【専門家監修】不動産売却メディア「すまいステップ」

家を売るならどこがいいのか。じっくり検討したい時のポイント7つ

少しでも家を高く売りたいものの「何を基準に不動産会社を選ぶべき?」「どんなポイントで比べればいいか分からない」と悩んでいませんか。

不動産会社を選ぶポイントは、大手の不動産会社かどうかにこだわらず、適切な価格で査定を出してくれる信頼できる不動産会社であり、かつ、安心して家を任せられる営業担当者がいることです。あわせて、売りたい家に近い不動産会社なら独自の情報でより高く家を売ってくれる可能性があります。

この記事では、具体的に売却を検討している方のために、家を売る不動産会社を選ぶ7つのポイントのほか、不動産会社探しに役立つ一括査定サイトの選び方も解説しています。契約前に知っておきたい売却の基礎知識や、契約後にスムーズに売るためのコツも紹介していますので、参考にしてください。

家を売る不動産会社を選ぶ7つのポイント

後悔しない不動産会社選びのためには、チェックしておきたいポイントがいくつかあります。見ておきたい7つのポイントを紹介しますので、見極めるための注目点をおさえていきましょう。

大手の不動産会社にこだわらない

不動産会社というと、CMで名前を聞いたことがある大手だけではありません。実際は駅前や街中にも、多くの不動産会社があります。

大手不動産会社の場合は、新しく住宅が建ち始めた地域の不動産を持っている方が向いています。大手ならではの資金力と、インターネット上での広告活動と相性が良いためです。インターネット上の物件情報へアクセスすることが多いのは、現役の会社員など若手世代が多くなるため、購入に至る可能性も高まるでしょう。

一方で、中小の不動産会社への依頼がおすすめなのは、大手不動産会社がカバーしづらい郊外に物件を持つ方です。郊外の場合、大手不動産会社だとかえって顧客情報を持っておらず、売却しづらい可能性があります。

売りたい家の取り扱い実績

売りたい家が一軒家なのかマンションなのか、条件を整理したうえで不動産会社の取り扱い物件を調べましょう。売りたい家に似た物件を多く扱っている不動産会社なら、あなたの売りたい家に合う売り方により、できるだけ高く売ってくれる可能性が高まります。

実績を確認する場合は、不動産会社のホームページのほか、実店舗の広告を見に行くのもおすすめです。

また、郊外にある中小の不動産会社を選ぶ際は、宅地建物取引業の免許番号も1つの目安になります。免許番号で特にチェックしたいのが、カッコ内にある数字です。これは家を売り買いする際に必ず必要な宅地建物取引業の免許を、5年周期で何度更新したかを示しています。

たとえば(2)と書いてあれば、2回更新した不動産会社であり、10年は営業が続いていると判断できるため、1つの目安として参考になるのです。ただしあくまで参考程度にし、実際の営業力を確かめることを優先しましょう。

不動産取引の業界団体に加入

万が一、選んだ不動産会社に対しクレームが発生した場合に備えて、不動産取引の業界団体である全国宅地建物取引業保証協会や全日本不動産協会など、加入している業界団体を確認しましょう。

ただし、不動産会社選びに大いに役立つかというと、優先度は高くありません。不動産会社は業界団体に所属していることでメリットを受けられるため、加入していることがほとんどだからです。

しかし加入している団体を通じて苦情を連絡できるため、調べておくと1つの安心材料にはなります。

提供されているサービスの内容

より良い条件で家を売れるように、提供されているサービスを調べておくことも大切です。不動産会社が提供するサービスには、次のようなものがあります。

  • ハウスクリーニング
  • 設備修繕
  • 荷物の預かりサービス
  • インスペクション
  • 瑕疵(かし)担保保険
  • リースバック
  • 買取保証

どの不動産会社でも同じようにサービスが提供されているわけではないため、同じような査定額を提案してくれた不動産会社を比較する際に、より良い条件で売れるようにサービスを確認しておくと、さらに納得した売却につながるでしょう。

利用者の口コミでの評判

不動産会社の公式ホームページ以外に、不動産会社向けのレビューサイトやGoogleの口コミ、売却した方の体験談記事を利用するのも1つの方法です。公式ホームページの情報だけでは、良い口コミばかりで悪い口コミを確認できない可能性もあります。

