【専門家監修】不動産売却メディア「すまいステップ」

不動産売却の相談はどこが正解?お悩み別に10つの相談先の費用や相談方法を紹介!

  • 更新日:2024年1月17日
監修者:山本健司
監修山本 健司
東急リバブル株式会社、ソニー不動産株式会社(現SREホールディングス株式会社)で1位を連続受賞。不動産相談件数16,000件以上。ミライアス株式会社を立ち上げ不動産売買仲介、不動産コンサルティング業務を行っている。【URL】ミライアス株式会社
不動産売却の相談はどこが正解?お悩み別に10つの相談先の費用や相談方法を紹介!

大きなお金の動く、不動産・土地売却。
問題なく売却できるのか、不安な方も多いでしょう。

不動産・土地売却する上で、売却に関するお悩みだけではなく、税金や登記などに関するお悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

不動産分野には様々な専門家が関わっています。固有の相談事がある場合には、各専門家を頼るとよいでしょう。

この記事では、お悩みの内容にあった相談先をわかりやすく解説します!

この記事を読めば、「今抱えている悩みを解決するためには、この相談先に行けばよい」などが分かるようになります。

不動産売却の相談先一覧

不動産売却の悩みは誰に相談していいのかわからないですよね。

不動産売却の相談は、相談内容ごとに変わります。

相談先とその相談先でできることは以下の表にまとめました。

相談相手相談内容相談費用
不動産会社価格査定・広告活動・売買活動・内覧・契約書作成無料
不動産無料相談会不動産に関する相談先を相談したい無料
税理士売却に関する税金・確定申告・相続税の申告・節税について※30分5,000円~
国税庁電話センター売却に関する税金・確定申告にかかわる軽い相談無料
税務署3,000万円控除の特例・損益通算の税金控除の特例無料
土地家屋調査士土地の境界確定・測量図の作成※30分5,000円~
不動産鑑定士価格査定・不動産鑑定書の作成・遺産相続・住宅用地の途上汚染や地盤液状化リスク※30分5,000円~
弁護士売却相手とのトラブル・不動産売買契約書の作成※30分5,000円~
金融機関不動産の任意売却無料
行政書士農地売却※1時間3,000円~5,000円

※初回相談を無料で行っているところも多いです。

それぞれの相談先でどんなことが相談できるのか、次の章から詳しく解説していきます。

不動産を売却に関する基本的な相談は『不動産会社』へ

今、不動産の売却を考えているものの、「何から始めればいいかわからない…」と悩まれている方や、不動産売却中で何か相談事がある場合、まずは不動産会社に問い合わせてみましょう

不動産会社の営業マンにとって、売主は大切なお客さまですので、売主が安心して売却ができるように相談は快く受け入れてくれます。

不動産会社が最適な相談相手となるのは以下の状況の時です。

不動産会社に相談できること

  • 不動産を売却するには何をしたらいいか
  • 不動産の相場はいくらか(査定)
  • 不動産売却時の税金の支払いについて
  • 売却に必要な手続き・書類・費用
  • その他わからないことの質問
  • 各専門家のあっせん

など

売却によってかかる税金は、売却価格を元にして計算します。

そのため税金についてお悩みがある場合も、まずは査定を受けてみるとよいでしょう。

専門家に相談すべき場合は、最適な相談先の紹介も受けることもできるという点からも、まずは不動産会社に相談するのがおすすめです。

不動産会社へ相談する際の予約は必須ではないですが、できるならあらかじめ電話で問い合わせをするか、予約をしてから向かうのが良いでしょう。

他に来客があった場合、顧客一人にあたる時間が少なくなってしまいますし、事前に枠を確保していくことで、余裕をもって相談することができます。

不動産会社は、土日を営業日にしているかわりに火曜・水曜を定休日にしていることが多いです。

相談に行く際は、定休日に注意しましょう。

また、相談の時間帯は平日の午前中が比較的空いている傾向にあるのでお勧めです。

なお、不動産会社への相談には、費用は一切かかりません

不動産がいくらで売れるか、売却予想金額を査定をしてもらうのも、無料でできます。

また、査定を受けたら必ず売却をしなければならない訳ではありません。

すまリス
不動産会社への支払いは、基本的に不動産の売却が成立するまで発生しません。
査定を依頼する不動産会社を探す際には、すまいステップなどの不動産一括査定サイト」の利用がおすすめです。

