【専門家監修】不動産売却メディア「すまいステップ」

築50年の戸建ては売却できる?売却相場や売却方法も解説

  • 更新日:2024年3月5日
築50年の戸建ては売却できる?売却相場や売却方法も解説

「築50年の戸建てって売却できるの?」「相場はいくら?」

築50年の戸建てや築古物件を所有している方でこのような疑問を抱えている方は多いのではないでしょうか。

結論としては、築50年の戸建てでも売却できます。

ただし、築浅物件と比べて売却しづらいため、ポイントを押さえておくことが重要です。
すまリス
築50年戸建ての売却相場や売却方法、売却時の注意点などを解説するよ!

築50年の戸建ては売却できる?

築50年の戸建ては、老朽化が進んでいるものが多いため、「そもそも売れるの?」と思っている方も多いのではないでしょうか。

この章では、築50年戸建ては売却できるかどうかを解説します。

建物の価値は無くなるが売却できる

築50年の戸建てには建物の価値はほとんどなく、一般的に価値ゼロとして査定されます。

中古住宅の価格減少率

(引用:国土交通相「中古住宅流通、リフォーム市場の現状」)

上記の画像でも分かる通り、築20年を経過すると、建物自体の価値はほぼなくなってしまいます。

これは、住宅の耐用年数が関係しています。

【耐用年数とは?】
建物が資産としての価値をもつ期限のようなもので、木造戸建ての場合は22年と決められております。
なお、鉄筋コンクリート造で47年です。
すまリス
築50年の戸建ては耐用年数をとっくに過ぎている……。

ただし、建物の価値が無くなるだけで、売れなくなるわけではありません。

次の章では築50年戸建てでも売却できるケースをご紹介します。

また、耐用年数について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみましょう。

築50年超え物件でも価値があるケース

建物の状態や地域のニーズによっては、築50年を超えるような古い戸建でも高い評価を得られる場合があります。

築50年超え物件でも価値があるケース

  • 伝統工法を用いた古民家
  • リノベーションやリフォームを施した物件
  • 古民家カフェなどの需要が高い地域にある物件

上記の物件は、築古戸建てでも一定の需要があるので売却しやすい特徴があります。

築古戸建てを売却して手元にいくら残るか知りたい方は、不動産会社で査定を受けましょう。

築古戸建ての売却にかかる税金・費用などは、売却額によって変わります。

正しい手取り額を知るためには、正確な査定額を把握する必要があります。

すまいステップ』なら、厳選されたエース級の不動産会社から、無料で精度の高い査定を受けられます。

以下のフォームを入力して、査定を受けてみましょう。

すまいステップなら簡単に査定価格が分かる
リナビス
リナビス

一括査定であなたの家の適正価格が分かる
オンライン対応

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4

築50年戸建ての売却相場

築50年の戸建て住宅の売却相場を確認しましょう。

以下のグラフは、戸建ての売却価格の平均相場を表したものです。

戸建の売却価格平均相場

(参考:新築一戸建て価格は東京カンテイ 「首都圏一戸建て住宅・価格と戸数の動向」(2023年1月31日時点)を、

築5年以降の売却相場はレインズ「首都圏中古マンション・中古戸建住宅地域別・築年帯別成約状況【2022年01~03月】」をもとに編集部作成)

以上のグラフを参考に、築50年の戸建ての売却相場についてさらに解説していきます。

築50年戸建ての売却価格は新築時の約50%

築浅物件は需要が高いため、新築時と同程度の価格で売却できる可能性があります。

しかし、築年数が経過していくにつれて需要もなくなり、築30年を超えると売却価格も大きく下落していく傾向にあります。

それでも新築時の半分の価格で売却できるとも言えるので、想定よりも高く売却できる場合もあるでしょう。

すまリス
売却価格は、立地や周辺環境で大きく異なるから、一概に半分程度の価値があるとは限らないから注意しよう!

