【専門家監修】不動産売却メディア「すまいステップ」

マンションの住み替えで失敗しないために!失敗事例と回避方法を徹底解説

  • 更新日:2024年3月7日
マンションの住み替えで失敗しないために!失敗事例と回避方法を徹底解説

マンションの住み替えは、人生の中でも特に大きなイベントの一つです。新しい生活への期待に胸を膨らませる一方で、失敗するのではないかと不安を感じる方も多いのではないでしょうか。

住み替えの失敗は、財政面での大きな損失やライフスタイルの質の低下など、様々な影響をもたらします。一度失敗すると、その影響は長期間に渡って続くことになるでしょう。

しかし、安心してください。住み替えの失敗は、事前の準備と対策によって防ぐことができます。本記事では、マンションの住み替えで起こりがちな失敗事例と、その回避方法について詳しく解説していきます。

これからマンションの住み替えを考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。失敗のリスクを最小限に抑え、新居での充実した生活を実現しましょう。

マンションの住み替えでありがちな失敗とは?

マンションの住み替えで起こりがちな失敗事例を、「住み替え前の失敗」と「住み替え後の失敗」に分けて見ていきましょう。

住み替え前の失敗1:売却価格が想定より低くなってしまう

住み替え前の失敗で最も多いのが、売却予定のマンションの価値を適切に把握できていないために、期待していた金額で売れないというケースです。

この失敗を避けるためには、複数の不動産業者に査定を依頼し、客観的な評価を得ることが重要です。また、売却予定のマンションの魅力を最大限にアピールし、周辺相場や市場動向を踏まえた適切な価格設定を行うことも必要不可欠と言えるでしょう。

住み替え前の失敗2:希望の条件に合う物件が見つからない

住み替え先の物件探しでは、希望の条件に合う物件がなかなか見つからないというケースがよくあります。特に、駅から徒歩5分以内、南向きで日当たり良好、ペット可、築年数が浅いなど、条件にこだわり過ぎると、物件探しが難航する可能性が高くなります。

条件に合う物件を見つけるためには、複数の不動産業者に依頼し、幅広い物件情報を集めることが有効です。また、エリアや駅徒歩分数など、条件の優先順位をつけ、多少の妥協点を見つけることも大切でしょう。

住み替え前の失敗3:想定外の高額な費用がかかる

住み替えには、不動産仲介手数料、ローンの事務手数料、印紙税や登録免許税などの税金、引っ越し費用、リフォーム費用など、様々な費用がかかります。これらの費用を適切に見積もっておかないと、想定外の出費に見舞われ、資金計画が狂ってしまうことになります。

想定外の費用を避けるためには、不動産業者や金融機関に相談し、必要な費用を洗い出すことが重要です。余裕を持った資金計画を立て、引っ越しやリフォームは複数の業者から見積もりを取るようにしましょう。

住み替え後の失敗1:住環境になじめない

せっかく住み替えたのに、新しい住環境にどうしてもなじめないというケースがあります。想像していたより駅から遠い、周辺の利便性が低い、近所付き合いが煩わしい、騒音や日照の問題があるなど、様々な不満が生じることがあります。

住環境のミスマッチを避けるためには、事前に現地を訪れ、雰囲気を確かめることが大切です。周辺施設や交通アクセスを入念にチェックし、管理会社や住民から、マンションの特性を聞き出すことも有効でしょう。

住み替え後の失敗2:管理状況が悪く、設備に不具合が多発する

中古マンションの場合、管理状況の善し悪しが物件の価値を大きく左右します。管理会社の信頼性や実績、修繕積立金の残高や過去の修繕履歴、設備の状態など、入居前に入念にチェックしておく必要があります。

管理状況の悪いマンションは、設備の不具合が多発し、快適な生活を送ることが難しくなります。物件選びの際は、管理状況を重視し、現地で実際に設備の状態を確認することが重要です。

住み替え後の失敗3:新居のローンが想定以上に負担になる

住み替え先の購入資金は、多くの場合ローンで賄うことになります。しかし、金利の変動や、想定外の支出によって、ローンの返済が想定以上に負担になるケースがあります。

ローンの返済負担を軽減するためには、事前に金融機関でローンの事前審査を受け、借入額を返済可能な範囲に抑えることが重要です。また、ローン返済と並行して、貯蓄や投資の計画を立てておくことも忘れてはいけません。

以上、住み替え前後に起こりがちな失敗事例を6つ紹介しました。いずれも、事前の準備と対策によって、防ぐことができるものばかりです。

すまリス
住み替えの失敗事例、参考になったかな?でも大丈夫!しっかり対策すれば、失敗は防げるはず。まずは自分に当てはまりそうな失敗をチェックして、対策を考えてみよう!
すまいステップなら簡単に査定価格が分かる
リナビス
リナビス

一括査定であなたの家の適正価格が分かる
オンライン対応

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4

住み替え前に行うべき事前準備とは?失敗を回避するためのポイント

住み替えの失敗を防ぐには、入念な事前準備が欠かせません。ここでは、住み替え前に行うべき主な準備について解説します。

1. 売却価格の適正化を図る

売却価格の設定は、住み替えの成否を左右する重要なポイントです。適正な価格設定のためには、複数の不動産業者に査定を依頼し、客観的な評価を得ることが重要です。また、周辺相場を調査し、市場動向を把握した上で、売却予定のマンションの魅力を最大限にアピールすることが求められます。