手軽に不動産の査定額を知りたい方は、不動産一括査定サイトを利用してみてください。

不動産一括査定サイトは、パソコンやスマートフォンで簡単な情報を入力するだけで、複数の不動産会社にまとめて査定を依頼できます。

一括査定サイトの『すまいステップ』なら、お家に居ながら24時間いつでも不動産会社に査定を依頼できます。

「お手持ちの不動産がどれくらいで売れるのか」を完全無料で知ることができるので、以下のフォームに物件情報を入力して査定を受けてみましょう。

すまいステップなら簡単に査定価格が分かる
リナビス
リナビス

一括査定であなたの家の適正価格が分かる
オンライン対応

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4

不動産一括査定サイトランキングTOP10!比較するポイントも詳しく解説

不動産に関する相談先を相談したい時は『不動産無料相談会』へ

『不動産について、どの相談機関へ相談するべきかわからない…』という場合には、不動産に関する全般的な相談ができる、各自治体の役所の無料相談会で相談するのがおすすめです。

自治体の無料相談会は、多くの場合、1~2ヶ月に1度ほどの頻度で開催されています。

相談会では、全国の宅地建物取引業協会相談員や各種有資格者にアドバイスを貰うことができます。
相談内容に応じた専門家の紹介を受けられることもあります。

すまリス
いきなり不動産会社や専門家に、直接相談しにいくのはハードルが高い…という場合も、利用してみましょう。

無料相談会の開催日時は、各自治体のHP等で公開されています。

みんなの不動産売却体験談

female

大阪府大阪市住吉区 / 60代

査定価格890万円売却価格850万円

不動産会社の決め手
親切で、顧客がついた折の、状況や、家族構成等から、どの様な環境で欲しいとかの話を、進めてくれて、駄目でも随時報告が有りとても、熱心に、売却、又は購入側の立場で、話してくれた。
この口コミをもっと見る
male

新潟県西蒲原郡弥彦村 / 40代

査定価格1,260万円売却価格1,260万円

不動産会社の決め手
担当者の方が非常に親切丁寧なでしたので、この方なら信頼できると思い担当ノガミ方に任せる事にしました。知名度有る会社でしたのでそれも一つの要因でした。
この口コミをもっと見る
male

埼玉県川越市 / 70代

査定価格1,980万円売却価格1,850万円

不動産会社の決め手
査定価格と仲介業者の担当者に会った際に信頼できる相手だと思った、当方の事情も色々と親身になつて考えてくれた、又些細な事でも対応がはやかった。
この口コミをもっと見る
male

神奈川県厚木市 / 40代

査定価格810万円売却価格950万円

不動産会社の決め手
見積もり無料相談で初めて会社に伺った時、車をコインパーキングに停めたのだが、それを見ていたのか帰り際にQUOカードを頂いた。その心遣いに胸を打たれて依頼を決めた。
この口コミをもっと見る
male

埼玉県鴻巣市 / 50代

査定価格650万円売却価格690万円

不動産会社の決め手
大手だったし熱意もあったしどんな質問にも丁寧に対応して頂き信用出来ました。とても良い取引きが出来たと思ってます。不安なくやれました。担当者の方の熱意が特に良かったかなと。
この口コミをもっと見る

売却にかかる税金についての相談『税理士』へ

相続にまつわる税金や、不動産・土地売却後の税金についての相談は、税理士が受け付けています。

税理士の担う、不動産関連の業務は以下の通りです。

税理士ができること

  • 不動産売却後の所得税の確定申告
  • 相続税の申告
  • 故人の準確定申告
  • 節税についての相談

売却損益を計算するのに不動産が古くて取得費がわからない…というときには税理士に相談しましょう。

不動産売却の税金ルールはとても複雑であり、個人で簡単に把握できるものではありません。

不動産会社でも税金の相談は可能ですが、正確な金額を計算してほしい場合は、専門家である税理士への相談がおすすめです。

また、節税の方法についても詳しく相談できるでしょう。

税理士への相談費用は30分で5,000円~が相場です。

すまリス
最近は、初回相談無料の事務所も増えています。
また、税理士会や自治体主催で、税金の無料相談会が開かれていることもあります。
限られた時間での相談になりますが、『いきなり税理士事務所を尋ねるのは気後れしてしまう…』という方は、利用してみるとよいでしょう。

不動産売却には税金がかかる!節税方法や支払い時期を分かりやすく解説!

