東京の格安空き家はリスクが高い⁉無料で手に入る物件の注意点は?

「東京にマイホームが欲しい」「ただ、家賃が高く中古住宅でも手に入れるのが難しい」

そんな悩みを持っている方は少なくないと思います。

結論からお伝えすると、東京近郊に無償で取得できる空き家は限りなくゼロに近いのが現状ですが、500万円以下という格安で売り出されている物件はあります。

ここで気になるのは「格安の物件ってどんな家なの?リスクはない?」ということではないでしょうか。

この記事では、東京の無料・格安の空き家に潜むリスクや注意点、物件の探し方を解説していきます。

東京近郊でも空き家が格安な理由とは?

東京の物件でも500万円以下で取引されている家がいくつもあります。

人口密集地である東京都の家が驚くほど安い値段で売りに出ているのには必ず理由があります。まずは格安で取引されている東京の空き家の特徴を紹介していきます。

都心や施設へのアクセスが悪い

都心から離れた場所なら、空き家の値段が安くなるのはイメージしやすいと思います。

格安で取引されている空き家は「公共交通機関が近くにない」「幹線道路からも離れている」立地にあることが多く、都心へ行くのに2時間近くかかる場所がほとんどです。

また、「家の周辺にスーパーなどの商業施設がない」など生活環境に不便を感じやすい場所であることも特徴の1つです。

上記のような条件のため、頻繁に都心へのアクセスする必要がある方自家用車での移動が嫌な方は向かいと言えるでしょう。

建物の劣化が激しく修繕が必須

格安で売られている空き家は老朽化が進んですぐに住める状態ではない物件がほとんどです。

無償で空き家を手に入れてもリフォームが必要になるでしょう。前面工事の費用は200万円~300万円ほど費用がかかります。

家が傾いていたり、支柱が腐敗しているなら家を解体し新しく建て直す必要があります。そうなると数千万円の費用がかかるでしょう。

空き家の条件によっては、無料でも入手後に多額の費用がかかり「一般的な中古一戸建てを購入した方が安く済だ」という失敗もあるほどです。

上記のような条件のため、古い家に抵抗があるリフォーム費用が捻出できない方は向かいと言えるでしょう。

関連記事

一口に戸建てやマンションをリフォームをするといっても、部分的な修繕から大がかりな間取りの変更まで様々です。このため、リフォームの価格というのは内容によってかなり異なるものです。今回は、リフォームの内容別に価格相場を紹介します。相場を[…]

事故物件の可能性もある

事故物件とは物件内で人の死亡に関する事件が起きた物件のことを指します。

別の言い方をすると心理的瑕疵物件ともいい「ここで生活したくない」「ここの住み心地がいやだ」といった心理的な嫌悪感や抵抗感を抱かせる可能性のある物件です。

立地や家の条件が良いのに格安で売り出されていた場合事故物件の可能性もあります。

「どうしても事故物件は気が引ける…」という方は、事故物件をの情報を掲載している大島てるというサイトで情報収集をするのが良いです。

気になる格安物件を見つけたら、過去に事件や事故がなかったか調べてから空き家を購入するか検討しましょう。

 

以上が東京でも無料や格安で空き家が売られている理由です。

逆に言えば、このようなデメリットを許容できれるならば東京で格安物件を見つけ移住することも夢ではありません。

無料・格安の空き家に住む前に知るべき注意点

東京の無料物件を探す前に知っておいた欲しい注意点を2つ紹介していきます。

無償譲渡でも税金が発生する

無料で空き家を入手できても税制上は資産の譲渡になるため各種税金がかかります。

贈与税

贈与税は、無償でやり取り(贈与)さらた財産に対して価格税金です。

贈与により財産を受け取った人は、1月から12月の1年間に贈与された金額が基礎控除額の110万円以上にあると、贈与税を納める必要があります。

不動産取得税

不動産取得税は、不動産を取得した時に土地と建物それぞれにかかる税金です有償、無償を問わず、相続による取得を除いて課税の対象になります。

ただし、固定資産税評価額が12万円、っ値10万円未満なら、不動産取得税は課税されません。

固定資産税

固定資産税とは、土地や家屋といった固定資産を持っている人にかかる税金で、毎年1月1日時点に所有者として固定資産課税台帳に登録されている人が納めます。

空き家の中には衛生面で周囲に悪影響を与えたり、倒壊の危険性が高く近隣住民を危険にさらす物件があり「特定空き家」として最大で6倍の固定資産税が課せらる可能性もあります。

登録免許税

不動産を取得後の所有権移転登記の際にかかる税金が登録免許税です。

上記のように無料で空き家を手に入れたとしても様々な税金がかかるので「思っていたより費用がかかった!」と失敗しないよう、あらかじめ税金がどれほどかかるか調べておきましょう。

関連記事

不動産の売買契約にはさまざまな税金が関わってきます。知らないうちに支払うべき税金を忘れていて、あとから追徴金を請求されたということがないよう、しっかり知識をつけておくことが重要です。また、特別控除や繰越控除を知っておくことで、損失が出た[…]

隣県の方が条件が良い物件がある場合も!