家の売却相場は「建物と土地の価値の合計」で決まる

戸建てを売却する際は基本的に、建物と土地を両方売却することとなります。

建物の価値は築年数の経過とともに下落していきますが、土地の価値は所有期間が経過しても下落しません。

築50年の古い戸建てであっても土地の価値が含まれるため、前述したグラフのように新築時の約50%の価値は維持できると言えます。

築50年戸建てを売却する方法

築年数の古い戸建て物件の売却方法は、以下の5つに分けられます。

築50年戸建ての売却方法
  • 家が建った状態のまま売却する
  • 解体して更地にしてから売却する
  • リフォームやリノベーション後に売却する
  • 不動産会社に買取を依頼する
  • 空き家バンクを利用する

それぞれの売却方法について詳しく見ていきましょう。

家が建った状態のまま売却する

もっともシンプルな方法として、家が建った状態のまま売却する方法が挙げられます。

具体的には、古家付き土地として売りに出す方法です。

【古家付き土地とは?】
古い家が付いている土地のことです。
建物として売りに出さず、土地として売りに出すため買い手が見つかりやすいメリットがあります。

また、建物の解体費用もかからず、その分だけ売却価格も減少するため、買主の負担も軽くなります。

すまリス
「安くてもいいから売りたい」「早く売りたい」という方におすすめだよ!

解体して更地にしてから売却する

2つ目の方法は、建物を解体して更地として売りに出す方法です。

更地にしてから売却した方がよい理由

  • 新築を建てたい人に需要がある
  • 買主からすれば解体する手間を省ける

これらの理由から、更地にすることで売却しやすくなるでしょう。

ただし、解体費用は基本的に売主が負担するので注意が必要です。
すまリス
更地にすると、住宅が建つ土地に適用される軽減措置がなくなるため、固定資産税が高くなる点にも注意しよう!

リフォームやリノベーション後に売却する

リフォームやリノベーション工事を行い、ニーズを広げて売却するのも選択肢のひとつです。

築年数が経過すると外観が古くなったり、安全面に問題があったりする傾向にあります。

これらの不利な面をリフォーム・リノベーションを行うことで改善でき、売却しやすい状況にできます。

ただし、購入者によっては自分好みにリフォームしたい人もいるので、安易なリフォームやリノベーションは控えましょう。
すまリス
リフォームと併せて耐震工事を行えば、さらに売却しやすくなるよ!

不動産会社に買取を依頼する

買手が見つからない場合は、不動産会社へ買取依頼しましょう。

買取は、不動産会社との直接取引になるため、仲介手数料が発生しないメリットがあります。

また、買手を見つける手間が無いため、最短1週間で売却を実現できるケースもあります。

ただし、不動産会社の買取では、買手を募集して売却する場合の価格の約7割程度の価格で取引されます。

できるだけ高い価格で売却したい方は、不動産仲介で売却しましょう。

すまリス
買取の価格も不動産会社によって大きく異なるので、必ず複数社から見積もりを貰おう!

空き家バンクを利用する

費用を抑えて売却したい方は、空き家バンクを利用するのも方法のひとつです。

【空き家バンクとは?】
空き家を売りたい人買いたい人とをマッチングさせるサービスのことで、自治体が運営しています。
登録費用などがかからないため、無料で買主を見つけられるのがメリットです。

ただし、全国のどこにでも自治体があるわけではないため、自分のエリアで利用できるか確認しておきましょう。

築50年の戸建てを少しでも高く売却するために、複数の不動産会社の査定額を比較して、より高値で売却してくれる不動産会社を選びましょう。

すまいステップ』では、「市場価格より高値で売却をした経験がある」など独自の基準で厳選した不動産会社最大4社に査定を依頼できます。

すまいステップなら簡単に査定価格が分かる
リナビス
リナビス

一括査定であなたの家の適正価格が分かる
オンライン対応

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4
みんなの不動産売却体験談

千葉県野田市 / 50代

査定価格1,470万円売却価格1,470万円

不動産会社の決め手
売却後の建物の不備についての保険などしっかりあった。担当者が若かったからか、社長さんも他の営業も一緒に動いてくれていた。他の不動産屋より動きが早かった。
この口コミをもっと見る

京都府京都市山科区 / 40代

査定価格3,180万円売却価格2,980万円

不動産会社の決め手
購入希望のマンションを取り扱っていた業者で、事前に希望条件の部屋が空いたら連絡をしてもらうように登録していました。また近隣物件を高額で売却をした実績もあったこともお任せした理由でもあります。
この口コミをもっと見る

神奈川県横須賀市 / 60代

査定価格2,500万円売却価格2,050万円

不動産会社の決め手
なるべく、実績があり名前が通った会社。対応が早く、いろいろな買い主を探してくれた。一番高く売却してもらえるところに魅力を感じた。信頼も高い。
この口コミをもっと見る

