定との違いはなにか、机上査定を依頼する方法を解説しています。

机上査定をする必要性や流れ、メリット・デメリットなども把握できるので、ぜひ最後までご覧ください。

査定について基礎的な情報を知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

関連記事

「家の査定はどうやって依頼するの?」「査定の時どこを見るの?」「査定時には何に気を付ければいいの?」初めて家の売却を検討している方は、不動産会社に査定してもらうことに不安や疑問を持つ人もいるでしょう。家を売るために査定はした[…]

家の査定

机上査定とは

机上査定は、簡易査定ともいわれている方法で、依頼を受けた不動産会社は現地へ行くことなく、データをもとに査定価格を算出します。

リナビス
机上査定の読み方は「きじょうさてい」だね!

不動産会社は、依頼者から提示された物件情報を参考に査定をします。現地へ行かないため、早く査定結果がわかることが特徴です。

手軽で簡単査定してもらえるので、不動産会社にいく時間がない、物件のだいたいの価格を知っておきたい、という方に利用されています。
リナビス
机上査定ではどんな情報が見られるの?

机上査定の算出方法

不動産会社は、レインズ土地情報システムなどに公示されている次の情報をもとに机上査定を行います。

  1. 類似物件の成約価格
  2. 周辺物件の売り出し価格
  3. 不動産市場の動向

具体的にどのような情報か説明します。

①類似物件の成約価格

成約価格とは、売主と買主の双方が合意し売買が成立した価格のことです。

査定する物件と条件の近い成約事例が近隣にあればあるほど、正確な査定額を算出できます。

そのため、次のような条件で類似成約事例を探します。

  • 所在地・面積・築年数など物件の条件が近い
  • なるべく最新の成約事例の数が多い

②周辺物件の売り出し価格

周辺の物件がいくらで売り出されているかも参考情報になります。

ただ、売り出し価格は売主が自由に決めれる価格なので、成約価格よりも高めに設定されていることがほとんどです。

③不動産市場の動向

不動産価格の相場はそのエリアの「人口の推移」など様々な要因で変動します。

不動産会社は近隣の市場動向を予測した上で査定額を算出します。

机上査定で分かる2つの情報

机上査定を受けるとメールで査定額だけ送られる場合もありますが、不動産会社によっては査定結果をまとめた査定書が送られ、次のような情報が分かります。

想定売却価格とその根拠

査定依頼者が伝えた物件情報をもとに、3カ月以内に売買される場合の想定価格が分かります。

査定書2

また、この想定価格になった計算式など根拠を詳細に書かれています。

近隣物件の成約事例

また、近隣の成約事例もまとめて分かります。

査定書

近隣で自宅と条件が似ている売却事例をピックアップして教えてもらえるので、周辺相場まで簡単に把握できます。

築年数や面積別に成約価格が分かるので、あなたの不動産の売り出し価格を決める際の参考情報に使えます。

次に机上査定と訪問査定の違いについて説明します。

机上査定と訪問査定の違い

査定方法にはデータのみで査定する机上査定と、不動産会社の担当者が物件を直接見て査定する訪問査定の2種類があります。

具体的にどのように違うのか、詳しく解説していきます。

訪問査定の特徴とは

訪問査定とは、机上査定で使用したデータに加えて、物件の状況も加味して査定額を算出する査定方法です。

一例ですが、訪問査定時には次のような箇所が見られています。

  • 敷地形状・・・土地の形状・傾き・大きさを確認。正方形に近いほど価格は高くなります。
  • 接道幅員・・・接道の長さ、前面道路の幅員を確認。
  • 近隣関係・・・周辺の建物、越境の有無、高圧線の存在を確認。
  • ライフライン・上下水道、ガス、浄化槽の状況を確認。
  • 建物状況・・・綺麗さ、日当たり、増改築、建物の傾きを確認。

机上査定では把握しきれない不動産のプラス要因、マイナス要因が加味されるので正確なな査定額を割り出すことができます。

不動産売却では物件個別的要因が売却価格に大きく影響するため、「直近で不動産を売り出したい」と考えている方に多く利用されている査定方法です。

机上査定と訪問査定のメリット・デメリット

それぞれ査定方法でメリットとデメリットがあるので自分の状況に適した査定方法を選ぶことが大切です。

査定方法メリットこんな人におすすめ
机上査定
  • インターネット上で簡単に利用可能
  • 物件の情報だけで査定できる
  • 短時間でおよその査定額がわかる
  • 価格の目安を知りたい人
  • 時間が取れず忙しい人
訪問査定
  • 正確な査定価格がわかる
  • 正確な価格を知りたい人
  • 机上査定を行った人

机上査定のメリット・デメリット

書類が不要で、簡単に利用できることが大きなメリットです。

不動産会社に伝える情報は、所在地、面積、築年数など、大まかな物件情報のみで構いません。

依頼を受けた担当者は、実際に物件を見ることはなくデータをもとに査定をするため、早ければ当日中に結果を知ることも可能です。

一方で、簡易的な方法のため、実際に現地に行って決める訪問査定と比べると、算出した価格の正確性が低くなることにも注意しましょう。

机上査定は、参考値を知りたいという目的で利用するのがおすすめです。

机上査定が向いてる人
すぐに査定額を知りたい人
不動産会社と直接コンタクトを取りたくない人
現在、査定物件から遠方に住んでおり現地立ち合いが難しい人
将来、売却を検討しているので参考値に査定額を知っておきたい人

