【専門家監修】不動産売却メディア「すまいステップ」

ハウスメーカーで建てた家は高く売れる!?高額で売却しやすい家の特徴を紹介

  • 更新日:2024年1月19日
ハウスメーカーで建てた家は高く売れる!?高額で売却しやすい家の特徴を紹介
この記事のポイント
ハウスメーカーで建てた家は条件によっては高く売れる
ハウスメーカーで建てた家は、住宅性能が高い、デザイン性が高い、アフターメンテナンスが充実している点が評価される
大手ハウスメーカーが施工した、築年数が浅い、立地や周辺環境が良いなどの特徴を持つ家は高値での売却が期待できる

不動産売却を考える際、多くの人が気になるのは、どれくらいの価格で売れるかということです。

特にハウスメーカーで建てた家を売却する場合、多くのポイントが考慮され、それによって価格が大きく左右されます。

ハウスメーカーで建てた家の特徴や、高く売れる理由を知ることで、適切な価格での売却を目指すことができます。

この記事を読むことで、ハウスメーカーで建てた家の売却に関する知識が深まり、成功した売却を目指すためのポイントを把握することができます。

ハウスメーカーとは

ハウスメーカーは、住宅を設計し、建築する企業のことを指します。

ハウスメーカーは、注文住宅・建売住宅・マンションなど、様々なタイプの住宅を提供しています。

大手ハウスメーカーは、設計から施工、アフターメンテナンスに至るまで、住宅に関連する様々なサービスを一貫して提供しています。

また、ハウスメーカーは、住宅の性能、デザイン、間取りなど、住まいに関連する様々な要素について、専門的な知識と技術を持っています。

主なハウスメーカー
  • 積水ハウス
  • 大和ハウス
  • へーベルハウス
  • 三井ホーム
  • 住友林業株式会社
  • セキスイハイム
  • アキュラホーム
  • パナソニックホームズ
  • トヨタホーム

ハウスメーカーで建てた家が高く売れる理由

様々な条件によって左右されますが、一般的にはハウスメーカーで建てた家は高く売れる傾向にあります。

ハウスメーカーで建てた家が評価されやすいのは、下記の条件に当てはまるからです。

  • 住宅性能が高い
  • デザイン性が高い
  • アフターメンテナンスが充実している

理由①:住宅性能が高い

ハウスメーカーで建てられた家は、一般的に住宅性能が高いとされています。

例えば、耐震性、断熱性、耐久性など、様々な性能において、高い水準が求められます。

これらの性能が高いと、住宅の価値が上がり、売却時に高値で売れる可能性が高まります。

また、ハウスメーカーは、最新の技術や設備を取り入れることで、住宅の性能をさらに高めています。

理由②:デザイン性が高い

ハウスメーカーで建てられた家は、デザイン性が高いとされています。

ハウスメーカーは、プロのデザイナーが設計に関与しており、最新のトレンドに合わせたデザインが施されています。

デザイン性が高いと、住宅の価値が上がり、売却時に高値で売れる可能性が高まります。

また、ハウスメーカーは、お客様の希望に合わせたカスタマイズも可能で、こだわりのある住まいを実現することができます。

理由③:アフターメンテナンスが充実している

ハウスメーカーで建てられた家は、アフターメンテナンスが充実しています。

例えば、定期的な点検やメンテナンス、必要に応じたリフォームなど、様々なサービスが提供されています。

アフターメンテナンスが充実していると、住宅の価値が保たれ、売却時に高値で売れる可能性が高まります。

また、ハウスメーカーは、アフターメンテナンスに関連する情報を提供し、住宅のメンテナンスをサポートしています。

ハウスメーカーで建てた家が売却時に見られるポイント

すまリス
ところで、家の売却価格はどうやって決まるの?
家の売却価格は立地や築年数などによって左右されますが、構造や建物の状態によっても高く売れるかどうかが決まります。
査定時には、例えば以下のようなポイントも考慮されます。
  • 工法・構造
  • アフターメンテナンス
  • リフォーム

