マンションは居住中に売却できるの?メリット・デメリットを徹底解説

マンションの売却を検討するとき、2つのパターンが考えられます。ひとつは、空き家となっているマンションを売りに出す場合です。もうひとつは、現在住んでいる状態で売りに出す場合です。空き家の場合は内覧会などを行いやすいため、売却もスムーズに進むと考えられますが、居住中のマンション売却はどのように進むのでしょうか。

この記事では、マンションに居住している状態での売却について解説します。合わせて、売却のメリット・デメリットについても紹介します。

リナビス
リナビス

あなたの不動産の
売却価格をいますぐチェック

リナビス
step1
リナビス
step2

マンション居住中に売却はできる

居住した状態でマンションを売却できるのかと不安に感じている人もいるかもしれません。不動産会社の調査によると、実はマンションの売却活動の6割が居住中に行われています。

引越しをしてハウスクリーニングをしてから売却活動をしたほうがよいのではないかと考える人もいるでしょう。新居がすでに決まっていたり、離婚で早く家を出たいなどの理由がある場合は、空室にしてから売却活動をする方法もあります。

ただ、住み替えで売却する場合は、仮住まいが必要になるため、居住したまま売却活動をしたほうが費用を節約できます。

居住中に売却するメリット

居住中のマンション売却には、いくつかのメリットがあります。ここでは5つのメリットについて解説します。居住しながらマンションを売却するかどうか迷っている場合は、参考にしてください。

希望者の様子がわかる

居住した状態でマンションの売却をする場合は、購入者と接する機会が多くなります。空室の状態では不動産会社に売却活動を依頼したら、後は任せきりになることも多いでしょう。マンションに居住していると、内覧の際も立ち会うことになり、購入希望者の様子を知ることができます。

購入を希望している人が、どんな人か分かれば、値引き交渉をされた場合の検討材料にすることができます。不動産の売却では、売買契約締結後にトラブルが起こることもあります。購入者がどんな人か分かっていれば、契約の際も安心して手続きを進めることができるでしょう。

内覧者にアピールできる

マンションの売却は、不動産会社に依頼して買い主を探すケースがほとんどです。空室であれば内覧も業者に任せて売り主が立ち会うことはあまりありません。

一方で、居住した状態で売却する場合には、内覧の際に立ち会いをするケースがほとんどです。この場合、実際に住んでみた感想やよいと感じている点を自分の口から直接伝えてアピールできるメリットがあります。

買い主からすると、以前住んでいた人の人柄も購入の検討材料になることもあります。内覧で丁寧な対応をすることで、購入の意思を固めてもらうこともできるでしょう。

内覧者の反応が見える

内覧に立ち会うことには、多くのメリットがあります。購入希望者が内覧の際に、どのような点を重点的に確認しているかを直接見ることができるのもメリットです。

また、希望者の質問に対しても、しっかり答えることができる点は売り主にとっても希望者にとってもメリットになるでしょう。内覧時の反応次第では、改善したほうがよい点がみつかる可能性もあります。居住しながらの売却活動であれば、改善点にもすぐに対応できるため便利です。さらに、住んでいる人にしかわからない長所を直接伝えられる点も大きなメリットです。

内覧者が生活のイメージをしやすい

居住中ということは、家電や家具など生活用品がそのままの状態ということです。内覧の際に掃除程度はするものの、家具などは移動できないため生活してる状態を見てもらうことになります。

購入希望者にとっては、実際にマンションを購入した後の生活をイメージしやすい点がメリットです。購入希望者が、自分の持っている家具や家電の配置を想像して新しい生活に希望を感じることができれば、購買意欲の向上につながります。

引っ越しまで環境を変える必要がない

居住したままマンションを売却する場合、仮住まいの費用を節約できる点もメリットです。売却が決まっても引越しする日まで居住することができるため、新居に入居するまでの間に間借りをする必要がありません。

引越しをしてから売却するよりも、生活環境の変化が少なくてすむ点もメリットといえます。特に家族で生活している場合には、荷物量も多く移動も大変なため1回の引越しで住み替えが完了できることが理想です。

