【専門家監修】不動産売却メディア「すまいステップ」

マンション売却価格の決め方は売却時期で決まる!相場の調べ方も解説

  • 更新日:2024年1月17日
監修逆瀬川 勇造

大学卒業後は地元の地方銀行に入行し、窓口業務・渉外業務の経験を経て、2011年9月より不動産会社に入社。新築や土地の仕入れ、不動産売買に携わる。

【保有資格】AFP(2級FP技能士)/宅地建物取引士/相続管理士

【URL】P.D.Pの金融・不動産情報ブログ
マンション売却価格の決め方は売却時期で決まる!相場の調べ方も解説

「マンションの売却価格はどうやって決めるの?」

「自分で相場を調べる方法はある?」

マンション売却を検討している方で、このような疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか。

結論、売却価格の決め方は、売却予定期間によって異なります。

この記事では、3ヶ月以内に売りたい方4ヶ月以上余裕がある方に分けて、価格の決め方を解説します。

また、自分で相場を調べる方法も紹介しているので、マンション売却を検討している方は、ぜひ最後までご覧ください。

マンションの売却価格は売却期限によって決めよう

マンションの売却価格を決めるうえで重要なことは、売却期限によって価格を変えることです。

「安くてもいいから早く売りたい」「時間がかかってもいいから高く売りたい」など人によって売却目的はさまざまです。

売却期限によって適正な売却価格は異なるため、自分の状況に合わせた価格設定をしましょう。

3ヶ月以内に売りたい場合

売却希望期間が3ヶ月以内と短い場合は、売却価格を低めに設定することをおすすめします。

売却価格を低めに設定する理由
  • 早期売却をするため
  • 安い物件には需要があるため
  • 販売長期化を防ぐため
上記の理由で売却価格を低く設定しますが、早く売却できるかわりに売却価格が安くなりやすいというデメリットがあることを理解しておきましょう。

買い手側は、当然安くて良い物件を求めて探しているため、売却価格を高く設定すればその分だけ購入希望者が現れづらくなり長期化する可能性もあります。

「早く売却したい」という場合は、最初から売却価格を低めに設定することで早期売却できる可能性が高まります。

すまリス
早く売りたいなら相場よりも安くなることを覚悟して売却価格を設定しよう!

4か月以上余裕がある場合

売却までの期間に余裕がある場合は、最初の売却価格を高めに設定することをおすすめします。

売却価格を高めに設定する理由
  • 購入希望者が現れなくても様子を見れる
  • もし購入希望者が現れなくても価格を下げれば見つかる可能性がある
売却価格を高めに設定すると売却が長期化する恐れがあることを理解しておきましょう。

売却期間に余裕があれば、売却価格を高めに設定して様子を見れるメリットがあります。

購入者が現れればそのまま売却に進められ、もし購入者が現れなければ価格を下げることもできます。

したがって、期間が短い場合と比べて最初から売却価格を高めに設定できます。

すまリス
期間に余裕がある方が高く売れる可能性も高くなるよ!

不動産会社の査定額だけで売却価格を決めない方がよい理由

売却を検討している人であれば、すでに不動産会社の査定を受けている人も多いかと思われます。

しかし、不動産会社の査定額だけで売却価格を決めることはおすすめしません。

不動産会社によって査定額が異なる

不動産会社によって査定額を算出するマニュアルや方針が異なるため、複数の不動産会社の査定額を比較すると数百万円も違うことがあります。

3~4社の査定額を比較したうえで売却価格を決めるのであれば適正額を把握しやすいですが、1社のみの査定額だと相場感を把握できないため、スムーズに売却できない可能性があります。

不動産会社に査定依頼する際は、一括査定サイトを利用するなどして複数社に依頼することをおすすめします。

すまいステップなら簡単に査定価格が分かる
リナビス
リナビス

一括査定であなたの家の適正価格が分かる
オンライン対応

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4

極端に安い、高い査定額の場合は気を付ける

不動産会社によっては、極端に安かったり高かったりする査定額を提示してくる場合があります。

極端に安い場合は、「早く売却できる=早く利益化できる」ことになるため、何らかの事情で早く利益が欲しい不動産会社が提示してくる可能性があります。
極端に高い場合は、「査定額が高い=高く売れる」と売主に認識させて媒介契約を取ろうとしている可能性があります。

どちらにしても、相場に見合っていない売却価格は買主が現れづらく、売却活動が長引いてしまうこともあるので注意しましょう。

すまリス
自分で相場を調べることで相場感を把握できるよ!

売却相場を自分で調べる方法

不動産会社の査定額だけで売却価格を決めない方がよいことをお伝えしました。

ここでは実際に自分で相場を調べる方法をご紹介します。

レインズマーケットインフォメーション

レインズマーケットインフォメーションとは、「レインズ」という全国の物件情報が集められたサイトの一般ユーザー向けに公開されたサービスです。

すまリス
「レインズ」は宅建業者などの会員しか見られないけど、「レインズマーケットインフォメーション」なら一般ユーザー向けに提供されているサービスなんだ!