工法・構造

ハウスメーカーで建てた家の査定時には、家の構造や工法が見られます。

特に、建物の建材に何を使っているかによって決まる「構造」は、建物の耐用年数を左右するので査定額にも影響を及ぼします。

構造法定耐用年数
木造20~22年
鉄骨構造19~34年
鉄筋コンクリート構造38~47年

一般的には、耐用年数の長い構造のほうが高く査定される傾向にあります。

木造

木造は、日本の伝統的な建築構造で、自然素材である木を主に使用しています。

木造の住宅は、木の温もりを感じることができ、自然な雰囲気が魅力です。

設計の自由度が高い上に、建築費用も安く住むため戸建て住宅の多くが木造で立てられています。

しかし、耐震性は鉄骨構造・鉄筋コンクリート構造に劣ることに加えて、シロアリ被害に遭う可能性もあり、建物としてよい状態を保つには丁寧なメンテナンスが必要です。

鉄骨構造

鉄骨構造は、鉄骨を主に使用した建築構造です。

鉄骨構造の住宅は、耐火性に優れており、火災に強い住まいを実現することができます。

また、鉄骨構造は、木造住宅に比べると耐久性が高く、比較的にわたって住宅の価値を保つことができます。

鉄筋コンクリート構造(RC造)

鉄筋コンクリート構造は、主要構造部や基礎に鉄筋とコンクリートを主に使用した建築構造です。

鉄筋コンクリート構造の住宅は、耐火性、耐震性、耐久性に優れており、安心して住むことができます。

また、鉄筋コンクリート構造は、音の遮音性にも優れており、静かな住環境を実現することができます。

アフターメンテナンス

アフターメンテナンスは、住宅を長持ちさせるための重要なポイントです。

ハウスメーカーは、定期的な点検やメンテナンスを提供し、住宅の価値を保つサポートをしています。

また、ハウスメーカーは、リフォームの提案や、住宅のトラブルに対する対応も行っています。

アフターメンテナンスが充実していると、住宅の価値が保たれ、売却時に高値で売れる可能性が高まります。

リフォーム

リフォームは、住宅の価値を高めるための重要なポイントです。

ハウスメーカーは、お客様の希望に合わせたリフォームの提案を行っています。

例えば、間取りの変更や、設備の更新、デザインの変更など、様々なリフォームが可能です。

リフォームを行うことで、住宅の価値が上がり、売却時に高値で売れる可能性が高まります。

ただし、売却の直前にわざわざリフォームをする必要はありません。

リフォームをすることでかえって買主のニーズに合わなくなり、売れ残ってしまう可能性があるからです。

リフォームをするか迷ったら、まずはそのままの状態で不動産会社に見せてリフォームを実施する必要があるか相談しましょう。

みんなの不動産売却体験談

兵庫県神戸市須磨区 / 40代

査定価格4,200万円売却価格4,580万円

不動産会社の決め手
丁寧な査定をしていただける会社がいいです。仲介手数料をねびいてくれたり、近隣との車両通行許可の交渉をしてくれたりしました。とても信頼できる担当者でした。
この口コミをもっと見る

大阪府摂津市 / 30代

査定価格3,580万円売却価格3,380万円

不動産会社の決め手
建築会社の方になかなか売却が進まないことを相談したところ、そこの社長がこれまでに実績のある方を紹介してくださいました。実際あってみると、これまでの方よりも信頼できそうだったのでお願いしました。
この口コミをもっと見る

東京都調布市 / 40代

査定価格2,500万円売却価格2,500万円

不動産会社の決め手
対応の速さと、おおよそ、これぐらいで、売れますよと先に出してくれていると、決めようかなと思います。あとは、他社と比べたときにも、そことあまり差のないようにしてくれるとありがたいです。
この口コミをもっと見る

愛知県春日井市 / 50代

査定価格1,380万円売却価格1,190万円

不動産会社の決め手
築年数が古く各社とも上物を解体して更地渡しの提案しかなかったが、ナカジツに関してはリフォームベースとして使う形での建物付きでの売却を提案して手残りも多く確保できそうな提案だったから。
この口コミをもっと見る