「地方は嫌だけど必ずしも東京でなくてもいい」という方は、神奈川県・千葉県・埼玉県など隣県でも空き家を探してみると、お宝物件が見つかるかもしれません。

空き家バンクで見ただけでも、2020年4月時点で東京の売買居住用は3件のみに対して、神奈川12件、埼玉30件、千葉57件の物件情報が掲載されていました。

立地に次第では東京の物件より都心へのアクセスがしやすく、建物も新しい物件があるかもしれません。

次の章では東京や近隣県の格安物件を探す方法を紹介していきます。

東京で無料・格安物件を探す3つの方法

東京で空き家を見つけたいなら、次の3つの方法が挙げられます。

  • 自治体がバックアップする空き家バンクを利用する
  • 法人運営の空き家バンクを利用する
  • 空き家を所有している親類や知人に相談する

自分に合った方法を選び、根気強く物件を探していきましょう。

自治体がバックアップする空き家バンクを利用する

空き家バンクは一般の人々に対して地方公共団体が空き家物件情報を提供する仕組みのことで、ホームページなどを活用して広く人々に対して空き家物件情報を提供しています。

空き家バンクの魅力は不動産会社に取り扱ってもらえないような低額な物件情報が掲載されていることです。

空き家バンクに登録している物件は、各自治体のホームページから確認できます。

例えば、東京都の奥多摩町の空き家バンクには2020年3月時点で7件の空き家情報が掲載されています。

奥多摩空き家バンク

物件情報を閲覧して興味のあるものを見つけたら、空き家バンクを運営している役所に問い合わせます。その後、持ち主と相談してスケジュールを決め、実際に現地で空き家を見学します。

空き家の状態を確認し、自分が求める条件に適しているかを確認したら持ち主と交渉を行います。双方納得できる内容を見つけて契約を行います。

自治体によっては移住者が利用できる住宅資金や教育資金の補助といった制度を備えているのも魅力の1つです。

法人運営の空き家バンクを利用する

法人が運営している空き家バンクを利用すると、東京全域の空き家情報にアクセスできます。

さらに東京以外にも神奈川、埼玉、千葉など近隣の空き家情報も掲載されているのが一番の特徴です。

法人運営の空き家バンクはいくつもありますがオススメは次の2サイトです。

全国の自治体から情報提供されているHOME‘s

LIFULL HOME’S が運営している空き家バンクは、全国の自治体の「空き家バンク」から提供される情報をまとめて掲載しているので、情報の信ぴょう性が高いサイトです。

homes 空き家バンク

物件情報は「物件の設備情報」「所在地の魅力」「外観の写真」など豊富にあるので、問い合わせ前の情報収集にも最適です。

掲載物件数が魅力の全国版 空き家・空き地バンク

アットホームが運営している全国版 空き家・空き地バンクは、業界最大級の掲載件数を誇り2020年3月時点で5317件の物件情報があります。

athome空き家バンク

物件情報以外にも「知って得する自治体制度」など、空き家を探しに役立つ情報が数多く掲載されているのも特徴です。

空き家を所有している親類や知人に相談する

空き家バンクの利用が難しい場合は、親類や知人に相談して空き家を所有していないか、所有している場合は譲ってもらえないか聞いてみましょう。

活用していない空き家を持っているということは、所有者はその処分に困っていることが多いです。

そのため、管理や活用案を提示して引き取ることを伝えることで、うまくいけば無料で譲渡してくれることもあるでしょう。

もちろん、条件によっては完全無料とはならないこともありますが、それでも安く譲ってくれたり、所有権の移動はなしで、無料で使わせてくれたりすることもあります。

親類や友人など、見知った仲なら融通を利かせて、好条件で利用させてもらえる可能性が高いため、不動産を余らせてしまっている人はいないか、周囲に聞いてみるとよいでしょう。

関連記事

「相続・贈与された不動産が離れた場所にあり、使う予定はなく、管理も難しい」「事業をやめたので使用していない」「賃借人がいなくなり、老朽化してしまった」など、空き家化した理由はさまざまです。やむを得ない事情がある方もいることでしょう。しかし[…]

東京の無料・格安の空き家情報の一例

東京でも郊外に目を向けると、空き家バンクに500万円以下の物件が登録されています。
しかし、そうした物件は東京の郊外の中でも奥多摩檜原村など交通の便が悪く車がないと生活できないような場所や新島といった離島に限られます。

リナビス
立地によって東京の物件を格安で入手できるのか!