内容としては、物件の築年数や広さ、エリアや最寄り駅などの条件で物件検索できます。

利用する場合は、自分が売りたい物件の条件を入力することである程度の相場が把握できます。

不動産ポータルサイト

以下の不動産ポータルサイトを使って相場を調べられます。

主な不動産ポータルサイト
  • SUUMO
  • HOME’S
  • アットホーム

ポータルサイトによって掲載されている物件は異なるため、複数のポータルサイトを使ってさまざま物件を見てみましょう。

AI査定サイト

AI査定サイトとは、物件条件を入力するだけでAIによりその場で査定額を算出してくれる簡易査定サイトです。

入力する物件条件
  • 建物の名称
  • 物件の所在地
  • 面積
  • 築年数
  • 構造
  • 方角

上記の条件を入力するだけで査定してくれるので「手軽に査定額を知りたい」という方におすすめです。

また匿名で利用できるサイトもあるので不動産会社からの営業電話が来る心配もいりません。

みんなの不動産売却体験談

和歌山県岩出市 / 40代

査定価格700万円売却価格850万円

不動産会社の決め手
最初は自分達で価格を提示しての売り出しでしたが、なかなか問い合わせがありませんでした。最後は担当の方の相談のしやすさ、わかりやすい説明、価格交渉や柔軟な対応が決め手になりました。
この口コミをもっと見る

広島県広島市南区 / 70代

査定価格15,000万円売却価格14,500万円

不動産会社の決め手
地元密着の信頼がおける会社であること。また、提示される査定(売却)価格に妥当性があり、希望売却時期に買い取れる信頼できる買主が紹介できること。
この口コミをもっと見る

東京都江東区 / 40代

査定価格6,300万円売却価格5,900万円

不動産会社の決め手
複数社に査定を依頼したが、その中で査定額が比較的高く、近隣市況の資料提供、販売戦略の説明に熱心で、納得のいくものであり、担当者も信頼がおけると考えた。
この口コミをもっと見る

大阪府枚方市 / 30代

査定価格1,450万円売却価格1,300万円

不動産会社の決め手
自分が思っていた不安を全てお話して、前向きにどうすればいいのかをアドバイスしてくださり、適切な判断のもと進行してくださりました。お話して説得力も感じた。
この口コミをもっと見る

鹿児島県鹿児島市 / 40代

査定価格2,300万円売却価格2,350万円

不動産会社の決め手
扱う物件数が鹿児島でナンバー1だったことと、担当者がとても良い方だった。安心して任せられた。何でも相談してしっかりとした回答を頂いていた。とても満足だった。
この口コミをもっと見る

マンション売却価格を決める際の4つの注意点

マンション売却価格を決める際にはいくつか注意点があるので確認しましょう。

これらの注意点を意識できていないと売却自体ができなかったり、売却できても損をしたりする場合があります。

相場に合う価格になっているか

売却価格は適正な価格を設定しましょう。

高く売却したいからといって高く設定していると、買い手がいつまでも現れずに長期化する恐れがあります。

レインズや不動産ポータルサイト、複数の不動産会社へ査定依頼などをして相場に見合った価格を設定しましょう。

すまリス
売却価格を高く設定しても売却活動が長引くだけの場合もあるよ!

キリのよい売り出し価格にしていないか

売り出し価格をキリのいい金額に設定すると、インターネットを使って不動産を探しているユーザーが物件を探しにくくなります。

不動産の購入希望者はsummoやホームズといったポータルサイトを使って希望の物件を探していますが、その際に多くの方が価格帯で絞込を行っています。

多くのポータルサイトはキリのいい数字で絞込できる仕様になっており、下の図の例だと、売り出し価格を3000万円に設定した場合にリストから除外されてしまいます。

そのため2980万円のようにキリの良くない数字を売り出し価格で設定しましょう。

summo

値下げを前提とした価格にしているか

売り出し価格は売主が決めますが、契約する際は買主の意向にも耳を傾けなければいけません。

購入希望者が値下げ交渉するのはよくある話なので、あらかじめいくらまで値下げできるかを決めておくと良いでしょう。

値下げ価格をあらかじめて決めておけば、必要以上に値下げして損することがなくなります。

また、不動産会社に「購入意欲が高い買主であれば∼円まで値引きする」と事前に伝えておけば、不動産会社は値下げの選択肢を持って営業活動ができるので早く不動産を売却しやすくなります。

すまリス
値下げされることを前提として価格設定しよう!

同じマンション内で売りに出されている物件はないか

マンションの売り出し価格を決める際は、同じマンション内で既に売り出されている部屋がないかを必ず確認しましょう。

同じマンションだと間取りや立地が同じ物件が売り出されることになるので、売り出し価格が安い部屋が選ばれる傾向にあります。

ただ、自分で同じマンションの売り出し情報を入手するのは難しいです。

そんな時は仲介を依頼する不動産会社に、同じマンションで売りに出ている部屋がないか確認してもらいましょう。

もし安い価格で売り出している部屋があれば、あなたのマンションを売るために価格を下げるか、他の部屋が売れた後に売り出すことも一つの手です。

すまリス
購入者からすれば同じ物件だったら安い方を購入したくなるのは当然だね!

まとめ

マンション売却価格を決める方法を解説しました。

売却希望時期によって設定する売却価格は異なります。

早期売却を目指しているのであれば売却価格を低めに、期間に余裕がある場合は高めに設定しましょう。

また、売り出し価格を決めるには不動産会社の査定は必須と言えます。

まずは、自分が損をしてしまうような状況にならないように、複数社からの査定結果をもらうことをおすすめします。

都道府県ごとの不動産売却情報

お住まいの地域の売却相場・不動産会社をチェックしよう

すまいステップなら簡単に査定価格が分かる
リナビス
リナビス

一括査定であなたの家の適正価格が分かる
オンライン対応

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4
1000社以上の優良不動産会社が参画
【完全無料】うちの価格いくら?