訪問査定のメリット・デメリット

訪問査定は、実際に物件を見て査定するため、正確な査定価格を出せることが大きなメリットです。

「正確な査定価格=売却価格」ということではありませんが、机上査定と比べると、より売却価格に近い金額を知ることができます。

また、不動産会社の査定時の対応を直接見れるので、不動産会社の選定にも役立ちます。

不動産会社は査定だけではなく、その後の売却活動をサポートしてくれるパートナーとなります。

不動産会社の力量によって売却結果が変わるので、訪問査定時に不動産会社の見極めれるのも1つのメリットです。

一方で、登記簿や売買契約書など、さまざまな書類を用意しなければならず、手間がかかるというデメリットもあります。

また、実際に現地に行って書類を確認してから査定をするため、査定を依頼してから結果が出るまでに数日待たなければなりません。

訪問査定が向いてる人
正確な査定額を知りたい人
信頼できる不動産会社を探したい人
具体的に売却を考えている人

両方のメリット・デメリットを見て分かることは、机上査定は「手間をかけず、すぐに大まかな査定価格を知りたい人向け」であることです。

そして、訪問査定は「具体的に売却を考えているため、手間がかかっても精度の高い査定価格を知りたい人向け」だといえます。

関連記事

家や土地などの売却を検討し始めたら、まず不動産会社に査定をしてもらいます。査定とは不動産会社に「不動産がいくらで売れるか診断してもらう」事ですが、具体的にどのような方法で査定されるか知らない方も多いのではないでしょうか?家の売却を成功さ[…]

机上査定を依頼する方法は2つ

具体的に売却を考えている方も、そうでない方も、まずは手軽に依頼できる机上査定を利用してみてはいかがでしょうか。依頼する方法は大きく分けて2つです。

  • 一括査定サイトを利用する
  • 不動産会社へ直接依頼する

おすすめは一括査定サイトを利用する方法です。次の解説をお読みいただければ、おすすめする理由がわかることでしょう。

【一番おすすめ】不動産一括査定サイトを利用する

簡易的な方法である机上査定は、不動産会社によって価格に差が出ることがあります。そのため、一社ではなく複数社に査定を依頼して査定価格を比較しましょう。

不動産一括査定サイトは登録されている複数の不動産会社から査定価格を出してもらえます。地域や物件に対応している最適な一社を見つけられることがメリットで、不動産会社を探す手間と時間を大幅にカットできます。

不動産一括査定サイトのすまいステップは、評判の悪い不動産会社を排除しており、優良な会社のみ全国1600社が登録されています。

その中から、地域や物件に合う最大6社の査定を比較することが可能です。手続きはインターネット上で簡単に利用でき、PCやスマホから必要事項を入力するだけで、無料で依頼ができます。

さらに、結果もメールで受け取れるため、全ての流れが家にいながらできて便利です。

不動産の売却に失敗したくない方から、ただ査定価格を知りたいだけという方まで、気軽にすまいステップの一括査定を利用してみましょう。

不動産会社へ直接依頼する

不動産会社に電話をしたり来店したりして、直接机上査定を依頼することもできます。利用したい不動産会社が限定されている場合は、直接依頼するのもよいでしょう。

ただし直接依頼すると、しつこい勧誘を受けるリスクもあるので注意が必要です。

また、絶対に利用したい一社が決まっていない方は、自分で不動産会社を探さなければなりません。これらのデメリットを考慮すると、一括査定で様子をみたほうが無難だといえます。

机上査定を行ってから訪問査定を依頼するのがベスト!

不動産売却を成功するには、適正な不動産価格を把握し、信頼できる不動産会社に売却をサポートしてもらうことが大切です。

信頼できる不動産会社は複数社を比較しながら見つけていくしかありません。

ただし、いきなり複数社に会って話を聞くのは大変ですよね。そこで、オススメしたい査定依頼の流れは次の通りです。

  1. 不動産一括査定サイトすまいステップを使って複数社に机上査定を依頼する
  2. 机上査定時のメールのやり時や査定額を総合的に見て、不動産会社を3社程度に絞り込む
  3. 選んだ会社に訪問査定を依頼する

 

まず机上査定で概算金額を把握した上で、訪問査定を依頼する不動産を選んでおくという流れです。

一括査定で複数社を比較することで、会社ごとに得意分野が違ったり、知識や信頼度の差がわかったりするため、業者選びに時間がかからず効率的です。

机上査定は無料なので試して損はありません。一括査定サービスで一社を絞り込んだあとで、具体的に売却を考える場合は訪問査定を依頼しましょう。

まずは机上査定で手軽に物件の査定価格を知ろう

机上査定はほとんどが無料で依頼することができ、手続きの手間もほとんどかかりません。また、インターネット上でも依頼ができるため、忙しい方でも気軽に利用できます。

実際に売却を進めたいと考えている方も、まずは机上査定で査定価格を知ることから始めましょう。

一括査定を利用すれば、不動産会社の結果や対応を比較することができ、信頼できる一社を見つけるための判断材料になるのでおすすめです。

関連記事

不動産を売るならできるだけ高いく売りたいと多くの方が考えるでしょう。不動産は高額であるため、売り出し価格を少し変えるだけで利益が大きく変わります。一方、適正な売り出し価格を設定しないと損に繋がります。しかし、適正な売り出し価[…]


不動産一括査定サイトを使って査定をしたら300万円以上の差も珍しくない 

不動産一括査定サイトすまいステップ を使って実際に不動産を査定してみると、査定額に300万円以上差が出ることも珍しくはありません。

不動産会社査定価格
不動産会社A1100万円
不動産会社B1400万円
不動産会社C1280万円

これだけ査定額に差が出ると、複数の不動産会社に査定を依頼することが、不動産を高く売るために必須だと言えるでしょう。

少しでも不動産売却を検討しているなら、一括査定サイトで自分の不動産がいくらで売れるか調べてみましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?