また、国土交通省が提供する国土交通省ネガティブ情報等検索サイトで、直近の数年間で行政処分を受けていないかも確認しておくと安心です。

一度行政処分を受けてもその後改善されていることも多いため、過度に心配する必要はありませんが、たとえば半年前など直近に処分を受けている不動産会社なら、処分を受けた理由が改善されているか見ておくとよいでしょう。

不動産会社の立地が売りたい家の近く

大手でも中小の不動産会社であっても、売却したい家と不動産会社の立地が近いか確認しましょう。売りたい家に近い不動産会社の方が、査定額も適切で、その地域にあう売り込み方をよく知っているからです。

また、自らは売りたい家から遠方に住んでいたとしても、不動産会社が売りたい家の近くにあるのであれば、売却中の管理や情報共有もスムーズに進みやすくなります。大手と中小の不動産会社で悩んでいるのであれば、どちらがより売りたい家の近くにあるかで選ぶのも手です。

信頼できる営業担当がいる

売却をより具体的に考えているのであれば、信頼できる営業担当がいる不動産会社かどうかで選びましょう。なぜなら、購入希望者に対応したり、こちらの疑問や質問に対応したりするのは、営業担当者になるからです。次のようなポイントをチェックして、見極めていきましょう。

  • 査定依頼時や相談時の対応が早いか
  • 質問に分かりやすく回答してくれるか
  • 売りたい家の悪い情報やデメリットも説明してくれるか
  • 営業担当と直に会って信頼できるか

また、人柄は良く見えても、説明に根拠がなかったり、難しい言葉を使ったりする営業担当は購入希望者からの印象が悪くなる場合があります。

自分自身が信頼できるかどうかと共に「もし自分が家を買う側だったら信頼できる相手か」も考えてみましょう。

他にも家売却でやってはいけないことを知っていると、売却で失敗するリスクを抑えることができます。

家を売る不動産会社を探すなら一括査定サイト

どのように不動産会社を探せばよいか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そんな時に活躍してくれるのが、一括査定サイトです。ここでは、一括査定サイトのメリットや選び方、迷っている方におすすめの一括査定サイトを解説します。

不動産の一括査定サイトとは

売りたい家やマンション、アパートなど、不動産の価格査定を不動産会社へ依頼したい人と、物件を売りたい人を知りたい不動産会社の仲介役となるのが、不動産の一括査定サイトです。

不動産の一括査定サイトに利用者が入力した情報と、サイトに参画している不動産会社の情報を、サイト側がマッチングしてくれるため、利用者は自分の売りたい家に当てはまる不動産会社へネット上からスムーズに査定依頼が行えます。

そのため、利用者にとっては次のようなメリットがあります。

  • 査定依頼までに手間をかけずに済む
  • 査定額やサービスを比較して不動産会社を選べる
  • 売りたい家に相性の良い不動産会社が見つかりやすい

一括査定サイトの選び方

一括査定サイトの選び方を知っておきましょう。

  • 売りたい家を対象物件とした一括査定サイトである
  • 売りたい家のあるエリアが対応エリアに含まれている
  • 一度に査定依頼できる件数が3社以上
  • サイト内の情報の充実度が高い

不動産の一括査定サイトによっては、あえてマンションだけに特化といった特徴を持たせていることがあります。そのため売りたい家を対象物件としているかどうか、最初に確認しておきましょう。反対に売りたい家に適した一括査定サイトなら、相性の良い不動産会社が見つかりやすくなります。

郊外の物件を売りたい場合は、対応エリアの広さも重要です。エリア外の物件を依頼しようとしても、不動産会社が見つからない可能性があります。査定依頼できる会社の数が十分に見つからないかもしれません。

また、サイト内にコラムが掲載されている場合は、家の売却が初めてという方でもわかりやすい記事が掲載されているかどうか確かめてみましょう。

コラムの内容をチェックする業務を怠ることなく、定期的に最新情報に更新している不動産の一括査定サイトなら、利用者にとってメリットの大きい運営が期待できます。

おすすめの一括査定サイトはすまいステップ

ここまで読んで「そうは言っても、一括査定サイトはたくさんあって選びづらい」という方におすすめのサイトが、すまいステップです。解説した一括査定サイトの選び方をもとに情報を整理すると、次のような特徴があります。

  • マンションや戸建て以外に投資用不動産や山林・農地にも対応
  • 対応エリアは全国区
  • 一度に査定依頼できる会社数は最大4社
  • サイト内で都道府県別の相場や売り方のコツがわかる