それでも活用していない空き家なら、通常より安く購入できることがほとんどのため格安で十分お得なことも多いです。

では、実際に東京近郊で安く譲渡してもらえるのはどのような物件か一例を挙げていきます。

地域名空き家(物件)登録数市区町村の特徴
奥多摩町2件東京でスローライフを実現できる
国分寺市1件閑静な住宅街と周辺への好アクセス
西多摩郡檜原村1件大自然が満喫できるロケーション
新島村3件東京で夢の離島暮らし

これは2019年11月時点の情報のため、利用時にはもう一度確認することをおすすめします。

奥多摩町:東京でスローライフを実現できる

東京都西多摩郡の物件で築28年と比較的築年数が浅い空き家です。都市近郊にあるため自然環境も豊かで、幅広い世帯が居住しています。

入居希望の場合は奥多摩町の「若者定住推進課」に連絡しましょう。

  • 電話番号:0428-83-2310

参考:奥多摩町空き家バンク

国分寺市:周囲へのアクセスに優れている

国分寺市の空き家は、賃料11万円とやや高額ですが、7LDKで広々としていることが特徴です。

閑静な住宅の中にあり、かつJRの中央線や武蔵野線、西武国分寺線や多摩湖線などが利用でき、周辺への交通アクセスは抜群によいでしょう。入居希望の場合は、「国分寺市まちづくり推進課」に連絡します。

  • 電話番号:042-325-0111/(内線453)

こちらは土日祝日が休みで、窓口の受付時間もやや短いため注意が必要です。

参考:国分寺市高木町

西多摩郡檜原村:大自然に囲まれた立地

西多摩郡檜原村にある物件は売買物件で、家を丸ごと購入できます。

家具や家電も込みで1,650万円が提示されており、すぐに生活を始められる環境が手に入ります。

檜原村は島を除くと東京唯一の村で周囲を雄大な自然に囲まれていることが特徴です。東京でありながら、大自然の中で暮らせることが大きな魅力といえます。

  • 電話番号:042-519-9556

入居棒の連絡は、「檜原村役場企画財政課むらづくり推進係」に行います。

参考:檜原村

新島村:憧れの離島暮らし

東京でありながら離島という立地の新島では、450万円で物件が売り出されています。他にも不動産の売り出しは2件ありますがそれらは土地のみの販売となっています。

新島は隣接する式根島とのアクセスもよく、連絡船で10分で移動可能です。

また、東京浜松町からは大型船で約8時間、高速船で3時間というロケーションにあります。離島ながらも、少し時間をかければすぐに東京に出られる点も魅力のひとつです。

入居希望の場合は、「新島村役場企画財政課企画調整室」に連絡しましょう。

  • 電話番号:04992-5-0240

参考:新島村

以上が東京の格安で手に入る空き家の一例です。

東京への移住を考えている場合は一括査定サイトを利用しよう

現在住んでいる家を手放し、住み替えによって東京への移住を考えているなら、物件の売却は一括査定サイトを利用することがおすすめです。

一括査定サイトなら、複数社からの査定を比較できるため、より好条件で売れる不動産会社を見つけられて、移住資金を作りやすくなります。

不動産一括査定サイトの手順

すまいステップは最大4社の比較が可能で、よりよい条件で売却できる業者を見つけやすいでしょう。

まずは空き家バンクで無料の空き家が登録されているか確認しよう

空き家でも無料のものはなかなかないため、まずは空き家バンクや周囲への聞き込みなどで情報を集め、条件のよい物件があるか確認することが大切です。

空き家なら、無料ではなくても格安で販売されているものも多いため、お得に購入できる物件を見つけ、納得できる条件で上手に不動産を手に入れましょう。


不動産一括査定サイトを使って査定をしたら300万円以上の差も珍しくない 

不動産一括査定サイトすまいステップ を使って実際に不動産を査定してみると、査定額に300万円以上差が出ることも珍しくはありません。

不動産会社査定価格
不動産会社A1100万円
不動産会社B1400万円
不動産会社C1280万円

これだけ査定額に差が出ると、複数の不動産会社に査定を依頼することが、不動産を高く売るために必須だと言えるでしょう。

少しでも不動産売却を検討しているなら、一括査定サイトで自分の不動産がいくらで売れるか調べてみましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?