家を売るベストタイミングを「築年数」など6つの観点から解説!

家やマンションなどの不動産売却を成功させるためには、売却のタイミングが重要です。タイミング次第で売却の条件は変わり、スムーズに売れるかどうかも違ってきます。

優良物件でも、タイミングが悪いと売却条件が下がることもあるため注意が必要です。

この記事では家売却に適したタイミングを5つの観点から解説していきます。家売却に適したタイミングを知り、少しでもよい条件での売却を目指しましょう。

「市況」から見る売却タイミング

不動産の価格は、景気や社会情勢の影響を受けやすい特徴があります。不景気の時には不動産価格は下落し、好景気の時には不動産価格は上昇傾向があります。

具体的にどのタイミングで売却すると多くの利益を得ることができるのでしょうか。ここでは、市況感から見る、家売却の適切なタイミングについて解説します。

2020年までは相場が右肩上がりで売り時

下のグラフは、国土交通省が発表している不動産取引価格指数で、不動産価格の動向を示してます。

不動産価格指数

過去10年を振り返ると、戸建ての相場ほぼ横ばいな一方でマンションの相場が2013年から右肩上がりの状態が続いています。

2008年に起こったリーマンショック以降数年間は、不動産市場の景気は悪く価格も下降していましたが、アベノミクスが実施された2013年以降は不動産市場は活況を取り戻し、東京オリンピックまでは、不動産の市況はさらに上向きになることが期待できます。

さらに、国土交通省が2019年3月に発表した内容を見ると「地方圏でも住宅地が27年ぶりに上昇に転じた」となっています。

リナビス
地方でも相場が上がった時期なんだね!

2021年以降の相場は不透明

一方、延期されたオリンピックが閉幕する2021年以降の家の相場は高止まりが予想されています。

マンション価格推移予測

一般財団法人 日本不動産研究所:2019/11/26プレスリリースより

オリンピック以降の景気や地価の変動がどのようなものになるかは不透明ですが開催前のように上昇し続ける見込みはありません。

オリンピック景気の後は反動で不動産価格が下落する可能性が十分にあるので、好条件で家を売るタイミングは「オリンピック前」が1つの基準となりそうです。

「時期」で見る売却タイミング

転勤や子供の進学先が変わるタイミングである4月直前の2月、3月は住み替え需要が大きくなるので、好条件で売却しやすくなります。

実際2019不動産統計集によれば、2~3月の売却価格が高くと成約件数も伸びています。

これらの結果からも、新生活スタート前の2~3月はが一年の中でもっとも売り時だと言えるでしょう。

リナビス
2月には売り出しておいた方が良いね!

家を2月までに売り出すには、年末以前から売却準備を進めて、1月後半には購入希望者を多く募れる状態を作っておくことが大切です。

需要がある時期を過ぎてしまうと売買条件が悪くなってしまうので、売り急いでいるわけではないなら次の需要のピークが来る時期まで売却を待つのもひとつの方法です。

「築年数」で見る売却タイミング

家は築年数が経過するごとに価値が下がります。家を高く売りたいなら、築年数が浅いうちに「少しでも早く売る」ことが大切です。

以下は築年数別の戸建てとマンションの資産価値を表したグラフです。

戸建ての築年数別相場

新築築年数相場

戸建てとマンションで資産価値の下落スピードが大きく異なるため、物件種別ごとに売り時を紹介していきます。

戸建ては相場の下落が早い

戸建ては木属建築が一般的のため、鉄筋コンクリート造のマンションに比べて資産価値の下落スピードが速いのが特徴です。

築10年までは相場の下落スピードが速い!