東京都江東区 / 50代

査定価格3,834万円売却価格4,060万円

不動産会社の決め手
前回マンションを売却をした際には成約までに時間がかかり、売却価格を3回も下げる羽目になってしまいましたが、売却を委託した不動産会社が両手仲介をしていたことが原因の一つではないかと考え、今回は片手仲介しかしていない不…
この口コミをもっと見る

高く売れやすいハウスメーカーの家の特徴

高く売れる家には、いくつかの特徴が共通しています。

例えば以下のようなものです。

  • 大手のハウスメーカーが立てた
  • 築年数が浅い
  • 立地が良い
  • 周辺環境がよい間取りやデザイン性ががよい
  • アフターメンテナンスがされている

大手のハウスメーカーが建てた

大手のハウスメーカーが建てた家は、一般的に品質が高いとされています。

大手ハウスメーカーは、設計から施工、アフターメンテナンスに至るまで、一貫して高い品質を提供しています。

また、大手ハウスメーカーは、最新の技術や設備を取り入れ、住宅の性能を高めています。

これらの理由から、大手のハウスメーカーが建てた家は、売却時に高値で売れる可能性が高いです。

築年数が浅い

築年数が浅い家は、一般的に価値が高いとされています。

築年数が浅いと、建物の劣化が少なく、設備や設計が最新のものである可能性が高いです。

また、築年数が浅いと、アフターメンテナンスの必要が少なく、新築に近い状態を保つことができます。

これらの理由から、築年数が浅い家は、売却時に高値で売れる可能性が高いです。

立地がよい

立地がよい家は、一般的に価値が高いとされています。

また、立地がよいと、将来的にも価値が下がりにくくなるため魅力的です。

最寄り駅が通勤・通学に便利な駅だったり、駅から家までの距離が近かったりすると、家が高く売れやすい傾向にあります。

これらの理由から、立地がよい家は、売却時に高値で売れる可能性が高いです。

周辺環境がよい

周辺環境がよい家は、一般的に価値が高いとされています。

周辺環境がよいと、静かで安全な住環境が実現され、快適な生活を送ることができます。

また、ショッピング施設や病院・学校など生活に必要な施設が周辺にある家も高く評価される傾向にあります。

住む人が豊かな生活を送れるような、周辺環境のよい家は高く売却できるでしょう。

間取りやデザイン性がよい

間取りやデザイン性がよい家は、一般的に価値が高いとされています。

間取りがよいと、生活しやすく、家族のライフスタイルに合った住まいを実現することができます。

また、デザイン性が高いと、住宅の価値が上がり、売却時に高値で売れる可能性が高まります。

これらの理由から、間取りやデザイン性がよい家は、売却時に高値で売れる可能性が高いです。

アフターメンテナンスがされている

アフターメンテナンスがよい家は、一般的に価値が高いとされています。

アフターメンテナンスが充実していると、住宅の価値が保たれ、売却時に高値で売れる可能性が高まります。

また、アフターメンテナンスが充実していると、住宅のトラブルに対する対応が迅速に行え、安心して住むことができます。

これらの理由から、アフターメンテナンスがよい家は、売却時に高値で売れる可能性が高いです。

まとめ

ハウスメーカーで建てた家を売却する際には、いくつかのポイントに注意することが重要です。

工法・構造、アフターメンテナンス、リフォームなどが、売却時の価値を大きく左右します。

また、大手のハウスメーカーが建てた家、築年数が浅い、立地がよい、周辺環境がよい、間取りやデザイン性がよい、アフターメンテナンスがよい、といった特徴を持つ家は、売却時に高値で売れる可能性が高いです。

これらのポイントを押さえ、適切なメンテナンスやリフォームを行うことで、ハウスメーカーで建てた家の価値を高め、成功した売却を目指しましょう。

都道府県ごとの不動産売却情報

お住まいの地域の売却相場・不動産会社をチェックしよう

すまいステップなら簡単に査定価格が分かる
リナビス
リナビス

一括査定であなたの家の適正価格が分かる
オンライン対応

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4
1000社以上の優良不動産会社が参画

不動産会社選びで、
数百万円も
売却額が変わる

不動産会社選びで、数百万円も売却額が変わる
【完全無料】うちの価格いくら?