すまいステップを利用するメリットとして、独自の基準を設け、提携する不動産会社を厳選していることが挙げられます。

しつこい営業電話など利用者が迷惑に感じる行為を禁止しているほか、実際に売買実績がある営業担当がいることも条件としているのも、利用者にとって安心できるポイントです。

情報入力はチャット形式で、2分から3分ほどで完了します。はじめて不動産の一括査定サイトを使う方も簡単に利用できるため、まずはどのような情報が得られるか確認するだけでも活用してみましょう。

家売却で失敗しないように、複数の不動産会社があなたの目で選んでいきましょう。

不動産会社と契約する前の基礎知識

実際に家を売るときには、不動産会社と契約を結びます。しかし事前の基礎知識が欠けていると、契約内容を十分に確認できず納得のいく売却につながらないかもしれません。契約前の基礎知識の中でも、特に知っておきたい知識を解説します。

仲介手数料と上限

不動産会社が行った売却活動により買主に家を売ってもらえた場合、その成果に対して支払う成功報酬のことを仲介手数料といいます。成功報酬のため、不動産会社がもし家を売ることができなければ、支払う必要はありません。

仲介手数料は不動産会社が自由に支払額を決められるわけではなく、宅地建物取引業法に基づき上限額が定められています。計算式は売却価格(税込)によって異なります。

  • 200万円以下の部分:売却価格×5%+消費税
  • 200万円超400万円以下の部分:売却価格×4%+2万円+消費税
  • 400万円超の部分:売却価格×3%+6万円+消費税

計算式で追加している2万円や6万円は、計算式の率が異なる部分を含めて計算する際の誤差を調節するための金額です。たとえば売却額が1,000万円だった場合、まず200万円、つづいて200万円超400万円以下の部分、最後に400万円超の部分である600万円を計算と、とても手間がかかります。

一般的に不動産の売却は高額になることが多いため、400万円超の速算式を覚えておくと、査定額から支払う可能性のある仲介手数料について計算しやすくなるでしょう。

また、仲介手数料について売主が注意したいのは、上限額を超えた仲介手数料を請求されていないか、支払い方法は銀行振り込みが可能か、という点です。売却額が高額になると仲介手数料も高くなるため、銀行振り込みができた方が安心して取引できます。

媒介契約の解約方法

不動産会社と契約したものの、売却が思わしくなかったり、家を売ることを取りやめたかったりする場合は、媒介契約を途中解約することも可能です。ただし媒介契約によって解約手続きの難易度が異なります。

一般媒介契約は複数の不動産会社と契約できる媒介契約のため、基本的に連絡を行えば契約を解除できます。しかし専任媒介契約や専属専任媒介契約で中途解約を行いたい場合は、それまでの売却活動にかかった広告費用などが請求される恐れもあり、注意が必要です。

なお、専任媒介契約と専属専任媒介契約も、中途解約がスムーズに行える場合があります。それは不動産会社側が契約に盛り込まれている義務を行っていないときです。

トラブルにならないように、万が一中途解約を行う場合はどうすべきか、不動産会社と契約前に確認しておくとよいでしょう。

契約した不動産会社でスムーズに家を売る方法

不動産の一括査定サイトを通じて調べた会社を厳選しただけでは、まだ家が確実に売れるわけではありません。その後、実際に売却活動が始まるからです。ここでは契約した不動産会社を通じ、スムーズに家を売るために売主としてできる対応を紹介します。

相場からズレない価格で売り出し

売り出し価格を決める際は、相場からズレのない適正な価格を付けることが重要です。相場からズレてしまうと、明確な高く売る、あるいは安く売る理由がない限り買主が現れにくくなり、損につながってしまいます。

不動産の一括査定サイトから選んだ不動産会社が提示する査定価格は、3ヶ月以内にその家が売れる可能性のある価格です。そのため売り出し価格は査定価格をそのままつけるのではなくたとえば「少し安くていいから1ヶ月で売りたい」や「ローン完済に〇円で売却したい」など、売りたい期間と金額を明らかにしておきましょう。

売主として、次の手順で売り出し価格の目安を考えておきましょう。

  1. 不動産ポータルサイトなどで似た条件の売り出し価格を調べる
  2. ローン返済が必要なら残債を調べておく
  3. ローン返済の額や必要な金額を元に売却額の下限を決める
  4. 不動産会社と相談