最も急速に相場が下落する期間が築10年までの家です。築年数が10年になるまでに、一般的には新築の約半分まで相場が落ちます

築10年までは価値の下落スピードが速いため、築年数が1年違うだけでもその価値は大きく変わってきます。築年数10年未満の家売却に悩んでいる方は、出来るだけ早い決断をすることが大切です。

築20年までの相場の下落速度はなだらか

築10年を過ぎた家は価値の下落速度が少しなだらかになる傾向にあります。目安としては、築15年時点で新築価格の3割、築20年で2割程度まで相場が下がると言われています。

基本的に木造建築の一戸建ては、耐用年数が22年と定められているため、築20年時点で価値ほとんどなくなってしまいます。

戸建ての価値の限界は築20年が1つの目安になると覚えておきましょう。

築20年超の家は市場価値がゼロに

築20年を超えた家は、不動産自体の価値はほとんどなくなり相場は横ばいの状態が続きます。築30年を超えると建物を解体して更地の状態にした方が売却しやすいこともあります。

リフォームなどを施した場合は別ですが、何も改善していない場合は、不動産として売り出す価値は基本的にありません。

マンション相場の下落はなだらか

戸建ての相場下落スピードが速い一方で、マンション相場の下落は比較的緩やかに進むのが特徴です。

以下の表は東日本不動産流通機構が出している首都圏の中古マンションの築年数別の資産価値の推移です。

築年数変化割合価格
築0~5年100.0%4895万円
築6~10年82.2%4243万円
築11~5年75.9%3931万円
築16~20年62.8%3159万円
築21~25年42.4%1899万円
築26~30年40.3%1670万円
築31年~40.1%1678万円

築5年以内のマンションの売却価格を100とした場合に、築10年経つと82.2%築20年を超えると42.4%と推移していきます。

 築年数5年以下のマンション

比較的買い手がつきやすいとされている築年数が5年以下のマンションは比較的高く売ることができます。

築年数が浅いマンションであれば、買い手の心象的としても「新築と大きく変わらない」というプラスのイメージを持ってもらえやすいです。

実際、設備劣化は起きていない物件がほとんどなので、高く売りやすい時期です。

築年数10年以上のマンション

築年数が10年以上のマンションは、比較的新しいものの、新築の物件よりもリーズナブルな価格で購入できるため、根強い人気を誇っています。

しかし、建てられてから10年以上が経っているため、マンションの見栄えが悪くなってくる時期でもあり、管理体制が整っていないと、古いというイメージを買主に与えてしまうこともあるようです。

また、築15年ほど経ったマンションでは、一度目の大規模な補修工事を行うところが多く、住民はそのための積立金を払うことが必要になるため、その時期の購入を渋る買主も多いようです。

補修工事後に売却を進めるようにすれば、スムーズに買主を見つけることができる可能性は上がりそうです。

築年数が20年以上のマンション

築20年を過ぎてしまうと、流行の間取りとは外れていたりキッチンやお風呂などの設備が劣化してきたりと、古さが目立ち始めてしまうという問題が出てきます。

そのため、売却を考えるのであれば、リフォームを行い最新設備を導入するなどの工夫が必要でしょう。

リフォームなどにお金を投資するのが難しいという場合は、買主が購入後にリフォームを行いやすくするように、売却価格を下げるという手もあります。需要が低くなる築年数のため、なにかアピールポイントを作ることが大事です。

築年数が30年以上のマンション

築年数が30年を超えた物件は、売却を考えるのであれば、部屋内のほとんどのものを交換する必要があると言えるでしょう。

需要は少ないため価格も低くなります。この頃には、大規模な修繕工事が必要となるため、それまでにマンション管理自治体が修繕積立金を積み上げてきたのかが問題となります。

「ローン金利」で見る売却タイミング

ローンの金利が低い時の方が、高金利時よりも売り時だと言えます。

金利は買い手が住宅ローンを組む際に影響します。金利が低いほど利息も少ないためよりローンが組みやすいです。

同じ金額で購入しても、金利次第で最終的な支払い額は変動します。購入希望者の目線で考えるなら低金利の時のほうが売却しやすいです。

リナビス
2020年現在の金利は低いの?