沖縄県中頭郡北谷町 / 40代

査定価格3,600万円売却価格2,850万円

不動産会社の決め手
普段からチラシ等、営業活動が活発なことを把握していました。問い合わせをした際の反応も早く、担当の方もみなさま熱心で、説明も分かりやすいものだったので、お願いすることに決めました。
この口コミをもっと見る

神奈川県川崎市麻生区 / 50代

査定価格1,800万円売却価格2,150万円

不動産会社の決め手
売却の一括見積もりをお願いしてから仕事の都合やコロナの影響で,転居先と時期がなかなか決まらない中,気長にお付き合い頂き電話やメールで情報提供してくださったから。
この口コミをもっと見る

築50年戸建ての売却体験談

築50年戸建ての売却相場について解説しました。

では、実際に築50年戸建てはいくらで売却されているのでしょうか?

以下の5つの築50年戸建ての売却体験談を紹介します。

  • 東京都葛飾区の戸建てを1,550万円で売却
  • 埼玉県飯能市の戸建てを1,800万円で売却
  • 兵庫県姫路市の戸建てを120万円で売却
  • 香川県さぬき市の戸建てを80万円で売却
  • 大分県大分市の戸建てを1,180万円で売却
すまリス
地域によってかなり差があるね…特に地方の地域では売却価格が低い傾向。

東京都葛飾区の戸建てを1,550万円で売却

不動産売却のきっかけや不安
どこに相談するか?幾らくらいで売却出来るのか?何社位査定してもらうべきなのか?時間はどれくらい掛かるのか?地元の不動産会社が良いのか?大手の不動産会社が良いのか?など基本的な事が何も判らない事。

プロフィール詳細

東京都葛飾区 / 50代 / 相続 / 一戸建て / 築46年~50年 / 3DK

査定額1,950万円→売却価格1,550万円

不動産会社喜正産業株式会社 Plus4(担当者:山口翔太)
不動産会社の決め手信頼できる担当者だった
担当者の特徴こまめに連絡をもらえた
満足度
4
この口コミをもっと見る

埼玉県飯能市の戸建てを1,800万円で売却

不動産売却のきっかけや不安
両親が亡くなり住む人がいなくなった。兄弟はそれぞれに家があり、飯能に住むつもりがないので売却し、遺産分割することにした。

近所では長いこと空き地、売地になっているところが多く、本当に売れるのだろうか?と不安があった。

プロフィール詳細

埼玉県飯能市 / 60代 / 相続 / 一戸建て / 築46年~50年 / 5DK

査定額1,800万円→売却価格1,800万円

不動産会社株式会社三井不動産入間(担当者:忘れました)
不動産会社の決め手地元に強いと感じた
担当者の特徴説明が丁寧
満足度
4.3
この口コミをもっと見る

兵庫県姫路市の戸建てを120万円で売却

不動産売却のきっかけや不安
親からの相続で一戸建てを持ってましたが、処分するのにまとまったお金が必要と思っており、数年間、放置状態でした。

空き家にすればするほど劣化し、ご近所にも迷惑かけないかと不安に思ってました。

プロフィール詳細

兵庫県姫路市 / 50代 / 相続 / 一戸建て / 築46年~50年 / 3DK

査定額150万円→売却価格120万円

不動産会社タカセ不動産姫路(担当者:忘れました。)
不動産会社の決め手地元に強いと感じた
担当者の特徴積極的に販売活動を実施
満足度
5
この口コミをもっと見る

香川県さぬき市の戸建てを80万円で売却

不動産売却のきっかけや不安
小さな時からずっと両親と暮らしてきた田舎の山に囲まれた山間部の実家でした。

当時私も小学生の頃は集団登校や集団下校もしていましたが、どんどん年数が経つにつれて、過疎化がすすみ、もう子供もいない地域になったんですが、私も結婚し、都市で住むようになり、 両親だけが住んでいた実家ですが、2人が亡くなってしまい、売却を検討し、売却に至りました。

プロフィール詳細

香川県さぬき市 / 40代 / 不要物件の処分 / 一戸建て / 築46年~50年 / 5LDK以上

査定額80万円→売却価格80万円

不動産会社プラスナイス高松支店(担当者:木綱 獠)
不動産会社の決め手信頼できる担当者だった
担当者の特徴こまめに連絡をもらえた
満足度
5
この口コミをもっと見る