居住中で売却するデメリット

居住中にマンションを売却するメリットについて解説しました。ただ、居住中の売却にはメリットだけでなく、もちろんデメリットもあります。両方をしっかりと理解した上で売却方法を決定することが大切です。ここでは、居住中にマンションを売却するデメリットについて3点紹介します。

内覧の日時調整が必要

売却活動の中で、もっとも手間になるのが内覧会です。マンションに居住したままで売却する場合は、売り主の都合、購入希望者の都合、不動産会社の都合を調整しなくてはなりません。

居住中の売却には、基本的に売り主が立ち会います。セキュリティ面を考えると、やはり不動産会社に鍵を渡してしまうのはできるだけ避けたいところです。

内覧者が訪問する日には、売り主は自宅にいる必要があります。平日の昼間、夜など購入希望者の都合をできるだけ優先する必要もあるため、仕事をしている場合は休みを取る必要も出てきます。

こうした内覧会のスケジュール調整はデメリットといえるでしょう。

気軽に内覧してもらえない

居住中の住宅の内覧は、購入希望者が敬遠するケースも多くあります。いくら売却されるマンションとはいえ、まだ人が住んでいる状態の家に訪問して、色々と見て回るというのは抵抗があるでしょう。

さらに、住んでいる人がその場に立ち会うとなると気軽に色々と見ることができない点がデメリットとなります。

事前に、見てもOKな範囲を不動産会社に伝えておいたり、内覧中はあまりウロウロせずに内覧者の視界に入らない場所で待機するようにしたり、配慮する必要もあるでしょう。

常にきれいにしておく必要がある

内覧希望は急に入ることがほとんどです。さらに、希望者は早く物件を見たいという希望があるため、スケジュールを早めに設定することもあります。

そのため売却活動をしている最中は、いつ内覧希望者が来てもよいように、室内をきれいな状態で維持しておく必要があります。

急な内覧で、慌てて片付けをしなくてはならない事態にならないように、忙しくても掃除を怠れないという点は、デメリットのひとつといえるでしょう。

空室にして売却するメリット

では、逆に空室にして売却するメリットについても見ておきましょう。居住した状態で売却する人のほうが、割合としては多いです。ただし、空室にしてから売却することにメリットを感じるケースもあるため、参考までに確認してみてください。

気軽に内覧できる

購入希望者にとっては、空室のほうが気軽に内覧できるというメリットがあります。物が何もない状態のほうが、部屋の現状を確認しやすいでしょう。

居住者が内覧に立ち会わないことで、いろいろな点を細かく見ることもできます。生活用品などがあると、気軽にドアを開けたり、触ったりすることができないという点がデメリットになるでしょう。

いくら居住者の許可があるからといっても、まったく知らない人の家を遠慮なくジロジロと見るというのは、やはり気兼ねがあるものです。

人が住んでいない状態であれば、遠慮なく内覧できるため内覧希望者が増える可能性もあるでしょう。

急いで買いたい人に対応しやすい

購入希望者の中には、急いで購入して引っ越したいという人もいます。物件が気に入っていても、居住していることが理由で入居までに時間がかかるケースもあります。このような場合は、空室にしておくほうがすぐに売却できるため有利です。

もしも、購入希望者がほかの物件と比較していた場合は、早く入居できるという点で購入を決めてくれる可能性が高くなることもあります。

空室にして売却するデメリット

空室にして売却することには、メリットもありますが、もちろんデメリットもあります。スムーズな売却を希望するなら空室にしておくほうが有利です。ただ、デメリットについても理解した上で検討することも大切です。ここでは、2つのデメリットについて解説します。

仮住まいの費用が必要

マンションを空室にするということは、ほかに居住するスペースを確保する必要があるということです。新居がすでに決まっているのであれば、そこに引っ越してしまえば問題ありません。ただ、次の住まいが決まっていない場合には、仮住まいを探す必要があります。

仮住まいの費用は、新居が決まるまで必要となります。引越しにも費用がかかるため、何度も引越しを行うことは経済的な負担にもなります。居住したままでも売却は可能なので、無理をして空室にする必要はありません。