これまでの金利の推移を見ていくと、日銀の金利政策が始まった平成11年以降はほぼ一定して低金利が続いています。

金利推移

参照:住宅金融普及協会

金利の判断をしている日本銀行は2020年1月21日に引き続きマイナス0.1%の金利を継続するなど、金利を低く抑えることは今後も続けていると表明しています。

2020年はコロナウイルスの影響で景気も落ち込む可能性が高いので、金利が急に上がることはほとんどあり得ないでしょう。

従って、低金利状態である現在は住宅ローンの借入がしやすく、家が買いやすく売れやすいタイミングです。

「税金の優遇」で見る売却タイミング

家を売るタイミングによっては、売却で発生する税金の優遇措置を受けることができます。

高く家を売る以外にも、出費を抑えることも手元に残るお金を増やすためには大切です。

どのようなタイミングで売却すれば税金の控除を受けれるのか見ていきましょう。

3000万円特別控除を受けられる期間

3000万円特別控除とは、マイホームの売却で発生した譲渡所得から3000万円を差し引ける特例です。

譲渡所得とは「家を買った費用」より「家の売却金」が多かった際の差分を指します。

リナビス
地価が上がっている都市部エリアの家を売る際利用できそうな特例だね

住んでいる家を売る場合の制限はありませんが、空き家なら住まなくなってから3年目の12月31日までに売ることが適用条件です。

関連記事

マイホームを手放したり、相続した土地や家を売ったり、不動産の売買に応じて利益が出た場合、私たちには譲渡所得税という税金の支払義務が発生します。この税金、実は特例を活用することで3,000万円までの譲渡所得であれば課税対象にはならず、税金の支[…]

譲渡所得税の優遇が受けれる期間

不動産を売却すると、売却により生じた譲渡所得に対して所得税が加算されます。

所得税は譲渡所得に対して税率をかけて算出されますが、不動産の所有期間によって課される税率が異なることから注意が必要です。

短期所有(5年以下)の場合所得税率=30%・住民税率=9%
長期所有(5年超)の場合所得税率= 15%・住民税率=5%

上記から分かる通り、短期所有の不動産の所得税率に比べて長期所有の所得税率は半分になっています。

せっかく高値で売却できたにも関わらず、税金が高くなれば結果として利益が少なくなってしまいます。税金を少しでも安く抑えるためには、購入時から5年以上経ったのちに家を売却するといいでしょう。

関連記事

家を売却したあとは、売却で出た利益に応じて税金を納めなければなりません。家の売却益は譲渡所得に当てはまり、売却価格から売却にかかった費用や不動産の取得費などを差し引いて、プラスになった場合は所得税や住民税がかかります。課税対象になら[…]

相続税の優遇を受けれる期間

「取得費加算の特例」を適用することにより、納付した相続税の一部を取得費に加算して譲渡益から控除することができます。

上記の特例を受けるには、相続してから3年10ヶ月までに売ることが条件です。
結果、譲渡所得税が節税されたり、なくなったりすることがあります。相続した家を売却するのなら、相続開始から3年10カ月以内に売却しましょう

この特例を適用させることで相続税の一部を取得費に加算でき、納税の負担を減らすことができます。相続した家をお持ちの方は3年10カ月以内に売るのがベストなタイミングでしょう。

「個人的な事情」で見る売却タイミング

家を売るタイミングは利益度外しで、どうしても売らなければいけないタイミングもあるでしょう。

国土交通省が住生活総合調査(平成30年)で発表した「最近5年間に実施した住み替えの主な目的」の結果をもとに、住み替えの理由を詳しく見ていきましょう。

住み替え理由割合
住宅を広くする、部屋数を増やす42.3%
使いやすさの向上31.9%
新しさ・綺麗さを求めて27.4%
性能の向上(断熱性、省エネ性など)22.7%
通勤・通学の利便性向上20.3%
高年齢期の住みやすさ18.5%
日常の買い物・医療などの利便性向上16.2%

