路線価から土地の売却相場を算出するには|目安を調べる方法も伝授

不動産情報や土地売買について調べている時、路線価という言葉を目にする機会は多いはず。路線価は、土地の売却査定額に欠かせないものであり、詳しく知っておいても損はありません。
このページでは、路線価の基礎だけではなく、土地の売却価格の調べ方、一括査定などについて紹介します。「土地の査定額を自分で調べてみたい」、「土地売却に失敗したくない」という人は、ぜひ目を通してください。

リナビス
リナビス

あなたの不動産の
売却価格をいますぐチェック

リナビス
step1
リナビス
step2

そもそも路線価って何

まずは、路線価の基礎について見ていきましょう。路線価は、土地の評価額のことであり、相続税や贈与税も算出できるものです。路線価のみでも、土地価格の相場を掴めます。詳しい内容について理解を深め、土地の価値を知りましょう。

路線価とは路線に面した宅地の評価額

路線価とは、道路に面した土地の評価額のことです。1平方メートルあたりの額であり、路線価が定められていない土地もあります。「地価公示価格」という土地の価格の8割が目安になっており、地価公示がわからなくても、路線価でおおよその額を判断できるでしょう。

相続税や贈与税も算出できる路線価

路線価は、土地の相続税や贈与税も計算できます。路線価に土地面積を掛けるだけ。相続の場合は、相続税路線価、路線価が定められていない場合は、特定路線価で決まります。路線価が決まっていない場合は、1カ月ほど評価に時間がかかりますので、申請を早めに行っておくことをおすすめします。

・路線価は土地の評価額
・地価公示の8割が目安
・相続税や贈与税も計算可能

路線価が土地の売却査定額にもたらす影響

土地評価額となる路線価ですが、売却査定額にどのような影響をもたらすのか確認していきましょう。まず路線価は、売却査定額を決めるためのひとつの目安でしかなく、実際にマーケットで売買される価格とは異なります。しかしながら、土地の価値がわかるものであり、定期的にチェックしたい価格でもあります。こうした路線価が土地の売却査定額にもたらす影響について詳しく見ていきましょう。

マーケットで売買される価格とは異なる

不動産の価値がわかり、相続税や贈与税も算出できる路線価は、不動産市場で売り買いされる実際の価格「実勢価格」とイコールの関係ではありません。売却査定額は、路線価を参考にしながらも、その土地の周辺エリアの取引例、再開発の状況などを考慮して、決定されるものです。
不動産会社は、土地が持っている特性や周辺の取引を軸に、地域性や経済状況などを見極め売却査定額を導き出しますので、路線価だけで価格決定することはないと考えておいて良いでしょう。自身で路線価を調べた際に、それが実勢価格であると判断してはいけません。

地域の価値やその可能性を表している

「路線価=実勢価格・売却査定額」にはなりませんが、税金が計算できるだけではなく、地域の価値やその可能性を表している額でもあるため、不動産売買において無視しても良い価格ではありません。実勢価格・売却査定額においても参考にはなりますので、定期的にチェックしておきましょう。

・路線価は査定額の目安
・路線価=査定額ではない
・継続的に確認するべき額

路線価を使って土地の売却価格の目安を調べよう

路線価は、?国税庁の「路線価図」を利用すれば調べられ、おおまかな売却価格を把握できます。また、実勢価格や基準地価を活用して、土地売却価格の目安を調べることも可能。こうした路線価などを利用した売却価格調査方法について解説します。

国税庁の「路線価図」を利用すればわかる

国税庁による「路線価図・評価倍率表」でエリアを指定して路線価を調べれば、目安となる売却価格を把握できます。このサイトでは相続税路線価が1,000円単位で表示されますので、「200」であれば、「200×1,000」が路線価です。
そして、土地の売却価格の目安を計算する際は、「路線価÷0.8」です。注意点としては、すべてのエリアに路線価が設定されているとは限りませんので、別の方法で調べるケースも考えられることでしょう。しかしながら、不動産会社も路線価を査定額の参考にしているほど、信用できるものです。
参考:国税庁 路線価図・評価倍率表

