マンションの売却価格を間取りが左右する理由とは何か知ろう

マンションの購入を考える際に重視する大きな条件の一つである間取りは、物件の大きさを簡単に知ることができるポイントのため、売却の際も重要になってきます。ここでは、それぞれの間取りが持つメリットや需要がある層など、なぜ間取りが売却価格を左右するのかを見ていきます。マンションの売却を考えている方は、所有している物件の間取りについて理解することで、よりスムーズに売却を進めることができるでしょう。

リナビス
リナビス

あなたの不動産の
売却価格をいますぐチェック

リナビス
step1
リナビス
step2

売れやすい間取りとは

マンションを売却する際、その価格を左右する要因の一つである部屋の間取り。では、どのような間取りが一番売れやすいのでしょうか。ここでは、比較的売れやすい間取りとその理由を見ていきましょう。

一番売れやすいのは3LDKか2LDK

平均的なマンションの間取りに多いのは、2LDKや3LDKなどのファミリー向けやカップル向けの物件と言われています。1LDKだと価格は安いのものの居住スペースが少なく、4LDKだと価格が高すぎるという理由から、売却をする際にも2LDKまたは3LDKが人気が高く、比較的早く売却をすることが出来るようです。
その中でも特に一番需要が高いのが、3LDK。子どものいるファミリー層やこれから家族を増やしていく予定のあるカップルが選びやすいとして、比較的どんな立地でも売却の難易度が低い間取りです。ただし、3LDKのマンションは多く、流通されている物件の数も他の間取りよりも断然多いため、他の物件と差別化できるようなポイントがあると早く売却をしやすくなります。

逆に売れにくいのは4LDK

需要が高く、売却が簡単な3LDKや2LDKとは異なり、売れにくい間取りとされているのが4LDKです。間取りは広ければ広いほど良いという客層も少数はいるものの、3LDKのマンションと比べるとどうしても価格が高くなるため、売れにくくなってしまいます。
しかし、子どもが多く部屋数が必要というファミリー層の買主を見つけることができれば、比較的売却は早く済むと考えられます。学校や公園などが近くにある立地の4LDKであったり、3LDKの間取りのマンションの価格に近づけるように価格を少し落とすなどのアピールをすれば、マンションの売れにくさを感じることは少ないでしょう。
{
・3LDKが人気
・4LDKは不人気
・立地にもよる
}

関連記事

家族の構成にあわせて、占有面積の広さでマンションを選ぶ人は多いです。また広さと同じくらいに大切になってくるのは間取りです。同じ占有面積であっても、2LDKか3DKかで過ごし方も違ってきます。家族でもお互いのプライバシーは必要です。お互いが気[…]

不動産査定

マンションの間取りによって需要が変わる

需要の高い間取りや売れにくい間取りなど、間取りによって売却のスムーズさは変わってきます。希望の値段で売却を行うには、それぞれの間取りの需要を知ることが大切。ここでは、間取り別の需要層を見ていきましょう。

間取り別の需要:1LDK

一番スペースは少ないものの価格は安い1LDKの間取りのマンションが人気な層は、一人でゆったりと生活をしたい独身層や、子どものいない夫婦やカップルなどです。リビングに加えて部屋もあるため、物件の床面積の大きさによっては二人で住んでも、スペースをゆったりと使うことが出来るでしょう。
1LDKの間取りのマンションの中でも、独身層の方は利便性を一番に考える傾向があるため、駅の近くなどのアクセスが便利な立地にある物件は人気が高くなっています。逆に言えば、駅から徒歩15分以上などの利便性が良くない立地にある1LDKの物件は需要が低いため、売却をするのは難しくなると言えます。

間取り別の需要:2LDK

立地によっては比較的需要が高いと言われている2LDKの間取りが人気な層は、子どもが独立し二人になった夫婦層や、DINKSと呼ばれる子どものいない夫婦二人暮らしの層・子どもが一人の3人家族のファミリー層などです。
商業施設や駅の近くなど、利便性が高い立地の物件が特に人気があり、3LDKよりも安い価格帯のため、ファミリー層でも2LDKを選ぶ方は多くなっているようです。

間取り別の需要:3LDK

一番売れやすい間取りとして紹介した3LDKは、既に子どものいるファミリー層やこれから子どもを持とうと考えている新婚夫婦層などに人気があり、分譲マンションの数も一番多くなっています。子ども部屋などに余裕を持って部屋を使えるため、根強い人気を誇っているようです。
3LDKが特に人気があるのは、学校や公園が近くにあり過ごしやく子育てがしやすい郊外などです。需要はいつでも高いため、売却する時もスムーズにいくという点も、3LDKに住むメリットです。