マンションのアピールができない

居住したままでマンションを売却する場合、内覧には基本的に立ち会う必要があります。逆に空室にして売却する場合は、内覧も不動産会社に任せて対応してもうらうことが多いでしょう。

立ち会いができないと、自分の言葉でよい点についてアピールすることはできません。不動産会社に伝言をしていても、必ず伝えてもらえるとは限りません。また内覧希望者からの質問があった場合も、自分の言葉でアピールできれば、売却率をアップできる可能性もあります。

このように、自分でマンションのよさがアピールできない点はデメリットといえます。

居住中にマンションを売却するコツ

居住中にマンションを売却するには、いくつかのコツがあります。できるだけ早く売却したい場合には、特にこれから解説するコツを押さえておきましょう。不動産会社に依頼しているからと、自分では何もせずにいるとなかなか売れずに困るという事態を招きかねません。

ここでは、居住中にマンションを売却するコツを4点紹介します。

マンションをきれいにする

マンション売却のポイントは、物件のよさをいかに買い主に伝えることができるかです。その点では、内覧の際の印象はとても重要です。

急な内覧でも困らないように、掃除はこまめにしておきましょう。また、引越しをすることも踏まえて不要な物は早めに処分することをおすすめします。物が多すぎると雑な印象を与えてしまう可能性もあるため、できるだけスッキリした印象の部屋にしておくとよいでしょう。

また、他人の家の匂いに敏感な人もいることを念頭に置いておきましょう。そのため、内覧の前には窓を開けて空気を入れ替えることも必要です。毎日暮らしている人にはわからない、その家独特の匂いがあるものです。

消臭剤などを振りまいて、香りを強くつけたり、アロマをたくなど過剰な対応をする必要はありません。換気をして、きれいな空気を部屋に取り入れておくことが大切です。

質問には真摯に答える

購入希望者は、自分の前に住んでいた人がどんな人なのかも気になるでしょう。内覧の際には、第一印象も大切です。また、質問をされた際には、よい点も悪い点も正直に伝えましょう。よいところばかりを必至に伝えようとすると、返って逆効果になってしまうこともあります。

よい雰囲気作りをする

購入希望者は、居住者がいる内覧会を敬遠する傾向があります。事前に、不動産会社の担当者にどこなら見てもOKだと伝えておきましょう。内覧に立ち会う場合でも、購入希望者が気負わないようにジロジロと見たりせず、丁寧な対応を心がける点がポイントです。

査定は複数社から取る

マンションの売却を考えている場合には、不動産会社に仲介を依頼する場合がほとんどでしょう。マンション売却をスムーズに進めるコツは、優良な業者と契約することです。

優良な業者をみつけるには、複数者から査定を取ることがおすすめです。ただし、複数社に1人で連絡をとって何度も打ち合わせをすることはとても手間のかかる作業です。

そこでおすすめなのが、一括査定サービスです。すまいステップの一括査定サービスなら、一度の情報入力で複数社に一括で査定の依頼が可能です。優良企業とのみ提携しているため、悪徳業者などと契約してしまう危険性も回避することができるでしょう。

すまいステップ

居住中での売却にはメリットがある

マンションの売却は、居住中でもおこなえます。居住中であれば、内覧の際に直接、購買希望者にマンションのよさをアピールすることが可能です。家具や家電がそのままの状態であるため、生活のイメージをしてもらいやすい点もメリットといえるでしょう。

自分が新居に移るまでの仮住まいを用意する必要もなく、費用の節約にもつながります。居住しながら有利な条件でマンションの売却が進められるよう、一括見積もりサービスで優良な不動産会社をみつけましょう。


不動産一括査定サイトを使って査定をしたら300万円以上の差も珍しくない

不動産一括査定サイトすまいステップ を使って実際に不動産を査定してみると、査定額に300万円以上差が出ることも珍しくはありません。

不動産会社査定価格
不動産会社A1100万円
不動産会社B1400万円
不動産会社C1280万円

これだけ査定額に差が出ると、複数の不動産会社に査定を依頼することが、不動産を高く売るために必須だと言えるでしょう。

少しでも不動産売却を検討しているなら、一括査定サイトで自分の不動産がいくらで売れるか調べてみましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?