家を買うべきタイミングはいつ?お得に家を買える支援策も紹介

家族が増えるタイミングや、子供が独立するタイミング、転勤などのときに家を買おうと考える人は多いのではないでしょうか。

しかし、家は高額で簡単に購入を決めることはできません。今、買ってよいのだろうかと悩む人がほとんどだと思います。お得に買える時期があるのではないかと考える人もいるでしょう。

この記事では、どのタイミングで家を買っているのか、また、どれくらいの収入があるのかなど、面と向かっては人に聞きにくいことについても調べてみました。この記事を読んで、自分に合った家を買うタイミングを見つけるために役立ててください。

リナビス
リナビス

あなたの不動産の
売却価格をいますぐチェック

リナビス
step1
リナビス
step2

現在は買いどきなのか

年に一度、国土交通省から決められた場所の地価を調べて公表されています。この地価を比べるとその地点の地価が上昇しているのか、下がっているのかがわかります。

2020年はすでに1月1日時点での地価が公表されています。それを昨年のものと比べると、東京では多くの地点で上昇しています。

そして、地価には、都道府県が調査して公表されるものもあり、これは7月1日時点での地価を調査し、公表します。

同じ地点を調査しているわけではありませんが、近くの地点で地価が上昇しているのか、下がっているのかが確認できます。

すでに公表されている公示地価のデータでは、それまでは地価は上昇傾向にありますが、感染症やオリンピックの延期の影響を受けている可能性があり、地価が上昇を続けているのか、下がっているのかは9月の基準地価の公表を待って確認するのがよいでしょう

家を買うタイミングを左右する要素

大きな買い物なだけに周りの人がどのようにしているのか気になる人は多いでしょう。ここでは、年齢や収入においての購入の時期を調べてみました。

買う人の年齢

周りの人がどれくらいの年齢で家を買っているのか気になる人は多いでしょう。家を購入するには、購入できるだけの収入が必要です。そのため、それだけの収入が得られる年齢になってから、家の購入を検討する人がほとんどではないでしょうか。

令和元年の国土交通省の「住宅市場動向調査」を見ると、どの種類の住宅でも30代で家の購入を行っている人が最も多くなっています。次に多いのが40代です。

このことから、仕事について安定した収入を得られるようになってから購入している人が多いことがわかります。

参考:国土交通省 住宅市場動向調査

買う人の平均年収

家を買っている人には、どれくらいの収入があるのか気になる人は多いのではないでしょうか。

国土交通省の調査によると、平成元年の住宅市場動向調査では、注文住宅を買っている人の年収は平均731万円、戸建住宅を購入している人は、平均641万円、分譲マンションは752万円といずれも600万円以上の収入がある人が多いようです。

どれくらいの価格の住宅を購入するかにもよりますが、住宅ローンを組む場合、余裕を持って支払えるのは年収の25%程度に抑えるのが良いとされています。

住宅の購入では、無理なく住宅ローンの支払いが続けられる資金計画が大切です。購入したい住宅の価格や年収、借入金額などを考えながら購入を検討するとよいでしょう。

家を買おうと決めるタイミング

最も多いのがライフイベントに合わせた購入です。ほかにも年齢を参考にしたり、資金計画を立てたりして買うタイミングを選ぶ人もいます。

ライフイベントで決める

人生の節目に家を買う人は多くいます。結婚や出産なら将来のことを話し合いながら決められるのでおすすめです。

結婚で購入

親から独立して家族が増える結婚を機に購入を検討する人は多くいます。これから人生を共にする人と家族計画を考えながら家を選べるのでよいタイミングでしょう。

また、このタイミングだと比較的若いうちに住宅ローンの支払いを始められるため、定年頃には支払いが完了しているというメリットがあります。

ただし、転勤によって引っ越ししなければならなかったり、家族が増えて手狭になって住み替えを検討する必要がでてくる場合もあります。

出産で購入

出産で子供が生まれるタイミングを選ぶ人も多くいます。このタイミングだと、子供の通う幼稚園や保育園、小学校など教育環境を考えて選べます。

また、子育てしやすいように、病院や公園などもチェックして選べます。子供が増えることにより、将来、必要になる子供部屋を想定して購入することもできます。

また、幼少期の子供の足音や声を想定した、壁が厚い住居や足音がひびきにくい住居など、事前に子供がのびのび生活できる住宅を検討することもできます。

子供の進学

子供の進学のときに合わせて家の購入を検討するのもよいでしょう。通わせたい学校がある場合には、進学前に学校の近くに家を購入すると、通学時間が短縮できて、子供の負担を減らせます。