間取り別の需要:4LDK

先ほど売りにくい間取りとして紹介した4LDKですが、子どもが多いファミリー層だけでなく、最近では自宅で仕事を行う自営業の人趣味の部屋として一部屋欲しい人などを中心に人気を集めています。需要がある層に合わせてアピールポイントを作ると売りやすくなるでしょう。
4LDKのままだと売却は難しくなることが多いですが、2LDKや3LDKを探している層向けに、購入後にリフォームをして部屋数を減らしつつ、3LDKよりも広いスペースを使えるなどと提案しながら売却を行うと、幅広い層にアピールできるため、比較的早く売却を進められるようです。
{
・間取りで需要は違う
・需要を知っておく
・需要に合わせて売却
}

間取りだけでは売却価格は決まらない

人気のマンションの間取りや、それぞれの間取りの需要層について紹介してきましたが、実際は間取りだけでは売却する時の価格は決まりません。間取りの他に売却価格を左右する条件を見ていきましょう。

立地や周辺環境

間取りの他に売却価格を左右する大きな要因の一つは、マンションの立地条件や周辺の環境です。3LDKなどのファミリー層向けの間取りの物件であれば、特にこの条件が関わってくると言えるでしょう。
やはり人気が高いのは、子育てが比較的しやすいという理由から、緑が多く閑静な住宅地の中に立つマンションです。子どもがいるファミリー層は、駅に近いかという利便性よりも、マンション周辺の環境が安全で静かかであることなどを重視します。また、どの間取りでも、近くに商業施設があったりと便利な立地にある場合は、比較的値段は上がっていくようです。

駅からの距離

どの間取りでも価格を左右する要因として挙げられるのは、利便性を重視した駅からの距離です。一般的には駅に近ければ近いほど値段は上がり、駅から徒歩10分以上になると値段が下がっていきます。
年齢層の高いシニア層や、仕事に重きを置いている子どものいない夫婦層は、特に駅までの距離を重視する傾向があるため、その層からの需要がある2LDKの駅チカの物件は特に需要が高いと言えます。売却するマンションが駅に近い立地にある場合は、同じような間取りであっても、駅から徒歩10分以上の物件とは数百万円ほどの違いがでることも少なくないようです。

物件の管理体制

次に売却価格に影響を持つのが、物件の管理体制です。マンションは大規模になればなるほど、管理体制がしっかりとしていないと、敷地内のごみや汚れなどが目立ちます。そのため、管理会社がしっかりと物件を管理しているかを重視する方も多いのです。
また、管理員の勤務体制も価格を左右する要因になるようです。最近では防犯面の問題から、エントランスに管理人が常駐しているマンションも多く、人気を集めています。仕事などで昼間は家を空けているという方は、管理人が常駐している物件を選ぶとセキュリティ面が安心と感じるようです。

室内の状況

室内がきれいに整備されているのか、設備は最新のものを導入しているのかなど、室内の状況も、売却価格を左右する条件の一つです。築年数が経っているマンションでも、室内がきれいに使用されており、なおかつリフォームなどがされていれば、比較的早く売却を行うことが出来るはずです。
同じ間取りでも、床暖房やアップデートされたキッチン・ウォークインクローゼットなどがある物件は人気があります。将来的に売却を考えている場合は、売る時のことも考えて室内をきれいに保つことを心がけるとよいでしょう。

築年数

売却価格を定める時に間取りと同じくらい重要視するべきなのが、マンションの築年数です。やはり、築年数を重ねれば重ねるほど売却価格は安くなっていきます。築年数が浅い新築が一番高く、そこから約5年おきごとに価格は下がる傾向があるようです。
しかし、築年数が経っているマンションでも、室内のリフォームをしている物件は需要が高く、売却価格が高くなりやすいと言われています。そのため、築年数がある程度経っている物件がなかなか売却できないという場合は、リフォームをしてから売却するというのも一つの手です。

関連記事

マンション売却を検討し、不動産会社へ相談する前に自宅の相場価格を知っておきたい人は少なくありません。マンション売却にあたって、不動産会社に相談する前に、自分で相場価格を把握することは今後の売却を成功させる上で重要です。一般的[…]

