【専門家監修】不動産売却メディア「すまいステップ」

【2021年10月】東京都(首都圏)の戸建て売却市場動向

首都圏の戸建て、今は売り時?

東京都の戸建てはいくらぐらいで売れるの?

戸建ての売却相場は刻々と変化するため、最新の売却相場を知っておくことが重要です。

この記事では、2021年10月の東京都・首都圏の戸建て売却の市況を前年同期や先月と比較して紹介します。

家の売却相場を知りたい方はこちら

【2021年10月】戸建ての購入者が増加している

2021年10月は、コロナウイルス流行による活動自粛が緩和され戸建ての売買市場の動きが活発化していることが見て取れます。

2021年に入ってから戸建ての在庫件数が減っているので、戸建ての購入者が増えてきているのでしょう。

2020年10月の成約件数は388件でしたが、2021年10月の成約件数は413件と前年比と比べ7%上昇しています。

また成約価格も2021年を境に上昇傾向にあるので、戸建てを高く売却できる可能性があります。

これらの事実から、戸建ての購入者が増えてきており売却価格も上昇しているので、高く売却できる可能性があるでしょう。

【2021年10月】首都圏の戸建て売却市場動向

10月の首都圏における中古戸建住宅の成約価格は、3,572 万円前年比の14.1%上昇し、12ヶ月連続で前年同月を上回りました。

月例速報マーケットウォッチより。(令和3年10月発行)

新規登録価格も10月は4,253万円前年比より10.2%の上昇となり、13ヶ月連続で前年よりも上回っています。前月比より7.4%も上昇しました。

一方、10月の首都圏における中古戸建住宅の成約件数は1,240 件前年比の4.6%減少し、3ヶ月連続で前年より下回っています。

東京都の10月の戸建て売却市況

10月の東京都区部は5,926万円で前年比プラス11.8%と上昇しており、9月に続いて前年を上回っています。

月例速報マーケットウォッチより。(令和3年10月発行)

また多摩地域では、成約した戸建ての成約価格は3,513万円前年比の13.2%上昇しています。

新宿区・渋谷区・杉並区・中野区(城西地区)

新宿区・渋谷区・杉並区・中野区の城西地区では、2021年10月の戸建て売却価格の平均は7,101万円でした。

月例速報マーケットウォッチより。(令和3年10月発行)

昨年の同じ時期に比べて、戸建ての売却価格では9.9%の上昇です。

他の地区よりも成約件数は少ないですが、高い売却価格を誇っています。今後も高い成長率が続くのか注目のエリアです。

品川区・大田区・目黒区・世田谷区(城南地区)

品川区・大田区・目黒区・世田谷区の城南地区では、2021年10月の戸建て売却価格の平均は8,120万円でした。

月例速報マーケットウォッチより。(令和3年10月発行)

去年の同じ時期に比べて、4%下落していますが、ほかの地区と比べ高い成約価格を出しています。

台東区・江東区・江戸川区・墨田区・葛飾区・荒川区・足立区(城東地区)

台東区・江東区・江戸川区・墨田区・葛飾区・荒川区・足立区の城東地区では、2021年10月の戸建て売却価格の平均は3,951万円でした。

月例速報マーケットウォッチより。(令和3年10月発行)

前年比と比べると14.5%も売却価格が高く、今後も城東地区では売却価格が上がっていく可能性もあります。注視していきましょう。

文京区・豊島区・北区・板橋区・練馬区(城北地区)

文京区・豊島区・北区・板橋区・練馬区の東京都城北地区では、2021年10月の戸建て売却価格は5,085万円でした。

月例速報マーケットウォッチより。(令和3年10月発行)

去年の同じ時期に比べて、3.2%価格が上昇しています。

23区外(多摩)

東京都の多摩地区(23区外・離島を除く)の2021年10月の戸建て売却価格は3,513万円でした。

月例速報マーケットウォッチより。(令和3年10月発行)

これは去年の同じ時期に比べ、3.2%の価格上昇となっています。

主要都市の10月の戸建て売却市況

下記の表は、東京都・埼玉県・千葉県の戸建ての成約価格です。

月例速報マーケットウォッチより。(令和3年10月発行)

神奈川県

10月の横浜・川崎市は4,343万円で前年比より13.3%の上昇となり、8ヶ月連続で前年比を上回っています。

他の神奈川県地域では3,202万円で前年比より13.5%の上昇となり、4ヶ月連続で前年比を上回りました。

埼玉県

210月の埼玉県は2,395万円で前年比より13.6%の上昇となり、11ヶ月連続で前年比を上回りました。

千葉市

千葉県は2,357万円で前年比より20.5%の大幅上昇となり、8ヶ月連続で前年比を上回りました。

首都圏の在庫数【2021年10月末時点】

2021年10月時点の首都圏の戸建て在庫件数は、13,291件です。

月例速報マーケットウォッチより。(令和3年10月発行)

2021年の10月まで戸建ての在庫数は減少傾向にあり、10月現在も減少しています。

とはいえ、2021年を境に成約件数は上昇傾向にあり、成約価格も上昇しています。

2021年10月の戸建ての成約件数は、1,240件でした。

このデータに基づくと、購入者が増え続けており、売主は高く戸建てを売却できる可能性があるということです。

戸建て売却をするならプロに査定依頼を

戸建ての売却を考えているなら、不動産会社のプロに最新の市況を確認することをおすすめします。

すまいステップでは、首都圏の大手不動産会社をはじめ、戸建ての売却実績豊富な優秀な不動産会社を厳選して紹介。

まずは下記のバナーから、不動産会社に査定依頼を行いましょう。

すまいステップなら簡単に査定価格が分かる
リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4

【完全無料】うちの価格いくら?