売却価格の目安を設定したら、需要や時期に合わせて柔軟に調整していくことも大切です。適正価格での売却を心がけることで、売却までの期間を短縮し、住み替えをスムーズに進めることができるでしょう。

2. 住み替え先の物件探しを効率的に進める

住み替え先の物件探しは、時間と労力がかかるものです。効率的に進めるためには、複数の不動産業者に依頼し、幅広い物件情報を集めることが有効です。また、希望条件の優先順位をつけ、柔軟に対応することも大切です。

物件情報サイトを活用し、効率的に検索することも忘れてはいけません。気になる物件があれば、現地見学を欠かさず、物件の魅力や欠点を確認しましょう。できるだけ早めに物件探しをスタートすることで、理想の物件に出会える可能性が高まります。

3. 適切な資金計画を立てる

住み替えには、多額の資金が必要になります。適切な資金計画を立てるためには、まず必要な資金を洗い出し、トータルの費用を把握することが重要です。その上で、ローンの借入額や返済プランを慎重に検討し、無理のない計画を立てることが求められます。

頭金や諸費用の支払いに備え、貯蓄計画を立てることも忘れてはいけません。予備費用も含めた、余裕のある資金計画を心がけることが大切です。長期的な視点に立ち、ローンの返済が家計を圧迫しないよう、シミュレーションを重ねましょう。

4. 新居の物件情報を詳しく調べる

新居の物件選びは、慎重に行う必要があります。特に、管理状況については入念に調べることが重要です。管理会社の信頼性や実績、修繕積立金の残高、大規模修繕の実施状況など、詳細な情報収集が求められます。

また、住環境や建物の状態についても詳しく調べましょう。周辺施設や交通アクセス、日当たりや騒音の問題など、生活に直結する情報を確認することが大切です。管理規約や細則の内容も見落とさないようにしましょう。できるだけ多くの情報を集め、総合的に物件の魅力を判断することが重要です。

すまリス
事前準備は大変だけど、失敗を防ぐには必要不可欠だよね。売却価格の設定から物件探し、資金計画まで、一つ一つ丁寧に進めていこう!プロに相談するのもおすすめだよ。

住み替えは専門家に相談しながら進めよう

ここまで見てきたように、マンションの住み替えを成功させるには、様々な事前準備と対策が必要です。しかし、これらのすべてを自分一人で対処するのは、なかなか難しいものです。

そんな時は、住み替えのプロに相談するのが得策です。不動産業者や金融機関など、住み替えに関わる専門家は、豊富な知識と経験を持っています。彼らから得られるアドバイスは、住み替えを成功に導く強い味方となるはずです。

例えば、不動産業者からは、売却価格の適正化に向けた査定と助言、魅力的な物件情報の提供と現地案内のサポート、各種手続きや書類作成の代行など、様々なサポートを受けることができます。トラブル発生時の仲介と調整も、心強い味方となってくれるでしょう。

また、金融機関からは、適切なローンプランの提案と審査のサポート、金利動向や返済方法に関する助言、各種手続きや書類作成の代行など、資金面でのサポートを受けられます。住宅ローン控除など、税制面でのアドバイスも得られるはずです。

ただし、専門家の選び方は慎重に行う必要があります。単に大手だからといって、必ずしも自分に合ったサービスを提供してくれるとは限りません。実績や口コミを確認し、担当者の人柄や相性を重視しながら、自分のニーズに合った専門家を見つけることが大切です。

信頼できる専門家を見つけられれば、住み替えはぐっと容易になるはずです。プロの知恵を借りながら、理想の住み替えを実現していきましょう。

すまリス
専門家に相談するのは、とっても大切だよね。でも、誰に相談するかは慎重に選ばないと!実績や口コミをチェックして、自分に合ったパートナーを見つけよう。良い専門家に出会えたら、住み替えもきっとうまくいくはず!
すまいステップなら簡単に査定価格が分かる
リナビス
リナビス

一括査定であなたの家の適正価格が分かる
オンライン対応

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4

まとめ

マンションの住み替えは、人生の中でも特に大きなイベントです。期待も大きい反面、失敗への不安を感じる方も多いでしょう。

本記事では、住み替えの失敗事例とその対策について詳しく解説してきました。失敗を避けるためのポイントは、売却価格の適正化、物件探しの効率化、適切な資金計画、新居の物件情報の入念な確認、専門家の上手な活用など、様々な点が挙げられます。

住み替えを成功させるには、事前の入念な準備と、プロのサポートが欠かせません。時間と手間を惜しまずに、万全の体制で臨むことが大切だと言えるでしょう。

住み替え後の新生活は、きっとワクワクするような素敵なものになるはずです。そんな未来を実現するためにも、失敗を恐れずに、一歩一歩着実に準備を進めていきましょう。

最後に、住み替えを控えた読者の皆さまへ。新居での幸せな日々が訪れることを、心から願っています。

すまリス
住み替えって、わくわくするけど、不安もあるよね。でも大丈夫!しっかり準備して、専門家にも頼りながら進めていけば、きっと素敵な新生活が待ってるはず。新居での幸せな日々を楽しみにしててね!

都道府県ごとの不動産売却情報

お住まいの地域の売却相場・不動産会社をチェックしよう

すまいステップなら簡単に査定価格が分かる
リナビス
リナビス

一括査定であなたの家の適正価格が分かる
オンライン対応

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4
1000社以上の優良不動産会社が参画
【完全無料】うちの価格いくら?