確定申告や税金の軽い相談は『国税庁電話相談センター』へ

確定申告や不動産売却時に発生する税金の手続きなどの税金に関する相談は、国税庁電話相談センターに問い合わせてみてください。

国税庁電話相談センターで相談すべきケースは、以下の通りです。

国税庁電話センターに相談できること

  • 税理士に相談する内容なのか判断付かない時
  • 不動産売却時に発生した税金の手続きが分からない時
  • 「印紙税」などの納税方法が分からない時
  • 税金の控除などの特例の適用方法が分からない時

国税庁電話相談センターでは、確定申告の時期が近づくと確定申告に特化した窓口が開かれます。

確定申告に関する相談であれば、確定申告の時期が近付いた時期に国税庁の電話センターに問い合わせるのがおすすめです。

国税庁電話相談センターは電話で無料で相談できます

すまリス
ただし、電話代は、相談者負担となるので注意しましょう。

国税庁のホームページでは、「24時間受付型のチャットボット」やよくある質問をまとめた「タックスアンサー」も利用できるので、是非利用してみてくださいね。

税金の特例に関わる相談は「税務署」へ

不動産や土地を売却する際に税金の特例を適用したい方は、税務署に相談するとよいでしょう。

特例を適用すると、税優遇を受けられ、税負担を軽減できます。

適用できる特例の一部

  • 3,000万円特別控除
  • 軽減税率の特例
  • 買い替えの特例
  • 住宅ローン控除
  • 譲渡損失が出た場合に適用できる特例
  • 取得費加算の特例

上記の特例は、国税庁のホームページで詳しく調べられますが、なかなか理解するのが難しいです。

すまリス
そんな時は、電話や最寄りの税務署に直接伺って、特例適用に関する相談をしてみてください。
税務署への相談方法は電話か窓口で可能です。
■窓口での相談方法
税務署への窓口へ行って直接相談を希望する場合は、あらかじめ所轄の税務署に事前予約を取りましょう。
所轄の税務署は「税務署の所在地などを知りたい方」から調べることができます。
■電話で相談する方法
電話では、窓口の相談予約や国税に関する相談をすることができます。
所轄の税務署に電話をかけると自動音声が流れますのでその指示に従って進むと担当の職員までつないでくれます。
窓口で相談する場合も、電話で問い合わせをする場合も、税務署への相談は無料ですることができます。

不動産の登記や相続・権利関係の相談は『司法書士』へ

不動産や土地の権利や登記、相続に関する相談は、司法書士が受け付けています。

司法書士の、不動産関連の業務は以下の通りです。

司法書士に相談できること

  • 相続関係の手続き
    (書類の収集・作成、遺言書の検認など)
  • 不動産の名義変更手続き
  • 不動産の抵当権抹消の手続き
  • 成年後見人や特別代理人の選任の申立て

司法書士は、相続税の申告以外の、相続にまつわる手続きを全て行えます

そのため、『不動産をすぐに売却するつもりはないけれど、相続について相談したい』という時は、司法書士を頼るとよいでしょう。

不動産売却の手続き上で司法書士が必要な時は、不動産会社が提携している司法書士を紹介してもらえます。

なお、司法書士に依頼できる業務は弁護士にも依頼できますが、弁護士に頼むと費用が高くなりやすい傾向があります。

司法書士への相談費用は30分で5,000円~が相場です。

すまリス
税理士と同様に、初回相談無料の事務所が増えつつあります。

司法書士を探す方法としては、日本司法書士会連合会の司法書士検索サービスや、各都道府県の司法書士会による紹介がよいでしょう。

【初心者向け】不動産の名義変更とは?費用・必要書類について解説!