子供が幼いうちに購入していると、進学まで意識していない場合があり、通わせたい学校がエリア外で引っ越しの必要がでてくる場合もあります。

子供が独立したとき

子供が独立して家の中にいる人数が減ると、それまで使っていた部屋が必要なくなり、管理できなくなる場合があります。

そのため、子供が独立して夫婦2人になったタイミングで家を買う人もいます。

ただし、この場合には、年齢が上がっている分、住宅ローンの支払い期間が短くなって、月々の支払いが大きくなる可能性があるので注意が必要です。

年齢で決める

住宅ローンは、完済時の年齢が決められています。金融機関によりますが、75歳から80歳に設定されているところが多いようです。

この完済年齢を考えて、住宅ローンを組み家を買う選択肢もあります

しかし、70歳を超えて、健康なまま、住宅ローンを組んだ当時の収入が続いているとは限りません。そのため、自身が支払いができる年齢を考えて家を買うのが無難です。

購入資金の貯まったとき

住宅ローンは借入額が多く、支払い期間が長くなるほど利息が増えてしまいます。少しでも支払い額を減らすために、頭金を用意することは支払い総額を考えるととてもよいことです。

変動金利で借入を行っている場合には、金利の上昇で完済までの支払い金額がさらに増えることもあります。

そのため、頭金を準備してから家の購入を検討することは、今後の支払いを考慮したよいタイミングだと言えるでしょう。

ローン返済期間で決める

家を買うときに最も気になるのが、住宅ローンの支払いではないでしょうか。生活を圧迫しないように、少しでも余裕のある返済計画を立てたいと考える人がほとんどでしょう。

住宅ローンが組めるのは最大35年です。例えば、定年が65歳だとすると30歳で住宅ローンを組むと、35年使って定年までに返済ができます。

返済期間が長いほど、ひと月の支払い額は抑えられます。このように、月々の支払い額を抑えて購入できる、住宅ローンの返済期間を参考に買うのも1つの方法です。

関連記事

現在の住居から住み替えを考えている人や、新たに不動産の購入を思案している人にとって、住宅ローンへの加入はほとんどの人が考えなくてはならない事かと思われます。たとえ、所有している不動産を売却しても、新しく購入する住居の全額を賄うことは難しいで[…]

ローン中の家

家を買うタイミングで注意したいポイント

家を買うときには、さまざまなことに注意を払いながら慎重に検討しなければなりません。ここでは、購入の際に気をつけたいポイントを解説します。

将来を見据えて考える

家を選ぶときには、住む人の人数や住んでいる人の仕事の場所、学校などを考えて選ぶことが大切です。夫婦2人だけの場合には、お互いの会社からの距離を考えて選ぶ人も多いでしょう。

結婚を機に将来を見据えて家を購入するなら、将来の子供の数や学校などを考えて選ぶことが大切です。子供の数によっては、選ぶ間取りや部屋の数が変わりますし、通わせたい学校があるなら、そこに近いエリアがよいでしょう。

このように、将来の暮らしを考えて選ぶと、長く快適に暮らせるでしょう

また、転勤がある職種の場合には、転勤に備えた家選びも大切です。

家計をいますぐ見直す

家を買うと長期の支払いが始まります。そのため、購入の前にはしっかりと計画を立てることが大切です。まずは、どれくらいの預金があって、頭金をどれくらい準備できるかの確認が必要です。

また、月々の家計や今後の教育費なども考えながら、無理のない支払い計画を立てることが重要です。

家を買うと決めたら、家計を見直して無駄な出費をなくすことも大切でしょう。そして、家の購入後には、家の種類にもよりますが、管理費など住宅ローン以外の支払いがある場合があるのでそれらも考慮して考える必要があります。

住みたい家で買うタイミングは変わる

家が欲しいと思って探し始めてから、実際に入居できるまでには時間がかかります。

出産前に家を買って新しい家で子供の育てたいと考える場合や子供の春からの進学に合わせたいなど、明確に時期が分かっている場合には、家を探し始めてから入居できるまでのおおよその期間を知っておくことが大切です。

一般的に新築の注文住宅なら家の資料を取り寄せるなど情報を集めだしてから、入居できるまで1年ちかくの期間が必要です。

分譲マンションや既存の中古マンションなど選ぶ家によって、入居までの期間は変わりますが、入居したいタイミングを考えて家を買うタイミングを考えることが大切です。

買うタイミングで住宅控除が変わる

住宅を購入するときに利用する住宅ローン控除は、その年の住宅ローンの残高の1%が所得税から控除されるものです。

この控除は住宅ローンの残高の1%が控除されるため、12月の時点で入居すると住宅ローンの残高が最も多くのこった時点で控除が行われるので控除額が最も大きくなります

そして、令和元年の10月1日から令和2年の12月31日までの入居なら、通常、10年間しかない控除期間が、3年間延長されるのでさらにお得です。

金利にばかりとらわれない

住宅を購入するときには、少しでも安くお得に購入したいと考える人がほとんどでしょう。そして、住宅はとても高額で、住宅ローンを利用して購入する人が多いのではないでしょうか。

この場合、同じ金額の住宅でも金利が少し上がるだけで、支払う金額が多くなってしまいます。住宅の購入価格が高額なため、数%の上昇でもその差額は大きくなります。

しかし、2020年現在、住宅の価格は上昇を続けています。それに対して、低金利の状態は長く続いています。そのため、今、住宅の価格が上昇しているときに買うよりも、住宅の価格が落ち着いてから購入を検討するのも1つの方法です。