「土地総合情報システム」でも取引価格を調査できる

実勢価格の知りたい人は、国土厚生省の「土地総合情報システム」がおすすめ。個人情報を元にしているため、詳しい住所などは判別できませんが、頻繁に取引されているエリアであれば、非常に参考になります。一覧表で価格も表示されるため、わかりやすいメリットも。
但し、あくまでも実勢価格になりますので、販売された価格とは異なる可能性もあります。値引きを考慮して、10%引きを目安にすると良いでしょう。また、似たような取引がないと目安にならないことは注意ポイントです。
参考:国土厚生省 土地総合情報システム

「国土交通省地下公示・都道府県地価調査」も便利なツール

「国土交通省地価公示・都道府県地価調査」で、基準となる地価を調べることもできます。もちろんここでわかる価格は、目安にはなるものの、土地の売却価格にはなりません。国土交通省などが公表している地価ですので、信頼度は抜群ですが、発表されていない地点もありますので、土地の場所によっては参考になりません。
参考:国土交通省地下公示・都道府県地価調査

不動産ポータルサイトや不動産流通機構のサイトでも調べられる

他に、土地の売却価格の目安を調べる方法として挙げられるのは、不動産ポータルサイトです。似たような土地を検索して、その価格をチェックしてみましょう。取引の多いエリアでは参考になりますが、同じような条件の土地を見つけられない場合は、活用できません。また、希望価格が提示されているため、高めの値段になっていることも考えられるでしょう。
不動産流通機構が運営している「レインズ・マーケット・インフォメーション」というサイトであれば、実勢価格を調べることができます。国土交通大臣指定の組織だからこそ信頼度は高いですが、建物と土地の価格が一緒に表示されてしまうことはデメリット。土地価格だけを知りたい際は、建物の価格が下落している可能性の高い築年数「20年超」を選択して判断しましょう。
参考:レインズ・マーケット・インフォメーション

・国税庁の路線価図を利用
・土地総合情報システムも可
・地価公示や他サイトも使用

一括査定で簡単に相場を調べよう

土地の売却相場を調べるためにもっとも手軽な方法は、一括査定です。さまざまな業者に査定依頼でき、価格を比較することができます。こうしたメリットだけではなく、デメリットもいくつかありますので、その詳細を解説します。

一括査定サービスであれば複数業者の査定額をチェック可能

さまざまな方法で土地売却価格の相場を調べることができますが、もっとも簡単な方法は、一括査定サービスを利用することです。一括査定サービスとは、複数の不動産業者に一括で土地を査定依頼できるもの。サービスにもよりますが、住所や物件種別など、必要な情報を入力して申し込めば、各業者からの査定額がわかるだけではなく、土地売買に欠かせない不動産会社選びにも活かせます。
もちろん、一括査定サービスの査定額だけを鵜呑みにすることはなく、自身でも調べておくようにしましょう。各業者によって査定方法や経験値などが異なり、明らかにおかしい金額を提示してくる可能性もあります。相場についてある程度知識をつけておけば、会社選びも失敗しないでしょう。
一括査定サービスの中では、すまいステップがおすすめのサイトです。日本全国の業者が参加しており、査定額を比較できるのは、最大で4社まで。また、悪徳業者を排除する仕組みを設けていますので、安心して利用することができます。査定依頼自体には、費用はかかりませんので、手軽に利用できるサービスです。

手軽に査定できるだけではなく土地売却に強い業者に出会える

一括査定サービスは、不動産会社に通うことなく、手軽に査定依頼できるメリットがあります。自分から電話などで1社ずつ依頼するような手間はかかりません。また、1社だけに査定依頼しても、自分が希望する金額と乖離している可能性があり、損をしてしまうかもしれません。もちろん、査定依頼自体は、店舗に通わなくても良いです。
また、一括査定サービスには、有名な不動産会社から地域密着型の業者も参加しており、不動産会社を自由に選べるメリットがあります。不動産売買は、必ずしも大手企業が良いとは限りません。地元の業者は、地元エリアの販売力に長けている可能性があり、所有している土地の場所によっては、地域密着型の企業に依頼した方が良いことも考えられます。大手企業がすべてのエリアを網羅しているとは言えません。
不動産会社を選ぶ際は、その企業の実績を確認してみましょう。土地売却の実績が豊富にあれば、心強いです。また、担当者とコミュニケーションする際、その人の実力などがわかると尚良いでしょう。土地売買は、担当者のスキル次第でスムーズに進められます。