抵当権とはどのような権利?登録や抹消手続きから費用まで紹介

土地の境界や測量に関する相談は『土地家屋調査士』へ

売却したい土地の正確な面積がわからない、隣地との境界線を証明する境界標や書類がない場合は、土地家屋調査士を頼りましょう。

土地家屋調査士の業務は、以下の通りです。

土地家屋調査士に相談できること

  • 土地の面積の測量
  • 土地の境界線の確定
  • 土地の確定測量図の作成
  • 土地の分筆

ただし、売却を前提に考えている場合は、必要な時点で不動産会社が土地家屋調査士を紹介してくれます

土地家屋調査士は、都道府県地域ごとに専門家がいますので、ご自身の家の地域の土地家屋調査士へ相談しましょう。

土地家屋調査士への相談料は、無料のところもあれば、1時間あたり5,000円~のところもあります。
相場はおおよそ1時間あたり3,000円~ほどです。

実際に測量を行うと、30万円~50万円ほどの費用がかかります。

また、よくある相談のQ&Aや、各都道府県別の土地家屋調査士は日本土地家屋調査士連合会のホームページに掲載されていますので参考にしてください。

土地売却をする時測量は義務?必要な理由と費用、流れを解説

不動産の価値についての相談は『不動産鑑定士』へ

不動産の「正しい価値」が知りたいと思ったら、不動産鑑定士に相談するのがよいでしょう。

不動産鑑定士は、裁判などでも証拠能力を持つ「不動産鑑定額」を調査してくれます。

たとえば以下の場合には、不動産会社による査定額よりも、不動産鑑定額が必要になってくるでしょう。

不動産鑑定額に相談できること

  • 財産分与で正しい評価額を知りたい時
  • 遺産分割で正しい評価額を知りたい時
  • 不動産を担保にする時

不動産鑑定相談所は、日本不動産鑑定士協会連合のホームページで一覧が紹介されています、

知道府県別に相談所と連絡先が掲載されていますので実際に相談を検討している方は参考にしてください。

不動産鑑定士への相談は、30分あたり5,000円~で行われていることが多いです。

不動産鑑定士協会によって定例で無料相談会を行っている地域もあります。

開催時期や予約方法は鑑定士協会によって異なるので注意してください。

実際に不動産鑑定額を証明する「鑑定書」を発行してもらうには、戸建ての場合では30万円ほどの費用がかかります。

不動産鑑定とは?内容と不動産査定・簡易鑑定との違いを解説

不動産鑑定の費用の相場はいくら?無料の不動産査定との違いも紹介!

不動産・土地売却における契約トラブルや離婚・相続の相談は『弁護士』へ

売却したい不動産や土地について、契約や離婚・相続などで他者とトラブルがある場合には弁護士への相談がおすすめです。

弁護士に相談できること

  • 財産分与の調停・裁判
  • 遺産分割の調停・裁判
  • その他、紛争の交渉代理・調停・裁判
  • 相続関係の手続き
    (登記、相続税申告以外)
  • 成年後見人や特別代理人の選任の申立て

など

財産分与や遺産分割のトラブルだけでなく、近隣とのトラブルや、不動産の売買を進める上で発生したトラブルについても、弁護士に相談することができます。

司法書士も行える業務の場合、弁護士の報酬の方が高額になるケースが多いため、法的に解決しなければならない問題があるかどうかを基準に相談先を選ぶとよいでしょう。

弁護士の相談費用は30分で5,000円~が相場です。

弁護士への相談は、無料で初回相談を受け付けている事務所も増えてきています。

すまリス
弁護士の扱う分野は多岐に渡るため、不動産について相談したい場合は、不動産分野に強い弁護士を探しましょう。

なお、一定の収入・資産以下の方の場合は、国の設立した法的トラブルの案内所である法テラスが利用できます。

法テラスでは、弁護士に無料で相談が可能です。

不動産の任意売却に関する相談は『金融機関』へ

不動産の任意売却に関する相談は、金融機関にいきましょう

住宅ローンの返済が厳しい場合、抵当権が設定されている不動産を所有している売主と買主が協力して不動産を任意売却し、住宅ローンを返済します。

任意売却の場合、通常の不動産売却とは異なり、売却前に金融機関や役所との交渉が必要となります。

任意売却の相談は、住宅ローンの借り入れをしている金融機関への問い合わせフォームから行いましょう。

すまリス
住宅ローンの返済が厳しく、任意売却を検討している場合は、金融機関に相談にいきましょう。

不動産に関する相談先を相談したい時は『不動産無料相談会』へ

『不動産について、どの相談機関へ相談するべきかわからない…』という場合には、不動産に関する全般的な相談ができる、各自治体の役所の無料相談会で相談するのがおすすめです。