金利だけを見ていても肝心の住宅の価格が上昇している時期では、安く購入はできません。

衝動買いは禁物

家を買うときには、不動産会社とともに内覧を行ったり、間取りなどの説明を受けたりしながら決める人がほとんどでしょう。

不動産会社は、物件の良いポイントをアピールします。そして、あたかも人気がある物件かのように契約をせかすケースもあります。

しかし、不動産会社が言うことをすべて鵜呑みにすることはやめましょう。家を買うときには、すべて自分の目で見て判断し、デメリットも確認した上で購入することが大切です。

「人気だから明日には売れてしまう」などの言葉に惑わされることなく、慎重に検討するようにしましょう。

家を売却してから買うなら査定をしよう

家族が増えたり、転勤になったりしたときなど、すでに持ち家がある場合には、新居を購入する前に売却すると資金計画が立てやすく、スムーズに購入が進められます。

家の売却時には、始めにどれくらいの金額で売れるかの確認が必要です。その金額がわかると、次に購入する家の価格の目安がつけやすくなります。

家の価格は、不動産の一括査定を利用すると簡単に調べられます。

「すまいステップ」なら、自宅からインターネットを利用して簡単に査定が依頼できます。一度の依頼で最大4社まで依頼できるので、査定額や担当者の対応の仕方を見ながら、高く売れそうな不動産会社が選べます。

家の売却をスムーズに進めるなら、「すまいステップ」の一括査定を利用して、あなたの家の売却に合った不動産会社を見つけましょう。

関連記事

「もっと広い家に住みたい!」「マンションから戸建てに引っ越したい!」さまざまな理由で家の買い替えを検討することがあると思います。買い替えは物件の購入と売却を同時並行しなければならないので、購入のみ・売却のみのケースよりも難し[…]

住宅購入の際に利用できる支援策

家は高額で、買うときにも予算を考えるとなかなか手が出せないという人も少なくないでしょう。ここでは、住宅購入の際の支援策を紹介します。これらを利用するとお得に住宅が購入できます。

住宅ローン減税

住宅ローンを利用している人の多くが適用を受けている制度です。この制度を利用すると、住宅ローンの残高の1%が所得税から控除されます。

通常、控除期間は10年間ですが、令和元年10月から令和2年12月31日までに入居した人に限り、3年間延長されます。延長された期間の控除は、住宅ローンの残高か取得費の対価(上限4,000万円)のいずれか少ないほうの金額の1%が控除されます。

関連記事

2019年の消費税増税を前に2018年12月時点では、住宅ローン減税が10年から13年に延長されようとしています。住宅を購入した人の所得税を一定額これまでは10年に渡って減税する住宅ローン減税。その住宅ローン減税について、制度の内容や申告の[…]

すまい給付金

消費税引き上げによる住宅購入の負担を軽減するための制度です。平成26年4月から令和3年12月までに、引渡・入居が完了しているものが対象です。

現在は、消費税が10%なので、収入額の目安が775万円以下の人が対象です。新築・中古どちらの住宅にも利用できますが、50平方メートル以上の住宅などの条件があります。

なお、給付金額は住宅取得者の収入額や持ち分割合で計算して出されます。

関連記事

住宅ローンは、家やマンションを購入する際に金融機関から受けることができる融資のことで、これまでに多くの人が利用しています。しかし、無理な返済計画を立てると、住宅ローンの返済が家計を圧迫するなど精神的な負担になりかねません。ここでは、住宅ロ[…]

贈与税の非課税枠

住宅購入の際に親や祖父母からの援助がある人もいるのではないでしょうか。通常、贈与を行う場合には、基礎控除額の110万円以上は、贈与税がかかります。

ただし、住宅を購入する場合には、非課税枠があり条件を満たせば、非課税枠が最大3,000万円になります

非課税になる額は、契約を行った時期や省エネ住宅であるかそれ以外の住宅であるかで変わります。

なお、この制度は平成27年1月1日から令和3年12月31日の間の贈与が対象です。この制度を利用すれば、お得に住宅が購入できます。

家を買うには人それぞれのタイミングがある

家を買う時期は誰しも悩むものです。住宅ローンは、長期で支払いが続くものなので、早く買って返済を始めようと考える人もいれば、頭金を十分に用意してから購入しようと考える人もいます。

家を買うタイミングは、それぞれの考え方やそのときのライフスタイルの変化など、様々な要素から考えられます。

家を買うときには、長く快適に暮らすために、じっくりと慎重に選ぶことが大切です。あなたに合った家を見つけて、それぞれの生活に合わせたタイミングで家を買いましょう。

リナビス
リナビス

あなたの不動産の
売却価格をいますぐチェック

リナビス
step1
リナビス
step2

不動産一括査定サイトを使って査定をしたら300万円以上の差も珍しくない 

不動産一括査定サイトすまいステップ を使って実際に不動産を査定してみると、査定額に300万円以上差が出ることも珍しくはありません。

不動産会社査定価格
不動産会社A1100万円
不動産会社B1400万円
不動産会社C1280万円

これだけ査定額に差が出ると、複数の不動産会社に査定を依頼することが、不動産を高く売るために必須だと言えるでしょう。

少しでも不動産売却を検討しているなら、一括査定サイトで自分の不動産がいくらで売れるか調べてみましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?