すまいステップで価格をチェック

ここで紹介したように、間取り以外にも売却価格を左右する条件はたくさんあります。そのため、実際にどのくらいの価格で売却できるのかを自身で想定するのは難しいと言えます。そんな時におすすめなのが、マンションの売却の一括査定をネットで受け取ることができるすまいステップです。
すまいステップは、簡単なネット登録だけで不動産査定から売却の仲介依頼までを行えるため、初めて不動産の売却を行う方にぴったり。一度に複数の会社から査定価格を受け取ることができるため、その中からあなたのマンションを一番高く売却してくれる不動産会社を見つけられるでしょう。

{
・周辺環境も重要
・駅チカが需要が高い
・築年数も価格を左右
}

人気の高いマンションの間取りとは

2LDKや3LDKなどのスペース的な間取りもですが、室内の作りがどうなっているのかの間取りも、買主からの人気を左右するポイントです。ここでは、特に人気の高いマンションの間取りを紹介していきます。

生活動線が良い間取り

買主が間取りで一番重視している条件の一つは、生活動線が良いかどうかです。いくら広い部屋でも、間取りの生活動線が悪いと住みづらくなるでしょう。そのため、間取りの大きさもですが、生活動線を気にする方は多いようです。
生活スペースと来客用のスペースを上手く仕切れるか・家族それぞれのプライベートスペースを取りやすいかなどをイメージすると、生活動線をチェックしやすくなります。また、キッチンやお風呂・選択スペースなどがまとまっていると、毎日の家事がしやすくなるため、動線が良いと言えるでしょう。

収納スペースが多い間取り

マンションは戸建てと比べるとスペースが限られてしまうため、収納スペースが狭くなりがちに。そのため、収納スペースが多い間取りは人気が高くなる傾向があるようです。特に人気が高いのは、収納力が高いウォークインクローゼットで、同じ床面積の間取りでも、ウォークインクローゼットがあるだけで資産価値が上がるとも言われています。
その他にも、床下収納や壁面を利用した造作収納など、簡単なリフォームで作ることができる収納もあるため、所持している不動産の価格を上げたいという理由からリフォームを考えている場合は、収納スペースを増やすことを検討すると良いでしょう。

最近は2LDK+Sが人気

そして、最近特に人気を集めているのが、2LDK+Sと呼ばれる納戸のある2LDKです。この2LDK+Sというのは、間取りは3LDKとほとんど同じですが、窓がなく採光を取ることが出来ないという理由から、一つの部屋が納戸=Sと表示されている間取りのことです。
3LDKと同じ間取りではありながらも、一つが納戸と扱われているため、3LDKよりも安い価格で購入できるという大きなメリットがあります。また、3LDKとほとんど変わらない価格で売却出来ることが多いようなので、金銭面でのお得感が大きい間取りと言えるでしょう。
{
・生活動線が良いか
・多い収納スペース
・2LDK+Sが人気
}

自分のマンションの間取りの利点を理解して上手に売ろう

マンションを売却する際には、その部屋のスペースを測る間取りが価格を左右してきます。それぞれの間取りで需要層が異なるため、自分の所有しているマンションの間取りを理解してから売却を考えるとスムーズに進むでしょう。間取りのメリットを活かし、より高値で売却できるよう、今回紹介した内容を参考にしてみて下さい。

マンションの売却をお考えなら最大4社と比較できるすまいステップにお任せ

初めてマンションなどの不動産の売却を考えている時は、疑問が多く不安を持つ方が多いかと思います。そんな方におすすめなのが、公式サイトでマンションの売却価格の査定依頼が出来るすまいステップです。全国各地の厳選された優良な不動産会社のみを紹介しているため、安心して売却の仲介依頼を行うことができるでしょう。
また、最大で4社からの査定価格を受け取ることができるため、より高値で売却をしてくれる不動産会社を見つけることができるというメリットもあります。売却価格の査定は無料で受け取ることができるため、マンションの売却を考えている方はぜひ一度すまいステップをチェックしてみてはいかがでしょうか。

{
・間取りの特徴を理解
・すまいステップがおすすめ
・無料で売却価格査定
}


不動産一括査定サイトを使って査定をしたら300万円以上の差も珍しくない 

不動産一括査定サイトすまいステップ を使って実際に不動産を査定してみると、査定額に300万円以上差が出ることも珍しくはありません。

不動産会社査定価格
不動産会社A1100万円
不動産会社B1400万円
不動産会社C1280万円

これだけ査定額に差が出ると、複数の不動産会社に査定を依頼することが、不動産を高く売るために必須だと言えるでしょう。

少しでも不動産売却を検討しているなら、一括査定サイトで自分の不動産がいくらで売れるか調べてみましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?