家の内覧は準備や当日の対応で好印象

家の中を購入希望者に実際に見てもらう内覧は、購入が決まる大事な瞬間のため、前日の準備や当日の対応に力を入れて損はありません。

内覧の予定が決まるまでには、まず不動産会社から内覧予約が入ったことを伝える連絡があり、その後内覧希望者の予定を考慮して決定されます。事前の連絡は1週間以上前のこともあれば、内覧前日に急に入ることもあるため、売却活動が始まったら用意を始めておいた方が安心です。

内覧で確認されやすいポイント

特に確認されやすいのは、次の5つです。

  • キッチンやトイレなど水回り
  • 最初に入る玄関
  • 意外と散らかりやすいベランダ
  • 生活感が出やすいリビング
  • 部屋の中に漂う臭い

前日に掃除をするのであれば、水回りや玄関を重点的に行いましょう。相続した実家など、掃除を行っていない期間が長い場合は、ハウスクリーニングを入れるのも手です。この時、媒介契約を結んだ不動産会社にハウスクリーニングサービスや修繕サービスがあると費用節約にもなります。

家売却時の内覧ポイントに関して詳しくはこちらをご覧ください。

内覧当日の対応

当日は立ち会いを行う場合と、営業担当者に任せてしまう場合に分かれます。営業担当者がアピール上手であれば、任せてしまうのも手です。自分で対応する場合は、次の5つに注意しましょう。

  • 部屋の電気やカーテンの開閉で部屋を明るくする
  • 可能であれば子供やペットは外出させておく
  • 空調を調節して長時間の滞在に備える
  • ネガティブな内容の質問にも回答する
  • 口約束はしない

部屋の印象を良くするコツとして、部屋を明るく、物を少なくしておくことでイメージアップと共に、手入れが行き届いている印象を与えられます。ゆっくり部屋の中を見てもらうためにも、内覧対応は少人数がおすすめです。

そして、内覧にかかる時間は人によって異なります。数時間を超えることもあるため、冬や夏といったタイミングは快適な温度にしておくとよいでしょう。

また、質問を受けた場合はネガティブな内容であっても、きちんと答えることをおすすめします。ただしデメリットになりうる大きな不具合は、どのように伝えるべきか不動産会社の営業担当者と打ち合わせをしておくのがおすすめです。

そして質問の過程で「〇円で売ってください」など、口約束を迫られる場合もあります。しかし口約束をしてしまうと、後でトラブルになりかねません。内覧の時点では、口約束をしないようにしましょう。

家の売買契約書は細部まで条件を確認

買主と売主の間が、どのような決まりのもとお互いに家を売り買いするのかを細かく決めた契約書を、売買契約書といいます。重要事項説明書は、どのような家と土地で、法規制としては何が関与しているのか、ライフラインはどうなっているのか、といった内容が説明されています。

売買契約書の確認ポイントとしては、次の内容が挙げられます。

  • 何月何日に家を引き渡し、代金を決済するのか
  • 手付金に関する決まり事
  • 買主が住宅ローンを借りられなかった場合の対応
  • 測量や境界(土地の範囲)が明示されているか
  • 登記簿上の土地の面積と実際の面積が異なった場合の対応
  • 契約に違反があった場合の対応
  • 契約不適合責任(瑕疵担保責任)について
  • 固定資産税および都市計画税の精算方法について
  • 特記事項について記載があるのか

分からない点があれば必ず不動産会社の営業担当者へ確認し、疑問を解決していきましょう。

家を売るならどこがいいかは複数社を比較して判断しよう

家を売るなら、不動産会社選びは重要です。どこがいいか迷った場合は、複数の不動産会社を比較したうえで判断しましょう。なぜなら会社ごとにサービスや特色も異なり、調べてみないと分からない情報も多いからです。

迷った場合は、自分の売りたい家があるエリアに対応した不動産の一括査定サイトを使い、複数社へまとめて査定依頼をだしてみましょう。信頼できる不動産会社とその営業担当者を見つけることができれば、納得のいく不動産売却に1歩近づけます。

そのうえで、この記事で紹介した不動産の売却前に知りたい基礎知識や売却をスムーズに行う方法を活用し、売却を成功させましょう。

一括査定サイト選びに迷っている方は、すまいステップの利用がおすすめです。まずはサイトに掲載されたコラムを見てみることだけでも大丈夫、自分に合う優秀な不動産会社を探しに行きましょう。

すまいステップなら簡単に査定価格が分かる
リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4

【完全無料】うちの価格いくら?