自治体の無料相談会は、多くの場合、1~2ヶ月に1度ほどの頻度で開催されています。

相談会では、全国の宅地建物取引業協会相談員や各種有資格者にアドバイスを貰うことができます。
相談内容に応じた専門家の紹介を受けられることもあります。

すまリス
いきなり不動産会社や専門家に、直接相談しにいくのはハードルが高い…という場合も、利用してみましょう。

無料相談会の開催日時は、各自治体のHP等で公開されています。

農地を売却する際に相談するなら『行政書士』へ

農地を売却する予定がある場合は、農地転用の専門家である行政書士へ相談することをおすすめします。

農地を売却する場合は、農地法の許可、または届け出が必要となります。

また農地を農地以外にして売却する場合(転用)は、農業委員会へ農地転用の許可手続きが必要となります。

農地の中にはそもそも転用が許可されていない農地があるため、売却前に転用できるか否かを確認する必要があります。

この手続きを行うには、行政書士に依頼するのが一般的です。

行政書士への相談料の相場は、1時間当たり3,000円から5,000円ですが、初回相談を無料でおこなっているところもあります。

すまリス
無許可で農地の売買や転用をした場合、法令違反となり、売買契約などが無効となってしまうので、注意してください。

行政書士に相談する際に、以下の書類を準備しておくとスムーズに相談が進みます。

相談する前に準備しておくべき書類

  • 土地の登記事項証明書
  • 売買当事者の実印
  • 売買契約書の写し
  • 売買当事者の印鑑証明書
  • 売買当事者の住民票 

など

農地転用ができない場合や農地転用ができない土地でも例外的に許可されるケースがあるので、まずは行政書士に相談してみてくださいね。

まとめ

この記事では、相談したい内容ごとに、10つの相談先をご紹介しました。

これから不動産を売却する上で、解決しなければならないトラブルを既に把握していたとしても、まずは不動産会社に相談するのがおすすめです。

なぜなら、司法書士や税理士、弁護士の業務は多岐に渡るため、不動産分野が得意な人に依頼をするのと、そうしないのとでは、大きな違いがあるからです。

すまリス
不動産会社にあっせんしてもらう場合は、不動産分野の業務に長けた専門家を紹介してもらえます。

また、可能なら専門家への相談と並行して売却活動を進められるので、自分で相談先を探して問題を解決してから依頼するよりも、売却期間の短縮が期待できます

不動産一括査定サイトの『すまいステップ』で、不動産の査定を依頼した方の約45%が、不動産を売り出してから3か月以内に売却を完了しています。

すまいステップでは加盟している不動産会社を「宅地建物取引士資格保有」などの厳しい基準で厳選しているので、スピーディーな売却が実現できます。

下記のフォームに物件情報を入力して、査定を受けてみましょう。

すまいステップなら簡単に査定価格が分かる
リナビス
リナビス

一括査定であなたの家の適正価格が分かる
オンライン対応

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4

記事のおさらい

不動産売却を考えているけど、何から始めたらいいかわからない場合、だれに相談したら良いでしょうか。

まずは不動産会社に問い合わせてみましょう。

不動産会社の営業マンは不動産売却のプロなので、大抵のことならアドバイスを貰えます。

詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

相続にまつわる税金や、不動産売却後の税金についての相談は誰にすれば良いのでしょうか。

不動産売却の税金に関する相談は、税理士に依頼しましょう。

詳しくはこちらをご覧ください。

都道府県ごとの不動産売却情報

お住まいの地域の売却相場・不動産会社をチェックしよう

すまいステップなら簡単に査定価格が分かる
リナビス
リナビス

一括査定であなたの家の適正価格が分かる
オンライン対応

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4
1000社以上の優良不動産会社が参画

不動産会社選びで、
数百万円も
売却額が変わる

不動産会社選びで、数百万円も売却額が変わる
【完全無料】うちの価格いくら?