【専門家監修】不動産売却メディア「すまいステップ」

【宅建士監修】不動産売却の相談はどこにする?悩みに応じて相談先は7つ

  • 更新日:2022年9月1日
監修者:山本健司
監修山本 健司
東急リバブル株式会社、ソニー不動産株式会社(現SREホールディングス株式会社)で1位を連続受賞。不動産相談件数16,000件以上。ミライアス株式会社を立ち上げ不動産売買仲介、不動産コンサルティング業務を行っている。【URL】ミライアス株式会社
【宅建士監修】不動産売却の相談はどこにする?悩みに応じて相談先は7つ

大きなお金の動く、不動産売却。

不動産売却の悩みにはさまざまな種類があり、多岐に渡ります。

不動産売却にはたくさんの要素が絡むので、相談したい内容によって適切な相談先は変わります。

不動産売却の相談をできる窓口としては、以下の7つが考えられます。

相談先対応できる相談内容相談費用
税理士不動産売却にかかる税金の相談5,000円~/30分
司法書士不動産の権利・相続・登記に関する相談5,000円~/30分
不動産鑑定士不動産の正確な価値に関する相談5,000円~/30分
土地家屋調査士不動産の境界・測量図に関する相談3,000円~/60分
弁護士不動産の売買契約やトラブルに関する相談5,000円~/30分
不動産会社不動産売却に関する相談全般無料
不動産無料相談会不動産売却に関する悩み全般無料

表の中のリンクから各相談窓口の詳細や費用の解説を見ることができるので、ご自身の相談内容にあった窓口について確認してみましょう。

不動産売却とは?まず知るべきことを全て解説。はじめてでも失敗しない完全ガイド

不動産売却の税金に関する相談は『税理士』

不動産売却にかかる税金や、売却後の確定申告に関する相談であれば、税理士に相談しましょう。

不動産会社でも税金の相談は可能ですが、正確な計算を希望するのであれば、専門家である税理士への相談がおすすめです。

また、節税の方法についても詳しく相談できるでしょう。

税理士への相談費用は?

税理士への相談費用は30分で5,000円~が相場です。

しかし昨今は、初回相談無料の事務所も増えています。

また、お近くの商工会議所で無料相談会を行っていることもあります。

税理士の探し方は?

税理士探しの際には、マッチングサイトの利用や、商工会議所などの無料相談会への参加がおすすめです。

あるいは、日本税理士連合会のHPで検索することも可能です。

マッチングサイトを利用すると希望条件や相談内容を指定して税理士を探すことができますが、すべての税理士がサイトに登録をしているわけではない点に注意が必要です。

広く探したい場合には、日本税理士連合会のサイトを利用しましょう。

不動産売却にかかる税金とは?計算方法・支払時期・節税方法を詳しく解説

不動産の権利・相続・登記の相談は『司法書士』

不動産の権利や登記、相続に関する相談は、司法書士が受け付けています。

不動産の名義変更や抵当権抹消手続きなどについても、司法書士に代行してもらうことが可能です。

なお、司法書士に依頼できる業務はすべて弁護士でも代行できますが、弁護士に頼むと費用が高くなりやすい傾向があります。

司法書士への相談費用は?

司法書士への相談費用は30分で5,000円~が相場です。

しかし、税理士と同様に、初回相談無料の事務所が増えつつあります。

司法書士の探し方は?

司法書士を探す方法としては、日本司法書士会連合会の司法書士検索サービスや、各都道府県の司法書士会による紹介がよいでしょう。

細かな条件を指定して司法書士を探したい場合には、司法書士のマッチングサイトを利用するのがおすすめです。

なお、不動産売却の手続きに司法書士が必要という場合、不動産会社が提携している司法書士に依頼するのが一般的です。

【初心者向け】不動産の名義変更とは?自分でもできる?概要・費用・必要書類について解説

抵当権とはどのような権利?登録や抹消手続きから費用まで紹介

不動産の正しい価値を知りたいときは『不動産鑑定士』

不動産の正しい価値が知りたいと思ったら、不動産鑑定士に相談するのがよいでしょう。

不動産鑑定士の発行する不動産鑑定書は、裁判などでも証拠能力を持つ精度の高いものです。

離婚で財産分与を行う際や、相続についての取り決めを行う際には、不動産鑑定をおすすめします。

不動産鑑定士への相談費用は?

不動産鑑定士への相談は、30分あたり5000円~で行われていることが多いです。

実際に鑑定書を出してもらうには、戸建ての場合30万円ほどの費用がかかります。

不動産鑑定士の探し方は?