電話などがたくさん連絡が来てしまうデメリットも

様々なメリットを持つ一括査定サービスですが、査定依頼した際、各業者から電話やメールがたくさん来てしまうデメリットもあります。むやみやたらに査定依頼するのではなく、話を聞きたい業者だけを選ぶようにしましょう。好条件の土地であれば、業者から注目されますので、より連絡が来やすくなります。
他にもデメリットを挙げるとすれば、一括査定サービスに参加していない企業もあり、自分の希望するような査定額が必ずしも通るとは限りません。また、不動産会社を適当に選んでしまうと、高額請求があるなど、詐欺に合ってしまうリスクもあるでしょう。
不動産会社と契約を結ぶ際は、複数業者に仲介を依頼できる「一般媒介契約」、1社にしか依頼できない「専任媒介契約」、「専属専任媒介契約」という種類があります。これらの契約は、土地売却に大きく影響がありますので、それぞれのメリットやデメリットを理解して売買を進めましょう。

・一括査定で相場を確認
・優良企業に出会える
・無駄に連絡が来ることも

相場の目安として路線価を調べてみよう

土地のおおよその相場を知るためには、路線価が役立ちます。路線価は、土地を評価する額であり、相続税や贈与税も算出できるものです。しかしながら、「路線価=土地の売却額」ということにはならず、あくまでも目安。実際の売買価格は、土地の周辺状況や特徴などによって異なります。
土地相場を調べる方法は、路線価であれば、国税庁の「路線価図」、実際に取引している価格は「土地総合情報システム」「レインズ・マーケット・インフォメーション」、基準となる地価を見つけるためには「国土交通省地下公示・都道府県地価調査」などがあります。
「簡単に売却査定額を知りたい」という人は、一括査定サービスがおすすめ。一括査定サービスは、複数業者に査定依頼でき、不動産会社選びにも役立つものです。査定額を比較して、スムーズに土地売却を進められますが、査定依頼時にたくさん電話やメールが来てしまうことは、デメリットになるでしょう。しかしながら、賢く利用すれば、非常に便利なサービスです。相場の目安を把握するために、路線価について理解を深め、一括査定を活用しましょう。

 簡単に査定額を調べるならすまいステップの一括査定

土地だけではなく、マンションや戸建てを一括査定するなら、すまいステップは便利なサイトです。インターネットが利用できれば、自宅で査定依頼可能。依頼に必要な情報の入力目安時間は、たったの1分。しかも、査定依頼は無料です。「都道府県」、「物件種別」、その他必要情報を専用フォームに入力すれば、後は各業者からの連絡を待つだけの簡単操作です。
日本各地の大手から地元に密着している企業までが参加しているサイトであり、最大で4社まで査定額を比較できるところは強み。各業者の特徴や店舗情報もチェックできますので、土地売却に強い会社を選ぶことが可能です。他にもすまいステップには、不動産に関するさまざまな情報を掲載。土地売却が初めての人でも安心して利用できます。

・すまいステップの一括査定を
・ネットで手軽に査定依頼
・自ら不動産会社を選べる

不動産一括査定サイトを使って査定をしたら300万円以上の差も珍しくない 

不動産一括査定サイトすまいステップ を使って実際に不動産を査定してみると、査定額に300万円以上差が出ることも珍しくはありません。

不動産会社査定価格
不動産会社A1100万円
不動産会社B1400万円
不動産会社C1280万円

これだけ査定額に差が出ると、複数の不動産会社に査定を依頼することが、不動産を高く売るために必須だと言えるでしょう。

少しでも不動産売却を検討しているなら、一括査定サイトで自分の不動産がいくらで売れるか調べてみましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?