【専門家監修】不動産売却メディア「すまいステップ」

抵当権付き不動産は売却できる?売却方法もわかりやすく解説

  • 更新日:2023年11月28日
抵当権付き不動産は売却できる?売却方法もわかりやすく解説

抵当権付き不動産の売却について解説します。

この記事でわかること
抵当権が付いていても売却できる
抵当権付き不動産の売却タイミング
抵当権の抹消手続き方法

「抵当権が設定されている不動産は売却できるの?」

「抵当権付き不動産の売却方法は?」

抵当権付き不動産を売却しようとしている方はこのような疑問を抱えているのではないでしょうか。

この記事では、抵当権付き不動産の売却方法やタイミングについて詳しく解説します。

抵当権についてお悩みの方は、ぜひ参考にご覧ください。

抵当権が設定されていても不動産は売却できる!

抵当権が設定されていても売却できます。

抵当権は、不動産購入にあたり、金融機関から住宅ローンを借り入れた際の担保として不動産に対して設定される権利です。

抵当権は住宅ローンを完済するまで抹消できず、住宅ローンを数ヶ月間滞納すると金融機関により不動産を差し押さえられて競売にかけられる場合もあります。

すまリス
これらの理由から、不動産売却時は抵当権を抹消してから売却するのが一般的だよ!

ただし、「売却時は抵当権を抹消しなければならない」というルールはないため、購入希望者さえ現れれば売却できます。

しかし、現実的に考えて、抵当権が設定されている不動産を購入しようとする人はいないため、必然と抵当権を抹消してから売却するのが一般的となっています。

POINT
  • 抵当権が設定されていても売却できる
  • 抵当権付き不動産は最悪の場合競売にかけられる
  • 抵当権を抹消してから売却するのが一般的

売却利益で住宅ローンを完済して売却する

不動産売却で得た利益を住宅ローンに充てて完済する方法です。

そもそも、抵当権付き不動産は抵当権を抹消してから売却するのが一般的です。
そして、抵当権を抹消するためには住宅ローンを完済しなければなりません。

仮に、手持ち資金のみで住宅ローンを完済できない場合は、不動産売却で得た資金を返済に充てる必要があります。

【例】
・住宅ローン残債:2,000万円
・不動産売却価格:2,000万円 の場合
⇒不動産売却によって得られた2,000万円を返済に充てて完済
上記の例では、不動産売却によってローンを完済できたため、抵当権を抹消でき、売却できる状態となりました。
次に、売却価格と手持ち資金を合わせた場合を見てみましょう。
【例】
・住宅ローン残債:2,000万円
・不動産売却価格:1,500万円
・手持ち資金:500万円 の場合
⇒不動産売却によって得られた1,500万円+手持ち資金500万円を返済に充てて完済
2つ目の例では、売却で得た利益だけではローン残債できないため、手持ち資金500万円を足して完済しています。
このように、売却で得た利益だけでは足りない場合は、手持ち資金を返済に充てることもできます。
ご自分の状況に合った方法で返済しましょう。
なお、売却価格は、相場や不動産会社の力量などによって異なるため、複数の不動産会社へ査定依頼すると良いでしょう。
すまリス
査定依頼をまだしていない方は、すまいステップの一括査定サイトがおすすめです!
すまリス
簡単な条件を入力するだけで4社へ同時に査定依頼できるから以下のバナーで試してみよう!
すまいステップなら簡単に査定価格が分かる
リナビス
リナビス

一括査定であなたの家の適正価格が分かる
オンライン対応

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4

手持ち資金を住宅ローン返済に充てて売却する

手持ち資金に余裕がある場合は、住宅ローンの返済に充てることも検討しましょう。

抵当権が設定されている状態よりも、ローン完済して抵当権も抹消された状態の方が売却活動もスムーズになります。

例えば、住み替えを検討している際に抵当権が残っていると、住み替え先の住宅ローンの審査に通りづらくなるケースなどがあります。

また、完済してから住み替え先を探した方が心にも余裕ができるのでおすすめです。

ローン完済できない場合は任意売却する

上記2つの方法でもローン完済できず、抵当権を抹消できない場合は任意売却を検討しましょう。

【任意売却とは】
住宅ローンを返済できなくなったり、自己破産したりする場合に行う売却方法です。
任意売却は普通の売却方法と違い、金融機関からの承諾がなければ行えません。
住宅ローンを滞納し続けると最終的に競売にかけられてしまうため、返済できずにどうしようもなくなった際に検討すると良いでしょう。
任意売却について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

抵当権の問題を解決して気持ちのよい不動産売却を

抵当権付きの不動産は、抵当権を抹消してから売却するのが一般的です。

抵当権が設定されている不動産の売却方法としては以下のとおりです。

  • 売却利益で住宅ローンを完済する
  • 手持ち資金のみで住宅ローンを完済する
  • ローン完済できない場合は任意売却する

抵当権を抹消しないと購入希望者が見つかりづらいため、状況に合わせた方法で売却しましょう。

すまいステップの一括査定サービスなら簡単な条件を入力するだけで、4社の不動産会社へ査定依頼できます。

売却を検討している方は、ぜひお試しください。

都道府県ごとの不動産売却情報

お住まいの地域の売却相場・不動産会社をチェックしよう

すまいステップなら簡単に査定価格が分かる
リナビス
リナビス

一括査定であなたの家の適正価格が分かる
オンライン対応

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4
1000社以上の優良不動産会社が参画
【完全無料】うちの価格いくら?