不動産鑑定士は数が少ないため、マッチングサイトがありません。

そのため、各都道府県の不動産鑑定士協会のサイトで検索するのがよいでしょう。

すでに不動産会社や司法書士に相談している場合は、業務提携をしている不動産鑑定士を紹介してもらえることもあります。

不動産鑑定とは?内容と不動産査定・簡易鑑定との違いを解説

不動産鑑定の費用の相場はいくら?無料の不動産査定との違いも紹介!

不動産の境界・測量に関する相談は『土地家屋調査士』

土地の正確な広さを知りたい場合には、土地家屋調査士に相談しましょう。

土地家屋調査士は、隣家との土地の境界線の確定や、不動産の測量図作成を行ってくれます。

不動産売却の際、土地の測量は売り主負担となることが多いので、境界線の曖昧な土地を売るなら早めに測量を行っておくのがよいでしょう。

土地家屋調査士への相談費用は?

土地家屋調査士への相談料は、無料のところもあれば、1時間あたり5000円~のところもあります。
相場はおおよそ1時間あたり3000円~ほどです。

際に測量を行うと、30万円~50万円ほどの費用がかかります。

土地家屋調査士の探し方は?

日本土地家屋調査士会連合会から、土地家屋調査士を探す事ができます。

また、不動産会社へ相談している場合は、提携している土地家屋調査士を紹介してもらうこともできます。

土地売却をする時測量は義務?必要な理由と費用、流れを解説

不動産売却相談

不動産の権利・契約にまつわるトラブルは『弁護士』

不動産売却に関する法的トラブルは、弁護士に相談する事をおすすめします。

近隣のトラブルや売買のトラブル、相続トラブルなど幅広く取り扱っていて、不動産関連の案件の得意な弁護士を探しましょう。

なお、相続のトラブルは弁護士ですが、相続の手続きそのものについては司法書士の専門分野です。

弁護士への相談費用は?

弁護士の相談費用は30分で5,000円~が相場です。

ただ、国の設立した法的トラブルの案内所である法テラスを利用すれば、一定の収入・資産以下の方は無料で相談が可能です。

さらに、昨今は無料で初回相談を受け付けている事務所も増えてきています。

弁護士の探し方は?

弁護士を探す際には、専門のマッチングサイトや各都道府県ごとの弁護士会などで紹介を受けるのがおすすめです。

先程ご紹介した法テラスに相談をするのもよいでしょう。

不動産売却について広く相談したいなら『不動産会社』

不動産売却に関して広く話を聞きたいという場合には、不動産会社に相談しましょう。

不動産会社には不動産の売却に関する様々な知識があるので、大抵の疑問であればアドバイスをくれるでしょう。

不動産売却の手続きや費用に関することから、売却時の税金などについても教えてくれます。

また、場合によっては業務提携している専門家を紹介してくれることもあります。

不動産会社への相談費用は?

不動産会社への相談には費用は一切かからないので、気軽に相談をしてみましょう。

ただし不動産会社に相談をする際には、売却したい不動産の査定を受けなければなりません。

査定とは不動産の売却予想額を出してもらう作業のことで、査定にも費用はかかりません。

不動産会社の探し方は?

査定を依頼する不動産会社を探す際には、すまいステップなどの「不動産一括査定サイト」の利用がおすすめです。

不動産一括査定サイトなら、一度の問い合わせで複数の優良不動産会社を紹介してもらうことができます。

不動産一括査定とは?メリットや注意点、サイトの選び方まで紹介

利用は無料なので、不動産の査定を受けたい方はぜひ以下フォームからお問い合わせください。

すまいステップなら簡単に査定価格が分かる
リナビス
リナビス

一括査定であなたの家の適正価格が分かる
オンライン対応

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4
リナビス
step5

専門家に相談する前にフラットに話したいときは『不動産無料相談会』

不動産に関する全般的な相談は、不動産会社以外だと、各自治体の役所の無料相談会などが受け付けています。

多くの場合1~2ヶ月に1度ほどの頻度で開催されており、全国の宅地建物取引業協会相談員がアドバイスをくれます。

いずれかの専門家に相談する前にワンクッションはさみたいという方は、利用しても良いでしょう。
無料相談会を通じて、相談内容に応じた専門家の紹介を受けられることも。

無料相談会の開催日時は、各自治体のHP等で公開されています。

【完全無料】うちの価格いくら?