大分県大分市の戸建てを1,180万円で売却

不動産売却のきっかけや不安
仕事の都合で離れて住んでいた家族が急死しました。

その家には私が仕事を辞めた後(5年後)に一緒に住むつもりだったので、それまで維持するのか、それとも売却した方が良いのか悩みましたが、お隣の方や町会長さんは空き家を不安に思っているのが分かり、私も一人で住むのは無理だと思い、売却することにしました。

プロフィール詳細

大分県大分市 / 60代 / 相続 / 一戸建て / 築46年~50年 / 5LDK以上

査定額1,000万円→売却価格1,180万円

不動産会社株式会社威風(担当者:和田恭佑)
不動産会社の決め手信頼できる担当者だった
担当者の特徴返信が早かった
満足度
5
この口コミをもっと見る

築50年の戸建て売却を成功させるには?

続いては、築50年の戸建て住宅を高く売却するためのポイントをご紹介します。紹介するのは以下の6つです。

売却を成功させるポイント
  • 土地の境界線を明確にしておく
  • 古い家の販売実績がある会社を選ぶ
  • 古民家専門業者を選ぶ

大切に住んできた家を手放すなら、できるだけ高く売却したいものです。上記のポイントを押さえて、高額売却を目指しましょう。

土地の境界線を明確にしておく

売却するためには、境界線を明確にしておきましょう。

土地には持ち主それぞれに境界線があり、明確になっていない状態だと隣人とのトラブルにもつながります。

境界線を明確にするためには、「境界確認書」や「土地測量図」などが必要です。

検証内容によっては、完了するまでに時間を要するため、余裕をもって進めるとよいでしょう。

すまリス
依頼は土地家屋調査士不動産会社へ相談しよう!

古い家の販売実績がある会社を選ぶ

売却は古い家の販売実績のある不動産会社を選びましょう。

古い家の売却ノウハウを持った会社であれば、過去の実績を鑑みて高く評価してくれる可能性が高いです。

また、不動産会社の口コミサイトを閲覧することや、担当者に直接実績について尋ねるのも有用です。

不動産会社によっては、古い家を購入する人向けにリフォームやリノベーションの業者と提携していることもあります。

そういった会社であれば、現状での売却や、スムーズな売却ができる可能性も高いでしょう。

古民家専門業者を選ぶ

古民家の売却であれば、古民家専門業者を選んで売却するのもおすすめです。

古民家は文化的でノスタルジーな雰囲気や、デザイン性の高さなどにより、築年数が経過していても人気が高い点が特徴です。

リノベーションして住居するだけでなく、カフェや古書店など、商業用に利用されることもあります。

古民家専門業者を選ぶことで、建物の価値を認めてもらったり、購入希望の顧客に素早く売却できたりする可能性が高いです。

また、敷地内の蔵や納屋に保管されている古い農機具など、処分が難しいものの買取も行なっていることがあるため、相談してみましょう。

築50年の戸建てを売却するためには不動産会社選びが需要

古い家の売却には、「売れないのでは?」「時間がかかりそう」など不安が付きものです。

築50年を超えた戸建て住宅は、法定耐用年数を超えていることから、建物の価値をほぼ失ってしまいます。

しかし、古民家に魅力を感じている人や、古い家を安く買ってリフォームしたい人、建物を壊して家を新築したい人などには需要が高く、売却できる可能性も十分あります。

自分で相場を調べることや、家の状態を正確に伝えることなど、売却のポイントはいくつかありますが、中でも重要なのは優良な不動産会社を選ぶことです。

現状のままの売却やリノベーション後の売却など、築50年の家の売却方法は様々あり、ニーズや状況に合わせた慎重な判断が必要です。

古い家の販売実績があり、顧客を抱えているような不動産会社であれば、築50年を超えた戸建ての価値を最大限評価してくれることでしょう。

不動産会社選びなら、複数社に査定依頼して査定額を比較することが大切です。

すまいステップ」なら、一度の入力で厳選された不動産会社の中から最大4社に同時に査定を依頼できるため、大変便利です。

売却のよいパートナーとなってくれる不動産会社を見つけ、築50年の戸建て住宅のスムーズな売却を目指しましょう。

都道府県ごとの不動産売却情報

お住まいの地域の売却相場・不動産会社をチェックしよう

すまいステップなら簡単に査定価格が分かる
リナビス
リナビス

一括査定であなたの家の適正価格が分かる
オンライン対応

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4
1000社以上の優良不動産会社が参画
【完全無料】うちの価格いくら?