参照:今後の住まい方の意向に関する事項

理由①:子育て・教育のため

住み替え理由で最も多かった「住宅を広くする、部屋数を増やす」という回答の背景として出産子どもの進学が関係します。

家族が増えれば、これまで住んでいた家が手狭に感じて、広く部屋数の多い家に住み替えを検討する方が多いようです。

お子さんがいらっしゃれば「学校を途中から変えないように」と子供中心で家を売るタイミングを決めている方もいます。

子供の誕生や成長に伴い「家が手狭になった」タイミングで、より広い家に住み替える方が多いことが分かります。

また「子供の通学のため」という理由で通わせたる学校近辺に引っ越しされる家族もいらっしゃいます。

理由②:より良い環境を求めて

「使いやすさの向上」「使いやすさの向上」といった家や周辺環境へ不満をもったタイミングで家を売る方もいます。

築20年を過ぎたころにはサビ、亀裂、雨漏り、水漏れ、など、傷んでくる箇所が出てきます。

間取り、収納、設備など不満を持つポイントは様々ですリフォームやリノベーションで解消できないケースもあります。

また、スーパー、病院が近くになく不便を感る、転勤や転職に伴い今の家では通勤に時間がかかる場合は家を売るタイミングです。

理由③:老後に備えるため

子供の独立や定年のタイミングで家を売るシニア世代もいらっしゃいます。

子供が独立して家を出ていくと、夫婦ふたり暮らしになり住んでいる家の部屋を活用しきれずに、家が広すぎると感じる方が多いようです。

また、加齢により階段の上り下りが辛くなったり、遠くまでの買い物、通院に不便さを感じる方もいます。

関連記事

「そろそろ今の家から住み替えようかな?」家族構成やライフスタイルの変化によって、新しい家に住み替えを検討している方もいらっしゃると思います。ただ、慣れ親しんだ家から住み替えるのは家族の人生を左右する大きな決断なためタイミングが重要です[…]

計算

売り時を逃さず家を早く売るコツ

家を売るベストなタイミングを逃さず、早く売るコツを紹介していきます。

コツ①:売りたい時期の6カ月前から準備する

家は売り始めてすぐに売れるものではありません。売ると決めてから買主を見つけて売却完了するまで、平均で6ヶ月ほどかかります。

ステップすること期間の目安
売り出し前相場を調べる1~4週間
査定を受ける
媒介契約を結ぶ
売り出し中購入希望者の内覧1~3ヶ月
条件交渉
売買契約
売り出し後決済1~2ヶ月

そのため、『売却したいタイミングから6カ月前』を目安に準備を始めることをおすすめします。

たとえば3月に売却したい場合、半年前の9月頃から不動産会社に査定依頼の連絡しましょう。

コツ②:タイミングが近いなら買取を検討しよう

すぐにでも家を売りたいという方は「買取」という方法オススメです。

買取とは、不動産会社に直接物件を買取ってもらう売却方法になります。

通常の売却方法である仲介は、個人の買い手を探すまでが時間がかかり売却期間が読めないという大きな欠点があります。
しかし買取だと、売却価格は相場価格の7~8割になってしまいますが買主を探す手間もなく約2週間~1ヵ月ほどで不動産会社が買い取ってくれるため、スピード重視で売却を完了させたい方は最終手段として考えてみても良いかもしれません。

まだ売却を進めていない方や、現在仲介を依頼している不動産会社が買取対応をしていない場合は査定を通じて再度不動産会社を選び直しましょう。

 

関連記事

不動産を売却する時は、不動産会社に買い手を見付けてもらう「仲介」という方法の他にも、不動産会社が直接買い取る「買取」という方法があります。この記事では不動産の「仲介」と「買取」の違いや、買取が向いている方の特徴、買取のメリット・デメ[…]

家売却は最適なタイミングを見極めよう

家の売却可能性や売却価格は、売却する時期やタイミングによって変わります。最適なタイミングで売却できれば購入時より高い価格になる可能性がある一方、タイミングを間違えてしまうと購入時より低い価格で売却することになり、損失が生じる可能性もあるため注意が必要です。

不動産を売却する際は、売買の仲介をしてくれる不動産会社を正しく選ぶことも重要です。経験やノウハウを十分兼ね備え、誠実に販売活動を行ってくれる不動産会社であれば、予想以上に高値で売却することができるかもしれません。

不動産を売却する際は今回紹介したポイントを踏まえて、最適なタイミングで活動を進めることをおすすめします。


不動産一括査定サイトを使って査定をしたら300万円以上の差も珍しくない 

不動産一括査定サイトすまいステップ を使って実際に不動産を査定してみると、査定額に300万円以上差が出ることも珍しくはありません。

不動産会社査定価格
不動産会社A1100万円
不動産会社B1400万円
不動産会社C1280万円

これだけ査定額に差が出ると、複数の不動産会社に査定を依頼することが、不動産を高く売るために必須だと言えるでしょう。

少しでも不動産売却を検討しているなら、一括査定サイトで自分の不動産がいくらで売れるか調べてみましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?